スペルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スペル
 > (レビュー・クチコミ)

スペル

[スペル]
Drag Me to Hell
2009年【米】 上映時間:99分
平均点:5.73 / 10(Review 82人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-11-06)
公開終了日(2010-04-23)
ホラーサスペンスオカルト映画
新規登録(2009-09-25)【すぺるま】さん
タイトル情報更新(2017-07-02)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督サム・ライミ
キャストアリソン・ローマン(女優)クリスティン・ブラウン
ジャスティン・ロング(男優)クレイ・ダルトン
ローナ・レイヴァー(女優)シルヴィア・ガーナッシュ
デヴィッド・ペイマー(男優)ジム・ジャックス
アドリアナ・バラザ(女優)シャウナ・サン・デナ
チェルシー・ロス(男優)レオナルド・ダルトン
モリー・チーク(女優)トラディー・ダルトン
レジー・リー(男優)スチュー・ルービン
テッド・ライミ(男優)医者
オクタヴィア・スペンサー(女優)銀行の従業員
クリストファー・ヤング(男優)カップケーキを持って歩く人
小島幸子クリスティン・ブラウン(日本語吹き替え版)
片岡富枝シルヴィア・ガーナッシュ(日本語吹替版)
星野充昭ジム・ジャックス(日本語吹替版)
滝沢ロコシャウナ・サン・デナ(日本語吹替版)
脚本サム・ライミ
アイヴァン・ライミ
音楽クリストファー・ヤング
作曲ラロ・シフリン"Rock Ballad"
エンニオ・モリコーネ"Non Rimane Piu Nessuno"
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン「ピアノソナタ第8番」
編曲クリストファー・ヤング
撮影ピーター・デミング
製作ロブ・タパート
サム・ライミ
アイヴァン・ライミ(共同製作)
ユニバーサル・ピクチャーズ
ゴーストハウス・ピクチャーズ
製作総指揮ジョー・ドレイク
ネイサン・カヘイン
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特殊メイクグレゴリー・ニコテロ(特殊メイク監修)
ハワード・バーガー(特殊メイク監修)
ノーマン・カブレラ
K.N.B. EFX Group Inc.
特撮ノーマン・カブレラ(特殊効果)
ティペット・スタジオ(視覚効果)
K.N.B. EFX Group Inc.(特殊効果)
美術ジョナサン・ブロック(3Dアニメーター:タイトル・デザイン)
振付ノーマン・カブレラ(パペット操演)
グレゴリー・ニコテロ(パペット操演)
編集ボブ・ムラウスキー
あらすじ
銀行の融資担当者で次長の椅子も近いポジションにいるクリスティン。セレブな家の出である恋人もいて、その人生には追い風の予感が。ところがある日、返済期日の延伸を懇願する老婆を拒否したことから、恨みを込めた謎の言葉を浴びせられてしまう。そして、その時から恐ろしい現象が彼女を襲い始めるのだった。そう、彼女は呪われてしまったのだ。果たして呪いは解けるのか? サム・ライミ監督が送る恐怖の世界。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(6点検索)】[全部]

別のページへ(6点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
18.単純に面白く楽しめました。サム・ライミ作品にハズレ無しと思っております。
えぴおうさん [インターネット(字幕)] 6点(2017-10-03 10:56:32)
17.《ネタバレ》 はい、本当に久しぶりにこの手の映画を観ました。
呪いを解く方法が出てきたとこからかなり前に観たスティーブン・キングの「痩せゆく男」が
フワーっと思い出されました、クリスティンも昔は太ってたらしいしね。

なんていうか、仔猫ちゃん・・・とばっちりもいいとこじゃん、いちばんの被害者です、かわいそうに
最初は逆恨みも甚だしい気持ち悪いばあさんなんだけれども、仔猫ちゃんの件からどっちもどっちみたいに思えまして、
「情けは人のためならず」「人を呪わば穴二つ」なんてことわざも浮かんだのでした。
呪いのボタンを渡された相手がこともあろうに婚約者・・・仔猫ちゃんの呪いですな、安らかに、合掌。。。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-03-10 15:01:05)
16.《ネタバレ》 サムライミのB級ホラー映画が帰ってきたと言う感じで、それなりに楽しめました。
ただ、あまりにもバッチい描写が多いんで、人には勧めにくい作品です。
結局覚えているシーンはあの鼻血がドピューッと吹き出るシーンくらいだし「お前は谷岡ヤスジか!?」と思わず突っ込んでしまいました。
古き良き(?)サムライミのファンなら押さえておいて損はないでしょう。
ぴのづかさん [映画館(字幕)] 6点(2013-04-08 22:33:12)(良:1票)
15.《ネタバレ》 ただただ不快な映画ですね(笑)こーゆー生理的に無理な感じが狙いなのはわかりますが。
きったねぇババアはとことん不快。タンに入れ歯に逆ギレと。
かわいい主人公もいろんなもん掛けられて、まぁブッサイクな画ヅラに。
そーいえば昔ダウンタウンのごっつええ感じで東野が頭にあんかけ掛けられてたのを思い出しました。あれも呪いだったなぁ(遠い目)
ろにまささん [地上波(吹替)] 6点(2012-12-07 23:46:39)
14.《ネタバレ》 ヤギさん、殺されなくて良かったあ
EOSさん [DVD(吹替)] 6点(2012-03-31 02:18:18)
13.《ネタバレ》 一言で言えば、口や鼻にいろんなものが入ってくる映画です(笑)。「スパイダーマン」シリーズでもはや大御所となったサム・ライミですが、彼の処女作はあの「死霊のはらわた」つまりは、やたらと元気良くて下らなくてお下劣で頭の悪いことをこれでもかとやりまくるその精神こそが、彼本来の芸当だったわけで、ここ最近大作を撮り続けてきた彼が、ここは一度原点に戻って自分の好きなものを撮りたいということで作られたものなのでしょう。バアさんがが出てくるシーンはどれも爆笑ものですが、特に駐車場でのクリスティンとバアさんの肉弾戦はこの作品随一の見どころ。腹抱えながらゲラゲラ笑っちゃいました。もちろん、これでもかこれでもかと音とドアップで驚かせようとするシーン連発ですが、これももはやお約束。あ、サム・ライミ作品を知らない人は、そもそもホラーだと思ってみないで下さいね。彼の作品は、ホラー的なるものはあくまでも下衆な笑いを生み出す為の一つの要素でしかないのです(笑)。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2011-03-25 20:52:20)(良:1票)
12.《ネタバレ》 ホントはもっと高得点を献上したい作品ですけれど、なんとも中途半端なのが納得いかなかった…残念だなぁ。
もし「最終絶叫シリーズ」をこのレベルで作ったら大爆笑間違いなし。あちらがチープと下ネタ過ぎて今ひとつなのに対して、こちらはきちんと作り過ぎていて今ひとつ。ネタの一つひとつは相当面白いんだけど、何にしても真面目過ぎるんです。
ヒロインがゲロされたら、ヒロインも周囲の人間にキチンとゲロ返しするとか、ヒロインが鼻血ブー(あぁ懐かしいフレーズ)したら、他の社員も上司に寄ってたかって鼻血吹きまくるとか、ヒロインの頭に十字架が当たったら、ヒロインは白目むいて首クラクラさせながら泥水にブクブク泡立てて沈んでいくとか。そんでもって、冒頭の少年地獄行きシーンと最後の地獄行きシーンだけは超シリアスに撮り上げる、なんてのが好みなんだけど。
あ、それじゃサム・ライミ作品である必要なくなっちゃうのかなぁ?
それと、邦題も中途半端。原題のふっきれたストレートさが良い。
ぽこたさん [DVD(字幕)] 6点(2011-01-10 16:02:27)(笑:1票)
11.《ネタバレ》 うーん、どうも期待程では無いという感じですかね。
怖くもないし、謎でもないし、ちょっとギャグっぽい。
なんでそこまで恨むか???ってのが共感できないし。
あー間違えるだろうなって事はそのままそうなるし。
なんだろ。それぞれちょうどいい具合に中途半端。
まあそれでいいのかも。
人間の心模様の方が怖いっていうのを見せている感じで。
でも、ラストはねー。こんなベタねー。
あー、でもジャスティン・ロングはいい。すごく自然でいい。
森のpoohさんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-11-11 00:16:22)
10.《ネタバレ》 いや~・・・婆さん気持ち悪いわ。入れ歯を出し入れしたり、あごをガブガブ噛みつかれたり・・・生理的に気持ち悪いわ。無理。脅かし方も古典的で、ビクっとはするけれど、怖くない。イマイチかなと思っていたけれど、後半30分のスピード感は良かった。降霊の辺りからは、すごい盛り上げよう。最後のオチは気付いていたけれど、実際に映像で見ると、救いが無さ過ぎて可哀想過ぎるわ。『テキサスチェーンソー』の様なあからさまな残虐映像は無く、見やすいホラーだった。
はりねずみさん [DVD(字幕)] 6点(2010-10-30 14:30:01)
9.昔のホラー映画をちょこっとアレンジした作品でしょうか、でも最後のオチは最高でした。
SATさん [DVD(字幕)] 6点(2010-08-15 09:53:13)
8.《ネタバレ》 ババアの襲撃シーンのテンションや、ハンカチが飛んでくるときの過剰な効果音や、ラストの墓場でのシーンの音楽やカメラワーク等、さすがライミ!と思う部分もあるのですが、なんだか間延びを感じるところもあって、面白いけど普通のホラー映画。でもサム・ライミが久々におバカなホラー映画を撮ってくれただけでもうれしいです。ただ、最後はヒロインあまりにも可愛そうすぎる。ホラー映画的にはあのオチが正解なんだけど。
モンチョさん [DVD(字幕)] 6点(2010-07-14 03:26:00)
7.《ネタバレ》 ジョジョの奇妙な冒険の1部で飼い犬が焼かれるシーン読むだけでちょっと鬱になる俺には子猫めった刺しシーンはちょっとなあ・・・って感じです。後味悪い。まあそれは置いておくとしても何だかなあって感じの映画。もっと突き抜けたものだと思ってた。期待しすぎましたかね。死霊のはらわた並みのものをまた撮ってほしいです。
ケ66軍曹さん [DVD(字幕)] 6点(2010-06-29 05:48:41)
6.《ネタバレ》 ああ、やっぱりこうなるのね…かなり早い段階でオチが見えてしまった。いかなホラーと言えど、たまには違うパターンの行く末を見てみたい。ヒロインはそれなりに魅力的なのに、作り手が一生懸命好感の持てない子に描こうとしてるし、最後にハッピーエンドに向かいそうに見せてみたりと、叩き落とす伏線にしようとしてたのね。しかしどう考えてもヒロインは悪くないし、罵倒されまくりで気の毒。終始納得いかなかった。まあホラー映画としては普通に怖いので、及第点。悪魔と亡霊、2つの敵と戦わねばならなかったキャストの皆さんに、お疲れ様。サム・ライミのポルターガイストは相変わらず賑やかです。
にしきのさん [DVD(吹替)] 6点(2010-05-30 08:25:09)
5.《ネタバレ》 恐怖=笑いというサム・ライミの哲学をひしひしと感じれる映画。
怖いけど笑える、そんな要素がいっぱいつまったファンタジックなホラーだ。
近年のサム・ライミの仕事ぶりとリンクしてか、日本ホラーの影響を色濃く受けているのも特徴的。
来るぞ、来るぞっていうあざとい演出はいっぱいあるけど、分かっていても面白い。けれど、そういう部分を予告編やTVCMで見せるのは反則です。(例にあげると、ベッドシーンで横にいきなり現れるとか)作品にもよるけどこの手のものは例外だと思うし、商法としても品位を疑いますね。
オチはなんとなく読めたけど、宣伝文句にあった放心状態ってのは納得。
唖然、呆然、驚愕 三拍子そろったナイスなラストに拍手!
シネマブルクさん [DVD(字幕)] 6点(2010-04-29 10:02:27)
4.中盤まではサム・ライミーにしてはアイデア不足でパンチが
弱かったけど、除霊のシーン以降はなかなか面白かったので
全体としてはまあまあ満足できたかなって感じです。
個人的には主人公の行動に非はなく性格も良い子だったので
最後のお約束みたいなのは今回はなかった方が良かったかな。
映画大好きっ子さん [DVD(字幕)] 6点(2010-04-25 23:51:00)
3.《ネタバレ》 ヒロインがかわいい顔してたくましすぎる!キモ婆ちゃんに襲われても、めげずに翌日ちゃんと出勤してるし、顔に虫やら変な液体やら浴びせられても立ち向かっていくし、最後は墓掘り起こして死体と格闘!アクション女優かと思った。

全体的に怖いというよりキモイだけで、CGもちょっとB級くさかったのでイマイチでしたが、ストーリーは分かりやすく、ヒロインが好みのタイプだったので+1点です。(余談ですが、プロフィール見たらヒロインのアリソン・ローマンは30才越えてるんですね。20代前半かと思いました。)
かすおさん [映画館(字幕)] 6点(2009-11-28 21:41:50)
2.いずれこの映画を見ようと思っているなら、絶対に映画館で見るべきです。家庭の明るい電灯の下で見ても魅力半減。映画館の真っ暗な中、バカでかい音響で見れば、映画の世界に没頭できます。A・ローマンは怖がっていたり不安になったときの顔が良くて起用されたんでしょう。
shoukanさん [映画館(字幕)] 6点(2009-11-16 16:59:34)
1.《ネタバレ》 最近のライミしか知らない他のお客さんんは、アジャの「ミラーズ」を想起したり、ラストの展開にアメコミ的なハッピーエンドを期待していたようですが、“あの”ライミがそんな安直なホラーを撮るはずがありません。
オカルト路線の話は「ギフト」を彷彿とさせますが、スラップスティックの要素を含む恐怖シーンや、降霊術によって呼び出された悪霊が登場人物に取り憑くさまはまんま「死霊のはらわたⅡ」です。
作風としては、真面目に怖がらせてくれる場面もあるにせよ、近年失われていた“独特のギャグセンス”が復活していて嬉しいのですが、彼のもう一つの持ち味である“凝ったカメラアングル”があまり見られなかったのが残念です。
そして、個人的にもうひとつ。ブルースを出してくれ…。
クリムゾン・キングさん [映画館(字幕)] 6点(2009-11-07 03:56:52)
別のページへ(6点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 82人
平均点数 5.73点
000.00%
133.66%
211.22%
367.32%
41012.20%
51518.29%
61821.95%
71518.29%
8910.98%
933.66%
1022.44%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.38点 Review13人
2 ストーリー評価 5.81点 Review11人
3 鑑賞後の後味 5.18点 Review11人
4 音楽評価 7.25点 Review8人
5 感泣評価 5.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS