教誨師のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 教誨師
 > (レビュー・クチコミ)

教誨師

[キョウカイシ]
2018年【日】 上映時間:114分
平均点:7.50 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-10-06)
ドラマ刑務所もの
新規登録(2018-11-02)【ヴレア】さん
タイトル情報更新(2018-12-02)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャスト大杉漣(男優)佐伯
烏丸せつこ(女優)野口
古舘寛治(男優)鈴木
光石研(男優)吉田
プロデューサー大杉漣(エグゼクティブプロデューサー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 ここに出てくる死刑囚とは人の命を奪ってきた者、情状酌量の余地もなく切り捨てられる者。つまり、さっさと地獄に行ってもらわねば納得出来ない人間だ。言い換えれば、死刑囚とは死刑確定者であり、その肩書通りに確実に死刑にすべき者。そんな極悪非道な人間イコール死刑囚たちにこのような時間が与えられている事に腹が立ってしょうがない。悔い改める時間など与える必要など一切ない。さっさと地獄に行ってもらわねば納得出来ない人間たちだ。従って教誨師なる者が存在する事など認めたくもないし、なんだったら『どんな命だって生きる権利がある』とかの賜るたわけな牧師相手にだって意見対立だ。そして投げ返したくなる『だったら人様のその生きる権利を強欲に奪った者の命など1日だって生かしておく必要ナイでしょが!』と死刑囚の延命制度には納得出来ないと声を大にして言っときたい。

ところがどうして、大杉漣をストーリーテラーとしたこの話意外と見てられる。対峙する死刑囚役者たちの若干の悲哀感やクセがノンフィクションドラマとしてかなり活きているので見てられる。
そして終盤迎えたクリスマスの数日後に死刑執行されるのは一体誰なのか サスベンスと化した部分にも心動かされてしまった事は事実だ。出来れば教誨師としての大杉漣、もう一度見てみたい思いするもあれ、それが不可能となった今ここに彼に対してご冥福を深く申し上げたく思います。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2020-02-02 22:20:06)(良:1票)
5. 教誨師と囚人とのやりとりの中からそれぞれの人生が見えてくる。よい作品だと思うが、辛くて見ていられないような部分もある。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2020-01-18 22:00:19)
4.《ネタバレ》 70%くらいのシーンが教誨室で撮影される本作。これは、見応えがありました。何をどう受け止めたらよかったのか、今、ものすごく困っています。6人の死刑囚のうち、進藤と高宮のストーリーが太い筋(とはいえ、他の4人のエピソードも趣深い)。黒頭巾をかぶせられた高宮が発した「あれ?」。自己中のサイコ野郎の仮面がはがれ落ちる瞬間でした。進藤がしたためた聖書の一説。お人好しのホームレスがひらがなを覚えて、初めて書いた言葉は、世の中を糾弾するものでした。簡単に整理できない。何か、本物を見たような気がする。左向大監督、注目監督。
なたねさん [DVD(邦画)] 9点(2019-12-21 22:56:34)
3.《ネタバレ》 分り易い感動ネタや気の利いた台詞回しを極力排した一見不出来にも思える脚本が、展開と演出の両面での冷徹なリアリティとより味わい深い鑑賞後感を生んでいる優れた構成力。演技面では大杉漣も標準以上だが、完全にイッちゃってる古舘寛治、ジジイ、あと若造役の玉置玲央(演技のオリジナリティはそこまでではないが)も中々良かったと思う。普通にオススメできる作品。
Yuki2Invyさん [インターネット(邦画)] 7点(2019-12-07 17:19:32)
2.《ネタバレ》 見応えあった。
大杉版「デッドマンウォーキング」といったところか・・

最初は罪のある人たちとの空疎なやり取りが続く。
が、彼らの処世術が徐々に出てき始め、大杉演じる牧師の罪が洗い出される。
この辺の俳優たちの演技は見事である。

結局、観てて、その辺の常人の方が羽目を外してるよ、と思わされる。
最後の死刑囚の一人の宝物のグラビア写真に書かれた言葉。
「あなたがたのうち、だれがわたしにつみがあるとせめうるのか」

向こう側の人、こちら側の人、人間は小さい存在だ・・
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2019-07-20 13:45:28)
1.教誨師とは、死刑囚と向き合い、諭して道徳的に正しい方へと導く者。

勿論、死刑囚と言っても千差万別。しっかり罪に向き合おうとする者も居れば、嘘をついて刑期を延ばそうとする者や、精神に異常をきたした者も居る。

そんな彼らと平等に接し、真面目に向き合おうとする教誨師を演じた大杉漣。彼の深みのある演技は必見。段々と引き込まれていく力があった。

淡々と進む会話劇で、張りつめた重い空気感と適度な緊張感が心地良く、とても興味深い内容だった。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 7点(2018-11-03 23:28:37)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 7.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7466.67%
8116.67%
9116.67%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS