21グラムのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 21グラム
 > (レビュー・クチコミ)

21グラム

[ニジュウイチグラム]
21 Grams
2003年【米】 上映時間:124分
平均点:6.29 / 10(Review 195人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-06-05)
ドラマサスペンス犯罪もの
新規登録(2004-02-15)【すぺるま】さん
タイトル情報更新(2009-02-20)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
助監督スピロ・ラザトス(第二班監督〔ノンクレジット〕)
演出ダニー・アイエロ三世(スタント・コーディネーター)
スピロ・ラザトス(スタント・コーディネーター)
キャストショーン・ペン(男優)ポール・リバース
ナオミ・ワッツ(女優)クリスティナ・ペック
ベニチオ・デル・トロ(男優)ジャック・ジョーダン
シャルロット・ゲンズブール(女優)ポールの妻 メアリー・リバース
メリッサ・レオ(女優)ジャックの妻 マリアンヌ・ジョーダン
クレア・デュヴァル(女優)クラウディア・ウィリアムス
ダニー・ヒューストン(男優)マイケル・ペック
デニス・オヘア(男優)医師 ロスバーグ
エディ・マーサン(男優)ジョン師
アニー・コーレイ(女優)トリッシュ
キャサリン・デント(女優)アナ
脚本ギジェルモ・アリアガ
音楽グスターボ・サンタオラヤ
撮影ロドリゴ・プリエト
ハビエル・ペレス・グロベット(カメラ・オペレーター / 第2班撮影監督)
製作アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
ギジェルモ・アリアガ(製作補)
製作総指揮テッド・ホープ
配給ギャガ・コミュニケーションズ
美術ブリジット・ブロシュ(プロダクション・デザイン)
衣装マルレーネ・スチュワート
編集スティーヴン・ミリオン
ダグラス・クライズ(編集助手)
スタントアンディ・ギル〔スタント〕
ジャック・ギル[スタント](ノンクレジット)
その他スティーヴ・ゴリン(サンクス)
ロドリゴ・ガルシア〔監督〕(サンクス)
アルフォンソ・キュアロン(サンクス)
あらすじ
あと半年の命の重病人ポール、幸せの渦中にあるクリスティナ、神を信じ更生したジャック。この三人の人生のレールが、ある悲劇をきっかけに狂った方向へ伸びていくことになる。しかし衝撃のラストでは・・・時間軸狂いの新感覚映画!!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
55.《ネタバレ》 迷える子羊3人が神の手の中で運命に翻弄される。いったい神は何ゆえ彼らにこのような過酷な運命をお与えになるのか。刑務所で繰り広げられる牧師とジャックの言い争いはなんとも皮肉で空しい。どんなに問い掛けても呪っても神は答えをくれないのに。クリスティーナに宿った子、家族の下へ戻るジャック、そのラストシーンでわずかな光が見えるような気もする。それでも人生は続いていくのだろう。
ロイ・ニアリーさん 9点(2004-11-11 23:46:56)
54.《ネタバレ》 ナオミワッツは、美人だということが、いまさらながら、よくわかりました。ショーベン、ベニトロ、役者的には、すばらしいのかも、21グラム、魂の重さ、時間軸のずれを利用した、編集、それもいいとしよう、でも、最後に、一つ、誰かに教えて欲しいのは、ショーベンは、自分をシューティングしたの、それとも、ベニトロをねらって、暴発したの、それによって、意味は違ってくるとおもう。どちらにしても、人生は、長いし、だれにとっても、それなりに、大変だということは、解るような気もするが、せんじつ、「ジョニーは戦場へ行った」を、「フルメタルジャケット」みたり、頭のなかは、ごちゃごちゃです。ナオミワッツは素敵でした。映画って本当に素晴らしいと思う。誰にも21グラムは、共通するのかな、自分はまだ生きてるけど、21グラム分内包しているのかな?。そう、日本人は自分の中に神を持とうとするの、ベニトロは、自分の外に神をもとうとした、ということですか。不幸、不運の時は、何処で神を待てばいいのだろう?。
yasutoさん 9点(2004-11-11 02:35:58)
53.アモーレス・ペロスも楽しめたけど、コッチは更に楽しめました。比べちゃあ可哀相だけど、やっぱ役者が違うからねえ。バラバラだった展開が、繋がりそうなんだけどなかなか繋がらない。焦らされつづけて、この感覚の虜になりました。
tantanさん 9点(2004-11-08 22:06:00)
52.話だけでも面白そうなのに(死んだら21グラム無くなる 人の死とは生きるとは?何?
みたいな 軽いんだか重いんだか)ってキチンと出来ている話なのに なんでわざわざ
あんな繋ぎ方するんだろう・・・キチンとした話があるのにああいった風の撮り方は
不親切な気がするメメントとかではああいった撮り方をしないと映画にならないけど

21グラムは普通に撮ってもいい映画になっただろうに 観ていてちょっと苛つきました
「なんでこんなことするかなぁ勿体無い」とこのような手法だと観る人選ぶし
今さっき観終わった私は 映画の内容より映像の繋ぎ方が気になって仕方が無い
映画を見慣れている人には退屈な手法だし見慣れていない人にはガチャガチャに観える
最高にも最低にもなれない映画だと思います 話は面白いのに中途半端感が否めない
7点献上ですが ストレートに表現したなら10点間違いなしの映画だったと思います
こぱぁさん 7点(2004-11-08 06:36:51)(良:1票)
51.時間軸をずらして見せることにより、最後でつじつまが合う感じは好き。アモーレスペロスはいまいちだったけど、これは楽しめました。
Andrejさん 7点(2004-11-07 16:45:23)
50.Life goes on...「それでも人生は続いていくんだよ」『メメント』のように崩壊したいくつもの時間軸の中でもがき続ける2人の男と1人の女。自身の幾つもの過去を神に懺悔するも、事故を起こし3人もの命を奪った敬虔なキリスト者。麻薬中毒から立ち直り、その幸せな人生の最頂点で最愛の家族を失った被害者。余命1ヶ月の宣告を跳ね除け事故で死んだ男の心臓で生きる男。誰もが悲しく残酷な運命に直面する。しかし泣いても叫んでも逃げてもどうやっても人生は続く。どんなことがあっても生きている以上、人生は続いていく。だから「進むしかないんだ」。台詞が胸に刺さる。ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ベニチオ・デル・トロの何故オスカーを逃すのかと首をひねりたくなる鬼気迫る演技。最後のショーン・ペンの行動がわからないのは自分がまだ本当の死へと直面したことがないからだろう。
ひろすけさん 7点(2004-10-29 23:19:27)
49.《ネタバレ》 観ている人にあまり優しくない構成。主要な人物が多い上に、バラバラの展開。他の方のレビューにもあったけど、パルプフィクションやメメントは時間軸をズラして成功している気がするが、21グラムに関しては微妙。例えば、前半に赤い靴紐の靴を見て、クリスティナが泣くシーン。初めて見たときには全くそのシーンの良さはわからない。なんか辛いことがあったんだろうな、と感じるくらい。逆に2回・3回と見ればそれが発見となり、面白く感じるかも知れないが、それは製作者側の自己満足であり、普通の人はそうそう同じ映画を何度も観ないだろう(俺は見てるけどw)。ただ、ポールがジャックに銃を売った音が響くシーンや、クリスティナの旦那が留守電に言葉を残しているシーンなどは、逆に成功している面に感じる。そのため、この時間軸の作り方に関しては、一概に否定は出来ない。今、レビューを書いていて思ったのだが、とても深い内容でいいテーマの映画なのに、内容ではなく構成などのテクニカル的な部分ばかり書いている自分にビックリした。これはやはり凝り過ぎていてテーマを殺しているということだろうか。音楽・効果音は決して多用していないが、とてもいい感じで場を盛り上げえていたと思います。ちなみに、ショーンペンはこういう、ちょっと気持ち悪い(?)感じの役が似合うね。
グングニルさん [DVD(字幕)] 7点(2004-10-23 19:10:36)
48.人間は死ぬと21グラム体重が軽くなるというトリビアが、この映画の中で一番面白いと思ってしまうあたり、やはり自分は俗物だなぁと認識させられた。たぶんこの映画の本当に面白いところは理解できていないのかもしれない。でも素直な気持ちとして、役者と映像テクニックでなんとかがんばって映画にした、という印象でした。小説で読んだほうが面白かったんじゃないかという感じのアイデア。
コダマさん 6点(2004-10-22 21:36:51)
47.21グラムにしては重過ぎた。撮り方は面白かった。
タコスさん 6点(2004-10-14 23:15:47)
46.ショーン・ペンとデニトロの競演というだけで見てみたかった映画。脚本がよくできた良作ながら、時間をいじるのは最近の流行を追うように感じてしまう。ショーン・ペンは最近一段と良い役者になったと思う。「I Am Sam」「ミスティックリバー」と違う役柄を役に入り込んで演じ、全盛期のデニーロを見るようだ。デニーロの後は、ノートンぐらいしかいないと思っていたが、脇役ではない線の太い主演級の俳優になってきたと思う。
ぼぎーさん 8点(2004-09-26 13:47:05)
45.なぜ、魂の重さが「21グラム」なのかとツッコミを入れたい気分だが、私のHN「STYX21」の「21」は何かと問われると答えに窮するので、やめておきます。
STYX21さん 5点(2004-09-22 21:00:07)
44.出会ってはいけない3人が出会ってしまった悲劇。あれ?そーゆーことらしい話なのに、なんで序盤3人一緒にいて血だらけ?ショーンと直美が一緒にいて入所(?)してる出ルトロを見てる・・・ ??? と、おそらくこのへんで、断片パズル構造だと気づくところでしょう。ここから、これに乗れるか否かが分かれるとろこでしょうね。私はジグソーどころかシュレッダー的手法だと感じました。このシュレッダーを解くのに、終わってから座席に残りまた見るという暴挙に打って出ちゃいましたが(こら)そうまでしても、是非このシュレッダーにお付き合いいただきたいと、絶賛を込めて、9点。
へろりうしオブトイジョイさん 9点(2004-08-19 05:00:23)
43.油っこい役者ぞろいなのに戦術で勝負した映画。サッカーで例えるならミラン。
モチキチさん 7点(2004-07-27 01:07:11)
42.大好きだけどキャラが強いデルトロと「マルホランド」のイメージが残るナオミ・ワッツ、苦手なショーン・ペン。どんな映画になるんだろうと思っていたけど、予想以上に面白かったです。いままでのショーン・ペンで苦手だった部分が押さえられていて、すんなり見ることが出来ました。不幸な人のスーパーマーケットみたいな映画で、ちょっと暗くなりました。

追記
こんなに印象的な映画なのに見たのを忘れて10年経ってまた見ました。ネットで自分の感想があったのを見て一度見ていたことにびっくり。
印象的だし見てる最中に泣いてしまってるのに、忘れて再度見るということは、見終わった後に記憶に残らなかったってことだったのか。
再度見て最初と同じ感想で同じように暗くなりました。でも、「マルホランド」などと違って、また記憶に沈んでしまうのかもしれない。
omutさん [インターネット(字幕)] 7点(2004-07-24 12:28:41)
41.リヴァーブのかかったギターの響きが胸を締め付ける。神様って本当にいたずら好きなのね。
つむじ風さん 9点(2004-07-19 11:43:21)
40.《ネタバレ》 まるでポールの、霧に漂う幻とも思える記憶の断片たち。独白の「何回死ぬのだろう・・・」とは全編に閃くポールの「死」の暗示、カードのような断片だろうか。彼は心を刻まれて泣いている・・・。クリスティーナの「夫と娘たち」の死はみせていない。またジャックの奪った命もみせてはいない。狂おしい戻らない「過去」もない。「地獄はここにある」、そう、すべては心に。そして「未来」なのか「過去」なのか「現実」なのか、尽きかけた蝋燭の灯りのような混沌とした物語は錯綜する。ポールは「魂の重量」について触れる。それは彼のこれから失われる「記憶」のこと、なのかもしれない。
ひいらぎさん 5点(2004-07-09 19:18:44)
39.映画製作の手法のひとつに回想形式というのがあるが、過去と現在とが巧妙に入り組んでストーリーが語れて行くという新手の方法は、タランティーノの一連の作品から見られるように、昨今の流行りのようでもある。(但し、「メメント」の場合は意味合いが根本的に違う!)その手法をいかに効果的に用いるかで作品にインパクトが生じ、より魅力的になるかどうかがポイント。本作もご多分に漏れず時間を自由自在に操る奔放な映像表現で綴られてゆくが、些かも混乱することなくストーリーの流れを十分に把握できる。その点でまずは成功の部類に属する作品であろう。まるで神の意志が働いたかのように、ちょっとした運命の悪戯に翻弄される男と女。微かな希望さえも叶わぬ救いようのないドラマが展開されてゆく。それぞれが運命の糸に引き寄せられ、やがて交差したとき露わになる人間の弱さ。その運命を受け入れなければならない彼らの哀しさがビビットに伝わり、ザラついた画面にその心の荒廃と無力感が反映される。個々のキャラを十二分に生かした感情のうねりの演技など、三者三様の持ち味を発揮した濃密な人間ドラマは、見応え十分。
ドラえもんさん 7点(2004-07-08 18:21:32)
38.登場人物みんなタバコ吸いすぎ!見てて喉がイガラっぽくなっちゃって、途中でのど飴が欲しくなった。
mimiさん 7点(2004-07-07 22:54:48)
37.《ネタバレ》 皆さんの言うようにこれはジグソーパズルです。
最後にすべての謎が解明されるのではなく、新しいピースがはまるごとに
少しずつ謎が解け、ストーリーを理解していきます。
時間の前後がとても激しくついていくのが大変でしたが、
俳優たちの演技を注意深く見て、ピースを一つずつはめていけば
時間の前後を読みとることが出来ます。

残念なところは自分の夫の心臓を持つ人間を愛するというのが甘く描かれていて
殺す殺される、生きる死ぬの関係と比べて軽く見えてしまったことです。
しかしそこはショーンペンにナオミワッツの一つ上の演技により、
違和感なく話が進んでいき、二人の関係もとてもまともな物と見ることが出来ました。

良いことなんか一つもなく進んでいくこの映画は新しい命を作るのに
人工授精と、余命1ヶ月の心臓移植待ちの患者と、神に心を捧げ自分の生き方を
すべてゆだねてしまった人間という全く異なる人間たちが、
追いつめられ、追いつめられて極限を描くのに、すばらしい演技と、
すばらしい展開で何か希望を残してくれたような気がしました。
風と一緒にとばされる(Q_Q)さん 8点(2004-07-05 22:21:46)
36.ジグソーパズルをやっていてなにが描いてあるのかわからなかったピースが、完成に近づくにつれ1つの絵の中にピッタリ合わさった時の充足感は味わえますね。これだけ時系列をばらばらにして最後にはちゃんとまとめ上げている計算高い演出には感服。でもそれがなかったら、ふーんって感じの話だなぁ。主演3人の存在感のある演技と編集の手腕にこの点数。
ふじもさん 6点(2004-07-02 12:39:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 195人
平均点数 6.29点
000.00%
110.51%
231.54%
363.08%
42311.79%
52814.36%
63819.49%
75126.15%
82613.33%
9147.18%
1052.56%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.26点 Review15人
2 ストーリー評価 6.59点 Review27人
3 鑑賞後の後味 6.30点 Review26人
4 音楽評価 6.05点 Review20人
5 感泣評価 5.05点 Review18人
chart

【アカデミー賞 情報】

2003年 76回
主演女優賞ナオミ・ワッツ候補(ノミネート) 
助演男優賞ベニチオ・デル・トロ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS