ロマンス(2015)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ロ行
 > ロマンス(2015)
 > (レビュー・クチコミ)

ロマンス(2015)

[ロマンス]
2015年【日】 上映時間:97分
平均点:6.38 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-08-29)
ドラマコメディロードムービー
新規登録(2015-09-19)【8bit】さん
タイトル情報更新(2018-08-29)【くるきまき】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督タナダユキ
キャスト大島優子(女優)北條鉢子
大倉孝二(男優)桜庭洋一
窪田正孝(男優)直樹
松浦祐也(男優)
小林トシ江(女優)
タカハタ秀太(男優)
松岡恵望子(女優)
中村まこと(男優)
中村靖日(男優)鉢子の上司
久ヶ沢徹(男優)
佐々木勝彦(男優)
脚本タナダユキ
音楽周防義和
津島玄一(音楽プロデューサー)
主題歌三浦透子『Romance ~サヨナラだけがロマンス~』
撮影大塚亮
製作東北新社
企画加藤和夫【プロデューサー】
配給東京テアトル
編集宮島竜治
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(7点検索)】[全部]

別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.大島優子がおばさん臭くて、辛気臭い。
これで演技も臭かったらどうしようもないけど、可もなく不可もなく自然体で良かった。
可愛いだけのアイドルとか、本格的な演技派女優が主演だったら、この哀愁は醸し出せなかったかも知れない。
物語は終始切ないけど、泣くほどでは無かった。
この辺りのさじ加減も絶妙で、名作というほどではないけど、味わいのあるいい作品でした。
日曜の午後の暇潰しに最適かと思われます。
あと、僕みたいなおっさんでも大島優子くらいならやれそうという期待感が溢れていて、ホテルのシーンでは思わず興奮しました。
それから、久保さんがかなりいいキャラだったので、スピンオフで久保さんのロマンスもありだと思います。
もとやさん [DVD(邦画)] 7点(2017-02-12 15:46:28)
1.《ネタバレ》 大島優子がちょうどいい。これがもっと美人だったりすると、こんな売り子いねえよ的なツッコミから批判的な見方で映画を見てしまうので、このくらいが顔立ちが適役でしょう。
相手役の大倉孝二もブサメンで、うさん臭く、なんか企んでるのか、単なる人のいいおっさんなのかがわからなく、そういうところも
油断できないので、飽きさせないで楽しめる要因となっているのだろう。
ホテルのシーンはやっちゃえやっちゃえと思ったが、ハリウッド映画のように、すんなりやるほうが非現実的で、やらないあたりが現実的なのかもしれない。
最後のシーンでロマンスカーに乗っているのが桜庭かと思ったが、母親のほうだったあたりが、この映画が恋愛ものではないという証だろう。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 7点(2016-11-10 15:03:49)
別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 6.38点
000.00%
100.00%
200.00%
3112.50%
400.00%
5112.50%
6225.00%
7225.00%
8112.50%
9112.50%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 6.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS