村の写真集のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ム行
 > 村の写真集
 > (レビュー・クチコミ)

村の写真集

[ムラノシャシンシュウ]
2004年【日】 上映時間:111分
平均点:7.25 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-04-23)
ドラマ
新規登録(2005-02-14)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2012-08-18)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督三原光尋
助監督武正晴
小林聖太郎(監督助手)
吉田康弘[監督](監督助手)
キャスト藤竜也(男優)高橋研一
海東健(男優)高橋孝
甲本雅裕(男優)野原正治
大杉漣(男優)植田進
宮地真緒(女優)高橋香夏
ペース・ウー(女優)チン・リン
桜むつ子(女優)山本のおばあちゃん
吹石一恵(女優)小学校分校の水沢先生
原田知世(女優)高橋紀子
木下ほうか(男優)
徳井優(男優)
粟田麗(女優)
斎藤歩(男優)
日向丈(男優)
眞島秀和(男優)
脚本三原光尋
森下直“協力”としてクレジット
音楽小椋佳
主題歌小椋佳「村里へ」
撮影本田茂
制作石川富康
多井久晃
美術須坂文昭
編集宮島竜治
録音鶴巻仁
照明高坂俊秀
その他立木義浩(写真監修)
あらすじ
東京で見習いカメラマンをしている孝の元へある日一本の電話が入る。それは近い将来ダムに沈むことになっている故郷・徳島県花谷の村役場からで、村人を撮影した「村の写真集」を孝の父で写真店主の研一と共に作って欲しい、という依頼だった。渋々承諾する孝。最初は頑固な父と時代に取り残されたような故郷に反発と嫌悪を覚える孝だったが、父と共に家族の写真を撮り歩く内、次第に心境の変化が訪れる。そして・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(8点検索)】[全部]

別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 個人的な事情から主人公の姉の登場を心待ちにしていたのだが、なかなか出ない。しかしその間、妹を見ていてなごんだので許すことにする。DVDのメイキング映像を見ると、姉役の女優に対する監督の特別な思い入れと、そこに突っ込む出演俳優のコメントが笑える。

それで本編に関しては、地域住民の描写にいいところが多い。まず主人公の妹が屈託なくて可愛い(ちょっと野性味がある)のだが、若いのに働き者らしく、家族の和に気を使いながら不平も言わず必要な仕事をこなしているのに感心する。近隣の人々とのつき合いも自然で、いわゆる地域の教育力のたまものではないかと思う。ぜひ看護師の仕事をがんばってほしい。
また主人公と喧嘩した青年は、心を世界に開いていながらも家を継がざるを得ず、黙々と家業に精を出していた。寡黙な男のようだが、こういうのが地域社会や農林業を支える力になるのである。
そのほか男ばかりで飲んでいたところへ現れた同級生女子が、暴力的な言動でその場の雰囲気をぶち壊したのは実際にありそうで笑った。それからほんの一瞬だったが、役場職員の奥さんが何ともいえず感じのいい人で、こういう家族はいいなと思った。

ところで主人公は当初、自分の原点はブレッソン(フランスの写真家らしい)と言っていたが、実際に原点となったのは自分の故郷だったわけで、その価値が世界に通用することは、押しかけ外国人や村在住の芸術家夫妻も普通に認めていたようだった。
彼がこれから世界での成功を目指すのは、まずは当然ながら自分のためだが、しかしそれだけでなく、心ならずも故郷に残った人々の思いも背負って、いわば成功してみせる責任が彼にはある。それが彼の原点となった故郷への恩返しだろうと思う。この映画には、故郷を離れた人間へのエールとともに、故郷のことを忘れないでくれという地元側の思いも感じられる。
くるきまきさん [DVD(邦画)] 8点(2012-02-18 22:34:33)(良:1票)
別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 7.25点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
418.33%
5325.00%
600.00%
7216.67%
818.33%
9433.33%
1018.33%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 9.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS