バトル・ロワイアルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > バトル・ロワイアル
 > (レビュー・クチコミ)

バトル・ロワイアル

[バトルロワイアル]
(バトル・ロワイアル 3D)
Battle Royale
2000年【日】 上映時間:113分
平均点:5.44 / 10(Review 427人) (点数分布表示)
公開開始日(2000-12-16)
アクションサスペンスシリーズもの政治もの青春もの学園もの小説の映画化バイオレンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-04-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督深作欣二
助監督原田徹(監督補)
演出寺田はるひ(ボイス・トレーニング)
諸鍛冶裕太(アクションコーディネーター)
キャスト藤原竜也(男優)七原秋也(男子十五番)
前田亜季(女優)中川典子(女子十五番)
ビートたけし(男優)教師キタノ
山本太郎(男優)川田章吾(男子五番)
安藤政信(男優)桐山和雄(男子六番)
柴咲コウ(女優)相馬光子(女子十一番)
栗山千明(女優)千草貴子(女子十三番)
塚本高史(男優)三村信史(男子十九番)
高岡蒼佑(男優)杉村弘樹(男子十一番)
三村恭代(女優)琴弾加代子(女子八番)
永田杏奈(女優)清水比呂乃(女子十番)
佐野泰臣(男優)山本和彦(男子二十一番)
馬場喬子(女優)矢作好美(女子二十一番)
美波(女優)慶子
深浦加奈子(女優)バスガイド
宮村優子【声優】(女優)ビデオのお姉さん
竜川剛(男優)安城三尉
谷口高史(男優)七原の父
内藤淳一(男優)滝口優一郎(男子十三番)
広川茂樹(男優)月岡彰(男子十四番)
本田博仁(男優)新井田和志(男子十六番)
柴田陽亮(男優)沼井充(男子十七番)
横道智(男優)旗上忠勝(男子十八番)
新田亮(男優)元渕恭一(男子二十番)
日下慎(男優)赤松義生(男子一番)
松沢蓮(男優)飯島敬太(男子二番)
西村豪起(男優)大木立道(男子三番)
山口森広(男優)織田敏憲(男子四番)
小谷幸弘(男優)国信慶時(男子七番)
大西修(男優)倉元洋二(男子八番)
増田裕生(男優)黒長博(男子九番)
郷志郎(男優)笹川竜平(男子十番)
島田豊(男優)瀬戸豊(男子十二番)
中井出健(男優)林田先生
石川絵里(女優)内海幸枝(女子二番)
神谷涼(女優)野田聡美(女子十七番)
木下統耶子(女優)稲田瑞穂(女子一番)
池田早矢加(女優)江藤恵(女子三番)
澤渡智実(女優)小川さくら(女子四番)
三原珠紀(女優)金井泉(女子五番)
金澤祐香利(女優)北野雪子(女子六番)
加藤操(女優)日下友美子(女子七番)
日向瞳(女優)榊祐子(女子九番)
石井里弥(女優)谷沢はるか(女子十二番)
野見山晴可(女優)天堂真弓(女子十四番)
花村怜美(女優)中川有香(女子十六番)
井上亜紀(女優)藤吉文世(女子十八番)
金井愛砂美(女優)松井知里(女子十九番)
関口まい(女優)南佳織(女子二十番)
山村美智(女優)レポーター
岩村愛(女優)前回優賞者の少女
前田愛(女優)キタノシオリ
原作高見広春「バトル・ロワイアル」(太田出版)
脚本深作健太
音楽天野正道
ポーランド国立ワルシャワ・フィルハーモニック・オーケストラ(演奏)
作詞降谷建志「静かな日々の階段を」
作曲降谷建志「静かな日々の階段を」
ヨハン・シュトラウス2世「美しく青きドナウ」
ヨハン・セバスチャン・バッハ「G線上のアリア」
ジュゼッペ・ヴェルディ「レクイエム」
編曲Dragon Ash「静かな日々の階段を」
主題歌Dragon Ash「静かな日々の階段を」
土屋アンナ「CHECKMATE mash up ANTY the 紅乃壱, VOLTA MASTERS」3D版
撮影柳島克己
小松高志(撮影助手)
製作東映(「バトル・ロワイアル」製作委員会)
