アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
 > (レビュー・クチコミ)

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

[アイインザスカイセカイイチアンゼンナセンジョウ]
Eye in the Sky
2015年【英】 上映時間:102分
平均点:7.47 / 10(Review 15人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-12-23)
ドラマサスペンス戦争もの政治もの
新規登録(2016-12-05)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2018-03-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ギャヴィン・フッド
キャストヘレン・ミレン(女優)キャサリン・パウエル大佐
アーロン・ポール(男優)スティーヴ・ワッツ
アラン・リックマン(男優)フランク・ベンソン中将
バーカッド・アブディ(男優)ジャマ・ファラ
ジェレミー・ノーザム(男優)ブライアン・ウッデール
イアン・グレン(男優)ジェームズ・ウィレット英外相
リチャード・マッケーブ(男優)ジョージ
マイケル・オキーフ(男優)ケン
ライラ・ロビンズ(女優)ジリアン・ゴールドマン
ギャヴィン・フッド(男優)エド・ウォルシュ中佐
一柳みるキャサリン・パウエル大佐(日本語吹き替え版)
土師孝也フランク・ベンソン中将(日本語吹き替え版)
撮影ハリス・ザンバーラウコス
製作コリン・ファース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
15.《ネタバレ》 邪道だと判ってますけど、100分程度の映画なのにあまりの緊張感に圧倒され時間をかけて三回にわけて観ることになってしまいました。これを映画館で観ていたら、最後まで席に座っていられる自信は私にはありません。ここまで緊張感で圧倒された映画は今まで『未知への飛行』しかありませんでしたが、よく考えるとこの映画は『未知への飛行』とストーリーテリングに共通しているところがあります。第三次世界大戦勃発の危機を会議室と作戦室だけを舞台にして描いているのが『未知への飛行』ですから、誰からも攻撃を受ける危険のない英米の三か所から軍事作戦を遂行する本作の製作意図が影響を受けていることは間違いないでしょう。さらにこの映画ではハラハラドキドキ要素が強烈なので、緊迫感が半端ない水準にまで強くなっています。そのハラハラ要因は言うまでもなくパン売りの少女の運命ですが、あの結末はハリウッド映画では絶対にありえないでしょう。 「誰もが真面目に職務遂行しているのに、その結果はとてつもなく後味が悪い」というのが両作のエッセンスですが、本作の場合はそこに官僚的な責任転嫁という人間的な弱さも登場キャラの言動に加味されているので、よりリアルです。ここにはヘンリー・フォンダが演じる大統領の様に、途轍もなく過酷な決断を下してその責任を背負い込むような人物は存在しないのですけど、それこそが現実というものでしょう。 現代のハイテク戦争の一端がうかがえるのは興味深かったです。中でも“偵察用ロボ昆虫”には驚きました、本当にこんなメカが存在するんでしょうかね。そして考えさせられたのは、また昔に戻るかもしれないけれど、現在進行中の対テロ戦争はもはや古い戦争という概念が通用しない警察活動に近い代物なんだということです。“非対称戦争”という概念がありますが、敵には殺意いがいは大した武器を持たず低速で飛ぶドローンを撃墜することすらできない。地上兵力を投入して徹底的にやれば必勝ですが、大国は人的損害というリスクがとれないので指揮官だけじゃなく兵士までもが安全な職場から攻撃するわけです。これでは人命になんの価値も持っていない集団と戦っても勝利できるのか疑問です。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2019-03-14 23:20:00)
14.《ネタバレ》 最先端の戦争とはこういうものかと、興味深く見ることができました。しかし兵器が最新鋭でも、それを扱うのは人間。華麗なパス回しを見るような上層部の責任転嫁合戦と、その下で苦労させられる本作の主人公の面々と、結局現場で命がけのミッションを強いられる工作員という構図がなかなか見事でした。
しかし、米軍にしろ英軍にしろ、これまで各所でさんざん民間人を〝誤爆〟してきたわけで、たった1人の少女のために作戦を逡巡するというのは不自然。それに、発射から着弾まで50秒もかかるそうですが、あれだけ街中に撃ち込むわけですから、発射後にたまたま通りかかった通行人などの被害も避けられないはずです。ところがそれは完全にスルー。
対テロ作戦はご苦労さまがんばってねという感じですが、「今さらきれいごと並べてんじゃねぇよ」という気もしないでもありません。
眉山さん [インターネット(字幕)] 7点(2019-03-08 01:28:32)
13.設定は斬新だし、あえて会議室の中だけですべてが完結してしまうという皮肉な構造に的を絞った意図も分かるのだが・・・筋は一本であるにもかかわらず、意外なほどにスリリングさがない。まず、前提としてその集団を何でそこまでしてこの人たちが殲滅しなければならないのかという理由付けがきちんと描かれていないので、現実の必要性と理想との衝突というドラマが生まれてこない(ただ会議室でああだこうだ言っているだけに見えてしまう)。ターゲットの情報捕捉やそのための機器の駆使のテクニカルな部分の描写も甘め(画像があれこれ出てくる程度)。ヘレン・ミレンのイケイケ軍人というキャスティングも逆の効果を狙ったんだろうけど、どうやっても気品と落ち着きが滲んでいて、やっぱり合ってないんだよなあ。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2019-01-22 02:18:54)
12.《ネタバレ》 自国の兵士を誰1人現地に送り込まなくても作戦が完了する現代の戦争。
「世界一安全な戦場」という邦題の通り、本作に登場する、この作戦に関わる英米の軍人が戦死する可能性はゼロ。
今回の作戦行動はケニアの首都ナイロビのテロリストが潜むアジト周辺の一区画のごく狭い範囲のみ。
しかし、一瞬たりとも緩むことの無い、張りつめた緊張感が凄い映画。
作戦を指揮する、ヘレン・ミレン演じるイギリス軍大佐、彼女の上官であるアラン・リックマン演じる中将。
ミサイル発射のボタンを押す、作戦の末端にいるアメリカ軍中尉とその部下。その中尉の上官。
彼ら軍人と、ロンドンにいるイギリス政府の大臣や官僚たち。
ここに挿入される、テロリストのアジトの脇でパンを売り始める少女の存在が効いている。
作戦を今決行すれば、大物テロリストたちを間違いなく抹殺できるが、確実にこの少女が犠牲になる。
軍の高官、官僚たち背広組、ミサイル発射のボタンを押す兵士達。様々な思惑を実にテンポよく交錯させる。
そしてこの作戦に関わった関係者の多くと同じく、見る者の視線をパン売りの少女に向けさせる。
常に現地のドローンから送られるアジト内のテロリストの動きと少女の様子。一刻を争うライブ映像の緊迫感が凄い。
更なる緊迫感をもたらすアクシデントの挿入も実によく計算されています。
関係者たちが現地の映像を自国の作戦室や会議室で見つめる様は、
オバマ大統領たちがビンラディン殺害計画の様子を食い入るように見つめていた当時のニュース映像を思い出しました。
エンドロールの最初に出てくる「アラン・リックマンを偲ぶ」というメッセージ。
リックマンの遺作となった本作。主演ヘレン・ミレンの熱演が印象に残るとともに、
彼女とは対照的な、リックマンの静かなる存在感も印象的でした。特に、数々の修羅場を見てきた彼の本作最後の台詞が重かった。
声高に正義を訴えることもなく関係者の言動を追う中に投げかけられる問題提起とともに、サスペンスとしても一級品の作品です。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2018-09-29 19:57:23)
11.ザンデル教授の白熱教室で見たような、倫理的問題を問う映画でした。面白いですし、怖いようですし、考えさせられもする映画でした。おススメいたします。
えぴおうさん [インターネット(字幕)] 8点(2018-07-15 01:20:10)
10.《ネタバレ》 ケニア、ナイロビ。スラム街の一画に佇む、何処にでもあるような平凡な一軒家。だが、誰にも悟られることなく遥か上空からこの家を監視する“目”がある。一瞬にして目標物を破壊することが出来るミサイルを搭載した、その目とは、無人偵察機ドローンだ。遠く離れたロンドンからその目を通して現地を観察するのは、英国対テロ特殊部隊パウエル大佐。イスラム過激派組織アル・シャハブのテロ行為を阻止することが彼女の主な任務であり、今回の作戦は六年間地道に追い続けてきた組織の幹部を捕獲するためのものだ。遠く離れたネバタ州からドローンを遠隔操作するアメリカ海兵隊や現地で実際に突入するケニア軍特殊部隊らの協力を得て、今まさに作戦を実行しようとしていたその時、パウエル大佐たちは予想外の事態に直面する。テロ組織の幹部たちが突如、アル・シャハブ支配地域に移動したばかりか、そこで自爆テロを実行するための準備をし始めたのだ。大規模な戦闘となるためケニア軍は動けず、テロを阻止するためにはドローンからのミサイル攻撃しかない。政府の制服組やアメリカとの緊迫の交渉の末、民間人の犠牲を払ってでも攻撃を実行するしかないという結論に達したまさにその時、そのアジトの裏で一人の何の罪もない少女がパンを売り始めたのだった…。自爆テロを実行されれば最低でも80人の民間人の犠牲は避けられない。だが、そのために無垢な少女を犠牲にしてもいいのか。パウエル大佐はぎりぎりの決断を迫られる――。ヘレン・ミレンやアラン・リックマンをはじめとする実力派の役者陣が織りなす、この緊迫感に満ちた駆け引きは非常に見応えがありました。責任の押し付け合いばかりを繰り返す官僚や政治家、彼らに翻弄される軍事作戦の責任者、ドローンから実際にミサイルを発射するアメリカ軍の兵士、現地で危険な任務にあたるケニア人、正義の名の下にテロを実行しようとするイスラム過激派、そして何も知らない無垢な少女…。一つも先の読めない展開は最後まで緊張感を途切れさせることなく続き、まるで自らも議論に参加しているような錯覚さえ起こさせます。非常に優れた脚本であると言えるでしょう。監督は、かつて南アフリカの悲惨な実情を無垢な少年の目線で描いた『ツォツィ』を撮ったギャビン・フッド。なるほど、この全編に漲るリアリティはこの監督ならではのものだったのですね。物語の最後、事態は悲惨な重たい現実を迎えます。何が正解で何が間違っていたのか。明確な答えなどない現実を監督は容赦なく観客に提示して終わっていきます。なかなか深いテーマを突く社会派ドラマの秀作でありました。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2018-03-16 01:31:30)
9.《ネタバレ》 戦場と離れた場所で生死を決める現代の戦争。その葛藤と現状が描かれている。サスペンスとしても申し分なく、問題提起に値する作品でもある。遺作となるA・リックマンの存在感は会議室の中で必然であり、最後に放たれるセリフはこの映画の核心をなす。
カワウソの聞耳さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2017-11-28 23:56:48)
8.すごい映画を見た。それしか書けないくらいの衝撃でした。セリフが浅いというレビューが見られますが、私は全く正反対の印象を持ちました。いちいちセリフや表情がリアルで自分のことのように感じた1時間40分でした。極めて微妙な判断の連続で、安全な場所で戦争に参加することの代償を見たような気がします。

アメリカンスナイパーなども良くできた映画でしたが主義主張の押し付けなどがあったように思います。アイ・イン・ザ・スカイのほうはとにかく無駄な主義主張がなくて淡々と事実だけを描いているような映画です。ニュートラルな印象で、それが非常に良かったです。とにかく、、凄いとしかいいようがない。今年見た映画でTOP3に入りそうです。
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 8点(2017-08-16 23:16:51)
7.《ネタバレ》 良く考えられた映画(脚本)です。映画の中の緊張感を感じることができました。
実際は、映画の前半の早い段階で、爆撃GOの指令が出るのだろうが、実際の現場も似たような選択が
されると考えられます。
cogitoさん [DVD(字幕)] 8点(2017-08-15 19:10:51)
6.《ネタバレ》 会議室で起きている事件の中で決断に尻込みするリーダーの有り様が生々しく描かれており、手に汗握る展開に見入りました。80人を護る為に蔑にされた1人の命。事実を捻じ曲げた大佐の行為に正義と善の違いを痛感します。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 8点(2017-07-24 13:20:12)
5.《ネタバレ》 一人の少女の命に英米の軍隊が攻撃を逡巡することなんてあるのか? 現実ではありえないでしょ。それが戦争の狂気。なんともやるせないエンディングでした。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 7点(2017-07-14 23:56:32)
4.《ネタバレ》 ○映画内でミサイルが発射される場面は2回なのに、ずっと持続する緊張感。○1つのターゲットの攻撃に際して、必要な承諾の数々。やってしまえのアメリカと慎重に慎重を重ねるイギリスの対比など面白い。当事国のケニア政府が登場しないのには違和感を感じるが。○それぞれがそれぞれの権限の元、戦っているのだと。○アラン・リックマンの終盤のセリフは取ってつけた感こそあるが、いずれ戦場を肌では知らない世代がどんどん出てくるんだろうな。ドローンこそたくさん出てくるが、まだ人出は必要な場面は多々あるし、最終的にボタンを押すのはまだ人である。いずれ全てAIが判断してやってしまう時代も来るのだろう。
TOSHIさん [映画館(字幕)] 8点(2017-02-18 22:43:49)
3. もう少し話題になってもいい作品かもしれません。
 社会問題としては重大な部分を含んでいますが、登場人物の発言内容が浅く、作品としての深みが足りない気がします。
海牛大夫さん [映画館(字幕)] 6点(2017-01-29 12:54:02)
2.導入部からラストまで一気に話が進みます。
自分も作戦室にいる様な錯覚に陥りました。
面白いと言っていいのか、これが毎日行われているとなるとゾッとしました。
ジョウオンズ博士さん [映画館(字幕)] 8点(2017-01-25 20:28:41)
1.戦争映画でも、これまであまり取り上げられなかった題材でした。そのため新鮮味もあり、とても興味深く見ることができました。脚本はいま一つのような気がしましたが、映画としての出来はとても良かったです。期待していなかったので、うれしい驚きでした。実態がこの映画の中で起こった出来事どおりであるかはわかりませんが、今後はこんなことばかり起こるのでしょう。おっかない時代になったものです。
shoukanさん [映画館(字幕)] 7点(2016-12-31 17:12:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 15人
平均点数 7.47点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
416.67%
500.00%
616.67%
7320.00%
8960.00%
916.67%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS