Menu
 > ゴールデングローブ賞
 > 脚本賞【1980年代】
ゴールデングローブ賞 脚本賞【1980年代】


1980年(第38回)

ノミネート:

アルヴィン・サージェント普通の人々
スタントマン(1980)The Stunt Manローレンス・B・マーカス
クリストファー・デヴォアエレファント・マン
エリック・バーグレンエレファント・マン
ポール・シュレイダーレイジング・ブル


1981年(第39回)

アーネスト・トンプソン黄昏(1981)

ノミネート:

ウォーレン・ベイティレッズ
ハロルド・ピンターフランス軍中尉の女
カート・リュードックスクープ・悪意の不在


1982年(第40回)

ジョン・ブライリーガンジー

ノミネート:

ラリー・ゲルバートトッツィー
コスタ=ガヴラスミッシング(1982)
メリッサ・マシスンE.T.
デヴィッド・マメット評決


1983年(第41回)

ジェームズ・L・ブルックス愛と追憶の日々

ノミネート:

ローレンス・カスダン再会の時
ロナルド・ハーウッドドレッサー
リタと大学教授Educating Rita


1984年(第42回)

ピーター・シェーファーアマデウス

ノミネート:

ロバート・ベントンプレイス・イン・ザ・ハート
デヴィッド・リーンインドへの道
チャールズ・フラー〔脚本〕ソルジャー・ストーリー
ブルース・ロビンソンキリング・フィールド


1985年(第43回)

ウディ・アレンカイロの紫のバラ

ノミネート:

リチャード・コンドン〔原作〕女と男の名誉
カート・リュードック愛と哀しみの果て
ウィリアム・ケリー刑事ジョン・ブック/目撃者
アール・W・ウォレス刑事ジョン・ブック/目撃者
ボブ・ゲイルバック・トゥ・ザ・フューチャー
ロバート・ゼメキスバック・トゥ・ザ・フューチャー


1986年(第44回)

ロバート・ボルトミッション

ノミネート:

オリヴァー・ストーンプラトーン
ウディ・アレンハンナとその姉妹
ニール・ジョーダンモナリザ
デヴィッド・リンチブルーベルベット
デヴィッド・リーランドモナリザ


1987年(第45回)

ベルナルド・ベルトルッチラストエンペラー

マーク・ペプローラストエンペラー

ノミネート:

ジョン・ブアマン戦場の小さな天使たち
デヴィッド・マメットスリル・オブ・ゲーム
ジョン・パトリック・シャンレー月の輝く夜に
ジェームズ・L・ブルックスブロードキャスト・ニュース


1988年(第46回)

ナオミ・フォナー旅立ちの時

ノミネート:

バリー・モローレインマン
ロナルド・バスレインマン
ケヴィン・ウェイド〔脚本〕ワーキング・ガール
クリス・ジェロルモミシシッピー・バーニング
フレッド・スケピシA Cry in the Dark(原題)


1989年(第47回)

ロン・コヴィック7月4日に生まれて

オリヴァー・ストーン7月4日に生まれて

ノミネート:

スパイク・リードゥ・ザ・ライト・シング
ノーラ・エフロン恋人たちの予感
トム・シュルマンいまを生きる
ケヴィン・ジャールグローリー
スティーヴン・ソダーバーグセックスと嘘とビデオテープ

© 1997 JTNEWS