多羅尾伴内のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > 多羅尾伴内
 > (レビュー・クチコミ)

多羅尾伴内

[タラオバンナイ]
1978年【日】 上映時間:104分
平均点:5.33 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(1978-04-08)
アクションサスペンスシリーズもの犯罪ものミステリーリメイク漫画の映画化
新規登録(2014-12-24)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2019-05-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督鈴木則文
演出日尾孝司(擬斗)
キャスト小林旭(男優)多羅尾伴内(藤村大造)
財津一郎(男優)宇田川警部
池部良(男優)木俣信之(特別出演)
八代亜紀(女優)歌手
夏樹陽子(女優)新村真砂子
竹井みどり(女優)川瀬ゆう子
成田三樹夫(男優)瀬尾五郎
江木俊夫(男優)木俣良教
川口敦子(女優)木俣ちか子
天津敏(男優)望月八郎
安部徹(男優)小泉登
石橋雅史(男優)種田金吾
中田博久(男優)石黒隆正
日尾孝司(男優)平田
佐藤京一(男優)楊伝明
倉石功(男優)山本刑事
鈴木正幸(男優)赤石刑事
河合絃司(男優)中央署々長
相馬剛三(男優)T署の警官
永井秀明(男優)谷村外科部長
南利明(男優)徳光明夫
由利徹(男優)劇場係員
佐伯秀男(男優)吉村会頭
浜田寅彦(男優)木田幹事長
原泉(女優)シムカニ媼
大木悟郎(男優)春日武夫
成瀬正(男優)川瀬東介
水野晴郎(男優)警察署長
原作比佐芳武
小池一夫(劇画)「七つの顔を持つ男 多羅尾伴内」(作)(少年マガジン連載)
石森章太郎(劇画)「七つの顔を持つ男 多羅尾伴内」(画)(少年マガジン連載)
脚本高田宏治
音楽菊池俊輔
作詞星野哲郎「昔の名前で出ています」/「夕日に浜名湖」
川内康範「愛の条件」
松任谷由実「甘い予感」
作曲松任谷由実「甘い予感」
馬飼野康二「導火線」
鏑木創「夕日に浜名湖」
編曲松任谷正隆「甘い予感」
主題歌小林旭「霧の都会」
挿入曲小林旭「昔の名前で出ています」
八代亜紀「愛の条件」
撮影出先哲也
企画渡邊亮徳
天尾完次
配給東映
美術北川弘
編集西東清明
録音内田陽造
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 片岡千恵蔵のあたり役を小林旭主演でリメイクした鈴木則文監督の映画。「ある時は片目の運転手、またある時は・・・」、「しかしてその実体は・・・」というセリフは知っていても、元ネタは知らなかったのだが、これで知ることができた。映画としては荒唐無稽な感じで、そこが鈴木監督の映画らしいといえばそうなのだが、「トラック野郎」シリーズを見すぎのせいか、さすがにあんな熱気を帯びた作風ではなく、普通に小林旭のミステリーアクション映画といったふうなのがちょっと物足りない気もしないでもない。でも、江木俊夫扮するボンボン息子の乗ったスポーツカーと白バイ警官に扮した主人公との追跡劇は思わず「トラック野郎」のクライマックスの激走シーンを思い浮べた。そんな本作の見どころはやはり主人公の数々の変装で、小林旭の演技もそれぞれ違うので、彼のファンにはうれしい映画だろう。(実際、小林旭の主演映画を見るのが二本目な自分でもその演じ分けがけっこう楽しく、とくに違和感もなかった。)池部良演じる事件の依頼人の周辺人物を演じるのが天津敏や安部徹という東映作品ではおなじみの悪役俳優なのがいかにも怪しげに感じる。ロッカーの中の生首の石膏に驚くシーンはやっぱり金田一シリーズを意識してるんだろうなぁ。ステージで歌っていた女性歌手がワイヤが切れて体を真っ二つにされるシーンはなかなかショッキングだったが、本作の20年ほど前に実際にも宝塚歌劇でそういう事故があったということにも驚かされた。歌手に扮した主人公が「昔の名前で出ています」を歌うシーンをはじめ、ゲスト出演的な歌手(アン・ルイス、キャッツアイなど。)が歌うシーンも多く、歌謡映画としての側面もあるようで、そういう方面から見ても別の楽しさがある。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 6点(2019-05-25 16:34:21)★《更新》★
2.《ネタバレ》  まあ、荒唐無稽なんだけど、ミステリというよりはサスペンスドラマ的な面白さ。好きな人には楽しいんだろう主演役者の様々な演技を楽しめる。最後の名台詞の後にカッコいい藤村大造が現れた時に、ああ、ようするに変身ヒーロー的な最後のカタルシスと同じなんだなと思った。とはいえ、せむし男の仮面をはぎ取った後に帽子かぶってるのは流石にどうよ?なんて頭によぎるが、カッコよさ優先なんですね。ハイ、正解です。

 さて、犯人が分かってしまってからがちょっとダラダラと長い。また、ワイヤで体が半分に切れるというのも何か趣味悪い感じだが、実際に宝塚歌劇団でそういう事故があったと知りビックリ。
Tolbieさん [DVD(邦画)] 6点(2017-09-21 14:50:42)
1.《ネタバレ》 これ、小さいとき?にテレビで見て、トラウマになった映画なんですよ。
こんなんが、普通にテレビでやってたんですから、すごい時代です。
もう、アイドルが舞台で吊るされ、ワイヤーぐるぐる巻きされて胴体真っ二つ。。。
それも、薄い、ピンクのドレスで・・・

これ、今だから見られた。それも火曜だ金曜だの、サスペンスとか2時間もののテレビドラマなら見つけられなかったかも。

どうして真っ二つになったのか、経緯が知りたかった。

でも最後、死んでほしい人がもう一人いたんですが・・・(ボンボン息子)・・・花嫁さんかわいそうだったなぁ~。

小林旭さん、やんちゃですね。

犯人はなんとなく最初にピンときちゃう内容。
新しい生物さん [DVD(邦画)] 4点(2016-09-26 00:55:02)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 5.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4133.33%
500.00%
6266.67%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS