22年目の告白 -私が殺人犯です-のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 22年目の告白 -私が殺人犯です-
 > (レビュー・クチコミ)

22年目の告白 -私が殺人犯です-

[ニジュウニネンメノコクハクワタシガサツジンハンデス]
2017年【日】 上映時間:117分
平均点:6.36 / 10(Review 33人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-06-10)
ドラマサスペンス犯罪ものリメイク
新規登録(2017-04-17)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2018-09-18)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督入江悠
キャスト藤原竜也(男優)曾根崎雅人
伊藤英明(男優)牧村航
夏帆(女優)岸美晴
野村周平(男優)小野寺拓巳
石橋杏奈(女優)牧村里香
竜星涼(男優)春日部信司
早乙女太一(男優)戸田丈
平田満(男優)滝幸宏
岩松了(男優)山縣明寛
岩城滉一(男優)橘大祐
仲村トオル(男優)仙堂俊雄
原作チョン・ビョンギル(原案 韓国映画「殺人の告白」脚本・監督)
脚本入江悠
音楽横山克
製作日本テレビ(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
ROBOT(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
ワーナー・ブラザース(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
WOWOW(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
ホリプロ(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
読売テレビ(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
電通(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
講談社(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
企画ROBOT
日本テレビ(製作幹事・共同企画)
制作ROBOT(制作プロダクション)
配給ワーナー・ブラザース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(7点検索)】[全部]

別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.謎解き苦手な私でもフツウに楽しめました。
藤原竜也さんさすがの迫力。
犯人の狂気がおとなしめで、ちょっと残念。
たんぽぽさん [地上波(邦画)] 7点(2018-06-20 09:54:12)
12.《ネタバレ》 ツッコミどころはいくつかあったものの
楽しめた映画でした。

冒頭のセブンぽい映像とか
起承転結の結ぽい導入とか結構入りはいい感じだと思いました。

しかし22年前に連続殺人犯に藤原君は
年があってないんじゃない?って思ったら
ちょっと意外な展開でした(被害者の一人ぐらいだと予想していたので)

ただ微妙なのが真犯人の動機が。
あの手の動機は好きじゃないんですよねぇ。

あと、仙堂キャスターは藤原君の正体知らないはずなのに
何故万年筆を渡そうとしたのかが今ひとつ
わかってないです。

とはいえ最後らへんの藤原君の演技とか良いなぁって感じでしたし
正体が明らかになるまでの展開とか良かったのですよ。

そこからの演出はちょっとくどいかなぁ。(放送禁止シリーズぽいですが)
ってことで7点で。
シネマレビュー管理人さん [地上波(邦画)] 7点(2018-06-09 01:11:31)
11.《ネタバレ》 作りこまれたストーリーで最後まで飽きずに見ることができました。
真犯人は途中まだ全く分からず、意外な人物だったので高評価。SNSなど現代の社会情勢も活用していて良い。

本格派サスペンスを求めている方にはお勧めの一本。
バッジョさん [DVD(邦画)] 7点(2018-06-08 19:53:16)
10.《ネタバレ》 連続殺人犯とゆーよりは、牧村の妹をめぐる謎解きにシフト。
でも、まぁ真相はある程度の驚きがありました。
以下、おもいっきりネタバレなので、お気をつけて。
藤原名乗る→周りざわつく→中村取り上げる→偽物真犯人釣り上げる→伊藤と藤原仕掛人だった→藤原気づく→中村真犯人
と、まぁムリがあるはずなんだけど、感じさせないのは真犯人を捕まえてほしいと願う気持ちからか。
藤原竜也さんの功績は大きい。
伊藤英明さんも、ね。
時効を超えて真犯人にたどり着いた被害者遺族たちに敬意を表します。
映画とはいえ。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 7点(2018-04-30 22:11:09)
9.入江監督のことはよく知らないけど、恐らく割り切ってエンタメに振れたのだろう。細部は気にしないでください、と言っているかのような作りだが、狙い通り興行的には成功したので報われた気分だろう。オリジナルで不評だったところは受け継がない。リメイク版独自の展開も用意する。といったところで満足感はそれなりにある。本家を6点にしたので、こちらは7点で。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2018-04-17 00:12:52)
8.《ネタバレ》 最後の最後まで、結末が読めそうで読めない展開が続いて面白い。少年H?殺人犯の手記というのは往々にして世の中を騒がせるものだと思うけど、それを極端に誇張して、面白く味付けしたのがこの映画だと思う。どうでも良いけど、藤原竜也さんは格好良いけどなんかちょっと変わってる印象が、、、。なんでだ?
lalalaさん [映画館(邦画)] 7点(2018-02-06 08:43:26)
7.《ネタバレ》 普通に楽しめました。何人も殺害した人がイケメンだったからって、
一般人があんなに持ち上げたりサイン会行ったりするかな?とはちょっと思いましたが、
若干のご都合的な部分に目をつぶればすごく良くできたシナリオです。
中盤で、実は殺人犯は〇〇で、本を書いたのは〇〇というどんでんがあるのですが、
素直に騙されました。刑事の言葉に「え!?」ってなっちゃった。
そこからは真犯人も容易に想像つきました。
一つだけ疑問なのは、エンドロール中に真犯人が刺されるという展開があるんですが、あれは必要だったんだろうか?
結局殺されるオチなのなら、時効がどうとか法で裁くとかいうあの葛藤も無意味になってしまうような気がします。
あろえりーなさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2018-02-03 23:48:24)
6.《ネタバレ》 面白い!入江監督はSRシリーズでファンになりました!
ただ夜の描写がみづらいのと、女性をあまり動かさないんですよね。
話の二転三転ぶりは見応えありました!
画面から集中力切らさない演出もすごいと思います。
楽しみな監督の一人です!
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2018-01-20 22:18:34)
5.面白かった。力作だと思います。藤原竜也だと22年前の年齢が。とか、ありますが、伊藤英明含め、主人公2人は、オッサン俳優使ったほうが、もっと良かった。興行だから仕方がないとはいえ、とりあえず、藤原竜也、小栗旬出しときゃいいだろ的、日本映画はどうなんでしょうかね。
山猫さん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2017-12-02 16:41:56)
4.最後にそう来ますか。韓国バージョンも見てみたいですね。
tonaoさん [映画館(邦画)] 7点(2017-07-06 11:51:58)
3.《ネタバレ》 ミステリーとして見ると展開が容易に読める(もちろん全てではないが)のが難点だが、エンタテイメントとして見ると無駄なシーンが全くなく一気に最後まで見せるのが大変良い。ところどころ非現実的と思えるシーンもあるが、それもエンタテイメントとして割り切れば特段の支障はないです。力作。
ぴのづかさん [映画館(邦画)] 7点(2017-06-17 15:29:34)
2.《ネタバレ》 こんなに熱中できる映画だとは思わなかった。
1995年の事件を蘇らせる撮影の質感がとりわけ良く、犯人の自己顕示欲とうまくリンクさせていたので盛り上がる。全体像が見えてくるまで推理が容易くないのも良い。
欲を言えば、終盤に現実味の欠ける描写が数点あるゆえ気になったのがキズ。
カジノ愛さん [映画館(邦画)] 7点(2017-06-11 22:25:26)
1.《ネタバレ》  「藤原竜也は17年前に中学生を演じてた訳で、22年前っていったら小学生が殺人犯だったって事かいな?」なんて思いつつ映画に臨みました。

 こちらが見る前から当然予測していた展開の、更に上を行く展開はなかなか良かったと思います。そう来たか!みたいな。ちょっと力技というか強引ではあるのですが、そこら辺は韓国映画が元ネタゆえに納得、みたいな。
 「残虐な殺人犯があんなに簡単に人気者になるもんかいなぁ」とか、警察やマスコミの描写とか、危なっかしい感じだけれども、役者の存在感でギリギリでハリボテ化するのは防げていたと思います。こういう映画ってネットの反応だのインタビュー画面だのを映すと途端に嘘っぽくなるんですが、一方向に強引に流れを持ってゆかない事、そこを描き過ぎない事でなんとかバランスを保てていたんじゃないかと。

 マスコミのあり様、正義、使命、そんなモンをあの読売新聞な、あの読売グループな、あの日本テレビ製作で語る資格があるんかいな、とツッコミ入れたくなりましたが、物語的にそれもなんか怪しくなって「ああ、自己批判か、自省か、ちゅーかそういうとこまでチェック入れずに製作任せちゃったか(笑)」みたいな。

 ただ、殺人描写が直接的で、その陰惨なイメージが作品全体を支配していて(その点も韓国映画的)、重く暗い映画として頭にこびりついた感じです。入場時に渡された作品に対するアンケートには評価自体は「まあまあ良かった」にしたものの、ソフト化された際には購入したくない、もう一度見たくはない、って。謎が判った上でもう一度見れば色々と発見もあるとは思うのですけどねぇ。でも、うーん。

 で、藤原竜也小学生殺人犯?の謎(つまりビジュアル的に無理ないか?)は解決したのか?っていうと、それは見れば一応判る感じ、みたいな?
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 7点(2017-06-11 20:52:28)
別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 33人
平均点数 6.36点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
413.03%
5721.21%
6824.24%
71339.39%
8412.12%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review2人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS