音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
 > (レビュー・クチコミ)

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

[オンリョウヲアゲロタコナニウタッテンノカゼンゼンワカンネェンダヨ]
2018年【日】 上映時間:107分
平均点:5.75 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-10-12)
ドラマコメディスポコンもの音楽もの
新規登録(2018-08-14)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2018-10-08)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督三木聡
キャスト阿部サダヲ(男優)シン
吉岡里帆(女優)明日葉ふうか
千葉雄大(男優)坂口
麻生久美子(女優)女医
中村優子(女優)木之本
池津祥子(女優)シンの母親
森下能幸(男優)よろこびソバのおじさん/ピザの配達員
岩松了(男優)無料レコード社長
ふせえり(女優)デビルおばさん
田中哲司(男優)社長
松尾スズキ(男優)ザッパおじさん
兼松若人(男優)
脚本三木聡
音楽上野耕路
撮影相馬大輔
配給アスミック・エース
美術磯見俊裕
西村喜廣(特殊造型)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 興行成績的には爆死との噂は耳にしていましたが、それもそのはず。三木聡監督が本領を発揮したら、一般ウケするはずがないですよ。福田雄一でもなければ、クドカンでもなく、三木聡なんですから。ナンセンスとシュールの集中砲火にグロテスクギャグのトッピング。芸達者な常連組がノリノリでやりたい放題。その顔芸必要ですかと。少しでも常識があったら書けるはずもない迷走脚本。明らかにツッコミ待ちのクライマックスの長回しとか。それでいて、メインテーマはしっかりドラマチックに届けてくるあたり、さすが三木監督としか言い様がなく。個人的には大変満足いたしました。が、三木聡初体験の観客に、本作は相当キツイであろうことは想像に難くありません。本作が駄目だったお方は『亀は意外と早く泳ぐ』と『図鑑に載ってない虫』で、頭と心を慣らしてから、再挑戦していただきたいなあと。(なお『亀』『図鑑』の順番でお願いします。先に図鑑だと刺激が強すぎますので。)クセはあるけど、旨味は抜群な監督さんですから。(以下余談)常連組で松重豊さんの顔が見えなかったのはやはり残念。ふせ・岩松・松重トリオが揃ってこその三木映画かと。また、クドカン組の阿部さんのキャスティングはどうだったんでしょう。確かにハマり役ではありますが、三木作品の正主人公・オダギリジョーさんパターンも見たかった気がします。
目隠シストさん [映画館(邦画)] 8点(2018-10-20 00:56:57)★《新規》★
3.《ネタバレ》  三木聡監督の映画は、いつもインチキくさいというか、ニセモノって感じで、そこを楽しむのがポイントなんだろうけど、こうも大々的に公開されてしまうと、今回はちょっと違うのかいな?とか思っちゃって、でも実際に見てみたらやっぱり、みたいな。

 映画は最初から一切ホンモノ感のない、あり得ない連中の作り物ワールドが暴走してて、酷いカメラワークと禍々しい色合いで描かれるカオスな世界。ワザと狙ってるつもりで、でも、そこが成功してるようには見えないの。ホンキでダメになっちゃってない?ダイジョーブ?って状態で。ハイパー空回り。

 それでもそれなりに楽しかったり笑えたりもするんだけど、でも映画の本来の目的、根幹、芯の部分が楽しめてるのか?というととてもギモンで。
 カメラワークはあくまで、ホンキでマジでそれダメでしょ、としか思えないくらいに酷いしねぇ。カメラワーク、まじクズ。

 ふせえりと岩松了のコンビなんか、定番なわけよね。自分にとっては「あずきパンダちゃ~ん」のふたり。でも、この映画ではその定番っぷりもなんだか空回りの一要素みたいに思えてねぇ。

 阿部サダヲと吉岡里帆のコンビは良いのだけど、でもそこまで高まらないままに終わってしまったような。ニセモノワールドな映画での後半からラストのマジメなシリアスなノリに違和感を抱いてしまって。感動よりもドン引き。何カッコつけてんだよタコ!くせーんだよ!!みたいな。

 全体的に70~80年代のプログラムピクチャーみたいな雰囲気で、それなりに懐かしい感じもしたけど、それってつまり大作映画のオマケにでも付けとけよ!って程度の映画ってコト。

 でも、この映画に対してアタシが抱いた印象の最も大きな問題、それは吉岡里帆の歌は最初の方が良かった、ってこと・・・マジ台無しな感想なー・・・

 ちなみにアタシ的にささやき系女性シンガーはPoPoyans(デュオだけど)、絶叫系は橘いずみお薦め。
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 5点(2018-10-14 19:12:31)《新規》
2.こ、これは……。
どこからツッコめばいいのやら…。
取り敢えず、タイトルを言うのが恥ずかしすぎるのでネットでチケットを買いました。

物語が破綻し過ぎてる。
しかし、これぞまさに本来の三木聡作品の姿だとも言える(本来のというのも変だけど)。初期の「図鑑に載ってない虫」を彷彿とさせるような、ひたすら悪ノリに悪ノリを重ねた畳み掛けるような下らない細かいギャグの応酬!
変なキャラクターのオンパレード!怪しげな世界観!
これだよ!これなんだよ!求めていたものは!

と、途中までは思っていたんだけど、やっぱりちょっとギャグにキレがないのと、クライマックスが盛り上がらなさすぎてイマイチだったので、6点くらいかなぁ~
ヴレアさん [映画館(邦画)] 6点(2018-10-12 19:07:24)
1.《ネタバレ》 妻と私は映画の趣味が全く違うので、一緒に映画を見る事は年に1回あるかないかぐらいだけど、この映画は妻から「見に行かん?」と誘われて見に行きました。ちなみに妻は阿部サダヲのファンです。が、これは失敗したと思った。ストーリーが支離滅裂、行き当たりばったりの展開、妻も途中で集中力が切れたのがはっきり分かった。個人的には開眼する前の吉岡里帆がか細い声で歌う「夏風邪が治らなくて」や「まだ死にたくない」がユーモアがあって良いと思った。
ぴのづかさん [映画館(邦画)] 4点(2018-10-12 16:24:30)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 5.75点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4125.00%
5125.00%
6125.00%
700.00%
8125.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS