007/スペクターのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > 007/スペクター
 > (レビュー・クチコミ)

007/スペクター

[ダブルオーセブンスペクター]
Spectre
2015年【米・英】 上映時間:148分
平均点:6.59 / 10(Review 68人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-12-04)
アクションサスペンスアドベンチャーシリーズもの小説の映画化スパイもの
新規登録(2015-10-11)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2020-03-07)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督サム・メンデス
助監督アレクサンダー・ウィット(第二班監督)
キャストダニエル・クレイグ(男優)ジェームズ・ボンド
クリストフ・ヴァルツ(男優)フランツ・オーベルハウザー
レア・セドゥ(女優)マドレーヌ・スワン
モニカ・ベルッチ(女優)ルチア・スキアラ
レイフ・ファインズ(男優)M
ベン・ウィショー(男優)Q
ナオミ・ハリス(女優)イヴ・マネーペニー
デイヴ・バウティスタ(男優)ミスター・ヒンクス
アンドリュー・スコット〔男優・1976年生〕(男優)C(マックス・デンビー)
ロリー・キニア(男優)ビル・タナー
イェスパー・クリステンセン〔男優〕(男優)ミスター・ホワイト
ステファニー・シグマン(女優)エストレラ
ジュディ・デンチ(女優)前任のM(ノンクレジット)
藤真秀ジェームズ・ボンド(日本語吹き替え版)
山路和弘フランツ・オーベルハウザー(日本語吹き替え版)
園崎未恵マドレーヌ・スワン(日本語吹き替え版)
五十嵐麗ルチア・スキアラ(日本語吹き替え版)
原康義M(日本語吹き替え版)
杉本ゆうイヴ・マネーペニー(日本語吹き替え版)
大塚芳忠ミスター・ホワイト(日本語吹き替え版)
桐本琢也C(マックス・デンビー)(日本語吹き替え版)
辻親八マルコ・スキアラ(日本語吹き替え版)
御沓優子エストレーリャ(日本語吹き替え版)
谷育子前任のM(日本語吹き替え版)
白熊寛嗣ビル・タナー(日本語吹き替え版)
原作イアン・フレミング(キャラクター創造)
ジョン・ローガン(原案)
ロバート・ウェイド〔脚本〕(原案)
ニール・パーヴィス(原案)
脚本ジョン・ローガン
ロバート・ウェイド〔脚本〕
ジェズ・バターワース
ニール・パーヴィス
音楽トーマス・ニューマン
作曲モンティ・ノーマン「ジェームズ・ボンドのテーマ」
撮影ホイテ・ヴァン・ホイテマ
製作バーバラ・ブロッコリ
マイケル・G・ウィルソン
ダニエル・クレイグ(共同製作)
コロムビア・ピクチャーズ
MGM
製作総指揮カラム・マクドゥガル
制作東北新社(日本語版制作)
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特撮ダブル・ネガティブ社(視覚効果)
シネサイト社(視覚効果)
ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
美術デニス・ガスナー(プロダクション・デザイン)
アンナ・ピノック(セット装飾)
ダニエル・クレインマン(タイトル・デザイン)
衣装ジェイニー・ティーマイム
編集リー・スミス〔編集〕
録音スコット・ミラン
字幕翻訳戸田奈津子
日本語翻訳松崎広幸
その他カラム・マクドゥガル(ユニット・プロダクション・マネージャー)
マリア・グラツィア・クチノッタ(サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(6点検索)】[全部]

別のページへ(6点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
21.《ネタバレ》 007シリーズに特に思い入れのない私には素直に楽しめるアクション映画でしたが、少し長いですよね。あと、主人公が何度か捕まるのですが、つかめた瞬間にとどめを刺していれば悪役は安泰やったに違いないのですが、それを言っちゃ映画なんて楽しめないですよね(笑)。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-08-23 17:08:21)
20.《ネタバレ》 長いし、お茶目な要素がなくなった。残念。ベルッチのボンドガールは無理がある。
にけさん [映画館(字幕)] 6点(2019-01-10 22:08:05)
19.《ネタバレ》 なんか最初のへりーのバトルシーンで、下手するとヘリと一緒に自分も墜落してしまうのにありえないアクションで緊迫感ゼロ。その後の展開も微妙。カジノロワイヤルは面白くて007を見直したけど、なんだかんだ言って面白かったのはカジノロワイヤルだけでした。。
珈琲時間さん [DVD(字幕)] 6点(2017-01-29 18:20:56)
18.《ネタバレ》 前作スカイフォールのラストでM、Q、マニーペニーか揃い、また仕切り直しでシリーズをスタートした模様。それまでリアル路線がウリだったダニエル・クレイグ版の007だが、今作からはクレイグ以前のボンドのハチャメチャスパイアクション要素が顔をだし、娯楽性がアップ。そしてついに出たスペクター!序盤の悪い人達会議の雰囲気が激ヤバ。コイツはマジでとんでもない敵が現れたぞ!と期待に胸を膨らませたが、まさかの大失速。気付いたらただのカワイイおじさんになっておった。
けんじマンさん [DVD(字幕)] 6点(2016-10-07 20:10:11)
17.前作から3年(内容をほとんど忘れている)、前作との繋がりがよく分からなくて、多少混乱したが..単純にアクションものの “娯楽作品” として観れば、それなりに楽しめるのでは..リアル路線に大きく舵を切った 「007」、どこを目指して、どこへ行くのか..私的に、そこが心配でならない...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 6点(2016-09-10 09:25:08)
16.《ネタバレ》 後半の脚本が甘い。敵に威圧感、恐怖を感じない。脅し方がチンピラ並みで、最後、弱すぎ。
また、ダニエルボンドは良いと思うが、本作の女性に魅力がない。
最初の20分はワクワクしたのに、残念。
cogitoさん [DVD(字幕)] 6点(2016-07-31 01:20:31)
15.《ネタバレ》 期待には届かなかったなぁ。
淡々と進んでいく話を2時間半なんとなく見てるうちに終わっちゃった。
過去作に思い入れがないと辛いのかもしれない。
あとモニカベルッチ老けすぎててショックだった。
おとばんさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2016-07-23 10:36:46)
14.《ネタバレ》 今回はいつにもまして感傷的な作りになっていたような。ダニエル・クレイグとのお別れだからそう感じたのか?オープニングからテーマ曲までは100点満点です。ただ、それ以降は核となるシーンが今までよりも少なかったかな。
ラグさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2016-07-07 21:03:23)
13.《ネタバレ》 ダニエルボンドも見納めなのかな?というラストでしたね。
相変わらずスーツが良く似合いますね、それだけで絵になってます。

ただ、ストーリー展開はどうなんでしょうか・・・。
個人的には、慰めの報酬以降いまいち、ピンとこないんですよね。
もちろん、悪くないし、そこそこ面白いんですが、なんか惹かれないんです。

カジノロワイアルが良すぎて、そのレベルを期待しちゃうからなのかなぁ。
これでスペクター編は終了して、ダニエルのまま新シリーズとなれば個人的には嬉しいです。
はりねずみさん [DVD(字幕)] 6点(2016-05-29 15:33:05)
12.ダニエルボンド”本人”は非常に良い。しかし、ダニエルボンドになってから毎回敵のインパクトが弱いですね。今回は特に酷かったように感じました。川からのあのラストはナイですね、、これはちょっとヒドイ。しかも、今までのおなじみの面々もほとんど変わってしまったし、本格的に「007」である必要性が薄れてきました。(流れ的には彼女さんが真の悪人でも良かったような)

ま、文句言いつつも結構楽しめたので甘めの高評価。普段は映画の主人公やヒロインに対して感情移入しませんが、今回はヒロインといちゃついてるボンドを見てるとやたらと腹が立ちました。なんだろ、なんかムカつくんだよお前らって感じ。(単に羨ましいだけか)
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2016-05-18 16:32:46)
11.《ネタバレ》 これまでの作風を継いでそれなりに楽しめたけど、期待しすぎた感じ・・。
まずブロフェルドのキャラがショボ過ぎる。実はボンドの義兄って世界観狭すぎでしょ。
組織の野望が達成されるか否かの瀬戸際に、全く無関係にボンドにストーカーのように張り付くのはボスとしてどうなのか。挙句に地面に這いつくばらされ、目の前でイチャイチャされて悔しがる・・て中高生ですか。
前作同様サイコマンだけど、風貌もセリフもスケールが小さく、今まで登場した錚々たる悪役達の上に立つ人物とは思えない。単なる神経質な小男って感じ。
思い返すと、ドクターノォがいてクレップおばさんがいてラルゴがいて、彼等を従えるだけの風貌と哲学を持つ1代目ブロフェルドがいる・・前代のスペクターは、しっかりキャラが作られていて素晴らしかったな・・と思いました。
あと絵面というかロケーションが貧弱だったのも残念。「カジノ」だとカジノ会場、「慰め」はトスカの舞台か砂漠ホテル、「スカイフォール」はスコットランドの原野・・等々、007にはその作品を代表するようなランドスケープがありますが、本作にはそれが無い。夜のローマも、ロンドンも、モロッコ砂漠鉄道もイイ感じではあるけど、他の映画でも普通に見られそうな風景。クレーター基地も、歴代悪党の秘密基地に比べると何かチャチな感じ。どうも監督の続投が裏目に出てしまったような。
スペクターの秘密会合のシーンは良かったです。たっぷり取った間が、夢の中にいるような雰囲気を醸し出してイイ感じでした。
番茶さん [DVD(字幕)] 6点(2016-05-15 18:23:40)
10.哀切感に満ちた主題歌に圧倒されるも、プロフェルドとボンドの因縁、プロフェルドの企み等、お話のレベルが曲と不釣り合い。残念。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 6点(2016-04-26 01:19:27)
9.《ネタバレ》 相変わらずかっこいいすねボンド。スーツ欲しくなります。
osamuraiさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2016-04-23 14:30:10)
8.《ネタバレ》 何と言っても序盤ですよね。ノーカットでメキシコの死者の日を見せて
そこから建物崩壊アクション→ヘリでの一騎打ちアクション→oo7のオープニングムービーの流れが素晴らしい。
これまでの007シリーズの中でも、一番いい出来かもしれない。
ただ、それ以降のアクションが最初のアクションに負けてる感じがして、なんか尻すぼみ感を持ってしまう。
でも、とても丁寧に作られてますね。CGじゃなく実写で作り上げようという意気込みが伝わってくるし、
鞭を入れたらさっと手綱を緩める、その辺の緩急が作品に格好よさをもたらしてました。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2016-04-19 21:49:10)
7.《ネタバレ》 もしマドレーヌがブサイクだったら、ボンドがマドレーヌの写真を見た時点で話は終わっていたかもしれない。
アキラさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2016-04-11 16:50:07)(笑:1票)
6.いや~アダルトなアクションシリーズだとなくづく感じましたね。
映画館に子供も多く見かけたけど全然理解できないんだろうな~とか勝手に思ってた。
単純ではないこのカジノ・ロワイヤル~今作までのストーリーの絡み、オープニングの音楽もロケ地もボンドの恋愛も情が何となく漂って深いね。
モニカベルッチはホントにいつみても妖艶。老いを感じません。ボンドガールと公言するならもっと出してよ(怒)
Mighty Guardさん [映画館(字幕)] 6点(2016-01-17 01:09:46)
5.「んなバカな!」って展開の波状攻撃。 映画としては…うん、大好き。 けど、スパイなのに自分が危機に陥るばっかり(ま、映画だから当然か)なんで、「巻き込まれ感とコメディ色強めりゃ、主人公「ジョン・マクレーン」でもイケるな~。」って思いながら観てた。 もちろん、次回作も期待してますよ! 
チャップリ君さん [映画館(字幕)] 6点(2016-01-13 19:31:10)
4.シリアス過ぎてボンドの華麗さが全く無い作品でした、面白いのはQとの会話だけなんて不満が残ります。
映画館で鑑賞しなくても良かったレベルでした。ギネスに載った爆破シーンは普通でした。
SATさん [映画館(字幕)] 6点(2016-01-07 08:03:16)
3.個人の好みかもしれませんが、D・クレイグ版ボンドの良さが消えてゆき、従来版ボンドの欠点が現れはじめていると感じられます。女好きは構わないのですが、意味もなくベッドを共にするのは、理屈に合いません。また、ボンド自信が狙われるストーリーは魅力に欠けます。悪い奴に狙われる美女を、体を張って助けるボンドが、かっこいいと思いませんか?
shoukanさん [映画館(字幕)] 6点(2015-12-14 17:23:14)
2.《ネタバレ》 原作における第一作『カジノ・ロワイヤル』をスタートとしたことを契機に大幅なリニューアルを図り、3作かけてボンドの成長過程を描いてきたクレイグシリーズも前作『スカイフォール』のラストでようやく007の標準フォーマットに辿り着き、本作より晴れて平常運転。どんなピンチに陥っても軽口を叩き、どんな女でも寝返らせる伊達男が帰ってまいりました。冒頭から景気の良いアクションの連続には大興奮なのですが、次から次へと詰め込みまくるミッション・インポッシブルやジェイソン・ボーンシリーズとは違い、適度な間を持たせながらとんでもないアクションを見せてくる当シリーズ特有の緩急の付け方が気持ちよく、やっぱり老舗は違いますねという印象を持ちました。いよいよ姿を現したスペクターもそのいかがわしさが十分に表現できており、ショーン・コネリー時代のスパイ映画の雰囲気をそのまま現在に甦らせてみせたサム・メンデスの演出力の高さ、意外な引き出しの多さには脱帽させられました。
が、面白かったのは前半の山場である悪事の報告会までで、そこからの伸びがなかったという点が残念でした。『スカイフォール』で得た膨大な収益を吐き出したことで見せ場の豪華さはケタ違いではあるものの、その見せ場はブツ切り状態で連続活劇とはなっておらず、全体としては大きな波を作れていないのです。ギネスにも認定された史上最大の爆破シーンにしても、そのタイミングや見せ方のマズさからそれほどのインパクトを与えられていません。あれだけ仰々しく登場したスペクターは大した実力を発揮できずに終わってしまうし、ブロフェルドは現場に顔を出し過ぎで悪の総元締めとしての威厳がどんどん失われていき、ル・シッフルやミスター・ホワイトがビビりまくっていた人物には到底見えません。また、過去3作が重すぎたことの反動がここで一気に出ており、ヴェスパー・リンドや前任のMとの悲しい別れを見てきている観客にとっては、その元凶がこの程度の存在だったことに少なからずガッカリさせられます。
ただし、ラストだけは最高でした。表向きはハッピーエンドのようですが、『女王陛下の007』を見ている観客は、この後何が起こるかを知っているわけです。この辺りの含みの持たせ方、ファンサービスの仕方は心地よかったです。
ザ・チャンバラさん [映画館(字幕)] 6点(2015-11-28 01:27:07)(良:1票)
別のページへ(6点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 68人
平均点数 6.59点
000.00%
100.00%
200.00%
311.47%
434.41%
5913.24%
62130.88%
71725.00%
81116.18%
957.35%
1011.47%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.66点 Review3人
2 ストーリー評価 5.80点 Review5人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review5人
4 音楽評価 8.50点 Review4人
5 感泣評価 1.33点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

2015年 88回
オリジナル主題歌 受賞(楽曲|"Writing's on the Wall")

【ゴールデングローブ賞 情報】

2015年 73回
主題歌賞 受賞(楽曲|"Writing's on the Wall")

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS