テッド2のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > テッド2
 > (レビュー・クチコミ)

テッド2

[テッドツー]
Ted 2
2015年【米】 上映時間:115分
平均点:5.62 / 10(Review 29人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-08-28)
コメディファンタジー法廷ものシリーズもの
新規登録(2015-07-20)【+】さん
タイトル情報更新(2018-07-15)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督セス・マクファーレン
キャストマーク・ウォールバーグ(男優)ジョン・ベネット
アマンダ・セイフライド(女優)サマンサ
ジョヴァンニ・リビシ(男優)ダニー
モーガン・フリーマン(男優)パトリック・ミーアン
パトリック・ウォーバートン(男優)ガイ
マイケル・ドーン(男優)リック
ビル・スミトロビッチ(男優)フランク
ジョン・スラッテリー(男優)シェップ・ワイルド
ジョン・キャロル・リンチ(男優)トム・ジェサップ
ロン・カナダ(男優)判事
リーアム・ニーソン(男優)
デニス・ヘイスバート(男優)不妊治療の医師
ジェイ・パターソン〔男優・1954年生〕(男優)カール・ジャクソン
ジェシカ・ゾー(女優)アリソン
タラン・キラム(男優)本人
セス・マクファーレンテッド
パトリック・スチュワートナレーター
有吉弘行テッド(日本語吹き替え版)
咲野俊介ジョン・ベネット(日本語吹き替え版)
清水理沙サマンサ(日本語吹き替え版)
坂口芳貞パトリック・ミーアン(日本語吹き替え版)
立木文彦ガイ(日本語吹き替え版)
銀河万丈リック(日本語吹き替え版)
飯塚昭三フランク(日本語吹き替え版)
大塚芳忠シェップ・ワイルド(日本語吹き替え版)
岩崎ひろしトム・ジェサップ(日本語吹き替え版)
屋良有作判事(日本語吹き替え版)
福田信昭不妊治療の医師(日本語吹き替え版)
石塚運昇客(日本語吹き替え版)
釘宮理恵おもちゃのテッド(日本語吹き替え版)
神代知衣ジョイ(日本語吹き替え版)
金城大和トム・ブレイディ(日本語吹き替え版)
羽佐間道夫サム・J・ジョーンズ(日本語吹き替え版)
富田耕生ナレーター(日本語吹き替え版)
小島幸子(日本語吹き替え版)
落合弘治ダニー(日本語吹き替え版)
出演サム・ジョーンズ本人
ジェイ・レノ本人
ティファニー本人
脚本セス・マクファーレン
作詞セス・マクファーレン挿入歌 "Mean Ol' Moon"
挿入曲ティファニー"I Think We're Alone Now"
アマンダ・セイフライド"Mean Ol' Moon"
ノラ・ジョーンズ"Mean Ol' Moon"(エンド・クレジット・バージョン)
撮影マイケル・バレット〔撮影〕
製作セス・マクファーレン
ユニバーサル・ピクチャーズ
配給東宝東和
特撮ウェタ・デジタル社(視覚効果)
ティペット・スタジオ(視覚効果)
美術キャティ・マキシー(美術監督)
振付セス・マクファーレンテッド(モーションアクター)
日本語翻訳町山智浩(翻訳監修)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(7点検索)】[全部]

別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 主役キャラが下品で性悪すぎるため、かなり好き嫌いがはっきりするタイプの映画だと思いますが、個人的にはかなり好きです。

特にお気に入りポイントは以下3つ。

①「オープニング超カッコイイ」―――昔のミュージカル好きにはたまらんものがあります。
②「ゴラム似キャラをきっちりこなすアマンダセイフライド」―――これ向こうで実際似てるとか言われてるんでしょうか…実際ちょっと似てますよね笑
③「何があったんだリーアムニーソン」―――エンドクレジット後に再出演してオチをつけてくれて「映画はエンドクレジットまでちゃんと観なさい」というマナーの大事さを教えてくれます。

…って主役コンビ関係ないじゃん!!!
いやでもかなり面白かったですよ、うん。
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 7点(2020-04-13 23:38:06)
6.《ネタバレ》 テッドとビッチの挙式で始まる予想外の展開。だけどその後彼が腰を振るコトは一回も無かった。それは彼にはティンコがナイって設定にしてしまった障害。残念でならない。よって種がナイ。残念でならない。(ってまあ言うほどそうは思ってはいないんだけどもね)だけども、もしも女性の神秘なる大地のワレメからモフッとあんなぬいぐるみでも生まれてこられでもしたらそれはそれで困りますしね 人権どうのこうのどころの騒ぎではなくなってしまいますしね 私的には結構マジメな脚本で勝負してきたんだなーとか意表をつかれてしまった気がいたします。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-05-08 21:43:17)
5.《ネタバレ》 このくだらなさがいい。ストーリーがいいというよりは二人の掛け合いがたまらない。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-06-11 18:39:45)
4.《ネタバレ》 頭をカラッポにして映画館にて鑑賞。DVDで見た1が良かったため、2にも期待がかかる。結果、1を超えるくらいのアホさ加減というかクオリティであった。1はテッドとジョンの出会いから友情の発展、さらはジョンの夫婦生活を描いたが、2ではテッドの存在意義にほとんどフォーカスが置かれている。裁判での逆転勝訴はなかなかの不満が残る(サマンサ弁護士のときは敗訴したにもかかわらず、続くパトリック・ミーアン弁護士のあの一言で結果が変わるのはやや説得力不足)。しかし細かいことは置いておけば、1どおりのユーモアと下ネタが織り交じった2時間で、純粋に楽しめた。
カジノ愛さん [映画館(吹替)] 7点(2015-09-27 23:16:11)
3.《ネタバレ》 この映画を最も楽しめる人は、アメリカ人で、ボストン在住で、プロスポーツ好きで(もちろんNFLペイトリオッツとMLBレッドソックス好きで)、映画好きで、アメコミ好きで、セックス好きで、クスリも大好きな人たちであろう。そこから要素が欠けていくにつれて、面白みは半減していくに違いない。
トム・ブレイディ(本人出演)がらみのネタは、新鮮すぎて秀逸です。
風神さん [映画館(字幕)] 7点(2015-09-02 22:37:58)
2.《ネタバレ》 映画自体は傑作と言って良いと思う。今回はテッドの市民権を法廷で問うと言うシリアスなテーマがついたので、ギャグの量は全体的に低め。しかし過激さは相変わらず。あの市民ランナーにリンゴ投げつけて「体鍛えてんじゃねーよ!」とヤジ飛ばすのは何か社会問題にでもなってるのか?まぁ別にいいけど。肝心のテッドに人権はあるのか?と言うテーマは、SFの世界で言うところのロボットに人権があるのかと同じ話なので真新しくはないですが、法廷のやり取りはちゃんと作ってました。
と、ここまではいいですが、どうしても我慢がならないのは、今回出演しなかったロリーの扱い。そりゃないよ。前作の感動はどこへ行ったの?
ぴのづかさん [映画館(字幕)] 7点(2015-08-29 16:05:46)(良:3票)
1.《ネタバレ》 前作に引き続きお下劣ギャグがこれでもかと入っています。また映画ネタも多く、特に『ジュラシック・パーク』のパロディーは演出等も含めて非常に良く出来ていて笑えました。また終盤のコミコンも、映画ネタを盛り込むにはもってこいの舞台なので、色んなコスプレのキャラクターが暴れまわる様はまあ面白かったです。
但し、前作にも増して即物的ギャグに徹してしまっている気はしました。前作はテッドの無茶苦茶な行動がギャグとして機能していましたが、本作では既にテッドの人となりを知ってしまっているので、キャラクターの説明にもなっていないギャグが矢継ぎ早に詰め込まれている感じでしたね。個人的にはストーリーをちゃんと補強するタイプのギャグのほうが好きです。
あと物語の肝となる「テッドが人間であるか否か」を問う法廷劇が割とあっさりと終わってしまうのは残念でした。終盤でモーガン・フリーマン演じる人権派弁護士が簡単にテッドが人間であることを証明してしまうのもどうなのかと。もう少しヒロインの弁護士として仕事の成長も描いて良かったんじゃないでしょうか。
民朗さん [映画館(字幕)] 7点(2015-08-28 17:36:03)(良:2票)
別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 29人
平均点数 5.62点
000.00%
100.00%
200.00%
326.90%
4620.69%
5620.69%
6620.69%
7724.14%
800.00%
926.90%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.50点 Review2人
2 ストーリー評価 4.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 4.50点 Review2人
4 音楽評価 4.00点 Review2人
5 感泣評価 1.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS