ウェディング・クラッシャーズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > ウェディング・クラッシャーズ
 > (レビュー・クチコミ)

ウェディング・クラッシャーズ

[ウェディングクラッシャーズ]
Wedding Crashers
2005年【米】 上映時間:119分
平均点:6.29 / 10(Review 17人) (点数分布表示)
コメディロマンス
新規登録(2006-08-09)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2010-02-17)【rothschild】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・ドブキン
キャストオーウェン・ウィルソン(男優)ジョン・ベックウィズ
ヴィンス・ヴォーン(男優)ジェレミー・グレイ
クリストファー・ウォーケン(男優)財務長官 ウィリアム・クリアリー
レイチェル・マクアダムス(女優)ウィリアムの次女 クレア・クリアリー
ジェーン・シーモア〔女優・1951年生〕(女優)ウィリアムの妻 キャスリーン・クリアリー
エレン・アルベルティーニ・ダウ(女優)祖母 メアリー・クレアリー
ブラッドリー・クーパー(男優)ザカリー・ロッジ
ロン・カナダ(男優)クレアリー家の執事 ランドルフ
ヘンリー・ギブソン(男優)オニール神父
ドワイト・ヨーカム(男優)Mr.クルーガー
レベッカ・デモーネイ(女優)Mrs.クルーガー
ウィル・フェレル(男優)チャズ(ノンクレジット)
音楽ロルフ・ケント
撮影ジュリオ・マカット
製作ニュー・ライン・シネマ
ロバート・L・レヴィ
ピーター・エイブラムズ
製作総指揮トビー・エメリッヒ
ガイ・リーデル
特撮ジョン・C・ハーティガン(特殊効果コーディネーター)
美術バリー・ロビソン(プロダクション・デザイン)
編集マーク・リヴォルシー
スタントクリストファー・レップス
その他ロルフ・ケント(指揮)
あらすじ
離婚調停人のジョンとジェレミーの趣味は、呼ばれてもいない他人の結婚式に潜り込み、美味い食事と可愛い女の子をつまみ食いすること。ある日、大物政治家の長女の結婚式に潜り込んだ2人だが、ジョンは次女のクレアに一目ぼれ。ジェレミーは末娘のグロリアに気に入られてしまう。誘われるがまま彼女たちの別荘に招かれたが、その家族はさらにぶっ飛んでいた! 果たして2人の恋の行方は!?
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
17.《ネタバレ》  最後だけ良かったです。
 あとは全部ダメ。
 映画としてどーこー、というより、人物、ストーリー、これがどちらも好きになれない。魅力を感じられないのです。
 ジョンとジェレミーがやってきたことってのは最悪です。これは秩序や道徳を重んじる日本人、つまり私の感性とは、かけ離れすぎていて全然笑えません。二人が酷い目にあうと、多少嫌な気分にはなりますが、とても同情する気にはなれません。自業自得です。
 しかもこの2人の友情の薄っぺらさが酷い。自分の事しか考えてなくて、相手のことなんてぜんっぜん考えていません。
 ジョンにいたっては、自業自得のくせに、他の結婚式に乱入しては、幸せな場を八つ当たりでぶち壊して、ドン引きです。
 この二人だけでなく、グロリアは頭おかしいし、ホモの末っ子は気持ち悪いし、クレアの婚約者はいじめっ子気質で最悪です。見ていて気分が悪いことこの上ない。
 良かったのはレイチェル・マクアダムス演じるクレア。この人が本当にかわいくて、彼女を見るためだけに2時間つきあったようなものです。
 ジェレミーがグロリアと本気の恋になって、二人が結婚するという展開も嫌いではありません。
 ラストに暴君の婚約者がぶっとばされるシーンも胸がスカっとします。
 ですがそれ以外に良いところはありません。
 コメディなのに笑えない。ラブストーリーなのに応援できない。
 第一クレアの婚約者もだめだけどさ、ジョン、こいつもダメ人間ですよ。クレアを好きになる資格はないし、ハッピーエンドになる資格もない。ってゆーか、こーなってくると、クレア、あんたが男を見る目がないんじゃないの?
 ただどんな作品であれ、ラストがハッピーエンドっていうのは後味が良いものですから、その辺は無難にまとめてくれたと思います。
たきたてさん [ビデオ(字幕)] 3点(2017-04-24 02:50:17)
16.ヴィンスヴォーンの英語っていつも早口で聞き取りにくいですがそこがなぜかツボです。映画としても彼の魅力を存分に発揮できている映画だと思います。退屈することなくコメディー映画として文句のつけようがない。オーウェン・ウィルソンにはいつまでもこういう映画に出続けてほしいです。下品すぎない下ネタだと思うのですがどうでしょうか?
トニー・モンタスキューさん [DVD(字幕なし「原語」)] 8点(2010-07-06 16:09:25)
15.前半テンポよく進むが、後半まとめきれず、無理に落とした感じはあるが、それでもとても楽しかった。
小原一馬さん [地上波(字幕)] 8点(2009-12-28 00:01:29)
14.あんな口の上手いだけの最低の事をしてきた男の何処に惹かれるのか意味不明
それなら金持ちの御曹司の方まだましのような気がするがどうなんでしょう?
笑えるところはまあまあありました
マーガレット81さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2009-12-23 15:06:34)
13.《ネタバレ》 設定自体がいかにも設定のための設定という感じだし、ラブコメの部分に目を向けても、特段新鮮味や面白みが見当たらない。ただし、この作品の価値は、ジェーン・シーモアの現在の動く姿が見られること。不朽の名作「ある日どこかで」の麗しのお姿から25年、その美貌は面影にとどめつつも、いきなり今度はぶっとんだ母親役で、しかも半裸で若い男を誘惑する・・・何をやってるんですかお嬢様・・・。この複雑な感情に3点。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2009-12-23 12:19:53)
12.遊ぶとこはちゃんと遊んでたし、締めるとこは締めてたと思います。
おちゃらけと恋愛要素が良い塩梅で、観ていて素直に面白いなと思いました。

ウィル・フェレルは面白いんだが、果たして彼の濃さは必要だったのか・・・。
私は個人的に好きだから許容できましたが。
タックスマン4さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-12-10 22:53:00)
11.《ネタバレ》 内容だけ聞くときっとかなりオゲレツな内容に思ってしまうけれど、コメディタッチで軽く仕上げてあるので下品さは感じない。そのうえオーウェンウィルソンですから。オーウェンはこーゆう天然っぽいとぼけた役が凄くはまっていいですね。こうゆう役のオーウェンは好きです。コメディ部分のギャグは女性より男性のほうが笑うかな?でも2人の会話のテンポも話の流れもさくさくなのでさらっと観れます。内容よりこの2人のキャラでついつい最後まで観てしまった感じ。話のオチは安易に想像がついてしまいますが、最後まで見てしまったのは、あの2人の演技のおかげかな。
civiさん [地上波(吹替)] 5点(2008-10-10 11:40:59)
10.《ネタバレ》 まだコンパクトにまとめる事もできると思ったけどおもしろかった。けっこう笑った。オーウェンはセクシーだしレイチェル・マクアダムスはキュート。このカップルのデートのシーンとかよかったと思う。ウォーケン一家もクレイジーでよかった。こういうアメリカのうざいファミリーは好きです。
サムサッカー・サムさん [DVD(吹替)] 6点(2008-03-21 12:36:21)
9.笑ったけど、後半が中途半端で物足りない。アメリカにはこういう奴等がいるのかな??
すたーちゃいるどさん [DVD(字幕)] 5点(2007-11-11 21:44:46)
8.《ネタバレ》 何気なく出だしを観てたら男二人の会話が気になって全部観てしまいました。あの口のうまさはうらやましい。全般的に明るい感じでそれなりに楽しめました。ただ、さんざん好き勝手やって来ておいて、反省もそこそこにハッピーエンドというのはいくらコメディでも気持ちよくなかったかな。
まるおさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-09-19 23:06:50)
7.たった5分足らずの出演なのに、ウィル・フェレルのインパクトがでかすぎ。あのウインクがまたムカつく(笑)。日本と違って、アメリカって自由に結婚式に潜り込めるんですね。身分違いの恋という設定なんだけど、地位とか収入とか、そんなのは関係ない。相手を想う気持ちが、嘘を正直に告白する勇気、彼女の恋敵から殴られようともあきらめない強い意志を生み出しているわけですね。好きな子ができるとどこまでも追いかけていくってのは、やっぱ素晴らしいですね。
どんぶり侍・剣道5級さん [DVD(吹替)] 9点(2007-09-06 23:07:25)
6.なかなかどうして、理解のある父親でよかったです。
ウォーケンが演じてるのに微妙な存在感。
あの家族の中では割と正常なのに・・・親馬鹿ではあるが。
グロリアが一番ぶっ飛んでて面白かった、強かだ。
もっと下品かと思ってたら、控えめ。
テンポは右肩下がりで、やや単調。
相変わらずオーウェン・ウィルソンは変な鼻だなぁ。
HIGEニズムさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-08-04 08:57:30)
5.《ネタバレ》 なかなかおもしろかったです。オーウェン・ウィルソンとヴィンス・ヴォーンのコンビは強力なキャラだったけども、それ以上に強力だったのがウィル・フェレル!主演二人を食うぐらいの個性と存在感だった。葬式って…。いやー笑わせてもらいました。あのウインクはヤラシイ!ラストはスッキリして良かったです。
ギニューさん [DVD(字幕)] 7点(2007-03-25 19:34:30)
4.結構きわどいテーマでありながら、下品になりすぎず、割とさわやかなストーリーでした。物語のテンポも良かったですし、心地よく見られました。ただ、物語には真新しいものがなく、先の読める話であることは確かで、前半のテンポの良さが、後半にはいると衰えてしまったのは残念です。それでも、登場する人物の個性がハッキリ伝わりますし、アメリカで大ヒットしたのもうなずける内容でした。
shoukanさん [DVD(字幕)] 7点(2007-02-03 19:27:58)
3.《ネタバレ》 コメディとしてはかなり完成度が高いと思います。個性溢れる登場人物と話のテンポの良さが飽きを感じさせません。最後はちょっと無理やりなハッピーエンディングだったけど、まあ許容範囲。気持ちのいい映画でした。
ばかぽんさん [DVD(字幕)] 7点(2007-02-02 03:06:27)
2.《ネタバレ》 オーウェンウィルソンとヴィンスヴォーンはホントにナイスタッグだった!終盤辺りはオーウェンウィルソンが劇中で言ってた通り“陳腐”ではあったけど、コメディ的にはめっちゃ笑わせてもらった。「最終○○計画」ほど下品じゃないエロさ加減もGOOD!まさに「笑い」と「微エロ」のコラボレーション!!
たいがーさん [DVD(字幕)] 7点(2006-11-25 20:39:51)
1.《ネタバレ》 いやーお腹いっぱいなくらい笑いまくりで最高でした。もうこの一家全員変人すぎる。特に妹の変態ぶりにはもうたまらない。まさかヴィンス・ヴォーンと最後結婚するとは思わなかったけど。母親も変態だけどやっぱ父親が濃いからかあんなに大胆に豹変するものなのか。最後はお決まりの展開だったけど終始笑いっぱなしでコメディー映画としては満足の出来でした。
TRUST NO ONEさん [DVD(字幕)] 9点(2006-11-05 04:09:12)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 17人
平均点数 6.29点
000.00%
100.00%
200.00%
3211.76%
415.88%
5211.76%
6317.65%
7529.41%
8211.76%
9211.76%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review2人
2 ストーリー評価 7.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review2人
5 感泣評価 2.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS