刑事ジョン・ブック/目撃者のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > 刑事ジョン・ブック/目撃者
 > (レビュー・クチコミ)

刑事ジョン・ブック/目撃者

[ケイジジョンブックモクゲキシャ]
Witness
1985年【米】 上映時間:112分
平均点:7.25 / 10(Review 122人) (点数分布表示)
公開開始日(1985-06-22)
ドラマサスペンスラブストーリー刑事ものロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-03-20)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・ウィアー
演出グレン・R・ワイルダー(スタント・コーディネーター)
キャストハリソン・フォード〔1942年生〕(男優)刑事 ジョン・ブック
ケリー・マクギリス(女優)レイチェル・ラップ
ジョセフ・ソマー(男優)警察本部長 ポール・シェイファー
ルーカス・ハース(男優)レイチェルの息子 サミュエル
アレクサンダー・ゴドノフ(男優)ダニエル・ホッフライトナー
ダニー・グローヴァー(男優)麻薬課刑事 マクフィー
ヴィゴ・モーテンセン(男優)モーゼス・ホッフライトナー
ティモシー・カーハート(男優)
リチャード・チェイヴス(男優)殺害される刑事
ロバート・アール・ジョーンズ(男優)駅での事件目撃者 ポップ
パティ・ルポーン(女優)ブックの姉 エレイン
磯部勉ジョン・ブック(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
戸田恵子レイチェル・ラップ(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
間宮くるみサミュエル(日本語吹き替え版【DVD追加録音】)
池田勝マクフィー(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
阪脩イーライ・ラップ(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)/ポール・シェイファー(〃【フジテレビ】)
小林勝彦ポール・シェイファー(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
佐々木勝彦ポール・シェイファー(日本語吹き替え版【DVD追加録音】)
牛山茂ダニエル・ホッフライトナー(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
富山敬カーター(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
横尾まりジョン・ブックの姉(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
小島敏彦(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
佐々木敏(日本語吹き替え版【DVD追加録音】)
有本欽隆(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
上田敏也(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
前田敏子(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
松本梨香(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
加藤正之(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
鈴木れい子(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
石井敏郎(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
石森達幸(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
石塚運昇(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
さとうあい(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
幹本雄之(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
小室正幸(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
高宮俊介(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
辻親八(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
伊井篤史(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
岡本富士太ジョン・ブック(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
檀ふみレイチェル・ラップ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
浪川大輔サミュエル(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
内海賢二マクフィー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大木民夫イーライ・ラップ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
堀勝之祐ダニエル・ホッフライトナー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
吉田理保子ジョン・ブックの姉(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
麦人(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
秋元羊介(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
村松康雄(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
北村弘一(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
鳳芳野(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
巴菁子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
西村知道(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大塚芳忠(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
深見梨加(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
中田和宏(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
原作ウィリアム・ケリー(原案)
アール・W・ウォレス(原案)
脚本ウィリアム・ケリー
アール・W・ウォレス
音楽モーリス・ジャール
撮影ジョン・シール
製作エドワード・S・フェルドマン
パラマウント・ピクチャーズ
制作東北新社日本語版制作(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
配給UIP
美術スタン・ジョリー(プロダクション・デザイン)
ジョン・H・アンダーソン(セット装飾)
編集トム・ノーブル
録音ロバート・ニュードスン
字幕翻訳戸田奈津子
日本語翻訳額田やえ子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
スタントヴィク・アームストロングハリソン・フォードのスタントダブル(ノンクレジット)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
42.アーミッシュの生活が新鮮でした。いまだに頑なに昔の生活を営んでいる世界があるなんて、世の中は奥深いです。
omutさん 6点(2003-08-04 08:42:19)
41.この映画でアーミッシュを知りました。勉強になりました。
アキラさん 6点(2003-07-22 19:49:42)
40.《ネタバレ》 これこそサスペンス・ロマンスの理想型です。無駄な台詞、無駄な場面、無駄な登場人物が一切存在しません。登場人物の心を細心の注意で大切に扱っている制作者側の真摯な姿勢が、どのシーンからも溢れています。冒頭15分で早くも前半クライマックスのトイレのシーンまで到達する手際の良さ、そこからサスペンス部分は素早く片付けて、ハリソンがベッドで唸っている間にいつの間にか作品世界まで自然にアーミッシュの村に移してしまう脚本の巧みさ。電気がないという村の生活習慣を逆に生かして、ランプの灯りとバックの暗さを最大限に駆使したカメラと照明の凄味。ケリー・マクギリスの素人美人な雰囲気と、ルーカス・ハースの吸い込まれるような瞳。すべてが見所満載です。
Oliasさん [DVD(字幕)] 9点(2003-06-22 23:26:32)(良:1票)★《更新》★
39.納屋を建てるシーンが大好きです。
そうしょくみさん 7点(2003-06-20 01:38:43)
38.ストーリー的には2時間ドラマサスペンスに近い。セオリー通りに話が進む。変に恋愛要素を入れたのが、余計だったが、それもお約束。アーミッシュの人々の生活が実際はどうなのかは知らないけれども、叙情的な映像が美しい。古いしきたりの中で、質素に暮らす人々の良いところばかり強調するのではなく、優しく描いていて秀逸。この映像を撮るには、やはり映画でなければ不可能だったと思う。ハリソン・フォードは昔からあまり持ち味が変わってないらしいが、この直前の売れない役者時代に兼業で大工をやっていたと聞くと、何だかこの映画もほのぼのして見える。ちなみに今回改めてビデオで鑑賞したのは、これが映画デビュー作のヴィゴ・モーテンセンを見るため。
ルクレツィアの娘さん 6点(2003-06-16 23:05:27)
37.初めて見たときは アーミッシュが何なのか あまりよく分からず、サスペンスな展開を期待してて、少し退屈な思いをしました。しかし、改めて見ると、ストーリーの土台となっているのは、「アーミッシュ」であって、「目撃者」は ただ飾り付けられているだけという事が分かりました。そんな簡単な事に 気づかなかったなんて、ホントにバカだった。情けない・・・。心の奥深くまで沁みる 良いお話しでした!
ケンジさん 10点(2003-06-08 23:05:46)(良:1票)
36.ストーリー的には普通のサスペンス映画だけど要所要所盛り上げていい感じになっててよかった。
M・R・サイケデリコンさん 7点(2003-05-25 00:08:47)
35.傑作だとか、駄作だとか、そういうんじゃなくて、愛することができるか否か、こそが大切な作品じゃないでしょうか。そう、確かにアーミッシュというものの風俗的面白さを除けば、陳腐なストーリー展開でしかないのかもしれない。映画史に残る大傑作じゃ、お世辞にもないでしょう。けれど、何気ない人物の表情や、セリフ、ワンカットといった部分が、これほど心に残る映画もそうはないと思う。だからぼくは、この映画が大好きです。時々、いろんなことに疲れたら、いつもこの映画に帰ってきます。そして、心満たされるんです。 《追記》明け方間近の薄明のなか、ハリソン・フォードの主人公にヒロインのケリー・マクギリスが駆け寄り、抱擁し、キスをする。まさに情熱=受苦として“パッション”と、この愛が刹那と分かっている「大人」たちのどうしようもなさを同時に了解させるふたりの姿・・・。今でもぼくはあの場面を、アメリカ映画のなかで最も美しいラブシーンのひとつだと信じております。
やましんの巻さん [映画館(字幕)] 8点(2003-05-22 12:58:33)(良:1票)
34.ハリソン・フォードのたぎるような正義感が魅力の作品。ハン・ソロ、インディー・ジョーンズ、そしてジョン・ブック。わたしのなかのフォードが演じたベストスリー。上司に裏切られ、友人を殺され、汚名を着せられ、辿り着いたのがアーミッシュの村。信仰に従い、現代文明を拒否したスローフルな生き方が彼の心を癒していく・・・・。派手なアクションシーンこそ無いがじゅんじゅんと気持ちの中に入ってくる演出が秀逸。恋敵(?)の若きアーミッシュが後の「ダイハード」のテロリスト役、亡くなったアレクサンダー・ゴドノフと知ったのはずいぶん経ってからでした。アメリカ映画って奥が深いよね。書いていたらまた見たくなっちゃった。
さんま2号さん 9点(2003-05-13 15:16:45)
33.少年が鐘を鳴らし、村人が集まってくる。そのシーンでいつも泣けてきてしまう。別に理由はないんだけど。この監督の映画ではそういうことがしばしばある。「キャプテン、マイキャプテン」とかね。音楽も良かった。 (2004年9月27日追記)最近、久しぶりにDVDで鑑賞してみた。年齢を重ねると少し印象が変わるもので、美しい風景と、ゆったり燃え上がる恋愛がこの作品の中核を成していることがよくわかった。あと、ハリソンの殴打シーンでも、ケリーが矢も盾もたまらず外へ飛び出していくシーンでも、アーミッシュの「帽子」が「戒律」のメタファとして使われていたことも。
山の木屑さん 9点(2003-04-28 20:42:25)
32.サスペンス色は弱く、その点では肩透かしかも。私的にはアーミッシュの人々の暮らしや美しい映像など、見どころ満載で大変楽しめました。切なく、美しく、心に残る作品。
poppoさん 7点(2003-04-26 18:17:32)
31.まぁ~俺的には ハリソンの下積み時代の大工仕事が見られたのがよかったぐらい
東京JAPさん 6点(2003-04-01 01:20:15)
30.ハリソン君の作品の中では最高 ルーカス・ハースはきれいな子だった大人になった彼を見ない方がいい
本部長さん 9点(2003-03-28 17:28:27)
29.「過大評価されている」というコメントがありましたが、感じ方は人それぞれ。ていうか、蓼喰う虫も好き好き。私は素直に楽しめました。喧騒の国アメリカで静かに暮らしているアーミッシュもいるし、殺伐とした生活を送る刑事もいる。つまり、そういうこと。巧妙な謎解きやトリックはないが、良い映画だと思います。
くるみぱぱさん 10点(2003-03-08 00:48:36)
28.事件そのものは割と普通。それよりも刑事ジョンのアーミッシュの村での生活や、そこでの人々との交流を描いた場面がとても良かった。哀愁と郷愁が同時に感じられるような、そんな作品だと思う。
プミポンさん 6点(2003-03-01 02:41:13)
27. 《ネタバレ!》ダニー”マータフ”グローバーが当時無名の割に意外と重要な役で出てマス。でも、何かしょっぱいヤラレっぷりで拍子抜けデス(^^)。アーミッシュって暴力否定なトコロはクェーカー教徒っぽい感じ。しっかし、便所で殺人を目撃ってのは…イヤ過ぎるぅ!不潔よぉっ!!刑事物+西部劇と何とも欲張りなP・ウィアーに…6点。
へちょちょさん 6点(2003-02-13 00:52:56)
26.なぜ同じ人間どうしで傷つけあうのか。アーミッシュの人々には理解できない、というより容認できない。人は機械じゃない、自然の一部なんですね。アーミッシュから学んだことを皆に伝えようと、ラストにジョン・ブックは自分の社会に戻っていきます。バンゲリスの曲もよかった。見終わったあと心が温まっているのに気づく映画ですね。
池田 進さん 10点(2002-12-28 22:40:38)
25.別にオモロクない。つうか、眠くて楽しめなかった・・(すいません)なんか、イマイチ盛り上がりに欠ける気がしたっす。アーミッシュだっけ?その設定でもたせてる?
AJさん 6点(2002-12-22 13:49:34)
24.あまりにも過大評価されている作品のように感じる。1人の刑事がことの真相を知ってしまった為に狙われるという、土台となるストーリーが大して面白くもないのにのにも拘らず、巧妙なトリックが仕掛けてあるわけでもないし、謎解きもない。そこにアーミッシュという味付けをしただけだ。するとどうなるか?腐った魚はどんな味付けをしてもまずいとだけ言っておこう。
T・Oさん 4点(2002-12-18 18:42:42)
23.これはいい!母から女への鮮やかな変身、納屋での微妙な踊り、二人の無言のラストシーンなど見所満載。邦題がダサイので損をしている。もっと格調高い題を考えられなかったのか。
死亀隆信さん 8点(2002-12-07 00:12:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 122人
平均点数 7.25点
000.00%
100.00%
200.00%
332.46%
432.46%
543.28%
63024.59%
72822.95%
82520.49%
92218.03%
1075.74%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.40点 Review5人
2 ストーリー評価 6.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.40点 Review5人
4 音楽評価 7.25点 Review4人
5 感泣評価 6.50点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

1985年 58回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ハリソン・フォード〔1942年生〕候補(ノミネート) 
監督賞ピーター・ウィアー候補(ノミネート) 
脚本賞ウィリアム・ケリー受賞 
撮影賞ジョン・シール候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)モーリス・ジャール候補(ノミネート) 
美術賞スタン・ジョリー候補(ノミネート) 
美術賞ジョン・H・アンダーソン候補(ノミネート) 
編集賞トム・ノーブル受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1985年 43回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)ハリソン・フォード〔1942年生〕候補(ノミネート) 
助演女優賞ケリー・マクギリス候補(ノミネート) 
監督賞ピーター・ウィアー候補(ノミネート) 
脚本賞ウィリアム・ケリー候補(ノミネート) 
脚本賞アール・W・ウォレス候補(ノミネート) 
作曲賞モーリス・ジャール候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS