ファイブ・イージー・ピーセスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ファイブ・イージー・ピーセス
 > (レビュー・クチコミ)

ファイブ・イージー・ピーセス

[ファイブイージーピーセス]
Fave Easy Pieces
ビデオタイトル : ファイブ★イージー★ピーセス
1970年【米】 上映時間:98分
平均点:6.06 / 10(Review 35人) (点数分布表示)
公開開始日(1971-05-01)
ドラマロードムービー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-07-18)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ボブ・ラフェルソン
キャストジャック・ニコルソン(男優)ボビー
カレン・ブラック(女優)レイ
ビリー・グリーン・ブッシュ(男優)エルトン
ファニー・フラッグ(女優)ストーニー
ロイス・スミス(女優)姉ティタ
ウィリアム・チャーリー(男優)父ニコラス
スーザン・アンスパッチ(女優)キャサリン
ラルフ・ウェイト(男優)兄カール
ヘレナ・カリアニオテス(女優)ヒッチハイカー(パム)
トニ・バジル(女優)ヒッチハイカー(テリー)
ジョン・P・ライアン(男優)スパイシー
原作エイドリアン・ジョイス(原案)
ボブ・ラフェルソン(原案)
脚本エイドリアン・ジョイス
撮影ラズロ・コヴァックス
製作ボブ・ラフェルソン
コロムビア・ピクチャーズ
製作総指揮バート・シュナイダー
配給コロムビア・ピクチャーズ
その他フレッド・ルース(キャスティング)
あらすじ
石油採掘現場で不満と自己嫌悪を抑えながら働いているボビーは実は音楽一家に生まれ育ち、自らもピアニストになれる才能を持っていた。同棲しているレイは彼を盲目的に愛するが、ボビーは彼女を軽蔑しており、冷たく接するのが常だった。父親が病気で倒れたことを知ったボビーはレイと共に数年ぶりに実家へ帰る。彼はそこで兄の恋人に頼まれて「簡単な曲(easy pieces)」を演奏する。ボビーは演奏に感動してくれた彼女に希望を見出し、求愛するのだが・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
35.《ネタバレ》 才能をもっているが、自分を大事にできないために、逃げ回っている男の話。旅の途中、拾う二人の女性のおしゃべりが印象的だ。汚れをまき散らす社会から逃げてるというこのヒッピーたちのおしゃべりが、後になって、ニコルソンが真面目な芸術家一家の実家に帰って、段々と彼の存在のために家族が汚れていく様相の伏線になってる。そこでニコルソンは自分のいるところはどこにもないと狼狽する。(実際はカレンブラックという恋人がそばにいるのに!)最後の男の寂しさをあらわすかのような、どうしようもなさを感じさせる逃避のシーンがニューシネマの魅力なのだが、それにしても哀しすぎる。
無名だがスーザンアンスパッチという女優が好きだ。実家でニコルソンが好意を寄せる女性。彼女の「ランニング」とか「ナッシュビル」とか出演作は少ないものの、いい存在感を出してる女性だ。彼女の存在でとりあえず映画の体をなしてるような感じも受ける。
トントさん [ビデオ(字幕)] 6点(2017-06-24 13:58:58)
34.《ネタバレ》 責任逃れの人生だ。ジャック・ニコルソンは父の死と彼女の妊娠という覆しようのない事実から徹底的に逃げようとする。そのための浮気がこの時代の映画で成功するわけもなく、当たり前のように絶望して去っていく。どうせ死ぬまでこれの繰り返しだよ!
カニばさみさん [DVD(字幕)] 5点(2016-12-11 02:28:26)
33.《ネタバレ》 まぁニューシネマらしい、なんにもない展開ってやつですかな? まぁそういいつつピアノを弾きながら車に乗ってっちゃうとことか面白いよね。ただごつい顔のジャック・ニコルソンが音楽一家の息子というのはちょっと違和感&投げっぱなしなエンディングもらしいといえばらしい。カレン・ブラックの可憐なお姿を拝見できたので良かったと致しマスハイ
Kanameさん [DVD(字幕)] 5点(2015-07-09 10:34:44)
32.アメリカンニューシネマが好きで好きで溜まらない人には、こんな映画でも満足するかもしれないが、登場人物を投げやりにするのが、当時の若者の姿というのは、大きな勘違いのような気がする。
主役をジャック・ニコルソンが演じて客を集めたような、そんな計算が見え隠れする。
主人公の心境が本編を観ただけで、全ての人に伝わるのか疑問。疑問が続くから、ラストもなんだかわからない人、私だけではないはずとても不完全燃焼に終わった作品だった。来年の今頃は忘れていると思う。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-03-08 17:45:00)
31.賢くは生きれない、ヒッピーみたいなバカにもなれない、逃げるのはおりるのとは違うんだよ、夢も希望も無くてもそれでも何かある気がするんだよ、たぶんそれって痛くて哀しいけど。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(字幕)] 6点(2011-08-30 17:13:26)
30.《ネタバレ》 前半はかなりかったるかった。うんざりしている日々を、そのままうんざりさせて描くんだ。実家に帰ってからが面白くなる。カレン・ブラックが家にやってくるあたりの雰囲気がいいね。別に軽蔑とかそういうことじゃなく、まったく世界が違うってことかな。ただとにかくうんざりなんだ、っていう気持ち。ドロップアウトって言えばそれまでなんだけど、それがもう必然というふうに説得力を持っているのが強み。渋滞のトラックの荷台でピアノを弾きつつ別の道へ曲がっていってしまう、なんてシーンがあった。アラスカは清潔だから行く、と言うヒッピーをやや離れて風刺的に見ている。チキンサンドのチキン抜き、という頑固さ。おそらく今までのアメリカ映画なら、堅苦しい音楽家の家庭から自由になったことを単純に謳歌して、それが結論になったんだろうが、それだけではない人生も描けなくちゃならぬ、と思い始めた時期だったんでしょうね。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 7点(2011-02-03 10:11:24)
29.普通なら本作のジャック・ニコルソンのように、ここまで徹底して目の前にある仕事や責任や現実を放り出して逃げ続けようとは思わない。ラスト近くに父に語りかけるシーンで「また俺はここから逃げ出すよ」と言いたげな彼。その通りにまた彼は逃げ出していく。本作の彼の心情は分かるが、無責任極まりない行動には全く共感できない。終始彼のそんな言動が続き、鑑賞後は何か疲れた気分になりました。結局は何も解決していない映画のように思えるのですが、ジャック・ニコルソンの素晴らしい演技は十分に堪能できる作品です。
とらやさん [DVD(字幕)] 4点(2010-10-30 16:08:06)
28.なーんもおもしろくねー。ラストとトーストのところはよかった。
すたーちゃいるどさん [DVD(字幕)] 3点(2009-02-26 11:30:33)
27.《ネタバレ》 青春ものとして生きることに価値を見出せず苦労する姿は多少なりとも共感できるが、主人公が勝手すぎるし、心理描写があるようでない。意味深なシーンもあるが、内容自体がそれほど面白くない。これもニューシネマの一つだが、大した作品ではない。それにタイトルのファイブはfiveじゃなくfaveだと言うことを見終わってから知った。ずっと5つにはどんな意味があるかを考えながら見てたのに。誤解を招くような邦題を付けないで欲しい。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 4点(2008-10-19 22:57:50)
26.なんか今でも十分通用するようなストーリー。最近でも自分の存在を示したくて人を殺した、とか聞くしこの映画のジャック・ニコルソンはそんな行動を起こす人よりかはよっぽどマシかと。でもジャックはムカツク役がなぜか似合ってるのである意味ハマリ役な感じがします。彼の気持ちを察しできるかできないか、は人によって違うけれども少なくとも今の自分と彼の立場が似てるような感じがしてたまらん。。。。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 6点(2008-08-08 11:20:01)
25.《ネタバレ》 アメリカン・ニューシネマの傑作と言われて見たけれど、実はあまりよくわからなかったというのが正直なところ。ただ、この作品のカレン・ブラックは最高です! 彼女がジャックの実家に押しかけて、ちやほやされている間に「素」が出てしまうなんてところは演技とは思えないリアルさ。たとえ男に捨てられても、彼女なら3日もすれば、そんなこともあったで済んでしまうことでしょう。そして、あまりにも有名な「チキン・サラダ・サンドイッチ」のシーン、私、あのウエイトレスの気持ちもわかるような気がしますが・・・
バロンさん [DVD(字幕)] 8点(2008-02-27 17:00:38)
24.《ネタバレ》 現実逃避をする気持ちはよくわかる。
押し付けられた環境を破壊したくなるのもわかる。
しかしだ、
共感はするけれども応援しようとはおもわない。
音楽の才能と環境があるならそれを活かせばいいじゃないか。
それがいやなら、肉体労働に汗するのもいいだろう。
最低限付き合ってる女には、嘘でもやさしくできるだろ?

おまえは俺か?
虎尾さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2007-06-09 22:36:22)
23.観賞後、残念ながら素直な感動は起こりませんでした。カレン・ブラック、ビリー・グリーン・ブッシュなど、昔活躍した俳優陣に出会えます。主人公の自己中心的で無責任な行動に、今この映画を見て、どれほどの人が共感できるか、疑問に思います。
ジャッカルの目さん [映画館(字幕)] 4点(2007-02-12 09:02:41)
22.カレン・ブラックが最高でした。品のない、どちらかというと蓮っ葉な感じの顔、ケバイ雰囲気、そして全く似合わないブリッコの役。こういう役をさりげなくできるのは彼女しかいない!大好きです。タミー・ワイネットの音楽もはまりすぎです。ストーリーは当時の時代性を色濃くでていて、行き場のないジャック・ニコルソンの「さすらい続けたいんじゃない。いる場所から逃げ続けているんだ」というセリフを聴いて、誰もがそういう時代だったなあとしみじみ思います。
omutさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-09-17 17:27:32)
21.物語にいまひとつ感情移入できなかったのはテンポが悪かっったからかな。主人公の彼女は一緒にいたくないタイプですね。空気が読めないので次に何を言い出すかこっちがハラハラしてしまう。主人公のやるせない気持ちはなんとなくわかりますね。ま、私は良いお家の出でもないし、何の才能もないロクデナシですが。
およこさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-09-01 21:26:34)
20.アメリカン・ニューシネマの一作。確かに主要なテーマは「明日に向かって撃て」や「俺たちに明日はない」にも共通する。しかし違いもある。主人公は美しく散っていくこともなければ、「イージー・ライダー」(恥ずかしながら未見)の2人のように無残に死んでいくこともない。主人公は油田で働く労働者。ガールフンレンドはシンガー志望のウェイトレス。音楽一家の育ちらしいことが示唆されるが、彼女のかけるポップソングのレコードに嫌悪感を隠さない。トラックの荷台でピアノを弾きながらハイウェイの横道へ逸れて行くシーンは、その後のストーリーを暗示しているようで印象的だ。エコロジストのレズ、フェミニストなどが時代を感じさせるが、彼が彼らと相容れるはずもない。クラシック一家に戻ることもできない。行き場も無く心を通わせることのできる仲間もいない。しかし誰が悪いわけでも間違っているわけでもない。彼の行動は容認できないが、結局そういう生き方しかできないのが切なくもあり悲しくもある。全てのシーンが象徴的かつ美しく時代を鮮やかに切り取ってみせている。そして若者にとっては普遍的なテーマかもしれない。特に現代の日本では。名作。
わいえすさん 9点(2005-01-02 00:54:44)
19.なんか難しい映画ですね~ ニコルソンの緻密な演技がやっぱ素晴らしいです。ただ、純粋に映画としてはイマイチでした。少し入っていきにくかった…でも、ニコルソンの凄さと感慨深い内容はなかなか見事なものがありました。見るタイミングを選ぶ映画でもあるかな?!
レスマッキャン・KSKさん 6点(2004-12-14 01:10:17)
18.最後ああやっていなくなるのが、一番良い。ジャックニコルソン必死のショパンのプレリュードが余りに下手なのでマイナス1点。
みんな嫌いさん [DVD(字幕)] 7点(2004-10-24 00:33:00)(笑:1票)
17.うーん、どうでしょう。恥ずかしながら、私もボビー(ジャック・ニコルソン)のように、学歴の割には、素直に胸を張れない仕事をしています。しかし、彼の焦燥感は頭ではわかっても、共感までには届きません。彼の責任感を放棄する態度や、自覚しながらも逃避を続ける生活に、どうしても違和感を覚えてしまいます。本作のような映画は、主人公へのシンクロ度がそのまま評価に反映するので、私には5点が妥当でしょう。最後にひとつ。この奇妙なタイトル、ピアノの初級教本の名前から来ているとか・・・。
円盤人さん 5点(2004-09-24 01:41:00)
16.《ネタバレ》 フリーターには胸が締め付けられる様な話です。優秀な音楽一家に生まれたわけでは無いのにずーーっと主人公のボビーの気持ちが痛いほど伝わってきました。親は子供に期待をかけるし子供も親の期待に答えようとしてしまう。もしその期待に答えられずに挫折したら最悪ですよね。きっと絶望に打ちのめされた様な気がするんじゃないかな・・・もしかしたらうまく立ち直る人の方が少ないかも。かといってあのラストは悲し過ぎるような感じがするしその反面一抹の希望すら感じてしまう自分に少し嫌気がさした。
一番星☆桃太郎さん [DVD(字幕)] 10点(2004-07-31 01:39:02)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 35人
平均点数 6.06点
000.00%
100.00%
200.00%
325.71%
4720.00%
5617.14%
6822.86%
7411.43%
838.57%
925.71%
1038.57%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review2人
2 ストーリー評価 3.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review2人
4 音楽評価 3.50点 Review2人
5 感泣評価 3.50点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

1970年 43回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ジャック・ニコルソン候補(ノミネート) 
助演女優賞カレン・ブラック候補(ノミネート) 
脚本賞エイドリアン・ジョイス候補(ノミネート) 
脚本賞ボブ・ラフェルソン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1970年 28回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)ジャック・ニコルソン候補(ノミネート) 
助演女優賞カレン・ブラック受賞 
監督賞ボブ・ラフェルソン候補(ノミネート) 
脚本賞ボブ・ラフェルソン候補(ノミネート) 
脚本賞エイドリアン・ジョイス候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS