バトル・ロワイアルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > バトル・ロワイアル
 > (レビュー・クチコミ)

バトル・ロワイアル

[バトルロワイアル]
(バトル・ロワイアル 3D)
Battle Royale
2000年【日】 上映時間:113分
平均点:5.44 / 10(Review 427人) (点数分布表示)
公開開始日(2000-12-16)
アクションサスペンスシリーズもの政治もの青春もの学園もの小説の映画化バイオレンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-04-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督深作欣二
助監督原田徹(監督補)
演出寺田はるひ(ボイス・トレーニング)
諸鍛冶裕太(アクションコーディネーター)
キャスト藤原竜也(男優)七原秋也(男子十五番)
前田亜季(女優)中川典子(女子十五番)
ビートたけし(男優)教師キタノ
山本太郎(男優)川田章吾(男子五番)
安藤政信(男優)桐山和雄(男子六番)
柴咲コウ(女優)相馬光子(女子十一番)
栗山千明(女優)千草貴子(女子十三番)
塚本高史(男優)三村信史(男子十九番)
高岡蒼佑(男優)杉村弘樹(男子十一番)
三村恭代(女優)琴弾加代子(女子八番)
永田杏奈(女優)清水比呂乃(女子十番)
佐野泰臣(男優)山本和彦(男子二十一番)
馬場喬子(女優)矢作好美(女子二十一番)
美波(女優)慶子
深浦加奈子(女優)バスガイド
宮村優子【声優】(女優)ビデオのお姉さん
竜川剛(男優)安城三尉
谷口高史(男優)七原の父
内藤淳一(男優)滝口優一郎(男子十三番)
広川茂樹(男優)月岡彰(男子十四番)
本田博仁(男優)新井田和志(男子十六番)
柴田陽亮(男優)沼井充(男子十七番)
横道智(男優)旗上忠勝(男子十八番)
新田亮(男優)元渕恭一(男子二十番)
日下慎(男優)赤松義生(男子一番)
松沢蓮(男優)飯島敬太(男子二番)
西村豪起(男優)大木立道(男子三番)
山口森広(男優)織田敏憲(男子四番)
小谷幸弘(男優)国信慶時(男子七番)
大西修(男優)倉元洋二(男子八番)
増田裕生(男優)黒長博(男子九番)
郷志郎(男優)笹川竜平(男子十番)
島田豊(男優)瀬戸豊(男子十二番)
中井出健(男優)林田先生
石川絵里(女優)内海幸枝(女子二番)
神谷涼(女優)野田聡美(女子十七番)
木下統耶子(女優)稲田瑞穂(女子一番)
池田早矢加(女優)江藤恵(女子三番)
澤渡智実(女優)小川さくら(女子四番)
三原珠紀(女優)金井泉(女子五番)
金澤祐香利(女優)北野雪子(女子六番)
加藤操(女優)日下友美子(女子七番)
日向瞳(女優)榊祐子(女子九番)
石井里弥(女優)谷沢はるか(女子十二番)
野見山晴可(女優)天堂真弓(女子十四番)
花村怜美(女優)中川有香(女子十六番)
井上亜紀(女優)藤吉文世(女子十八番)
金井愛砂美(女優)松井知里(女子十九番)
関口まい(女優)南佳織(女子二十番)
山村美智(女優)レポーター
岩村愛(女優)前回優賞者の少女
前田愛(女優)キタノシオリ
原作高見広春「バトル・ロワイアル」(太田出版)
脚本深作健太
音楽天野正道
ポーランド国立ワルシャワ・フィルハーモニック・オーケストラ(演奏)
作詞降谷建志「静かな日々の階段を」
作曲降谷建志「静かな日々の階段を」
ヨハン・シュトラウス2世「美しく青きドナウ」
ヨハン・セバスチャン・バッハ「G線上のアリア」
ジュゼッペ・ヴェルディ「レクイエム」
編曲Dragon Ash「静かな日々の階段を」
主題歌Dragon Ash「静かな日々の階段を」
土屋アンナ「CHECKMATE mash up ANTY the 紅乃壱, VOLTA MASTERS」3D版
撮影柳島克己
小松高志(撮影助手)
製作東映(「バトル・ロワイアル」製作委員会)
ギャガ・コミュニケーションズ(「バトル・ロワイアル」製作委員会)
WOWOW(「バトル・ロワイアル」製作委員会)
企画佐藤雅夫
岡田真澄
プロデューサー深作健太
小林千恵〔プロデューサー〕
片岡公生
鍋島壽夫
配給東映
特殊メイク松井祐一
特撮納富貴久男(ガン・エフェクト)
BIG SHOT(ガン・エフェクト)
大屋哲男(VFXスーパーバイザー)
美術部谷京子
北野武(劇中画)
衣装江橋綾子
編集阿部亙英
録音柴崎憲治
照明小野晃
その他芦川誠(スタンドイン)
原田大三郎(スチール)
深作健太(3D版監修・脚本)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
407.《ネタバレ》 かなり前に観たが、改めて観てみた。
途中まで意外にもなかなか良いのだが
そこまで積み上げた物をぶち壊すほどに最後の20分ぐらいが酷い。
3人が首輪を付けたまま生き延びた理由がわからんし
最後のキタノの行動もようわからん。
映画用に上手い脚本書いて上手い監督が一から撮り直せば
2倍ぐらい面白くできそうな題材。もったいない。
大甘に6点。
虎王さん [DVD(邦画)] 6点(2010-11-26 23:38:22)
406.今まで原作も含めて食わず嫌いな映画でしたが、武が出てるので何と無く観ました。そんなに悪くなかった。ただの日本の中学生が、銃を軍人のように使いこなしたり、刃物をジェイソンのように飛ばして刺したりの、ちょっとお馬鹿なノリの、バイオレンスエンターテイメントですね。全体的に軽い映画なので、何となく観るには丁度良い映画じゃないでしょうか。当時、問題作のように扱われていたのは、結局、宣伝だったんですね・・・。武の演技が「バカヤロウ」「コノヤロウ」の、武映画の演技と同じで、存在感も大きいので、ちょいちょい、武映画をみてるような感覚になります。映画自体、悪くはないんですけど、日本映画特有の、軽い道徳観念が自分には合わないので、好きな映画ではないです。
モンチョさん [DVD(邦画)] 5点(2010-11-14 21:24:18)
405.原作未読。ビートたけしはじめ、キャストは豪華だが、奇想天外な設定が活かされていなく残念。久しぶりに東映映画を観たが、生徒が死亡したときのテロップなどは必要なんだろうけれど、画作りが古くさく感じた。奇想天外設定モノでは「イキガミ」の方が設定を活かしていたと思う。BR法がどうしてできたのか。世の中でどのように受け止められているのか。生徒の家族はどう思っているのか等が抜け落ちているので、ガキどもの無人島でのリアルな殺人ゲームにしか見えない。(もっとも死に方も深作やくざ映画の域を出ていず今の時代では陳腐この上ない)違う監督が撮れば、もう少しましだったのかも…と悔やまれる作品。
田吾作さん [DVD(邦画)] 4点(2010-10-26 10:27:48)
404.《ネタバレ》 川田、七原はまだ良かったが、最大の敵役でありゲームの進行上最も重要なはずの桐山の設定がおざなり過ぎやしませんか。
おかげで面白がって参加してるただの戦闘好きという下らないキャラに成り下がってしまった。。
武のどことなく頼りない風体も坂持金発の冷徹な不気味さと全く合っていない。
尺の都合なのか端折られていつの間にか殺されてる生徒も哀れ。
誰の意図か知りませんが、一部の設定が改変された事で映画版の内容は小説で感じた衝撃的な印象とはほど遠いものになってしまった。
問題作の巨匠による映画化ということで期待したのに、ここまで失望させられる出来とは思わなかったです。
TAKIさん [DVD(邦画)] 4点(2010-08-14 20:55:58)
403.原作の担任はそのまま映画にするにはおふざけすぎかもしれないが、キタノというキャラの中川に対するロリコン的表現は不愉快だった。原作は生存者一人になってからの担任とのやり取りが一番面白かったし、ラストも清々しかった。けれど映画から、それらは失われていた。しかも原作の表面だけを借りた別主張の物語になっていた。原作から漂っていた『バカ大人にもの申す』的な部分をすっかり奪い、逆に『大人側の説教&言い訳』みたいなことをやらかしている。そこがすごく鼻について気分悪かったが、主軸は違う方向に折れてしまっても、肉付け的にはそこそこ楽しめましたということで6点。しかし、原作に対する姿勢の在り方が・・・監督、けっこう傲慢な人? 独自の主張したいなら他人の作品使わずに自分で話作れと言いたい気もする。【追記】最近テレビドラマ『ストロベリーナイト』での武田鉄矢さんの憎たらしい演技に感心してます。そのドラマでの彼の演技を見るたび、この映画の担任がキタノじゃなく武田鉄矢演じるサカモチキンパツだったらと思います。金八先生の名台詞を鉄矢さん本人が鋭く皮肉るのを見てみたくてしょうがないです。武田鉄矢演じるサカモチキンパツバージョンでのリメイクを切望します。実際、そういうオファーがあったら彼は受けるのだろうか? 金八先生の著作権などの絡みはどうなるのだろう? そういう大人の事情が発端でキタノに設定が変わったのではと思っていたけど、悪役武田鉄矢に遭遇して以来、彼のサカモチキンパツが見てみたくてたまらない!
だみおさん [映画館(邦画)] 6点(2010-07-03 02:53:28)(良:1票)
402.山本太郎は高校生というよりレンジャーかなんかみたいでした。
シトロエンさん [地上波(邦画)] 5点(2010-01-31 17:28:28)
401.《ネタバレ》 ○この設定に至る経緯というのがまるでなく、なかなか話に入っていけなかった。メッセージとかは分かるんだが、ラストシーン以外にそれを感じる部分があまりにも少ない。もはや次々に死んでいく生徒たちの姿に意図せぬカタルシスみたいなものすら感じてしまったのだが。○生徒が40人もいるから、主要キャストが残るまでに時間がかかりすぎた。荒っぽさが深作監督の良い所なんだから、生徒の数を半分にするとか策を講じてほしかった。○生徒役の俳優たちが中学生に見えないのはさて置き、藤原竜也は素晴らしい俳優だと認識した。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 5点(2010-01-01 19:22:30)
400.《ネタバレ》 一人になるまで殺していくということで、生徒たちの殺され方が色々あってなかなか怖かったです。。ナイフが頭に刺さったり、毒入りパスタがあったり…。カワダがナナハラたちを最後まで助けたところや先生が最後までナカガワを想っていたところについて、もっと説得力があれば良かったのかなと思います。ある日突然(BR法のせいで)無人島で中学生が殺しあわなければならなくなる、という話自体はユニークですよね。
まいったさん [DVD(邦画)] 6点(2009-12-24 14:44:28)
399.小説、漫画、映画と全て見たが、よくまとめてるなぁというのが印象です。キャスティングも悪くないです。藤原竜也は上手い!!
zackさん [映画館(邦画)] 8点(2009-12-03 11:22:24)
398.《ネタバレ》 んー、言いたいことは山ほどあるけれど、コレはコレでよし。
そもそもこの作品との出会いはとても奇妙な出会いでした。
ヤンマガを立ち読みしようとして、間違えて手に取ったのはヤングチャンピオン。
第3話か第4話で、赤松が七原にボーガン向けてウンヌンのくだり。
こんな新連載いつ始まったけ?なんて思いながら、それを読み終え、なんとなく頭のどこかで引っ掛かり続けて数週間後、たまたま友人のHPからリンクにリンクを重ねネットサーフィンしてる時に、小説のバトルロワイアルのレビューを載せてるHPに辿り着き、
「これは、あのマンガじゃないか!!元々、小説だったのか!!」と、まさに運命の再会。すぐに小説を捜しに本屋さんへ。
もう既にそこそこ話題になっていたみたいで、さすがに平置きはされてませんでしたが、すぐに発見し入手。買った、その日に時間を忘れて一気に読破。
ヤングチャンピオンの連載も毎回チェックするようになり、やがて映画化決定の文字を眼にするのです。
これを映像化しちゃうのかよ、えらいことになるぞ。と思い、
周りの友人に、宣伝し続け、公開日が近づくにつれ、本当に社会問題に。
まさにこの作品が世間に認知されていく時間軸と、自分がこの作品を知ったタイミングがマッチしてて、もうバトルロワイアルと心中覚悟で映画も劇場で見ました。
もちろん納得の行く出来ではなかったけど一人一人の演者は精一杯、この時しか出来ない輝きを放っていたと思います。
自分にとってはやはり運命の作品だった「バトルロワイアル」。
この映画は駄作だったとしても、僕がこの映画を愛することに理由はないのです。
バニーボーイさん [映画館(邦画)] 9点(2009-11-15 23:39:54)
397.生徒を人数分殺すことに時間を使いすぎて肝心の彼らの抗う姿が全然描かれていない。
アフロさん [映画館(邦画)] 3点(2009-06-20 03:06:30)
396.映画化すべきじゃなかった・・・。
はち-ご=さん [DVD(邦画)] 3点(2009-01-24 19:09:20)
395.原作既読。キャストは違和感なく見れました。エンドロールで静かな日々の階段をが流れたのはレクイエムのようで良かったです。ほかはあまり印象に残らない印象でした・・
まりんこさん [ビデオ(邦画)] 4点(2009-01-12 17:16:53)
394.《ネタバレ》 とにかく「あるクラスが一人になるまで殺しあう」という設定が非常に興味深かったです。また教師キタノの不気味さこそが、国家権力というものの真の姿を象徴しているように思えましたね。
TMさん [映画館(邦画)] 7点(2008-11-11 19:06:37)
393.原作とは大いに設定やストーリーが変わってしまっているが、映画として120分にまとめるならこれもありか。原作でインパクトのあったキャラやエピソードがいろいろ端折られていたのは個人的に残念。
8bitさん [映画館(邦画)] 5点(2008-10-13 14:58:11)
392.学園ものに付き物の感動シーンや感傷的なところを半分に減らして、それにハードバイオレンスのエッセンスの半分を入れて出来上がった微妙なバランスを持った娯楽作品(特に前半)になっていると思います。こういったジャンルで真面目に作られたものって他にあまりみないですね。なんかメッセージ性をもたせていますが、それが必要なのかどうか疑問です。でもメッセージを持たせることで、マスコミなどが、「不道徳」とか「残虐」とか批評し易くし、話題性を盛りあり上げるのに一役買ったと思います。
紫電さん [DVD(邦画)] 10点(2008-09-20 08:24:57)
391.《ネタバレ》 この映画は兎角暴力の場面がクローズアップされがちですが非常に強いメッセージ性を感じました。生徒たちはこれでもかというほどの仕打ちで死にまくりますが、まず、何故このような状況に陥る羽目になったのか。この辺はさすが深作欣二監督、丁寧に描かれています。なのでどちらかというとキタノに同情してしまった。今の若者はその場のノリなどで理不尽なことでもせせら笑いながらやれたりしてますが、最後のキタノの「人を嫌いになるってことはそれなりの覚悟が必要なんだ」というセリフとともに深作欣二監督は現代に警鐘を鳴らしたかったのではないでしょうか。
Endorphineさん [DVD(邦画)] 8点(2008-07-22 22:39:50)
390.《ネタバレ》 かなりテンポがよく、あっという間に終わってしまう。ただ、ちょっと急ぎ足すぎて強敵であるはずのボスキャラをあっさり倒しすぎ。最後まで飽きはしないんですが、もう少し的を絞って一人一人のキャラクターを掘り下げてもよかったかもしれないですね。原作は結構好きでした。
なんかダイジェスト版を見せられたような印象ですが、まぁ軽く見るぶんには面白かったんじゃないでしょうか。2はたぶん見ません。
すべからさん [ビデオ(邦画)] 6点(2008-07-15 17:07:03)
389.最後に深作欣二のヤクザ映画観たかった!ガキじゃアカンやろ。
ジダンさん [DVD(吹替)] 4点(2008-04-15 19:08:21)
388.バトロワは、こんなんじゃない!
Yoshiさん [ビデオ(邦画)] 1点(2008-03-21 00:11:40)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 427人
平均点数 5.44点
0153.51%
1307.03%
2225.15%
3368.43%
44510.54%
54811.24%
65913.82%
76815.93%
86214.52%
9255.85%
10173.98%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.16点 Review12人
2 ストーリー評価 4.93点 Review15人
3 鑑賞後の後味 3.86点 Review15人
4 音楽評価 6.00点 Review13人
5 感泣評価 2.60点 Review10人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS