みんなのシネマレビュー

ブラック・ファイル 野心の代償

Misconduct
2016年【米】 上映時間:106分
ドラマサスペンス
[ブラックファイルヤシンノダイショウ]
新規登録(2016-12-18)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2017-07-27)【+】さん
公開開始日(2017-01-07)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
キャストジョシュ・デュアメル(男優)ベン・ケイヒル
アンソニー・ホプキンス(男優)アーサー・デニング
アル・パチーノ(男優)チャールズ・エイブラムス
アリス・イヴ(女優)シャーロット・ケイヒル
マリン・アッカーマン(女優)エミリー・ハインズ
イ・ビョンホン(男優)謎の男
ジュリア・スタイルズ(女優)ジェーン・クレメンテ
グレン・パウエル(男優)ダグ・フィールズ
マーカス・ライル・ブラウン(男優)ジョー・ビルソン
クリス・マークエット(男優)ギフォーズ
津田健次郎ベン・ケイヒル(日本語吹き替え版)
長克巳アーサー・デニング(日本語吹き替え版)
山路和弘チャールズ・エイブラムス(日本語吹き替え版)
小西克幸謎の男(日本語吹き替え版)
配給松竹(松竹メディア事業部)
衣装リズ・ウォルフ
◆検索ウィンドウ◆

◆ログイン◆
メールアドレス
パスワード

◆ログイン登録関連◆
●ログインID登録画面
●パスワード変更画面

◆ヘルプ◆
●ヘルプ(FAQ)

◆通常ランキング◆
●平均点ベストランキング
●平均点ワーストランキング
●投稿数ランキング
●マニアックランキング

◆各種ページ◆
●TOPページ
●映画大辞典メニュー
●アカデミー賞メニュー
●新規 作品要望一覧照会
●変更 作品要望一覧照会
●人物要望一覧照会
●同一人物要望一覧照会
●関連作品要望一覧照会
●カスタマイズ画面
●レビュワー名簿
●お気に入り画面
Google

Web www.jtnews.jp

表示切替メニュー
レビュー表示 その他作品(無) 心に残る名台詞(投稿無) エピソード・小ネタ情報(投稿無) 心に残る名シーン(投稿無)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
【ネタばれ表示】/【ネタばれ非表示
通常表示】/【改行表示】
【通常表示】/【お気に入りのみ表示

ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意です!




【クチコミ・感想】

別のページへ
1


2.《ネタバレ》 大手法律事務所に勤める将来有望な若手弁護士ベン。仕事は順調なものの、看護師の妻とは最近擦れ違いがちで夫婦仲は必ずしもうまくいってない。そんなある日、ベンはフェイスブックで学生時代に付き合っていた元カノから友達申請を受けるのだった。多少の下心もあって、彼はそのエミリーという女性と連絡を取り合い二人で飲みに行く約束までしてしまう。だが、実際に会ってみるとエミリーの真意は別のところにあった――。大手製薬会社が金の力で隠蔽した薬害事案。なんとエミリーはその製薬会社の社長と愛人関係にあり、盗み出したこの情報を有効活用してほしいというのだ。「こいつは金になる」。直感的にそう確信したベンは、すぐさま上司に取り合い、その製薬会社を相手に訴訟を起こす。だが、彼はまだ知らない。事件の背後には様々な人物の思惑が複雑に絡まり合い、やがて彼を破滅の淵へと導くことを…。アル・パチーノとアンソニー・ホプキンスという二大オスカー俳優が豪華共演を果たしたクライム・サスペンス。冒頭から、この二人の重厚な存在感もあってか、なかなか面白くなりそうな空気感を漂わせています。彼らをはじめ、個性豊かな登場人物たちが織りなす複雑で緊迫感溢れる駆け引きに期待は高まるばかり。でも、それも途中まで。おかしくなり始めるのは、イ・ビョンホン演じる謎の男が登場したあたりから。どうやら腕の立つ殺し屋らしいのですが、こいつの存在がさっぱり意味不明なのです。誰に雇われて何を目的に行動しているのか全く理解不能。病気で余命幾ばくもないらしいのですが、それもこの企業の薬害が原因かと言うと特にそういうわけでもない。いったいなんだったんでしょうね。また、主人公に秘密を暴露する社長の愛人もストーリーの混乱に拍車を掛けています。主人公と共犯になるのかと思いきや彼の妻に挑発的な態度を取ったり、偽装誘拐を試みたかと思えばあっさりと殺されたり。死んでからも、何故か主人公の部屋にその死体が移動させられてたりと存在理由がさっぱり意味不明。終盤でアル・パチーノが捕まる理由もよく分かりません。最後の妻の告白にいたっては「はあ、何それ?」と呆れるしかありませんでした。と、腑に落ちなさ120%の駄作なのですが、二大オスカー俳優の渋さに免じて+1点しときます。 かたゆきさん [DVD(字幕)] 4点(2017-08-27 21:02:22)

1.アル・パチーノとアンソニー・ホプキンスの対決という事で、お顔を観に劇場に足を運ぶ。健在ぶりにはホッとしたものの、余りにもお粗末な脚本の駄作にご両名が出演なさった理由を知りたい。当サイト3点の内容そのものの作品。 JAPANESE. 551さん [映画館(字幕)] 3点(2017-01-15 20:23:14)

別のページへ
1


マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 3.50点
000.00% line
100.00% line
200.00% line
3150.00% line
4150.00% line
500.00% line
600.00% line
700.00% line
800.00% line
900.00% line
1000.00% line

Copyright(C) 1997-2017 JTNEWS