恋におちたシェイクスピアのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > 恋におちたシェイクスピア
 > (レビュー・クチコミ)

恋におちたシェイクスピア

[コイニオチタシェイクスピア]
Shakespeare in Love
1998年【米・英】 上映時間:123分
平均点:6.54 / 10(Review 273人) (点数分布表示)
公開開始日(1999-05-01)
ドラマコメディ歴史ものロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-09-05)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・マッデン
キャストグウィネス・パルトロウ(女優)ヴァイオラ・デ・レセップス
ジョセフ・ファインズ(男優)ウィリアム・シェイクスピア
ジェフリー・ラッシュ(男優)ローズ座劇場主 フィリップ・ ヘンズロウ
コリン・ファース(男優)ヴァイオラの婚約者 ウェセックス卿
ベン・アフレック(男優)俳優 ネッド・アレン
ジュディ・デンチ(女優)エリザベス女王
トム・ウィルキンソン(男優)金貸し ヒュー・フェニマン
サイモン・キャロウ(男優)宮内長官 ティルニー
イメルダ・スタウントン(女優)ヴァイオラの乳母
ダニエル・ブロックルバンク(男優)ジュリエット役の俳優 サム・ゴス
ジム・カーター[男優1948生](男優)ラルフ・バッシュフォード
ティム・マクマラン(男優)フリース
ルパート・エヴェレット(男優)劇作家 クリストファー・マーロウ(ノンクレジット)
山崎美貴ヴァイオラ・デ・レセップス(日本語吹き替え版)
壤晴彦ローズ座劇場主 フィリップ・ ヘンズロウ(日本語吹き替え版)
大塚芳忠ヴァイオラの婚約者 ウェセックス卿(日本語吹き替え版)
山路和弘俳優 ネッド・アレン(日本語吹き替え版)
片岡富枝エリザベス女王(日本語吹き替え版)
小島敏彦金貸し ヒュー・フェニマン(日本語吹き替え版)
石田彰(日本語吹き替え版)
伊藤和晃(日本語吹き替え版)
池田勝(日本語吹き替え版)
稲葉実(日本語吹き替え版)
田原アルノ(日本語吹き替え版)
定岡小百合(日本語吹き替え版)
家中宏(日本語吹き替え版)
久保田民絵ヴァイオラの乳母(日本語吹き替え版)
青山穣(日本語吹き替え版)
伊井篤史宮内長官 ティルニー(日本語吹き替え版)
脚本トム・ストッパード
マーク・ノーマン
音楽スティーヴン・ウォーベック
編曲スティーヴン・ウォーベック
ニック・イングマン
撮影リチャード・グレートレックス
製作ハーヴェイ・ワインスタイン
エドワード・ズウィック
マーク・ノーマン
ユニバーサル・ピクチャーズ
ミラマックス
製作総指揮ボブ・ワインスタイン
配給UIP
美術マーティン・チャイルズ(プロダクション・デザイン)
スティーヴン・ローレンス[美術](美術監督)
キース・ペイン
衣装サンディ・パウエル
録音ロビン・オドノヒュー
ドミニク・レスター[録音]
ピーター・グロソップ[録音]
字幕翻訳戸田奈津子
その他マーシャル・ハースコヴィッツ(サンクス)
ニック・イングマン(指揮)
メリル・ポスター(サンクス)
あらすじ
16世紀末のイギリス。妻子を故郷に残し劇団専属の劇作家を夢見てロンドンに来たウィルはスランプ気味だった。しかし「女が国王になるなら俳優にだって。」とばかりに劇団に男装して応募してきた貴族の令嬢ヴァイオラの正体を見破り、舞踏会に潜入して再会を果たした後、ウィルの頭は冴えに冴え、野心作「ロミオとジュリエット」が誕生する。しかしロミオ役にヴァイオラを抜擢した劇団とエリザベス女王の肝いりで政略結婚を控えるヴァイオラには波乱が待ち受ける。若き日のシェイクスピアが経験したかもしれない恋の物語。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(4点検索)】[全部]

別のページへ(4点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
23.大量のオスカーは過大評価かもしれませんが、前後にラブコメディの作品が全くないという意味では一見の価値があると思います。特に助演女優賞の方には脱帽するしかないでしょう。
色鉛筆さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2008-10-20 21:31:59)
22.アカデミー賞と設定の妙で期待して見に行き、大いに裏切られた一品。なんだ、あの男装は! 全然サマになってないじゃないか。ジョセフ・ファインズがそもそも好きでないのも大きいのだろうが、魅力のない二人の主役のラブストーリーは退屈そのもの。グウィネスってそんなイイ女優か? 表情も乏しいし、大根に思える。良さがサッパリ分からん。キャストが違えば、もっと素敵な映画になったろうに。惜しい。
すねこすりさん [映画館(字幕)] 4点(2007-09-25 17:02:03)
21.正直言ってあんま面白くなかった。。
スペクターさん [ビデオ(字幕)] 4点(2005-11-04 21:54:05)
20.鶴の一声で決められるアホ臭さ。
モチキチさん 4点(2004-04-14 21:05:36)
19.期待しすぎたのかな?ヒゲが気になった。
paniさん 4点(2004-02-18 14:23:10)
18.《ネタバレ》 最初に見た時は「こんなものか。」と7点をつけたのですが、その後、シェークスピアの作品や伝記のビデオに接する機会がって、「ロミオとジュリエット」はシェークスピアが駆け足で過ぎ去った自分の青春を惜しんで書いたとわかり、二度目に見た時には妻子ある男が盛りのついた猫みたいに恋に陥る様を描いた嘘っぽくてしらける映画になってしまいました。(シェークスピアは18歳で結婚、夫としての義務は真面目に果たしながら妻との関係は生涯あまり良くなく、自分の身に覚えのある「若さゆえの暴走」をテーマにするために「ロミオとジュリエット」の主人公達を極端に若く設定。)シェークスピアに対する冒涜も甚だしいとさえ思います。パルトローの演技と当時の雰囲気が良かったので何とか4点。結婚したばかりのヴァイオラの夫は女王に会った時になぜ受け取ったヴァイオラの持参金を現金で持っていたのか不思議です。銀行に預けるかうちに置いてくる時間がなかったせい?当時は銀行がなかったのか、それとも返せと言われたり気が変ったりしたらすぐに返せるようにでしょうか?
かわまりさん 4点(2004-02-02 08:27:06)
17.なんていうかどうも思わなかった。濃い恋愛ものは嫌いじゃにけど、この作品はそれほど好きになれなかった。なぜだか
スミスさん 4点(2003-12-23 06:09:12)
16.勧められて観ましたが、個人的にロミジュリの話も嫌いな方なのでつまんなかった。グウィネスもそれほど美人とも思わないし。男装が似合ってたぐらい。
c r a z yガール★さん 4点(2003-12-06 17:37:19)
15.あたしも愛が軽すぎると思ってしまいました。そもそもロミオとジュリエットの話自体も好きではないので仕方ないかなぁ・・。
でも、グウィネスはまじキレイ♪映像は好きです。
ヒナさん 4点(2003-12-03 18:00:26)
14.↓とかぶるけど平井堅だ!!
ピニョンさん 4点(2003-11-18 06:50:55)
13.率直に言って、2人の愛が軽すぎです。出会った瞬間から互いに一目惚れし、あっという間に男女の関係に陥り、後は盛りの付いた猫の如く終始ベタベタ…。これ程急激に熱くなるような恋なら冷めるのも早いんだろうな…なんて、冷めた目で見てしまいました。それはともかく、私は「ロミオとジュリエット」の話の粗筋さえ知らなかったので、それが判ったのは唯一の収穫でした。ラストの、女王陛下の思惑1つで振り回される結末も、何だかご都合主義のハッピーエンドですよねぇ。第一、女王陛下もあの見世物小屋で庶民達と一緒にご観劇されていたんでしょうか?
(^o^)y-~~~さん 4点(2003-11-05 01:28:58)
12.何が嫌って。あんな顔の濃いシェークスピアと恋に落ちたくない訳ですよ。
ネフェルタリさん 4点(2003-07-13 11:09:56)
11.映像がきれいだったし、コメディとしてはイイ線いってる。でもその男装じゃゼッタイばれるだろー!!ということから始まって、展開がめちゃくちゃで、アカデミー賞受賞映画として観ようと思うと落胆させられる。あたりまえだが、ほぼ同時期に「エリザベス」を観ていたので、こっちの映画って妙にのりが軽くて意味が無くて変な映画だなぁという印象を受けた。何故映画を作るのか、何故芝居をするのか?というのが裏テーマであるから、そこが映画界に受けたのかもしれないけど、アカデミー賞にふさわしいとは思えない。
ルクレツィアの娘さん 4点(2003-06-23 11:53:34)
10.激戦の98年度でしたが、違う方を応援していました。
午後のコーヒーさん [映画館(字幕)] 4点(2003-05-04 19:07:34)
9.「ロミオとジュリエット」の誕生秘話というアイデアは面白いが、アカデミー7部門を受賞するほどの作品とは思えなかった。見た目は派手だが心には残らない。そんな感じの映画。ある意味、グィネス・パルトロウにお似合いかも。
カテキン・スカイウォーカーさん 4点(2003-04-30 20:46:25)
8.皆さんのご意見とほぼ同じです。どうしてこんなにアカデミー賞受賞したの?と疑問。途中どうなってしまうのか、、というちょっとハラハラした部分はあったけど、でも「よかったぁ~!!」って人にお薦めできるような映画でもなかったと思う。何より、あのプリンスちっくな俳優さんが受け付けない(彼らのファンの方すみません)=その彼と恋に落ちるグウィネス演じるヒロインにも感情移入できなかった。。。でもアカデミー賞受賞した話題作でもあるので、一度観てみてもいいかも知れません。期待しないで観れば意外と収穫があるかも知れないし・・??
おぴょっぴょ星人さん 4点(2003-03-28 12:20:07)
7.キャストが違ったら、もっと面白く観られたのかもしれない。俳優陣に魅力が無かった。
おばちゃんさん [ビデオ(字幕)] 4点(2003-03-21 02:58:55)
6.アカデミー賞の基準ってほんとによく分かりません。ほとんど印象に残ってない作品。映画館行ったのに。
ビビンバさん 4点(2002-08-08 13:03:59)
5.あんまり楽しめなかったのは私がシェークスピアに関して全く無知だからか?アカデミーでの輝かしい受賞歴を知らずに観ていればそれなりに楽しめたかもしれないが、いかんせん期待が大きすぎてダメでした。美しい映像と、音楽にマル
KENさん 4点(2002-06-23 05:52:28)
4.かなり前にみて忘れているので、今みたらまた違うかも知れないが、あんまり頭に残ってないから。
アイアム琳子さん 4点(2002-06-05 20:05:04)
別のページへ(4点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 273人
平均点数 6.54点
000.00%
141.47%
282.93%
3124.40%
4238.42%
53211.72%
64717.22%
74416.12%
85821.25%
9279.89%
10186.59%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.18点 Review11人
2 ストーリー評価 6.93点 Review16人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review15人
4 音楽評価 6.60点 Review10人
5 感泣評価 6.00点 Review5人
chart

【アカデミー賞 情報】

1998年 71回
作品賞 受賞 
主演女優賞グウィネス・パルトロウ受賞 
助演男優賞ジェフリー・ラッシュ候補(ノミネート) 
助演女優賞ジュディ・デンチ受賞 
監督賞ジョン・マッデン候補(ノミネート) 
脚本賞マーク・ノーマン受賞 
脚本賞トム・ストッパード受賞 
撮影賞リチャード・グレートレックス候補(ノミネート) 
作曲賞(コメディ)スティーヴン・ウォーベック受賞 
音響賞ドミニク・レスター[録音]候補(ノミネート) 
音響賞ピーター・グロソップ[録音]候補(ノミネート) 
音響賞ロビン・オドノヒュー候補(ノミネート) 
美術賞マーティン・チャイルズ受賞 
衣装デザイン賞サンディ・パウエル受賞 
編集賞 候補(ノミネート) 
特殊メイクアップ賞 候補(ノミネート)メイクアップ賞として

【ゴールデングローブ賞 情報】

1998年 56回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 受賞 
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)グウィネス・パルトロウ受賞 
助演女優賞ジュディ・デンチ候補(ノミネート) 
助演男優賞ジェフリー・ラッシュ候補(ノミネート) 
監督賞ジョン・マッデン候補(ノミネート) 
脚本賞トム・ストッパード受賞 
脚本賞マーク・ノーマン受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS