シビル・アクションのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > シビル・アクション
 > (レビュー・クチコミ)

シビル・アクション

[シビルアクション]
A Civil Action
1998年【米】 上映時間:115分
平均点:6.33 / 10(Review 45人) (点数分布表示)
公開開始日(2000-02-05)
ドラマ法廷もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-04-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・ザイリアン
キャストジョン・トラヴォルタ(男優)ジョン・シュリクマン
ロバート・デュヴァル(男優)ジェローム・フェイチャー
トニー・シャルーブ(男優)ケヴィン・コンウェイ
ウィリアム・H・メイシー(男優)ジェームズ・ゴードン
ジョン・リスゴー(男優)判事 ウォルター・J・スキナー
キャスリーン・クインラン(女優)アン・アンダーソン
ジェームズ・ガンドルフィーニ(男優)アル・ラヴ
スティーヴン・フライ(男優)ピンダー
ダン・ヘダヤ(男優)ジョン・ライリー
デイヴィッド・ソーントン〔男優・1953年生〕(男優)リチャード・アウフィエロ
シドニー・ポラック(男優)アル・ユースティス
ダニエル・フォン・バーゲン(男優)グレンジャー氏
キャシー・ベイツ(女優)判事(ノンクレジット)
ハリー・ディーン・スタントン(男優)(ノンクレジット)
ジェリコ・イヴァネク(男優)
井上和彦ジョン・シュリクマン(日本語吹き替え版)
坂口芳貞ジェローム・フェイチャー(日本語吹き替え版)
岩崎ひろしケヴィン・コンウェイ(日本語吹き替え版)
納谷六朗ジェームズ・ゴードン(日本語吹き替え版)
土師孝也判事 ウォルター・J・スキナー(日本語吹き替え版)
野沢由香里アン・アンダーソン(日本語吹き替え版)
手塚秀彰アル・ラヴ(日本語吹き替え版)
廣田行生ジョン・ライリー(日本語吹き替え版)
村治学リチャード・アウフィエロ(日本語吹き替え版)
家中宏(日本語吹き替え版)
桐本琢也(日本語吹き替え版)
原作ジョナサン・ハー「シビル・アクション -ある水道汚染訴訟」(新潮社)
脚本スティーヴン・ザイリアン
音楽ダニー・エルフマン
編曲スティーヴ・バーテック(指揮も)
撮影コンラッド・L・ホール
コンラッド・W・ホール(カメラ・オペレーター)
ジョナサン・ブラウン〔撮影〕(カメラ・オペレーター)
マイケル・ストーン〔撮影〕(カメラ・オペレーター)
製作ロバート・レッドフォード
スコット・ルーディン
タッチストーン・ピクチャーズ
パラマウント・ピクチャーズ
製作総指揮スティーヴン・ザイリアン
デヴィッド・ウィスニーヴィッツ
配給UIP
美術デヴィッド・グロップマン(プロダクション・デザイン)
衣装シェイ・カンリフ
編集ウェイン・ワーマン
字幕翻訳戸田奈津子
スタントジョーイ・ボックス
その他デヴィッド・ウィスニーヴィッツ(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(5点検索)】[全部]

別のページへ(5点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.実話モノは好きだが、この作品は淡々としすぎていて、驚嘆や感動とは無縁。ラストの字幕は実話モノ好きにとってお決まりでもあり、最も後味を左右する部分でもあるが、何かとても中途半端な印象。もちろん実話だからこそとい部分もあるのだろうが、私財を投げ打った弁護士の正義、社会悪への懲罰、実話映画としての質。んー、中途半端に感じてしまう。。
Andrejさん [DVD(字幕)] 5点(2008-11-22 03:06:17)
4.《ネタバレ》 アンビリーバボーで内容を知ってしまったので、ストーリー的な興味は無く、役者が実話をどのように演じるか?が関心対象になるのだが、主人公の心情変化がどうもつかめない。アンビリーバボーの方が事の背景・経緯の説明が詳しくて、面白い。それなりの金をかけた映画より、TVの1時間の企画モノの方が面白いという事はやはり映画としては失敗なのだろうか?何も知らないで見たらそれなりに面白いのかもしれないが・・
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-06-10 22:52:27)
3.尻切れトンボなのと、最後の被害住人の女性の言動でぶち壊されました...。0点にしたいけど、俳優陣の演技、地味な展開ながらもグイグイ引き込まれる演出やキャメラが素晴らしかったです。
リンさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2005-11-03 22:43:30)(笑:1票)
2.サクセス・ストーリーの「エリン・ブロコビッチ」とは似ても似つかない暗い映画でした。裁判過程が詳しく描かれ、そこに裁判における戦士である弁護士の本音を垣間見ることができたのが良かったです。ジョン・トラボルタは人も羨む順風満帆の人生を歩んでいるように見えますが、その彼が主演を引き受けたのは単なるエンターテイナーを超えた芸の道を追求するためでしょうか、だったら心から拍手したいです。映画にもなった小説「ペーパーチェイス」の中である法律学生が「商法でAを取らなければ僕らの未来はない。」といった意味のことを言っていました。アメリカでは読んだ契約書のページ数に応じて課金する商法専門弁護士や相談料で食べている家族法の弁護士、事件毎に請負料金を取る被告側専門弁護士などは勝訴の場合以外一切無料の損害賠償請求専門の弁護士を見下す傾向があるようですが、職業に貴賎がないのと同様、弁護士間に貴賎があるはずはありません。トラボルタ扮する弁護士がラジオ出演のシーンで語っているように「人の痛みを自分の痛みとして感じる」ことができる、つまり適性のある弁護士が損害賠償の分野を選ぶのですね。日本も法治国家の名に恥じないよう、複雑な社会に対応して弁護士も法律知識以外の適正や関心で得意分野を持つようにしてもらいたいものです。でもまちがっても「商法の成績が悪かったから・・・。」なんて理由でその他の分野を選んだりしてほしくないです
かわまりさん 5点(2004-02-12 03:57:51)
1.これからおもしろくなりそうなところ(終わりの所)がテロップで終わってしまったのが非常に残念でした。裁判のはくりょくがいまいち・・・。
バケラッタさん 5点(2001-07-04 01:47:25)
別のページへ(5点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 45人
平均点数 6.33点
000.00%
100.00%
212.22%
336.67%
448.89%
5511.11%
61226.67%
7920.00%
848.89%
948.89%
1036.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review2人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

1998年 71回
助演男優賞ロバート・デュヴァル候補(ノミネート) 
撮影賞コンラッド・L・ホール候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS