みんなのシネマレビュー

ALWAYS 三丁目の夕日

Always - Sunset on Third Street
2005年【日】 上映時間:133分
平均点: / 10(Review 292人) (点数分布表示)
ドラマコメディシリーズものファミリー漫画の映画化
[オールウェイズサンチョウメノユウヒ]
新規登録()【ヴァッハ】さん
タイトル情報更新(2015-12-16)【イニシャルK】さん
公開開始日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督山崎貴
助監督川村直紀
演出谷垣健治(スタント・コディネーター)
キャスト吉岡秀隆(男優)茶川竜之介
小雪(女優)石崎ヒロミ
須賀健太(男優)古行淳之介
堤真一(男優)鈴木則文
薬師丸ひろ子(女優)鈴木トモエ
小清水一揮(男優)鈴木一平
堀北真希(女優)星野六子
もたいまさこ(女優)大田キン
三浦友和(男優)宅間史郎(特別出演)
マギー(男優)精肉店・丸山
温水洋一(男優)自転車屋・吉田
松尾貴史(男優)不動産屋
木村祐一(男優)電気屋
ピエール瀧(男優)氷屋
神戸浩(男優)郵便配達
麻木久仁子(女優)宅間の妻
奥貫薫(女優)古行和子
石丸謙二郎(男優)静夫
小日向文世(男優)川渕康成
小木茂光(男優)秘書・佐竹
益岡徹(男優)劇場支配人
飯田基祐(男優)中島巡査
羽鳥慎一(男優)通行人
村松利史(男優)薬屋
原作西岸良平『三丁目の夕日』(小学館ビッグコミックオリジナル連載)
脚本山崎貴
古沢良太
音楽佐藤直紀
作詞サトウ・ハチロー「青空晴れた空」
作曲服部良一「青空晴れた空」
服部正「やん坊、にん坊、とん坊」
主題歌D-51「ALWAYS」
挿入曲楠トシエ「青空晴れた空」
里見京子「やん坊、にん坊、とん坊」
横山道代「やん坊、にん坊、とん坊」
黒柳徹子「やん坊、にん坊、とん坊」
撮影柴崎幸三
製作亀井修
島谷能成
島本雄二
西垣慎一郎
島村達雄
日本テレビ(「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会)
ROBOT(「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会)
小学館(「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会)
東宝(「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会)
電通(「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会)
白組(「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会)
IMAGICA(「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会)
市川南〔製作〕(「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会)
川原章三(「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会)
読売テレビ(「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会)
企画ROBOT
プロデューサー阿部秀司〔製作〕(エグゼクティブプロデューサー)
奥田誠治(エグゼクティブプロデューサー)
堀部徹(Co.プロデューサー)
制作ROBOT(制作プロダクション)
配給東宝
特撮山崎貴(VFX)
渋谷紀世子(VFXディレクター)
白組(VFXプロダクション)
美術上條安里
龍田哲児(装飾)
編集宮島竜治
録音鶴巻仁
柴崎憲治(音響効果)
照明水野研一
あらすじ
昭和33年。3丁目の町工場・鈴木オートさん家は大忙し。注文したテレビが来るの来ないのと騒いでるうちに、新卒採用のロクちゃんが来て突然家族が増えた模様。お向かいの駄菓子屋・茶川さんはセッセと文学書いても新人賞落ちまくり。今日も子供雑誌に連載小説を書きなぐって糊口をしのぐのヨ。一方、小料理屋の女将・ヒロミ姐さんは昔の仕事のよしみからヤバイモノを預かっちゃったみたいで、何やら困っちゃってます…。日本アカデミー賞総ナメ。VFXでリアルに「再現」された、決して存在しない「あの日の思い出」。

エスねこ】さん(2006-06-17)
全てのをあらすじ参照する

◆テーマカラー◆
     
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

人気コンテンツ
●TOPページ
●映画大辞典
賞情報
●アカデミー賞
●ラジー賞
ランキング
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング
●性別ランキング
●年齢別ランキング
●鑑賞環境別ランキング
要望ページ
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
その他ページ
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415
292.《ネタバレ》 愕然とする。2005年公開だったなら、十年以上前じゃないか(いま2016年夏)。
公開当時に大ヒットした。だからすぐ続編公開だったし、三作目もあった。
なぜ大ヒットしたのか?
夢に見た二十一世紀が、大勢にとって期待外れだったからだろう。

さて、テレビ放送で初めて観て気に入った。
駄菓子屋とクルマ修理屋のやりとりも楽しかった。
だが世界は予定調和の舞台劇のようだった。
そこがヒット理由かもしれないが。

原作は好きだったので、ロクちゃんが女だったことに違和感。
でも、ロクちゃんも他のキャラも好きなキャラが多かった。

映画には善人しか出ない。「昭和って良かったね」という世界。
昭和って、野球と相撲とプロレスが、大人気の時代だった。
でもいま考えると、それらは本当に良かったか?
実際いまこの三つは人気があるとはいえないよね。つまり普遍性なし!

音楽の過剰に盛り上げようとする使い方が嫌いだ。というか、監督が嫌いだ。
山崎は原作付きのヒット作を連発してるようだが、キャラを大きく改編する。
本当に原作が好きなのか疑問。利用してるだけのように思える。

この映画、昭和に生まれ育った人たちにとって、夢のような映画かも。
だがそのブーム、数年で終わった。懐かしい=最初から終わっていたのだろう。
パルプンテ未遂さん [テレビ(邦画)] 8点(2016-08-23 20:47:25)
291.ずっと前にテレビで見たっきりのため、あまり覚えていない。ただ、汚い言い方で申し訳ないがこれだけは言える。「綺麗ごとばかりで反吐が出る」。漫画が原作らしいが、実写にまんま置き換えればリアリティのない、嘘臭さ全開の理想郷が提示されるだけで、こんなのでノスタルジーに浸れるわけもない。公害や凶悪犯罪だって現在以上に酷く、隠喩すら含まれないのなら尚更。一番酷かったのは、山崎監督特有の泣けと言わんばかりの過剰演出(病)。一度だけでもお腹一杯なのに、これだけ執拗にされると怒りすら湧いてくる。この監督を邦画を引っ張る鬼才のように崇め立てる風潮はやめて欲しいね。
Cinecdockeさん [テレビ(邦画)] 1点(2015-12-31 02:25:38)(良:1票)
290.《ネタバレ》 たまには邦画でも、と話題作を選びましたが、ちょっとダメでした。冒頭、一平が模型飛行機のプロペラをクルクル回して飛ばそうとしている。ああ、きっとCGでノスタルジー気分へいざなう音楽と共に、古き良き時代の空へ飛んで行って話がはじまるんだな? まんまでしたね。

場面場面がどうもワザとらしくって。「昔、冷蔵庫ってね」「オート三輪ってね」「タバコ屋ってね」という説明です。
子どもたちが空地で遊ぶシーン。マリ、竹馬、おままごと、チャンバラ、フラフープ、土管……。勢ぞろいです。
一平が淳之介のノートを奪って、童話を読むシーンも、初見なのにスラスラ。
竜之介の盗作を知って、涙目で本を持つ淳之介、さんざんひっぱてのあの展開は、いやいや~ちょっと無理でした。
映画として見せようとしているのではなく、昭和博物館 資料ムービー、CGの発表、懐古動画でした。
LOISさん [パソコンテレビ] 1点(2015-12-29 20:33:09)(良:1票)
289.くやしいねえ…、何回か泣かされた。観ながら演技やら演出やら過剰だと感じたし、いろいろあざといなあと思いつつも、だんだん心地よくなって来て、最終的にはしっかりともって行かれちゃった。意外性も衒いもないけど、安心して身を委ねることが出来る、この安定感はなかなかのものかと。
すらりんさん [テレビ(邦画)] 8点(2015-06-07 20:20:25)
288.《ネタバレ》 吉岡秀隆、堤真一は明らかに過剰演技で、映画というよりは舞台の演技に近い。音楽はそれに拍車をかけるように過剰で、毎回さぁここで泣けと言わんばかりだ。小雪の指輪や堀北真希の里心にはそれなりに感動するが、真摯な愛や故郷を想う愛は昭和時代に限らずいつの時代も永久不変です。この精神が昭和のあの時代にだけは存在した、などとは絶対に思わないでほしい。建設中の東京タワーのたもとで力強く生きる人々の物語に、なぜ建設に従事する人間が誰ひとりとして登場しないのでしょう?メインキャストとは言わなくとも、飲み屋の片隅で建設作業員が苦労を語っていたり、建材を運んで走る車などを映せばさらに面白そうなのだが。。天の邪鬼なコメントばかりでしたが、VFXといった特殊効果をアクションではなく、古き良き日本の風景の再現に執着した着眼点は素晴らしいと思います。大作ありきではない特殊効果のこの使い方は邦画の可能性を一つ広げたように感じました。
タケノコさん [映画館(邦画)] 5点(2015-05-19 01:55:44)
287.映像と演出がどうも好きになれない。
違う監督がつくったらすごくいい映画になったと思う。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 4点(2014-09-17 00:39:08)
286.《ネタバレ》 古沢良太の佐藤祐市と組んだ「キサラギ」は両手で中指凸立てるほどうんざりするような映画だったが、山崎貴と組んだこの映画は凄く良い映画だと思う。

古沢良太、俺が悪かった。「キサラギ」散々disってゴメンよ。


この映画は西岸良平の「三丁目の夕日」を原作とするとてもノスタルジックな作品だ。本当に映画を見たなあって気分になったよ。

CGで再現されたとは思えない、実写のような雰囲気を持った下町(続編でゴジラが出た時は「この監督は馬鹿なのか」と良い意味で思ったけど)
それもその筈、三丁目の住宅はセットで、各地から「当時の匂いを残す」物が掻き集められた家だ。

子供の頃から「こち亀」とか「オトナ帝国の逆襲」といったいわゆる“古き良き”と色褪せない懐かしさの共存したような作品を見てから自分には、物珍しさをそう感じなかった。
でも、茶川と淳之介が時間をかけて家族の絆を深めていくシーンはベタだけど良いなと思った。

高度経済成長といっても人々はまだ戦争の傷をかかえて生きているし、その悲劇を繰り返さないために平和な時代を一生懸命に生きていた。

金は無くても、心は豊か。
確かに過去を美化しすぎているのかも知れないけど、この映画がCGという“幻想”を使うように、今を生きる人間が過去への“憧れ”をこの映画に投影しているのでは無いだろうか。

光ばかりで闇の部分は少ない。
だが、現に「戦争なんか二度とゴメンだ」というメッセージだけは本当だと思う。闇を語るのはそれだけでいい、もううんざりだ・・・そういう映画が一つくらいあっても良いんじゃないかな。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-09-07 21:35:22)
285.《ネタバレ》 漫画は未見だし、存在もしらなかった。
大衆映画としての正解を外さないよう、話の細かい部分まで丁寧に気を使って作られた映画なんだと感じた。
絶対に金字塔にはなれない、良くできた「良作」。
正解を外さないので、観ていてそれとなく先が読める。それがあざといんだけど、ど真ん中ストライクを丁寧に処理してくるので不思議と悪くはない。
後半の畳み掛けるような怒涛の3ストライク連発に号泣させられてしまった。

ちなみに、その時代の再現性やリアリティは全く重視していない。(そうじゃないと低予算や古い映画は観てらんない)
あくまで映画は作り物なんだし、たまたまこのストーリーを昭和の時代設定の中でやっただけ。
なので懐古趣味とも感じなかったが、この時代を生きた方には鼻につくところがあるかも。
afoijwさん [DVD(邦画)] 7点(2014-03-20 00:28:34)
284.《ネタバレ》 吉岡秀隆って、北の国からのイメージが強すぎて…ねぇ、とか言ってたら
結局最後彼の演技で泣かされました。
なこちんさん [DVD(邦画)] 6点(2014-02-14 00:39:18)
283.これは、疑似ノスタルジー映画だと思う。全体を通じて人情味を出そうとする姿勢はいいが、人物描写に血が通っていないような印象を受ける。特に堤真一の役柄が共感できず、物語の展開を台無しにしてしまった。CGによる昭和30年代の描写は素晴らしいし、東京タワーの建設途上シーンに高度成長期の活力を表現した着眼点はいい。でも、たまたま回顧番組のテレビ「月光仮面」で、同じように建設中の東京タワーを見たが、白黒で雑な画像ながら、こちらの方がより強く感動した。
風小僧さん [テレビ(邦画)] 3点(2013-08-25 15:12:39)
282.今作が提示するノスタルジーが僕にとってギリギリ許容範囲です。これ以上に昔は良かったよね~と語られるとちょっとクドい。原作の大ファンとしてはキャラクターの設定とキャスティングに不満がありますが、面白いです。
カニばさみさん [DVD(邦画)] 6点(2013-08-18 15:51:26)
281.ノスタルジーの見事な再現力に8点です。原作はラーメン屋とかで読んだ事がありましたが、まさか六ちゃんが女の子で登場するとは。でも堀北マキちゃんの純朴さでこの演出も有りだなと思いました。何よりも私は昔からこの時代に憧れているところがあるため点も甘めであります。小雪さんだけ時代感がないのが残念。
movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2013-06-17 15:29:24)
280.《ネタバレ》 堀北演じるほっぺの真っ赤な女の子等すべての役者がはまり役
osamuraiさん [DVD(邦画)] 7点(2013-05-12 22:10:23)
279.《ネタバレ》 堀北真希の初々しさが可愛い。中だるみはしますが、エンディング付近の感動の連続が半端無く良い。
山椒の実さん [テレビ(邦画)] 7点(2013-03-03 11:59:30)
278.《ネタバレ》 実は敬遠気味だった本作、ご縁に恵まれ鑑賞致しました。感想。。うん、素直に良かった! 昭和30年代、残念ながらリアルタイムな世代じゃなく、どちらかといえば私の親の世代の時代設定。だけど、何故だか懐かしいよね~~なんでだろ? よくまぁこんなに見事に再現したね的映像の連続。CG技術の進歩はすごいですなぁ。内容的に、もうぅこれみよがしなドベタな展開の連続だけど、超思い切りのいい「べタっぷり」が逆に心地よいよね(笑) 小雪の指輪のシーンは・・・すんごく良かったよマジで。出演の皆様もいい仕事してましたね。堀北ちゃんの方言もバッチリで演技力も高い(すごーく上手!)、ある意味文句なしなレベルで、万人に勧められますね。でもなぁ、現代の若い人にはいまいちピンとこないだろうね(苦笑) まぁたまにはこういうド直球なモノもいいものデゴザイマス
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2013-01-30 15:13:40)
277.とにかくノスタルジックを堪能する映画。自分はもう少し遅い世代だけど、この雰囲気は十分理解できます。毒が一切無い映画です。気持ち悪いくらいに誠実な世界感です。それが嫌な人は見ない方が良いでしょう。原作も大体読んでいるので、六ちゃん役は、綺麗系女子でなく、忠実にもっとモサっぽい人の方が良かったかな。(興行を考えると致し方ないところか)
たきおか4号さん [映画館(邦画)] 9点(2013-01-20 20:06:37)
276.別にこの時代の人間ではないけど、観るとノスタルジーを感じて、それが少し嬉しかったり。
ネフェルタリさん [DVD(邦画)] 6点(2012-12-10 22:52:46)
275.昭和30年代、日本はまだ便利で豊かとはいえないが、活気にあふれていた時代の物語。
子供はゲームソフトで遊ぶのではなく、空き地でみんなと遊んでいた。
そうした時代を懐かしんで、ノスタルジックな気分にさせてくれる映画。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 8点(2012-12-06 00:46:32)
274.まあ普通。可もあり不可もあり。子供を使うと、「イイお話」は作りやすいですね。しかし茶川の屈折ぶりや冷蔵箱の行く末など、大人の負の部分も描かれていたのはよかったです。一番印象的だったのは、指輪のシーンでした。
それにしても、こういう映画が大人気というのは、やはり現実と違うからなのでしょうね。そう思うと少し淋しい。
アングロファイルさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-11-25 11:45:40)
273.物凄く予定調和!
しかし裏を返せば観客のニーズを完璧につかんで「観たがってるモノを見せきっている」映画ともいえる。
この舞台になった時代を知らなくても、現代人が求めてやまない幻想の全てがこの映画にあるといっても過言ではないと思う。
あまりにも完璧すぎてあざとさはなぜか感じなかった。
よくできた優等生な映画。
そっと・・・チタラダさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-11-15 19:29:47)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 292人
平均点数 7.15点
051.71% line
141.37% line
251.71% line
3134.45% line
4134.45% line
5134.45% line
63110.62% line
74916.78% line
87124.32% line
95819.86% line
103010.27% line

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.97点 Review41人
2 ストーリー評価 7.28点 Review56人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review57人
4 音楽評価 7.04点 Review50人
5 感泣評価 7.43点 Review58人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2016 JTNEWS