ギャガ・コミュニケーションズ(「バトル・ロワイアル」製作委員会)
WOWOW(「バトル・ロワイアル」製作委員会)
企画佐藤雅夫
岡田真澄
プロデューサー深作健太
小林千恵〔プロデューサー〕
片岡公生
鍋島壽夫
配給東映
特殊メイク松井祐一
特撮納富貴久男(ガン・エフェクト)
BIG SHOT(ガン・エフェクト)
大屋哲男(VFXスーパーバイザー)
美術部谷京子
北野武(劇中画)
衣装江橋綾子
編集阿部亙英
録音柴崎憲治
照明小野晃
その他芦川誠(スタンドイン)
原田大三郎(スチール)
深作健太(3D版監修・脚本)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(9点検索)】[全部]

別のページへ(9点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
25.《ネタバレ》 んー、言いたいことは山ほどあるけれど、コレはコレでよし。
そもそもこの作品との出会いはとても奇妙な出会いでした。
ヤンマガを立ち読みしようとして、間違えて手に取ったのはヤングチャンピオン。
第3話か第4話で、赤松が七原にボーガン向けてウンヌンのくだり。
こんな新連載いつ始まったけ?なんて思いながら、それを読み終え、なんとなく頭のどこかで引っ掛かり続けて数週間後、たまたま友人のHPからリンクにリンクを重ねネットサーフィンしてる時に、小説のバトルロワイアルのレビューを載せてるHPに辿り着き、
「これは、あのマンガじゃないか!!元々、小説だったのか!!」と、まさに運命の再会。すぐに小説を捜しに本屋さんへ。
もう既にそこそこ話題になっていたみたいで、さすがに平置きはされてませんでしたが、すぐに発見し入手。買った、その日に時間を忘れて一気に読破。
ヤングチャンピオンの連載も毎回チェックするようになり、やがて映画化決定の文字を眼にするのです。
これを映像化しちゃうのかよ、えらいことになるぞ。と思い、
周りの友人に、宣伝し続け、公開日が近づくにつれ、本当に社会問題に。
まさにこの作品が世間に認知されていく時間軸と、自分がこの作品を知ったタイミングがマッチしてて、もうバトルロワイアルと心中覚悟で映画も劇場で見ました。
もちろん納得の行く出来ではなかったけど一人一人の演者は精一杯、この時しか出来ない輝きを放っていたと思います。
自分にとってはやはり運命の作品だった「バトルロワイアル」。
この映画は駄作だったとしても、僕がこの映画を愛することに理由はないのです。
バニーボーイさん [映画館(邦画)] 9点(2009-11-15 23:39:54)
24.漫画・小説を読むべし。この映画だけでは、原作者の思考に疑問を抱いてもしかたがない。
南の二等星さん [ビデオ(邦画)] 9点(2007-10-02 14:28:38)
23.原作を先に読みました

結構踏襲しています

ここまで実写化するのは凄いと思います


(公開初日に観に行った覚えがありますが…オトナは私だけでしたね(爆))
栗頭豆蔵さん [映画館(字幕)] 9点(2004-06-12 15:03:27)
22.おもしろい!衝撃的でした。三村の作戦もっと見たかったなぁ。レクイエムとラストのアッシュの音楽が良かったです。
Pieceさん 9点(2004-06-12 00:03:41)
21.《ネタバレ》 こんな映画を考えた発想力に感動します。原作も大変面白く寝ないで読んでいました。やっぱ原作の方が断然、面白いです☆当時は自分が戦っているかのように妄想の世界で遊んでいました(笑)自分は桐山和雄のようなキャラかも・・・(焦)自分が生き残るためなら手段を選ばない性格かなと自分で思う。桐山和雄役の安藤政信、川田章吾役の山本太郎、千草貴子役の栗山千明、相馬光子役の柴咲コウ・・・そして、ビートたけしを含めての名演技は素晴らしい。ラストの桐山和雄が白目になって歩いてくるシーンが印象的です。でも、原作にあったトラックでのカーチェイスや相馬光子が色気で男二人を殺すシーンがなかったのが残念。相馬光子のシーンは少し含まれてはいたが原作を知らない人は状況を把握出来なかったかと思う。北野武が書いた絵も結構、リアルでした。この作品のメイキングの外伝も面白かった。深作欣二の作品に対する気持ちが伝わった。Dragon Ashの"静かな日々の階段を"もマッチして良かったし、なんと言ってもオープニングの音楽が鳥肌が立つほどカッコイイ!!何度見ても面白いのでお勧めです☆2は期待はずれの限度を超えてるので力ある監督にこの作品を参考にして邦画でリメイクをして欲しいと願います。
マーク・ハントさん [ビデオ(字幕)] 9点(2004-04-15 01:22:26)
20.これは是非本を読んでいただきたいですね!中学時代に読んだ本で一番の作品です。中3の終わりあたりに放映されて、R-15の見れるか見れないかの間の時期に話題になって、結局次の年に見たのですが、本がそのまま映像化されたような、すさまじい作品でした。人間とは恐く、そしてすばらしいものだと思わせられる出来だと思います。
ラブコメ大好き!さん 9点(2004-03-11 18:52:06)
19.個人的には結構好きです。それぞれのキャラがすごい浮き出ていて俳優女優陣の演技もよかったと思います。
ヨウヘイさん 9点(2004-01-12 07:05:26)
18.邦画の中ではかなり秀逸な作品だと思う。人間が土壇場に追いこまれた時に現れる本性をリアルに描かれていたかなと。痛みを伴う殺戮シーンの数々、柴咲コウ、栗山千明の演技、全てが輝いていたと思う。
ワトソン君さん 9点(2003-12-29 01:21:15)
17.R-15の邦画の中では、最高傑作です!深作欣二が好きなんですが、仁義なきのころの深作欣二に戻った感じが伝わってきました。手持ちカメラの手法など…。
Takuchiさん 9点(2003-12-24 23:13:46)
16.人間の本質を描いた秀作だと思います。人間が極限に追い込まれると、まさに手のひらを返して昨日の友は今日の敵となり、サバイバル闘争が展開される。カッコつけて潔く死ぬか?なりふり構わず生き残ろうとするのか?殆どが後者でしょう。実際の殺し合いではないでしょうが、同じような事が日常茶飯事起きていると思います。
東京50km圏道路地図さん 9点(2003-12-23 04:54:23)
15.好きだなあ。かなり。
荒唐無稽で背筋の凍る設定で、大真面目に滑稽に翻弄される登場人物たちの気持ちに、自然と私も引き込まれた。人物が一人一人非常に魅力的に描かれており、一つのゲームを楽しむ感覚で、映画の世界に没頭できる。もっと続きが観たい気持ちになった。
メッセージ性はというと、それはあまり私には響かなかった。しかし、そんなことはどうでもいいんじゃないかなあ。こういうのって、超怖いよねーと思わせるには十分だったし。映画らしい完成度を持った映画だと思った。
変な「完全版」は不要ではないかと思う。
よしのさん 9点(2003-12-04 00:16:24)
14.原作を先に読んだ人には物足りなく感じるのも十分わかるのだが(私は後で読みました)、映画として十分に楽しめた。ここまでやってくれると青臭いせりふや演技も新鮮で悪くない。新しさと古臭さが奇妙に溶け合った実に日本映画って感じ。
gooseさん 9点(2003-11-30 19:32:03)
13.あの長い原作を2時間程度の映画にするのがまず困難で内容がどうのこうのよりもまずそこが凄かったと思う。出来も結構良かったし。
腸炎さん 9点(2003-11-11 20:53:57)
12.原作とは別物と割り切れば楽しめる映画です。七原の失業オヤジやキタノ父子、ビデオのお姉さんなどのオリジナルキャラやストーリーも華を添えてましたし。(原作と変えたのは脚本の健太さんが万能なヒーローに共感できなかったゆえだそうですが)
銃の撃ち方などは確かに素人でも?と思う所はありましたが、
サブの級友を演じる無名の役者さんたちはよく頑張っていると思いました。灯台組の戦闘は仲良しグループの末路をリアルに描いていて本編中でも最高に怖くていいです。榊祐子の落下死体も妙に美しく、それを見て泣きわめく七原のシーンも好きですね。
千草は原作よりアブナ気でしたが啖呵を切るカットはグーです。
映画独自のカード、光子対比呂乃も萌えますし。
全体的にバイオレンスは女子の方が強烈なんですよね。
何より詰め込みであろうと息もつかせぬ展開のうまさがこの映画の魅力だと思います。(2はこれがなかったから・・)
というわけで私はこの評価です。アラはあっても何度見ても面白い映画なので。各シーンの山場を盛り上げる音楽も絶妙です。
ひろほりともさん 9点(2003-10-14 16:18:59)
11.どうしてこの映画が中学生以下は見てはいけないんですか??絶対におかしいです。誰かが言っていた通り、これは若者こそが見るべきです!!(ちなみに今僕は高2です)愛と生死の交錯が見事なこの映画ですが(あ、僕の意見ですよ)、愛には人間愛、友情愛、そして異性愛などがあり、これは若者なら見ながら共感させられること必至です。だからこそ、若者が見るべきです!アメリカのB級SF映画の方がよっぽどエグいと思うのは僕だけですか?そして、今までに命の大切さを説いた残虐な映画が、こんな映画がありましたか!?全く、日本の国会議員、そのうちホントにBR法出しちゃうんじゃないですか?…言い過ぎですかね(汗)。でも、僕はこのように大きく心を揺り動かされましたが、「面白かった」で終わらせてしまう若者が多いのも事実です。この世は本当にそのうち、腐敗してしまうのでしょうか…?そうならない為にも、もっと色んな人(特に若者)がこの映画を見て、感動することを強く望みます。
カワセミさん 9点(2003-07-21 23:11:17)
10.殺し合いは確かに絶対に良くないとは思いますが、この映画は残虐だけな映画ではないと思いました!!!最後のほうは見ていて胸が締め付けられる心境でした!!!世間では教育上のことも言われていますが、見たい人が見て、みたくない人が見ない。。。それでいいのでわないでしょうか!!!
あやさん 9点(2003-07-06 17:24:46)
9.自分のクラスで殺し合いをしたら、きっと自分が一番に死ぬだろう…と考え本気で悩みました(笑)とにかく殺し合い良くないです。でも桐山と千草のかっこ良さに9点。
キリィさん 9点(2003-06-29 00:08:30)
8.あきにゃサイコーっ♪
はいねさん 9点(2003-04-23 01:41:56)
7.怖すぎて、夢に出てきちゃいました。担任の先生の死体を見せるシーンだけはどうしてもみることができません!でもおすすめです。
ドニャえもん11歳さん 9点(2003-01-07 21:29:55)
6.わたしの高校では堂々と学校祭で上映されていました。灯台のシーンが一番印象的です。
たからさん 9点(2002-12-28 15:04:34)
別のページへ(9点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 427人
平均点数 5.44点
0153.51%
1307.03%
2225.15%
3368.43%
44510.54%
54811.24%
65913.82%
76815.93%
86214.52%
9255.85%
10173.98%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.16点 Review12人
2 ストーリー評価 4.93点 Review15人
3 鑑賞後の後味 3.86点 Review15人
4 音楽評価 6.00点 Review13人
5 感泣評価 2.60点 Review10人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS