永遠の0のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > 永遠の0
 > (レビュー・クチコミ)

永遠の0

[エイエンノゼロ]
2013年【日】 上映時間:144分
平均点:6.29 / 10(Review 98人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-12-21)
ドラマ戦争ものミステリー小説の映画化
新規登録(2013-07-18)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2019-05-25)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山崎貴
キャスト岡田准一(男優)宮部久蔵(ラバウル航空隊・筑波海軍航空隊/零戦搭乗員)
三浦春馬(男優)佐伯健太郎(司法浪人)
井上真央(女優)松乃(宮部の妻)
濱田岳(男優)井崎(ラバウル航空隊・宮部小隊/零戦搭乗員)
新井浩文(男優)景浦(ラバウル航空隊/零戦搭乗員)
三浦貴大(男優)武田(宮部の教え子・筑波海軍航空隊/予備士官)
橋爪功(男優)井崎(余命わずかの入院患者)
夏八木勲(男優)賢一郎(弁護士・健太郎、慶子の祖父)
田中泯(男優)景浦介山
吹石一恵(女優)佐伯慶子(健太郎の姉・フリーライター)
風吹ジュン(女優)清子(宮部と松乃の娘・健太郎、慶子の母)
染谷将太(男優)大石(宮部の教え子・筑波航空隊/予備士官)
山本學(男優)武田(経済界の大物)
平幹二朗(男優)長谷川(元零戦搭乗員)
遠藤雄弥(男優)香川(予備士官)
斉藤とも子(女優)伊崎の娘
上田竜也(男優)小山
駿河太郎(男優)
栩原楽人(男優)
古川雄輝(男優)
原作百田尚樹「永遠の0」(太田出版刊)
脚本山崎貴
林民夫
音楽佐藤直紀
作詞桑田佳祐「蛍」
作曲桑田佳祐「蛍」
編曲サザンオールスターズ「蛍」
主題歌サザンオールスターズ「蛍」
撮影柴崎幸三
製作市川南〔製作〕
島村達雄(共同製作)
阿部秀司〔製作〕(共同製作)
東宝(「永遠の0」製作委員会)
電通(「永遠の0」製作委員会)
ROBOT(「永遠の0」製作委員会)
白組(「永遠の0」製作委員会)
講談社(「永遠の0」製作委員会)
双葉社(「永遠の0」製作委員会)
朝日新聞社(「永遠の0」製作委員会)
ジェイ・ストーム(「永遠の0」製作委員会)
山内章弘(プロダクション総括)
制作ROBOT(制作プロダクション)
配給東宝
特殊メイク藤原カクセイ(特殊メイクデザイン)
特撮山崎貴(VFX)
白組(VFXプロダクション)
渋谷紀世子(VFXディレクター)
美術上條安里
龍田哲児(装飾)
藤原カクセイ(特殊造形)
編集宮島竜治
照明上田なりゆき
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(5点検索)】[全部]

別のページへ(5点検索)
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順】
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.出撃して上空で逃げてた?ってのがよーわからんかった。三浦春馬が大げさなのも×。ただジーンとしました。英霊に敬意。
すたーちゃいるどさん [地上波(邦画)] 5点(2017-01-04 18:09:15)
12.テロリストと神風特攻隊の違いを説教臭く描いた作品。
しかし、特攻を否定する人達がいかにも物知らずで鼻持ちならない嫌な奴等として描かれているのはどうなんだろ。
否定する側を醜く描くことで、相対的に特攻を美化しようとする意図を感じてしまう。
せめて両面をイーブンに描いてほしかった。これでは一方的な考え方の押し付けになってしまう。
そもそもこの作品のテーマが特攻への一方的な否定的解釈へのアンチテーゼなのだとしたら、
同じように一方的な解釈を見せつけるのはどうなんだろう。やっていることは同じじゃないのか。
とにかくイデオロギー要素が根底にかなりの部分で溢れているため、
見る人によって物凄く気持ちよかったり、または嫌な気分になると予想される作品だと思う。
もんでんどんさん [地上波(邦画)] 5点(2015-12-11 13:14:25)
11.ちょっと敬遠してましたが、たまたま地上波にて鑑賞。映像の再現度や完成度はとても高レベルで綺麗ですね。演者のみなさんもとても良かったです。でもちょっとくどくて長かったかな?心変わりも唐突な感じだったし。まぁそんな印象でゴザイマス
Kanameさん [地上波(邦画)] 5点(2015-08-03 08:51:51)
10.あまり興味が持てていなかったが、それなりに意図がある映画だし悪くはない。
でも主人公に感情移入出来ないためか、物語に入り込むことが難しかった。
simpleさん [地上波(邦画)] 5点(2015-08-01 16:45:10)
9.ストーリーに違和感あるけど映像はよかった
マンデーサイレンスさん [ブルーレイ(邦画)] 5点(2015-05-16 18:28:53)
8.《ネタバレ》 戦争の時代を生きた人は、皆 物語を持っている。持たざるをえないほど、大変な時代だったのだ。忘れないよう、伝えていこう。これがメッセージなのでしょう・・・か?
原作は読んでいない。だからだろうと思うが、映画の展開が引っかかる。話が飛んだ印象を受ける。展開が早い印象を受ける。まとまっていない印象を受ける。最後のヤクザさんについてのつぶやきとか必要なのか。原作をできるだけ再現しようとして、結局 妙な形で味付けして、出来の悪い作品に仕上がっていると推測する。また原作も読んでみよう。
映画としての評価は、普通の反戦映画として、5点。
透き通るBlueさん [DVD(邦画)] 5点(2015-05-04 18:06:41)
7.《ネタバレ》 CGが予想以上に違和感無く、サザンの音楽はやっぱりとてもいい。
でも3つの評価を下げる理由があって、この映画はあまり好きではない。

ひとつ目は、どう考えても宮部が最後死を選ぶ理由がわからない。
あれほど生きることの大切さを説き、戦況を見通す目があり、仲間が死にゆく混戦を高見の見物できる冷静さがありながら、やっぱり最後は気持ちが折れました、では納得がいかない。

ふたつ目は、予想通り演出過剰の山崎監督。
病室で皆が同じ天井の一点を見つめてみたり、宮部が現代パートに登場したり、映画終盤でそれまでの登場人物が怒濤のようにカメラ目線で語り出したり、まったく映画に集中できない。

三つ目は、若手からベテランまで役者が皆好演する中、完全に浮きまくってる三浦春馬。
彼が登場するたびに一気に映画のクオリティがテレビドラマ並みに落ちてしまう。



miumichimiaさん [DVD(邦画)] 5点(2014-10-06 01:23:58)
6.現代パートは不要。それ以外の所をじっくり見せて欲しかったな。彼らの葛藤を考えれば、涙腺は自然と緩みます。過剰な説明も不要だったと思います。
はりねずみさん [DVD(吹替)] 5点(2014-08-11 18:06:56)
5.この映画に私が一番期待していたのは戦闘シーン。それは予告編を見た時に、ビビっときたからです。物語的な部分は後回しでした。結果的に、たしかに特殊効果は素晴らしく、近年の日本映画の中ではトップクラスの仕上がりだったと思います。しかし映像以外のカット割りだとか、SEだとかが今一つで、緊迫感を下げる要因になっていました。また戦闘シーンそのものも、予想以上に少なく感じました。なので必然的に物語部分に注目することに。生きて帰りたい、という主人公の設定は斬新な切り口だと思いました。ただこの設定だとどうしても主人公が最終的に、特攻、をしなければ感動という地点に着地できない。だから特攻というものが美化された予定調和となってしまい、そこがどうしてもこ作品のアキレスになっている気がしました。『戦争』を後世に残していきたい。その想いは十分伝わりました。
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 5点(2014-08-11 17:54:11)
4.《ネタバレ》 空戦のシーンは悪くなかったが、現代パートがどうもかったるいんだよなー。
現代の主人公の春馬くんが感情的すぎて、ここ泣くところですよーとばかりに泣いちゃうのはどうかと思う。更には、岡田君現代に参上&登場人物たちに一言ずつしゃべるっていう演出がクソダサくて鳥肌モノ。
人情モノの要素を強調したかったんだろうけど、宮部さんのエピソードが終ってからの結末のわかっている染谷君エピソードは退屈きわまりない。
もっと人命軽視の大本営批判をガンガンやってくれないと腑抜けた映画にしか見えない。
すべからさん [ブルーレイ(邦画)] 5点(2014-08-05 00:46:45)
3.あまりの評判に期待しすぎていたのがいけなかったのか。映画を観た後、原作も手に取ったのだが、どうしても宮部に感情移入することができず…。
ラストの岡田さんの表情はとても素晴らしかった。
くーちゃんさん [映画館(邦画)] 5点(2014-05-09 23:45:12)
2.宮部はまさに理想の軍人。ただ当時のではなく、現代の感覚での話だ。そこが少し違和感があった。あんな人は存在できえなかったと思う。あまりにも考えが先を行きすぎている。途中まであんまり面白くないなーと思っていたが、終盤大石と松乃がよく登場するようになってから面白くなった。あそこの部分はフィクションだから描けた事。トータル的には観て良かったと思える作品だが、先の大戦を理解するものとしては軽い感じがした。
Yoshiさん [映画館(邦画)] 5点(2014-02-04 05:17:45)
1.《ネタバレ》 ジャニーズという殻を破られている岡田准一の演技力と丁寧に作られた映像は楽しめます。ただ、現実世界とリンクしている為、緊迫感が削がれますし、若干間延びしています。三浦春馬には感情移入できませんし、最終的には異常者みたいになっていて雰囲気ぶち壊し。零戦や特攻隊の描写はピカイチ。当時の軍人たるものが伝わりました。命の恩人の妻を寝取ってしまうのは仕方ないとして、初対面から下心ありきという設定もどうかと。劇場ではところどころ泣いている方がいましたね。ラストの岡田の目力は凄まじかったです。
マーク・ハントさん [映画館(邦画)] 5点(2014-01-31 19:51:41)
別のページへ(5点検索)
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順】
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 98人
平均点数 6.29点
011.02%
133.06%
244.08%
344.08%
455.10%
51313.27%
61414.29%
72424.49%
81919.39%
966.12%
1055.10%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.85点 Review7人
2 ストーリー評価 6.38点 Review13人
3 鑑賞後の後味 6.58点 Review12人
4 音楽評価 5.72点 Review11人
5 感泣評価 6.25点 Review12人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS