ヘドウィグ・アンド・アングリーインチのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヘ行
 > ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
 > (レビュー・クチコミ)

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

[ヘドウィグアンドアングリーインチ]
Hedwig and the Angry Inch
2001年【米】 上映時間:92分
平均点:7.56 / 10(Review 163人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-02-23)
ドラマミュージカル音楽もの同性愛もの戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-11-30)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・キャメロン・ミッチェル
キャストジョン・キャメロン・ミッチェル(男優)ヘドウィグ
マイケル・ピット〔男優〕(男優)トミー・ノーシス
アンドレア・マーティン(女優)フィリス・ステイン
アルバータ・ワトソン(女優)ハンセルの母
ロブ・キャンベル[男優](男優)クシシュトフ
原作ジョン・キャメロン・ミッチェル(原作戯曲)
脚本ジョン・キャメロン・ミッチェル
撮影フランク・G・デマルコ
製作クリスティーン・ヴェイコン
製作総指揮マイケル・デ・ルカ
配給ギャガ・コミュニケーションズ
字幕翻訳石田泰子
あらすじ
性転換して女性なったヘドウイグはアメリカ各地を転々と旅してまわるロックバンドのボーカル。ある日、ヘドウィッグは少年トミーに出会い恋に落ちる。幸福もつかの間、あることがきっかけで恋は突然終わる。さらにトミーはヘドウィグから彼の曲を盗んで去っていく─。哀しきゲイの怒りと悲しみをすべて歌にしたミュージカル映画の最高峰。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
123.期待以上でした。ヘドウィッグは最初はキワモノにしか見えないんだけど、だんだんかわいらしく見えるから不思議です。「愛の起源」という歌すごくいいですね。内容が深い!!自分の片割れは今どこでどーしてるんでしょう。どうでもいいことですが、ヘドウィッグの旦那がクロちゃんみたいな声だった。
およこさん [DVD(字幕)] 8点(2005-05-30 10:03:44)
122.両肩を揺すぶられた感じ。凄いっスね~。タマににこういった映画を見るとなんか凹みます。
水を差すようで申し訳ないんですけど、あと1インチもう一回手術して取り除く事は出来ないんですかねぇ?
さらさん 8点(2005-03-25 15:49:01)
121.曲と映像がとてもいいです。ストーリーはあって無いようなものなので、純粋にプロモーションビデオとして観ると良いと思います。しかし才能ある人だよなー。
金子淳さん 7点(2004-11-24 19:21:47)
120.ロックを通して伝えたい想い、熱い感情。男は女を求め、女は男を求める。互いに様々な違いがあり、男と女はその様々な違いに引かれあう。それが男と女。物凄く単純で当り前。そんな中で激しくも美しく洗礼されたヘドウィグのロック。そんなヘドウィグのロックは僕の目と耳から入り、全身に興奮と言う刺激を与え、そして脳内で激しくも優しく爆発した。そして、男にも女にもなりきれてないヘドウィグ。だが、男にも女にもなったヘドウィグ。僕はヘドウィグもヘドウィグの歌う曲も大好きだ。ついでにこの映画も。
ボビーさん 8点(2004-11-15 22:34:51)
119.自分探しのたび。それがテーマなのかな。
最後の場面で明らかになるのだと思うけれど。。
歌声にやられて非日常の世界にどっぷり浸ることが出来る。
普通の生活していてなんか違うと思っている人にはうってつけの作品だと思う。
ひでさん 7点(2004-09-20 14:31:55)
118.2001年「騙されたと思って観てほしい映画」のN01。ビデオパッケージのキモイ姿のヘドウィグをみて観るのを控えている人が多いのでは? 最初はとにかく不気味。しかしヘドウィグがロックを通して自分の半生を語っていくうちに、だんだんとあのルックスが気にならなくなってくる。最後はしっかりと「頑張れ!」と応援している。 このような不思議な感覚はスピルバーグの傑作映画「ET」いらいだった。「愛の起源」という歌もスバラシイ。「彼女」はロック歌手でありながら、さながら歌う哲学者といった深みもあって見所は充分だった。 傷ついたぶんだけ彼女は哲学者に近づいたのだと感じた。心に染みわかって日本人には受けるはずです。 ヘドウィックがロックを歌うと情緒が出てくるのが不思議。
花守湖さん [DVD(字幕)] 10点(2004-09-18 08:28:09)
117.《ネタバレ》 イギー・ポップ+デビット・ボウイ+オカマ=ヘドウィグ ロックミュージカルの傑作ですね。とにかく曲が良い。本当、観ていて最高に楽しい至福の時間を過ごせました。パンクロック好きにはたまりません。ちょっと強引な展開だったりしますが、そういったところも全てチャラにしてしまえる魅力満載。ラストの片割れ探しの境地に辿り着いたヘドウィグの姿。ある種の青春映画ですね。「自分って何よ?こんな自分やだよ」などと戯言ぬかす、青春真っ盛りなナーバスな人には最適の作品なんじゃないでしょうか。
驢馬賭DE弐瑯さん 8点(2004-09-02 17:55:49)
116.子供の頃カルチャークラブに衝撃を感じたのを思い出した。忌野清志郎のキスシーンにも本気でびっくりしたなぁ・・。懐かし~~。そんな、80年代ロックの華やかさを十分に感じられる映画でした。最後ではヘドウィグが男の姿、イツハクが女の姿に戻っていた事がホッとした。応援してあげたい気になるロックスターです。
さん 8点(2004-08-20 01:19:00)
115.アニメーションがすごく魅力的。ヘドウィグのメイクが最後まで慣れなくて怖かった。
オビワンケノンコさん 7点(2004-07-24 16:59:52)
114.ゲイの出てくる映画は大好きだし、タイトルの「怒りの1インチ」にはハマり、思い出しただけでおかしさが込み上げる。だから物凄く期待して見に行ったのだけど、ちょっとノレなかったです。ところどころ私のツボにはまるところがあるのだけど、それが続かないのよ。ブロードウェイの舞台劇の映画化なのだけど、舞台と映画の見せ方ってやっぱり違うわけで、映画としての完成度はイマイチと感じる。流れがあんまりよくないのでスーっと映画に惹きこまれていかないの。どちらかというと後半のほうがノレたかな。ラストのライブシーンは秀逸です。イツハクを演じたのが女の子っていうのがいちばんびっくりしたことね。
envyさん 6点(2004-07-06 10:35:26)
113.誰がなんと言おうと私はヘドウィグの味方よ!!!!!
さん 9点(2004-07-01 05:52:54)
112.ロックで軽いノリかと思って観たら、なんとなく気分的に盛り上がれない自分がいた。
rexrexさん 4点(2004-06-30 01:03:00)
111.タイトルの意味は解りました.映画の意味は解りませんでした.
マー君さん 1点(2004-06-27 09:52:43)
110.《ネタバレ》 ロック好きには音楽だけでも見る価値アリ。ストーリーを気にせず感じる映画として見た方がいいと思う。
ムートさん 10点(2004-06-13 12:53:27)
109.こういう音楽はあまり好きじゃないし、雰囲気もダメだし、しかもゲイの話…。ちょっと入っていけなかったなぁ。
夏目さん 3点(2004-06-11 12:31:25)
108.音楽の良さ、演奏シーンの演出の巧みさに乗せられて一気に見た。感動した。10点満点! が、全然内容を理解していないことに気付いた。解説のたぐいを読んでちょっと疑問が涌いたのでマイナス1点。何回か見直すうちになかなか強引な造りの映画だなあと思いさらに1点マイナスにしました。
Robbieさん 8点(2004-06-05 23:50:56)
107.表面上の涙は出なかったんですが”心”が泣いた作品です。正直観るのが辛かった・・・。
tetsu78さん 10点(2004-06-02 23:44:14)(良:1票)
106.音楽は素敵ですが私はホモ嫌いなんで…。
たまさん 5点(2004-05-04 22:33:18)
105.《ネタバレ》 とあるCDショップで主題歌(アングリーインチ)がかかっていて
5秒で引き込まれてしまった。
音のほうへ顔を上げると映画のDVDがモニターで流れていた。
「!?」曲のかっこ良さと画面に映し出されている人物との
ギャップが凄かった(笑)
なんの予備知識も持たずただ単純に曲に引かれて見たこの映画。
切ない・・・切な過ぎる。こんなもの物悲しいストーリーだったとは。
ヘドウィグの片割れ探しには涙すら出ますね。
最後に何もかも脱ぎ捨て裸同然で切々と歌うシーンは
ヘドウィグの終点なんでしょうか。
本当にすばらしい映画です。
しかしながら生理的にビジュアルが受け付けられない人は
もうどうしようも無いですな。
アク強すぎだもんなー(笑)
一個だけ不満なのはあれだけヘドウィグがほれ込んでストーカー
まがいの事までする相手、トミー役の俳優・・・。
あんなプニプニしたアイドルって・・・。
もうちょっとましな人いなかったんでしょうか。
MKさん 9点(2004-04-26 23:30:06)
104.楽しくて、哀しくて、切ない映画でした。ヘドウィグの魂の叫びがロックとなって溢れ出ているようで共感できました。映像も遊び心たっぷりで良い!
ジョナサン★さん 8点(2004-04-20 22:21:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 163人
平均点数 7.56点
000.00%
110.61%
200.00%
331.84%
463.68%
5116.75%
62414.72%
72615.95%
84125.15%
92112.88%
103018.40%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review7人
2 ストーリー評価 7.54点 Review11人
3 鑑賞後の後味 8.63点 Review11人
4 音楽評価 8.94点 Review19人
5 感泣評価 5.83点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS