みんなのシネマレビュー

電車男

2005年【日】 上映時間:101分
平均点: / 10(Review 150人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリー実話もの小説の映画化ネットもの
[デンシャオトコ]
新規登録(2005-03-11)【V】さん
タイトル情報更新(2016-06-01)【イニシャルK】さん
公開開始日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督村上正典
キャスト山田孝之(男優)電車男
中谷美紀(女優)エルメス
国仲涼子(女優)りか(看護士)
瑛太(男優)ひろふみ(引きこもりの青年)
佐々木蔵之介(男優)ひさし(サラリーマン)
木村多江(女優)みちこ(専業主婦)
岡田義徳(男優)よしが(ヲタク3人組)
坂本真(男優)むとう(ヲタク3人組)
三宅弘城(男優)たむら(ヲタク3人組)
西田尚美(女優)エルメスの友人
大杉漣(男優)電車の中の中年おじさん
寺泉憲(男優)エルメスの父
田島令子(女優)エルメスの母
田中美里(女優)
いとうあいこ(女優)
伊藤淳史(男優)剛史
伊東美咲(女優)沙織
脚本金子ありさ
音楽服部隆之
作詞ORANGE RANGE『ラヴ・パレード』
作曲ORANGE RANGE『ラヴ・パレード』
主題歌ORANGE RANGE『ラヴ・パレード』
製作島谷能成
東宝(「電車男」製作委員会)
フジテレビ(「電車男」製作委員会)
S・D・P(スターダストピクチャーズ)(「電車男」製作委員会)
博報堂DYメディアパートナーズ(「電車男」製作委員会)
市川南〔製作〕
企画川村元気
プロデューサー山内章弘
配給東宝
◆テーマカラー◆
     
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

人気コンテンツ
●TOPページ
●映画大辞典
賞情報
●アカデミー賞
●ラジー賞
ランキング
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング
●性別ランキング
●年齢別ランキング
●鑑賞環境別ランキング
要望ページ
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
その他ページ
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

心に残る名台詞
エピソード・小ネタ情報
関連作品
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
150.《ネタバレ》 最大の敵は自分でしたね。
よく頑張りました!
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 6点(2016-04-17 08:59:55)
149.小説もTVも見ていませんが、それなりに面白い映画でした。山田孝之はオタクっぽい顔してませんが、熱演しているので違和感ないです。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-09-06 12:32:11)
148.映画としての難点は多々あるようだけど、夢みたいな?お話は大好き。難しく考えないで、純粋なラブストーリーとして見よう。応援している名無しの人物たちが良かった。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 6点(2013-11-09 21:39:11)
147.《ネタバレ》 導入部分で「ああ、やっぱり例の出会いの場面から入っちゃったか」と溜息が出たのですが、その後もそれが覆されることはありませんでした。あえてこの作品を映像化するのならば、ネット上の書込には直接出なかった主人公のそれまでの経歴や人格の作り込みこそが何よりも重要であり、それでこそ、主人公のコミュニケーションの開花や行動の開始の重みが出るはずなのに、この脚本はその辺を全部すっ飛ばして、書込のやりとりに乗っかっているだけなのです(エルメスカップ到着前後の描写の軽さといったら!)。●それと、それぞれが書込の内容をそのまま台詞で喋っているのも、この話の面白さを削いでいて、あの辺のやりとりは、口語では全然喋らない人が、パソコンに向かうと突然アクティブになる、とか、口語では言わないようなネットスラングで全員の意思疎通がとれている、といったところにあるはずなのに、その機微が全然無視されてしまっている。むしろ逆に、無言のキー入力表示だけで全部通すくらいの潔さが欲しかった。●あと、駅のホームに6人がいる心象風景のところで、最初のカットとその次で、看護士と主婦の立ち位置が入れ替わっているのですが、あれはわざとなんでしょうか。しかし、主観的心象である限り、入れ替わる理由はないので、ミスととられてもやむをえない。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2013-06-25 02:17:56)
146.Tweitter版電車男はできないものか^ ^
KINKINさん [DVD(邦画)] 6点(2013-06-02 12:43:40)
145.《ネタバレ》 良い話だけど、これを映画でやられても。。ドラマで十分な深さ。
afoijwさん [映画館(邦画)] 3点(2013-04-16 02:54:23)
144.《ネタバレ》 泣きじゃくり告白する電車君を優しく見つめるエルメス  まるでのび太としずかちゃんのよう  とにかく おいおいな場面が多くて みるのが恥ずかしい こんな話が現実にあった(んですよね?確か)とすれば ある意味ドラマティック  まぁ 出会いは大切に ということで。  とかなんとか 実はなんだかんだ言って感動した!(それかw) 意外や意外におすすめかもシレマセンネ
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-05-06 09:21:51)
143.《ネタバレ》 ドラマがかなり面白かっただけに、映画版はドラマのダイジェスト版のような内容でした。この作品は、電車とエルメスのほかに、2ちゃんねるの住人たちが面白く絡んでくるところが魅力なのに、その描き方が弱いため、ただのくだらない恋愛映画に成り下がっていました。電車も全然アキバ系じゃないので、うまく恋愛できないという設定が浮いていたし、エルメスも中谷美紀ではなくて、もっと世間知らずのお嬢様っぽい人の方が良かったのでは?
ramoさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2012-03-09 11:11:48)
142.《ネタバレ》 内容が内容だけにベタになってしまうのは仕方がないのだが、
もう少しどうにかならないものか?
ヒロインを捜して秋葉原を駆け回り、派手に転倒。
目の前に突然ヒロインが現れ、そのまま往来のど真ん中で・・・って。
素人でも書けそうなセンスのない脚本には唖然呆然としてしまう。
この映画の一番のポイントは、インターネットの住人達からアドバイスを受けながらも、
彼らもまた主人公から大きな勇気をもらうという部分なのだろうが、
時間の関係上、ネットの住人はたった4組しかおらず、
観てるこっちは勇気をもらうどころか寂しくなったよ。
小説、映画、ドラマと、相乗効果を狙った完全な商業ベースの作品で、
最後のシーンなどはその典型的な例。ドラマの方も観てね、という宣伝なのだろうが、
まったく意味のない演出。こういう場面を見せられると、評価はまた一つ下がってしまう。
許容範囲の広い若者向けの映画だね。
MAHITOさん [テレビ(邦画)] 2点(2011-08-03 09:39:34)
141.《ネタバレ》 前半の笑えるシーンが多い映画から、後半になってシリアスモード中心で、映画が変わりました。
紫電さん [DVD(邦画)] 7点(2011-03-07 08:55:21)
140.《ネタバレ》 何度観ても、いい映画だなぁ~と思います。
素直に主人公を一緒に応援する感じで鑑賞しました。

匿名掲示板(2ちゃんねる)の向こう側の人達は、好き勝手にアドバイスを送り応援し、それによって変わっていく主人公・・・
逆に応援してる側も主人公の頑張る姿に励まされ少しずつ成長していく過程が良かったです。
何か躊躇って一歩踏み込めずにいる時なんかに元気を貰える映画。

個人的には、オタク3人組がツボでした(笑)
ぐうたらパパさん [DVD(邦画)] 8点(2011-01-06 14:41:31)(良:1票)
139.まったく期待せずに見ただけ 不覚にも告白場面でウッ ときてしまいました
かじちゃんパパさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2010-10-01 14:29:40)
138.《ネタバレ》  ドラマ版を先に観てから映画に入ったんですけど、映画版はドラマに比べて、なんていうか、無難?「主演:山田孝之」って時点でたとえ性犯罪者のお話だったとしてもある程度の集客は見込めるし、オタクであることを示す記号も長髪、眼鏡、シャツインなど着脱可能なものばかり。電車男がエルメスに夢中になって聞かせる話も、マトリックスの凄さ、という一般人でも比較的受け入れやすいレベル。「萌え」とか言わないし、主題歌はオレンジレンジ。子供の機嫌を損ねずに何とか叱ろうと苦労している親、みたいな印象を受けた映画でした。
 よかったところは、終盤に電車男がエルメスに気持ちを伝えるために街を走るシーン。百式Tシャツに眼鏡、体の側面でだらりと下げた両手を小刻みに振るという変なフォームで走る彼の姿は、着飾って何とか隠してきた本性が丸出しの無様な姿でした。でもそれにひるむことなく、逃げずに告白しようとする電車男と、そんな彼に嫌な顔ひとつせずに向き合い、「頑張って」と声をかけて最後まで言わせようと励ますエルメス。好きな人に自分の知られたくない部分をさらして、それでも「好きだ」と自分には言えるだろうか?そして好きな相手の別の側面をみて、それが人に言えないものであっても自分は受け入れられるのだろうか?と、不覚にも感動してしまいました。リアルタイムで住人たちが二人の様子を見ているかのような、ビルの照明を使った演出もよかった。なので気になるところはあったけど点数は高め。
 それにしてもCMで「初めてだったんです。人を好きになったの…。」っていうセリフが流れたときに、いくらオタクでもそれはないだろと思ったんですが、相手に気持ちを伝えなかった場合は好きになった回数にカウントされないんでしょうか?だとしたら私も人を好きになったことはないってことになってしまう…。
池田屋DIYさん [DVD(字幕なし「原語」)] 7点(2010-08-15 17:22:03)
137.自分は、この映画の原作のファン。
電車男の、相手の役に立ちたい・楽しませたいという気持ちを誠実に実行するところが好きだった。
しかし、この映画では、主人公は特に後半、かなり自分勝手・自分本位になってしまってしまい、原作ほど好きになれない。
ちなみに、TVドラマ版の主人公は、全く独りよがりの人物だったから、まるで好きになれなかった。
ただ、この映画、実は映画館で2回見ており、今回が3回目。
なんで3回も見るかっていうと、一つは単純に嫁さんがこの映画の大ファンで、つきあわせられるからw
それはさておき、3回も見られるのは、まず、主役の演技が恐ろしく原作イメージ通りで楽しいから。
うますぎて、相手役がちょっとかわいそうなくらい。
もう一つは、主役の行動に触発される傍観者の表現が素晴らしいから。
だから、原作とはやや違った趣にはなっているけど、これはこれでなかなかの佳作に仕上がってる。
まかださん [DVD(邦画)] 8点(2010-07-16 23:14:37)
136.《ネタバレ》 原作も2ちゃんねるもドラマも見ていません。出来すぎの男のシンデレラ(?)ストーリーだけど、これはいい映画だなと思いましたよ。素直に主人公を応援していました。恋愛の階段を登ることが辛くなって、もういいやって投げ出したくなるような気持ちにも覚えがあるもので…。誰でもあるのかな? 仮に夢オチだったとしても、それは気にならなかった。過去には無かったコミュニケーション手段として、匿名性ネットワークの効用を強く印象付けられたから、ありえる話と云うだけで充分でした。女性とのコミュニケーションが苦手な人が、これを観て少しでも前向きになれるなら、それは凄いことだと思います。ちなみに主人公、しつこく「百式」のTシャツを着ていたけど、そんなに好きならその機体の操縦者の言動こそお手本にすべきでしょ。すると女性の方からわんさか寄って来るよ(無責任発言)。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2010-04-25 22:04:19)(笑:1票)
135.《ネタバレ》  通常、同じ原作で映画とドラマが有る場合、映画の方が優れてることが多いんですが、この作品に関する限りドラマの方が上です。
 なんと言ってもキャストがね。洒落た服を着てコンタクトを入れて髪形を変えたら、もうイマドキの青年なんじゃ、まったく原作から乖離すると思われ。山田君イケメン杉ですよ。
 これだとエルメスの側から見れば、ちょっと天然で内気な、だけどイケメンの青年と交際を始めるわけでだから、山田君のルックスのよさによって奇跡の価値がいくぶんか下がるのでは。
 あと昨晩見たときは、完全に夢おちと思ってぷりぷりしてコメントも書いたんだけど、他の方のコメントも参考にしてその個所だけ見直したら、あきらかに違います。
あれは、実は2人はあの事件の前にも出会う寸前だったことを表すシーンとして挿入されてると思われ。
 こっからかなり完全なネタバレ
つまり 電車の中で気づかずに彼女の定期券を拾う→他日電車の中で暴漢から救って親しくなる→完全に親しくなった後、また最後のシーンで彼女の定期券を拾う。
こういう時系列と考えれば、別に問題ないと思われますが。
ただ、非常にわかりにくい、誤解を招きやすい表現だと思います。
だけども、そう考えないで夢だと考えると、引きこもりをやめ街に出る青年も、冷め切った愛情を取り戻した夫婦も、過去と決別できた看護婦も全て幻となってしまうわけで、それはありえないでしょう。
 いろいろと考えることはありますけど、女性に対して極端に臆病な自分を電車男にどうしても重ねて観てしまうので、好き、嫌いは別にしてずっと離れられない映画だと思います。
平成24年1月30日追記
毎度のことながら、せっかく良を頂いているのに追加するのはかなり躊躇うんですが、
かなり重要な面で誤解されてる方が多いので。今回初めてDVDのおまけディスクを見まして、ラストシーンに関して監督のインタビューがありました。「表現したかったのは、実はあなたも運命の誰かと、すでに出会ってるかもしれませんよ、勇気を出したら贈り物があるかもしれませんよっていうような事を表現したかったんですけど(後略)」
だいたい、台本のシーンタイトルが「回想」になってますから。
これで、いわゆる「夢落ち」ではなかったことがはっきりしたと思います。上記したように非常に誤解を招きやすいシーンではありますが
rhforeverさん [DVD(邦画)] 7点(2009-10-12 13:27:44)(良:1票)
134.部屋の壁に貼った逆襲のシャアのポスターを眺めながら、シャアの愛機と言えばサザビーだよなぁなんて思っていたけど、なんだか百式も悪くないような気がしてくるから不思議だ。
よくガンダム好きの人に悪い人は居ないって言うけど、ほんとですね。
まあ、そんなことはどうでもいいけど、期待してなかっただけに意外と感動的に仕上がっていて驚きました。
僕はこういう純粋なラブストーリーは好きですよ。
ここのレビューでは夢オチと判断した人が多いようだけど、僕は最初と最後を繋いだラヴソングオチなのかなと理解しました。
つまりもう始まってたんだよって感じでしょうか。
エルメスの降りた駅と定期券の区間が同じだったので、オチの前に薄々気付いてしまってましたけどね。
物語自体はオーソドックスな作りで、出逢いから告白までを描いただけのものですが、アキバ系の童貞男でも、素敵な女性と素敵な出逢いをして素敵な恋愛が出来るという夢と希望に満ち溢れた素晴らしい作品に仕上がっています。
但し、イケメンに限る。
もとやさん [DVD(邦画)] 8点(2009-03-12 13:52:34)(良:1票)
133.《ネタバレ》 今の彼女(妻です)とつき合う前まで、8畳間に本棚10本という環境で暮らしたヲタ者です。そして、近頃、原作本を読み、好意をもってDVD借りてみた(いまさら×2)者です。この映画のいいところ。①原作の複雑な構成を、前半マルチ画面でよくトレースしたところ、②サポートしてた無名の2ちゃんねらーにもドラマはあり、「電車男」をきっかけに、新しい日々に向かって暮らし始めるところ、③中谷美紀。そして悪いところ。「電車男」がデートの最中に、「エルメス」ほっといて、ネットでヘルプ求めてからの全て。原作本の「電車男」はヲタであろうと、多少アレであろうと基本的には常識人。雨にぬれたまま、オフィスに押しかけたり、夜中に彼女自宅に参上したりできないはず。だから、「エルメス」も安心できる人として、ウェルカムモードで接していたはずなのに。あげくの果てには、夢オチかよ~(泣)!多少強引でもいいから、ハッピーエンドにしてやってくれよ~(泣)。
なたねさん [DVD(邦画)] 2点(2009-03-08 00:57:17)
132.オタクの冴えない男と容姿端麗の女の恋愛劇にはなんの新鮮味も無い。普通にこれ以上の劇的な恋愛劇は現実世界にいくらでも溢れかえっている(実際、私のはもっと凄いぞ)。社会現象化までしたのは恋愛劇でもオタク少年の成長話でもなく「2ちゃんねる」という新しい装置の上に展開されたことにある。私は「2ちゃんねる」どころかインターネットやIT全般に疎く、いまだに偶然行き着くことが無い限り「2ちゃんねる」を覗くことが無いので、かなり時代に乗り遅れている身分ではあるが、当時、これが書籍化されたときにヨメが購入して一人で爆笑していたので私も読んでみたのだがこの世界に全く疎い私ですら爆笑できました。もちろん書籍は実際の掲示板でなされたことのダイジェストであって面白い部分を凝縮しているのだろうけど。要するにこの現象の面白さは「2ちゃんねる」に寄せられる「ことば」にあるように思うんです。あるいは掲示板に出現する「絵」にあるんです。だからこの現象の面白さを映像で表現するのはほぼ不可能。分り易い例だと「衛生兵!」あたりを実写として映し出すとここまでつまらなくなるのかと思うほど貧相だ。そして映画はその現象に参加していただろう不特定多数を特定の数人にしているところで「成長話」の色を濃くするかわりにインターネットの怖さでもあり魅力でもあるものを覆い隠してしまう。つまり話題だけ借りたどこにでもある恋愛話と成長話でごまかしたコズルイ作品ということ。そのコズルさを全否定はしないが。
R&Aさん [DVD(字幕)] 4点(2008-11-19 13:09:40)
131.TVドラマ版は2、3話見た程度なのだが、雰囲気が全く違い驚いた。しかし考えてみれば中谷美紀をヒロイン役で起用する時点でTVドラマ版とは同じ方向に持っていけない。二人の演技はTVドラマ版とは異なるキャラをしっかりと作り出していて好感が持てた。
あるまーぬさん [テレビ(邦画)] 5点(2008-06-04 23:44:11)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 150人
平均点数 5.86点
000.00% line
100.00% line
274.67% line
3128.00% line
4117.33% line
53020.00% line
62919.33% line
73523.33% line
81912.67% line
964.00% line
1010.67% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.83点 Review12人
2 ストーリー評価 5.90点 Review22人
3 鑑賞後の後味 6.25点 Review20人
4 音楽評価 3.82点 Review17人
5 感泣評価 5.52点 Review19人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2016 JTNEWS