ミルドレッド・ピアースのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ミ行
 > ミルドレッド・ピアース
 > (レビュー・クチコミ)

ミルドレッド・ピアース

[ミルドレッドピアース]
(深夜の銃声・偽りの結婚〈TV放映題名〉)
Mildred Pierce
1945年【米】 上映時間:111分
平均点:7.33 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
ドラマモノクロ映画ミステリーロマンス小説の映画化
新規登録(2010-09-21)【S&S】さん
タイトル情報更新(2010-09-23)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイケル・カーティス〔監督〕
キャストジョーン・クロフォード(女優)
ジャック・カーソン(男優)
ザカリー・スコット(男優)
イヴ・アーデン(女優)
アン・ブライス(女優)
ブルース・ベネット(男優・1906生)(男優)
原作ジェームズ・M・ケイン
脚本ラナルド・マクドゥガル
ウィリアム・フォークナー(ノン・クレジット)
音楽マックス・スタイナー
レオ・F・フォーブステイン(音楽監督)
編曲ヒューゴ・フリードホーファー
撮影アーネスト・ホーラー
製作ジェリー・ウォルド
ワーナー・ブラザース
配給ワーナー・ブラザース
美術ジョージ・ジェームズ・ホプキンス(セット装飾)
編集デヴィッド・ワイスバート
あらすじ
ある夜、没落した名士モンティ・ベラゴンが射殺される。モンティの妻ミルドレッドはそれまでの経緯を警察に語り出す。 4年前、平凡な主婦だった彼女は、浮気していた夫バートと別れる。モンティが所有していた建物を手に入れたミルドレッドは、レストラン経営を大成功させる。その間 下の娘ケイは病気で亡くなり、残った娘のヴィーダは贅沢な生活に明け暮れるようになる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.《ネタバレ》 娘に不自由な思いをさせたくないと甘やかせたばっかりに、娘がどうしようもない傲慢な人間に。
とうとう堪忍袋の緒が切れたミルドレッドが娘を家から追い出すものの、やっぱり実の娘を見捨てるには忍びなくて結局は手元に戻す。
そこまでは親子の情としてわかるのだが、それまでの関わり方をただすのではなく更に贅沢をさせたのがダメ親の典型。
そのせいで、娘はあろうことか母の夫だったモンティと関係を持ち、挙句の果てにモンティに暴言を吐かれて殺してしまうようなメチャクチャなことに。
それでも娘をかばって最後は罪をかぶろうとする母が哀しいし、その気持ちが伝わらない娘にストレスが募る。
子がどうしようもない人間になっても親に責任のないようなケースもあるにはあるけど、こういうのは育て方が違えば全然違った人生を送れただろうな。
飛鳥さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-07-03 21:30:06)★《新規》★
11.《ネタバレ》 まさかのビンタを食らおうとも、どれだけ根性がひん曲がろうともアタシのかわいい愛娘。全てをアナタに捧げてきたけれど、守り切れなくてごめんなさいねぇ。この作品のオトコどもはオンナたちの掌の上で転がされてるだけ。
獅子-平常心さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-05-26 22:22:57)
10.展開が速く、会話も多い。
途中から娘中心となるが、それは少し感情移入しにくい。終盤は読みやすくなるが、出来は良い作品。
simpleさん [試写会(字幕)] 7点(2019-04-07 17:39:36)
9.男と女と家族と金の繋がりが実にリアル。醜悪な長女が何をしようが裏切ろうが、母親は許して甘やかしてしまう人情もよくわかる。言い寄ってくる男もロクなのがいない。この母親は賢いのか馬鹿なのかよく解らないが、周りはみんなコケてしまった。さげマンなのだろうか?笑
SUPISUTAさん [地上波(字幕)] 8点(2019-03-24 11:01:56)
8.《ネタバレ》 当時、生まれや家柄がそんなに気になる社会だったのか。
娘の放蕩ぶりにやや呆れつつも、結局最後に逮捕され、なんだかめでたしめでたし、でよいのか・・・
チェブ大王さん [地上波(字幕)] 7点(2019-03-24 00:02:39)
7.《ネタバレ》 ヴィーダとベラゴンが醜悪過ぎて、やり過ぎに思えてしまう。まあ出来の悪い子ほど可愛いともいうし、そういう甘やかし過ぎの親を批判する意図があるのかも知れないけど。もう少し、可愛げがあるところを見せた方がリアリティが出たのではないか。
とはいえ戦争中にこれだけのクオリティの映画が作れるんだから、日本が負けるのも当たり前だよねえという感想も持っちゃいますね。
くろゆりさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-03-22 21:21:13)
6.《ネタバレ》 製作年を見ると古典といってもいい位に感じますが、これがちっとも古びてない見事な脚本力ですねえ。冒頭のいきなり撃たれる男、訳有り気味の女、死体の有る屋敷に騙し置かれる男・・、もう掴みは満点、わくわくしますね。警察署で始まる回想シーンからラストに至るまでは一気呵成に見せきります。
各人物の性格を紹介するエピソードや台詞が実に巧い。性悪長女の性格描写は特に抜きん出ており、母親を見下すあまり黒人のメイドにパート先のウェイトレスの制服を着せるなど、震撼しました。母バカのあまり、娘を甘やかしスポイルしてしまうミルドレッドのキャラクターも面白い。男に足をすくわれる女の話はいくつもありますけど、自分の娘で破滅する母というのも珍しく感じました。基本、ミルドレッドはじめ長女もレストラン経営の助っ人友人女性も、皆意志が強い。女が強い映画なのです。この時代にねえ。男3人みんな彼女らに押し負けしてしまってますね。
舞台劇のように役者の喜怒哀楽の芝居がややハッキリしているのですけど、これがモノクロの画の中ではとても観やすい。上質なサスペンス映画です。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-06-03 00:01:07)(良:1票)
5.《ネタバレ》 願望と現実のギャップを各々必死で埋めようとする親子。母親の娘への一途さが不条理ですが、何故か男には口説かれ事業も大成功。母のシュールな愛をモロに受けて育った娘の方はギャップを埋められるはずもなく、後はなるべくして二人で破滅の道をまっしぐら。ノスタルジー漂うシナリオと演出がかえって新鮮に映ります。途中からある程度予想がついてしまう結末ですが、女性の時代の到来を予感させるような映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-05-05 09:31:51)
4.《ネタバレ》 全盛期を過ぎてからのジョーン・クロフォードしか知らなかった自分が恥ずかしい、彼女が見せてくれた演技はそこまで言わせてしまうほどのすごい演技で、アカデミー主演女優賞90年の歴史でも十指に入ると確信しました。とても40年代の女優とは思えない現代でも通じる知的な演技とでも申しましょうか、意志強固ながらもどうしても隠すことのできない母性に運命が翻弄されてしまう女性像を、見事に演じ切っています。 監督がマイケル・カーチスですから臭いメロドラマかと舐めてかかってはいけません、見事に予想を裏切るストーリーテリングです。ミステリーとしても上質な出来ですが、「誰がベラゴン氏を射殺したのか?」という謎解きについては物語が進行してゆくにつれてどうしても感づいてしまうんですが、そんなことはこの映画の価値を下げることは全然ありません。ミルドレッドを取り巻く三人の男が、また大なり小なりろくでなしなんです。その中でもジャック・カーソンが演じる共同経営者が、ある時は善人ある時は小悪党という絶妙なキャラで、最後までミルドレッドに振り回される男を好演していました。そして忘れてならないのは甘やかされて育てられたおかげですっかり人間性を喪失してしまったような娘ヴィーダ役のアン・ブライスで、彼女にもオスカーを与えて欲しかったとしみじみ思います。 とにもかくにも、ジョーン・クロフォード一世一代の名演を得とご堪能あれ!
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2018-04-18 22:31:05)(良:1票)
3.《ネタバレ》 こ、これは凄い。いきなり銃声で本題発生→鏡の向こうで閉まる扉、という導入のインパクト。そこから手際よく前置きを済ませ、一気に回想へ。その後も、先を読ませないドライブ感あふれる展開を維持しつつ、その中での研ぎ澄まされた会話の切り返しの鋭さ、濃厚さ、無駄のなさ。また、ウェイトレス上司出身のアイダがいい感じに場を引き締める一方で、元夫・現夫・友人のダメ男3人衆も、ところどころで妙に格好良かったり存在意義を示していたりして、それが物語のスリルを高めるという奇妙な効果を発しています。オチ自体は、伏線がはっきりしすぎていて、今日の基準ならかえって分かりやすかったりもするのですが、それにしても70年以上前にこんな洗練された作品があったというのは驚きです。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-04-10 01:45:20)
2.《ネタバレ》 睦み合うザカリー・スコットとアン・ブライスを目撃するジョーン・クロフォード。
二人の表情には影が落ちていて判然としないが、そのシルエットの造型がどこか狂気じみた凄味すら放ち、息を呑ませる。
そういった撮影所的な影の投影技法が随所で光る。

人気のない海沿いの夜のレストラン内は波を反映して光が妖しく揺れている。

冒頭でジャック・カースンが惑うらせん階段や、母娘の決裂シーンで、二人の関係性を暗示する階段。
偏光による微かな歪つさを伴って画面に共存する邪な者の鏡像。
同時に遠い波音やグラスの破砕音、銃声の音響も要所で画面を引き締める。

その中で、特権的な照明を受けてクロフォードのアップは格別に美しく撮られており、印象深い。
主演女優賞は本人の芝居だけに依るのではなく、アーネスト・ホーラーの撮影の賜物だろう。
ユーカラさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-11-17 23:48:40)
1.《ネタバレ》 「深夜の銃声」または「偽りの結婚」の題でも知られるフィルム・ノワールロマンス。
カーティスの最高傑作は「カサブランカ」なんて退屈なメロドラマじゃない。
高密度でフルスピードの本作こそ、そしてジョーン・クロフォードにとっても最高の1本!
これが本当にあの臭い映画を監督した人間が撮った映画なのだろうか。信じられないくらい面白いのである。何故こんな傑作が日本ではVHSどころかDVDもまともな形でリリースされていないのだ!これほど頭にくる事はないぞ!

まず波と共に現れ波にさらわれていくオープニングクレジットからして面白い。

この映画は鏡の映画だ。
年頃の娘が見つめる鏡、下から女の表情を鏡のように映すもの、弾痕が刻まれる鏡、遊んだ後に結ばれた髪をほどく女を映す鏡。


摩天楼、銃撃からはじまるファースト・シーンの衝撃!女の名前を一言もらす最期、鏡に刻まれた弾痕。
走り去る車、波止場、橋の上を歩く女の悲しき表情、ミンクのコートは遠出を予定している証。

手すりを叩く音、窓を叩いて女を呼び止める男。


机の下に放置される男、乾杯、男のコップを叩き落として口づけをことわる、、螺旋階段、ドアを閉めて男を密室に閉じ込め“擦り付ける”、倒れた電燈によって発見される遺体、自ら電話線すら絶ってしまう。  

実に鮮やかな、見事なスタートダッシュから始まった12分間。

そこから警察署でめぐりあう知り合い、取り調べ、焦り 新たな男の登場と動揺。 


20分を境に始まるミルドレッドの回想。

初っ端から険悪な雰囲気、子供たちとのやり取り、写真、引き出しにしまわれた凶器。

肉欲を求める野蛮な訪問者、ローブの紐をやらしい手つきで触ったり引っ張る素振り。女はそれを嫌そうな表情で払いのける。口づけ、肩を撫で回す。 


二階には幼い娘と年頃の娘が二人、娘の尻を優しく叩く時の愛情とは大違い。  


娘たちのために仕事につく母親の姿、着替える仕草、胸元がちょっとはだけているだけなのにあんなにも色っぽい。クロフォードの素晴らしい演技。

「風と共に去りぬ」やジョージ・キューカーの「ザ・ウィメン」でも見たことのあるような黒人の女中(バタフライ・マックイーン(Butterfly Mcqueen)の方。ハティ・マクダニエルじゃなくて)。


スカートで膝を隠す一瞬、何度も交わされる口づけ、家族がいない間の情事、水着で他の男と泳ぐ、謎の音、男が見てしまった女の帰り際。

浮気の時に起こった悲劇、メーターが物語る命が消える瞬間。

女は悲しみを忘れるために前にも増して働く、プレゼントをゴミ箱に捨ててしまう野蛮人、注文で敷き詰められた回転からメモがなくなりお開き、見てしまったカウンターでの口づけ、何度も叩き落とされるグラス。


30分後には再び現代に戻ってくる。
また語られる過去、車、娘もどんどん破滅へと向かって歩みを加速させる、狂っていく娘の活き活きとした表情よ!

黒衣、女が破り捨てれば娘が頬をひっぱたく、亀裂の入る瞬間、列車、舞台の上で踊る目を疑う光景。

幼い娘の写真、一時の安息、誕生パーティーの裏で行われる蠢く黒い影、電話と決意・裏切りへの銃撃。家族を救うための身代わり、受話器の前でのやり取り・・・何もかも素晴らしい。
すかあふえいすさん [DVD(字幕なし「原語」)] 9点(2014-05-13 22:42:13)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 7.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6216.67%
7650.00%
8216.67%
9216.67%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 8.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 8.50点 Review2人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 10.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1945年 18回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演女優賞ジョーン・クロフォード受賞 
助演女優賞イヴ・アーデン候補(ノミネート) 
助演女優賞アン・ブライス候補(ノミネート) 
撮影賞アーネスト・ホーラー候補(ノミネート)(白黒)
脚色賞ラナルド・マクドゥガル候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS