おっぱいバレーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > おっぱいバレー
 > (レビュー・クチコミ)

おっぱいバレー

[オッパイバレー]
2009年【日】 上映時間:102分
平均点:5.71 / 10(Review 79人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-04-18)
コメディスポーツもの青春もの実話もの小説の映画化
新規登録(2009-03-31)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2015-12-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督羽住英一郎
キャスト綾瀬はるか(女優)寺嶋美香子
青木崇高(男優)堀内健次
仲村トオル(男優)城和樹
石田卓也〔俳優〕(男優)中井先輩
大後寿々花(女優)寺嶋美香子(中学時代)
田口浩正(男優)竜王中学男子バレー部コーチ
光石研(男優)戸畑第三中学校教頭
市毛良枝(女優)美香子の恩師・原田の妻
福士誠治(男優)美香子の元彼
小島藤子(女優)草間理恵
脚本岡田惠和
音楽佐藤直紀
作詞阿久悠「渚のシンドバッド」
財津和夫「夢中さ君に」
荒井由実「ルージュの伝言」
世良公則「燃えろいい女」
阿木燿子「微笑がえし」
作曲都倉俊一「渚のシンドバッド」
財津和夫「夢中さ君に」
荒井由実「ルージュの伝言」
世良公則「燃えろいい女」
挿入曲ピンクレディー「渚のシンドバッド」
荒井由実「ルージュの伝言」
矢沢永吉「ウィスキー・コーク」
製作千葉龍平
阿部秀司〔製作〕
遠藤茂行
西垣慎一郎
日本テレビ(「おっぱいバレー」製作委員会)
エイベックス・エンタテインメント(「おっぱいバレー」製作委員会)
ROBOT(「おっぱいバレー」製作委員会)
ワーナー・ブラザース(「おっぱいバレー」製作委員会)
東映(「おっぱいバレー」製作委員会)
ホリプロ(「おっぱいバレー」製作委員会)
読売テレビ(「おっぱいバレー」製作委員会)
プロデューサー奥田誠治(エグゼクティブプロデューサー)
堀部徹(プロデュース)
制作ROBOT(制作プロダクション)
配給ワーナー・ブラザース
東映
照明三善章誉
あらすじ
1979年、戸畑第三中学校に赴任した美香子先生は、何も事情を知らないまま、馬鹿部と呼ばれる弱小男子バレー部の顧問を任される。練習を全くせず、おっぱいに多大なる関心を寄せる彼らは、練習を諭され、「大会で1勝したら、先生のおっぱいを見せて下さい!」と美香子先生の承諾なく、勝手に誓いを立てる。かくして、『おっぱいを見たい』という目標を掲げたバレー部の猛練習が始まった。実話を元にした小説の映画化。合言葉は、( ゚∀゚)。彡 おっぱい!おっぱい!                             
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
79.《ネタバレ》 いまや、おっぱいを見たければ、スマホで検索すればよい。あんなに坂だらけの学校なんて、かわいそうだ。時代背景や、このバレー部が住まう環境を見る限り、この不便さが強調されているような気がします。その意図として、例えば、坂という地形は、単に小言を漏らして這いつくばって歩いていくものとして、映画では機能しているわけではなく、矛盾とも見て取れる、少年の純粋なエロの欲望さを満たす道具や、汗水を垂らし駆け上がる青春と、綾瀬はるかの教師としての矜持を真摯に示す舞台装置ともなりえ、同時に海や工場を見渡せ、昭和のノスタルジアを惹起させる機能としても効いています。そういった一見、文明が追いついてないからこその欠落、その不便さというものが清々しい感動に昇華されるお手本のような映画ではないかと思います。
うーさん [地上波(邦画)] 6点(2016-05-05 16:31:07)
78.もうちょっとおバカな方に振り切れていると良かったんだけど。綾瀬はるかの魅力も生かし切れていない。
nojiさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-03-20 23:16:41)
77.ほぼ予想通りの内容で、予想を越えるようなものが何もなかった。
タイトルからすると、サービスシーン豊富なイメージがあるけど、実際にはほぼない。
体操服やブルマを強調するシーンはややあったけど、健全に見られる範囲内でしょう。
もんでんどんさん [地上波(邦画)] 4点(2016-02-18 14:27:56)
76.《ネタバレ》 冒頭の自転車で画策するおバカなノリは大好きです。その後のノリは少しくどいかな。それはそうとして、子供に影響を与える職業である教師ってすごいなって思います。今から教師になることは無理ですが、子供たちに良い思い出として記憶に残る教師が一人でも増えることを切に願います。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 5点(2016-01-25 00:51:06)
75.タイトルに惹かれて観ました。(笑) 中身はよくあるスポーツ青春映画でした。決して悪くはないんだけど、目新しい要素もなく、いまひとつでした。
たけたんさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2016-01-17 13:19:15)
74.《ネタバレ》 単なるお馬鹿なコメディーと思い見ましたが、実際はノスタルジック青春コメディーってやつですね。
日本映画が得意とする定番なカテゴリーでしょう。
ストーリー展開も起承転結がはっきりとあって、定番から脱線すること無く終りを迎えます。
1セット取られて2セット取るならば最終セットはこうなるなとか、最後去り際に電車乗ったらあれだなとか予想通りに流れていきます。
懐古的な定番音楽も感動させようと頑張ってます。
どんだけド定番な映画なんだよって感じでした。
なんか丁寧に作ってはいるが、安易なところがたくさん見えてしまって、いっそのことお馬鹿コメディーにした方が良かったんじゃないかな?
たんたかたんさん [DVD(邦画)] 5点(2015-09-25 00:44:42)
73.冒頭の出だしはバカ中学生のエネルギー全開って感じで、非常にいいのだが、15分後には、もうこの映画が退屈になってくる。がんばれベアーズ系の映画なので、ある程度の展開が読めてしまううえに、バカ中学生の青春劇が、非常に定型的に描かれていくからだ。既視感バリバリで、特に印象的なシーンもない。エロいことを考えたら、鼻血って時点で、昔の漫画である。舞台は70年代なんだけど、どっか現代的な雰囲気もあるので、ノスタルジックな気分にも完全に浸れない。だけど、問題提示とその解決の物語が始まるラスト30分になってよーやく、この映画がおもしろくなった。いかにやる気のない男子学生に、一生懸命がんばることの体験をさせ、それが素晴らしい経験なんだと学ばせる、おっぱい教育理論の重要性、それに気づく先生の心情がよーやくここで示されるのだ。うん、ここからのくだりは僕もジーンときた。おっぱいパワーさいこーと素直に思えた。ただ、そこにいたるまでには、やっぱ、あの退屈な中盤が必要だっただけに、悩ましいなー。音楽のチョイスはよかった。
なにわ君さん [DVD(邦画)] 5点(2015-06-27 05:16:37)
72.すみません。綾瀬さんが胸を使ってバレーをする、または、胸をバレーのボールに見立てて・・・そんな映画だと勝手に思い込んでいました。そんな訳はありませんでした。
la_spagnaさん [DVD(邦画)] 6点(2014-09-07 20:47:21)(良:1票)(笑:2票)
71.《ネタバレ》 当時ポピュラーだった曲が多用されているのは世代の近い人間として理解できるが、やりすぎのようでうるさく感じられる。ラストに「微笑みがえし」を持って来たのもベタというか卑怯に思われたが、途中で別の曲に変わるのがまたかえって苛立たしく、始めたのならせめて最後までやれと言いたい。

ところで自分としては最初からこの映画を何となく冷たい目で見ていたが、それは主演女優が個人的好みの範囲外だからである。ヒロインが気に入らない映画など見て何の意味があるかと思うが、見てしまったので仕方ない。
一方で序盤から出ていた女子バレー部の生徒(演・小島藤子)が非常にまともな人物だったのは印象に残った。他の生徒が教員に対する不快感を表明しているのを本人の目にあえて触れさせ、かつ自分も同じ見解であることをはっきり示しながらも黒板消しだけは手伝ってやるというのは非常に理性的な態度であり、バカ男子と比べれば人格レベルが二段階くらい違っている。せっかくこういう魅力的な女子が出ているのに、みな綾瀬はるかのおっぱいのことしか頭にないというのは納得できない。だいたいこの子が最後にどうしたのか説明がないではないか。

そういうことで、バカ男子に言及するまでもなく評価が確定したので、これで終わりにする。こんな連中に付き合っていられない。
なお主人公の関係では、いわゆるパラパラマンガの花の絵が妙に泣けた。いい所がないわけでもない。
くるきまきさん [DVD(邦画)] 4点(2013-10-15 22:52:41)
70.《ネタバレ》 予定通りというか、無難に面白かったかな。
ないとれいんさん [地上波(邦画)] 5点(2013-03-23 14:33:13)
69.少年たちの演技が・・・。映画っていうより、テレビドラマ!
綾瀬はるかを見るためだけの映画でした(´Д` )
kanekoさん [インターネット(字幕)] 3点(2013-01-13 23:27:34)
68.《ネタバレ》 他の大体のレビューと同じように、全く期待しないで見始めましたが、途中から結構引き込まれました。

終始脳天気で、おバカキャラだった部員たちが、少しずつ成長していく姿がよく表現できていると思います。

何も70年代風にする必要もなかったと思いますが、世代がほぼ一緒の私としては、ノスタルジーに十分惹かれる作品です。

チューリップや浜省など、挿入曲全てがどストライク。(「道標ない旅」なんて涙ものです)
橋の下に捨てられたエロ本。
先輩から引き継がれたエロ本。
隠れるように見た11PM(ウィークエンダーの再現フィルムにして欲しかったが)。

それぞれのシーンだけでも満足できます。

黒板にかかれた、中傷落書きを一緒に消してあげる女生徒。
見る前に消してやれよ!


たきおか4号さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2013-01-12 11:50:18)
67.タイトルからしてあまり期待せずに見たのだが、意外にきちんと作られた佳品だった。オープニングの、手の動きから、エンディングのバレーボールを胸にいれた男子中学生までいっかんして恥ずかしげもなくストレートにおっぱいを追求しているのが、良かった。ほぼ同年代ということもあり、時代設定にも懐かしさを感じた(物語的な必然性はなさそうだったが)。
小原一馬さん [地上波(邦画)] 8点(2012-12-31 01:33:43)
66.顧問のおっぱいが見たいために奮闘するおバカな中学生たち。
どうせならもっと突き抜けてほしかったけど、こじんまりまとまった感も。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 6点(2012-12-31 00:28:41)
65.《ネタバレ》 綾瀬はるかという人を一定時間きちんと見たのは初めてなのだが、演技らしい演技はほとんどできていないのに、フレーム内に収まっているだけで自然に目を引いてしまう、不思議な人です。で、その体型(というかバスト)をあえて強調しない撮り方をしているのはすぐに想像がつきましたが、かりにそれが目立つようにしてしまうと、映像内の主役が、先生でも生徒でもない「おっぱいそのもの」になってしまいますし、またそれを受けた生徒のリアクションや芝居も、全然別の方向に行ってしまいます。ここに出てくる生徒たちは、おっぱいという言葉1つからでも無限のパワーを構築できる、第一級の妄想力を持っているのです。なので、その立ち位置に見る側を同化させるためには、この撮り方はまったく正しい。それとやはり、タイトルを堂々とこれにしてしまったその度胸に+1点。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-12-29 01:41:40)(良:1票)
64.かなりストライクでした。
単純におバカな映画かと思いきや、新米先生と少年たちのちゃんとした成長物語になっています。
脚本が良いのかなと思ったら、岡田惠和と聞いて納得しました。
笑えるシーン満載の上に、宿題本の泣けるエピソードも織り交ぜ、やっぱり久々に映画は良いなと思いました。
映画は何より分かりやすいのが一番。男性なら誰しも我が身を振り返って笑顔になれること間違いなしといった作品です。
mhiroさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-12-28 20:41:05)
63.《ネタバレ》 バレー部男子のノリが好き。
あとから加入する彼も含めて彼らのノリがこの映画の主役。
反面綾瀬はるかの先生にイマイチ魅力を感じなかった。
先生になる理由もおっぱいみせる約束をする展開も、もうちょっとなにか欲しかった。
あっさりしすぎ。
癖のある題材なのにそこおざなりにしたらイカン。
あとこういった映画は題材になってるスポーツの魅力を引き出して、観たたあとにやってみたいと思わせるのがいい映画だという持論があったんですが、これは例外。最後のバレーボールの使い方ですべて納得。
そういう映画です。
本編のBGMの使い方はあざとくてあまり好きにはなれなかったんですが、エンディングの田島貴男と持田香織の個人授業はかっこよかった。
そっと・・・チタラダさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-12-28 06:58:46)
62.おっぱいとバレーをそのままくっつけただけの勢いでつくったような作品だけど、この映画はそれでいいんじゃないかな。青春って馬鹿馬鹿しいさまでの性への衝動だと思うしね。あえて難点を言えば当時のヒット曲を使ったBGMがちょっと邪魔だった。ナイスおっぱい!
時計仕掛けの俺んちさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-12-28 02:17:02)
61.《ネタバレ》 このぐらい徹底してバカバカしいとなかなか面白い。
生徒役がみんな上手。
虎王さん [DVD(邦画)] 6点(2012-12-26 14:12:31)
60.《ネタバレ》 ワハハハ、よくまぁこんな映画造ったわ(苦笑) おっぱい、おっぱいを連呼(苦笑)する男子バレー部員と先生役が綾瀬はるかときた日にゃぁあーた ちーっとは期待してしまうのが人情ってもんでしょう  …まぁ予想は当然外れた(笑)訳ですが  懐かしいアイテム(マジソンバック懐かしい~)や楽曲の数々 チューリップなんて70年代してるなぁ 今の人は絶対知らないだろうなぁ   バカ丸出しのバレー部員6人だけど、あの歳だったらあんなもんだって エロ的妄想全開(笑) もうずーっとクスクス笑いっぱなし  意外にホロリとするとこもあって爽やかな青春映画でしたね  強いていえば北九州が舞台なのに方言ナシなのかいってところ  まぁ制作側の事情があるんだろうけど、ちょっと勿体ないかな   近年の邦画にはないインパクトのあるタイトル(笑) と男子バレー部員の若き6人は良かった  いやーお見事でゴザイマシタ
Kaname🌟さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-07-20 07:58:08)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 79人
平均点数 5.71点
000.00%
100.00%
211.27%
356.33%
41215.19%
51721.52%
62025.32%
71417.72%
878.86%
933.80%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.77点 Review9人
2 ストーリー評価 4.72点 Review11人
3 鑑賞後の後味 5.40点 Review10人
4 音楽評価 5.88点 Review9人
5 感泣評価 4.30点 Review10人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS