カノンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > カノン
 > (レビュー・クチコミ)

カノン

[カノン]
SEUL CONTRE TOUS
1998年【仏】
平均点:6.73 / 10(Review 49人) (点数分布表示)
ドラマ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2004-01-24)【亜流派 十五郎】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ギャスパー・ノエ
キャストフィリップ・ナオン(男優)父(元馬肉屋)
ブランディーヌ・ルノワール(女優)シンシア
脚本ギャスパー・ノエ
撮影ギャスパー・ノエ
製作ギャスパー・ノエ
ルシール・アザリロヴィック
編集ギャスパー・ノエ
あらすじ
前作『カルネ』の続編。その後、男はカフェの女の家に居候になる。仕事がなかなか得られない男。冷えた夫婦。耐え切れなくなった男は自らのモラル、金持ちのモラル、女のモラル、娘のモラルに敢然と立ち向かう(フリをする)。男が最後につかんだモラルとは。 ちなみに原題の意味は「周りはみんな敵」
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
9.久々に映画観て面白いと思った。俳優の演技は絶品。(特に主人公のジジイ)フランスの労働者階級の魂の叫び。こういう映画は他に類がない。
SMさん 9点(2002-10-17 08:37:35)
8.インパクト十分です。前作のカルネを見なくてもこれだけで十分で一本立ちしており、カメラワーク・遊び心も前作を引き継いで印象深いものになっています。ラストもうまいことだまされちょっと感動的な結末になっております。ただこれを友人などに勧める気にはなりません。
K造さん 8点(2002-09-29 03:01:43)
7.悪くない、まあまあだった。もっと狂わせて欲しかったなー。
017さん 7点(2002-07-12 00:29:55)
6.毒まみれでしたね(笑)。娘の行く末が気がかりです。
ワイプアウトさん 6点(2002-03-24 00:35:53)
5.主人公の頭の悪さには面白いなと思ったけど、この映画を見て考えたことは特になかった。最後はそれなりにまとめてあったけれど、個人的にはコメディー映画のように感じた。
チャベスさん 5点(2002-03-09 12:28:02)
4.こういった映画が好きな人は、あんまりいないだろうなあ。「問題作」と雑誌で紹介されていたので、それなりの覚悟はしていたが、前半かなりキツかった。途中から慣れてくると結構ハマるかなあ。我慢して観続ければ後半面白いと思うかもよ。
ZATUOさん 7点(2001-10-16 12:56:54)
3.↓確かに延々オヤジの妄想癖につきあわされるのはウンザリだけど(笑)、それが全てラストへの伏線だと思うと納得。僕は思わず感動しちゃいました(爆)生きる目的があると、人間前向きになれるモンです
びでおやさん 9点(2001-05-13 23:29:07)
2.へぼ
Kさん 0点(2000-11-21 15:35:33)
1.上映中、利己的な中年男の被害妄想的独り言を延々と聞かされます…。場面が変わる度に拳銃の発射音が響き、サブリミナル効果で(嘘)中年男の狂気を見ている者の脳髄に染み込ませます。それらはすべてラストの凶行の映像にリアリティを与え、「遂にやっちゃったよこいつ!」と思わせるための伏線となってます。衝撃的でした。もし男手一つで娘を育てていてリストラされたなんていう人がいたら、かなり泣けるかもしれません。それ以外の人には…?。私は該当しませんがこういうのもありかなと妙に感心しました。
ジロンさん 7点(2000-11-08 01:28:39)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 49人
平均点数 6.73点
024.08%
100.00%
200.00%
348.16%
424.08%
5510.20%
6816.33%
7816.33%
8510.20%
9918.37%
10612.24%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review4人
2 ストーリー評価 5.80点 Review5人
3 鑑賞後の後味 5.16点 Review6人
4 音楽評価 7.83点 Review6人
5 感泣評価 6.75点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS