ショーシャンクの空にのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > ショーシャンクの空に
 > (レビュー・クチコミ)

ショーシャンクの空に

[ショーシャンクノソラニ]
The Shawshank Redemption
1994年【米】 上映時間:143分
平均点:8.67 / 10(Review 1237人) (点数分布表示)
公開開始日(1995-06-03)
ドラマ刑務所もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-08-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フランク・ダラボン
キャストティム・ロビンス(男優)アンディ・デュフレーン
モーガン・フリーマン(男優)エリス・ボイド・"レッド・レディング
ボブ・ガントン(男優)サミュエル・ノートン刑務所長
ウィリアム・サドラー(男優)ヘイウッド
クランシー・ブラウン(男優)バイロン・ハドリー主任刑務官
ギル・ベローズ(男優)トミー・ウィリアムズ
マーク・ロルストン(男優)ボッグス・ダイアモンド
ジェームズ・ホイットモア(男優)ブルックス・ヘイトレン
ジェフリー・デマン(男優)検察官
ラリー・ブランデンバーグ(男優)スキート
ジュード・チコレッラ(男優)マート(警備員)
ポール・マクレーン(男優)トラウト(警備員)
大塚芳忠アンディ・デュフレーン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
池田勝エリス・ボイド・"レッド・レディング(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
仁内建之サミュエル・ノートン刑務所長(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
江原正士ヘイウッド(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
田中正彦バイロン・ハドリー主任刑務官(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
真地勇志トミー・ウィリアムズ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
金尾哲夫ボッグス・ダイアモンド(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
安原義人アンディ・デュフレーン(日本語吹き替え版【TBS】)
坂口芳貞エリス・ボイド・"レッド・レディング(日本語吹き替え版【TBS】)
佐々木勝彦サミュエル・ノートン刑務所長(日本語吹き替え版【TBS】)
銀河万丈バイロン・ハドリー主任刑務官(日本語吹き替え版【TBS】)
家中宏トミー・ウィリアムズ(日本語吹き替え版【TBS】)
出演リタ・ヘイワースギルダ・マンスン・ファレル(劇中映画「ギルダ」より)(ノンクレジット)
原作スティーヴン・キング「刑務所のリタ・ヘイワース」
脚本フランク・ダラボン
音楽トーマス・ニューマン
作曲ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト"Duettino - Sull'aria"(「フィガロの結婚」より)
編曲トーマス・パサティエリ
撮影ロジャー・ディーキンス
製作総指揮デヴィッド・V・レスター
配給松竹富士
美術テレンス・マーシュ(プロダクション・デザイン)
衣装エリザベス・マクブライド
編集リチャード・フランシス=ブルース
録音エリオット・タイソン
ロバート・J・リット
字幕翻訳岡田壮平
その他スティーヴン・キング(スペシャル・サンクス)
デヴィッド・V・レスター(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ジュリー・ワイス(キャスティング・アシスタント)
あらすじ
妻殺しの罪で投獄され、エリート銀行員の人生から一転する主人公アンディの人生。理不尽と暴力の支配する刑務所「ショーシャンク」での彼を取り巻く人間模様を、親友の「調達屋」レッドが物語る。果たして彼は本当に妻を殺したのか?一寸の希望も無い塀の中、彼らが目撃した奇跡とは?・・・・・・・人間の希望とは何か、それは「強さ」そのものである。映画史に燦然と輝く不朽の名作。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
4142434445464748495051525354555657585960
6162
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1117.《ネタバレ》 このサイトで高い平均点を維持しつつダントツのレビュー数を誇る。最高の映画の一本なのだろう。ちょっと難癖をつけてやろうと久々に見直したら、悔しいことにまた感動してしまった。粗が見当たらない。強いて言うと、あの所長があっさり自殺しちまうところが面白くないんだけど、減点するほどのことでもない。絶望的環境の中で希望を持ってしまったら、希望自体がその人を押しつぶす。何度も仮出所申請を拒否されたモーガン・フリーマンの言葉には説得力があります。その間、ティム・ロビンスはポスターの向こうにせっせと穴を掘っていた。ちっぽけな道具と要した年月を考えると、せっせと、なんて形容はもちろん正しくないが、その作業こそが希望です。つまり希望とは概念として「持つ」というより「育てるもの」なのですね。図書室の本を増やすために手紙を書き続ける、若者に高卒資格を取らせるために手ほどきする。主人公の行動には、「アクション=希望」という一貫性がありました。その一方で穴掘りの苦労を一切見せないことがラストで絶大な効果を発揮します。穴を隠すポスターは、リタ・ヘイワース、マリリン・モンロー、ラクエル・ウェルチと代替わりします。彼女たちは、希望の象徴であり、守り神だった。まさに女神。ちなみに、私はラクエル・ウェルチ派です。
アンドレ・タカシさん [ビデオ(吹替)] 10点(2009-10-02 02:32:54)(良:1票)
1116.希望と絶望、努力と友情の物語。観終わった後の爽快な気分が嬉しい。映画はこうでありたい。
わさびさん [映画館(字幕)] 10点(2009-08-19 15:46:24)
1115.《ネタバレ》 非常に良くできていたし、面白かったけど平均点がほぼ最高ランクっていうのに驚いた。誰が観ても面白く感じられるように作られてるっていうのが凄い。物語云々よりその技術に全くもって驚いた。

主人公の脱獄のエピソードより、刑務所内できちんと職務を行って自分の技能を鈍らせないように努力すると同時に、信頼も勝ち取り無罪を証明する機会をうかがいつつも、プランBとして穴も掘り続けるというプロットには結構痺れた。結局、使うつもりの無かったであろう穴を使うことになった落胆のような色が出ていて終盤のあの雰囲気は良かったと思う。

起承転結がじっくりと切り替わる話の巧さは、結構な満足感を与えてくれた。けど、平均点の高さから身構えていたけど、なんかこう、もっと面白い映画はあったような気がする。でも、本作品の出来をみるとでも、やっぱり多くの人が観て低い点数がつくことはないだろうな、っていう気もする。名作補正もあるんだろうけど、こういうオールラウンドな映画って作った人たち、ホントに凄いんだなって思う。

この映画で一番得したのはキングだろうなやっぱ。映画化された小説読んでみるとどれも映画のほうが確実に面白い。おいしいひと味を加えやすいんだろうな、そういう意味じゃ巧いと思った。
黒猫クックさん [ブルーレイ(字幕なし「原語」)] 8点(2009-08-02 19:59:08)
1114.《ネタバレ》 美しいラストを見に、何度も映画館へ足を運びました。映画を見ているとき、いつも頭の片隅にある「ガッチリこなかったらどうしよう」というケチな不安。すっこーんと蹴飛ばしてくれました。心にガッチリ、そういうラストです。
さん [映画館(字幕)] 9点(2009-07-24 23:36:58)
1113.《ネタバレ》 自分の中でベスト3に入る映画。
ティムロビンス、モーガンフリーマンは当然ながら、他の脇役陣の存在感もすばらしい。
序盤のたくさんの伏線を見事に最後に拾いきっている。ハンマー、ポスター・・・
音楽もすごく盛り上げる。
最後の海での再会のシーンの画の撮り方も抜群にきれい。
さらにモーガンフリーマンの語りもよく響いている。
余韻は文句なしのNO.1
4回見てもまだ感動。

この映画の主役はモーガンフリーマンの方だったのかな
Yuさん [ビデオ(字幕)] 10点(2009-07-21 00:25:52)(良:2票)
1112.《ネタバレ》 話は良く出来てますけど、結局のところ主人公達は「自分が良ければ良し」という価値観をベースに持っている印象を受けました。真正面から闘わず脱獄を選んだ主人公に社会的な意義を感じませんでした。
鈴木さん [DVD(字幕)] 4点(2009-07-20 20:35:45)
1111.《ネタバレ》 刑務所はこんなところなのか・・・と実感できた。若者囚人が射殺されるところは、理不尽だなぁと思ったけど、撃った奴や所長に天罰が下ってスッキリした。
脱獄がすんなりだったから、もう少し奮闘シーンを盛り入れて欲しかった。
刑務所の話だから当然暗い話だけど、ラストの青い綺麗な海辺でかつての刑務所での友人が再会するところは綺麗だった。
ひまわりさん [DVD(字幕)] 6点(2009-07-18 19:44:32)
1110.半世紀も刑務所に入っていると、その暮らしが当たり前になってしまいます。五月の屋外作業でのビールの味は格別で生き返る思いだったでしょう、見ているこちらにもおいしさが伝わってきました。刑期を終えて釈放されて実社会で暮らしなさいといわれても、若くはないし、どう対応していいものか?私自身も戻るか?死ぬか?しか考えられないと思います。主役の二人は大変素晴らしい道を切り開きました。希望溢れる感動作!!

白い男さん [地上波(字幕)] 10点(2009-07-15 23:49:55)(良:2票)
1109.《ネタバレ》 レビュー数が千超えとダントツのこの映画、やっと縁があり観ることが出来ました。二時間半の時間もなんのその、一気に観てしまい「あっ」という間でありました。出演の皆様・脚本・音楽全てにおいて素晴らしい! ただ、ちと気になったのは20年という時間の経過を感じられなかったことで、もうちょっとメイク等配慮してもらったらもっと雰囲気が出ていたとは思います。まあ、しかし、こういうのをいい映画というんでしょうね~ 最後の海の美しさといったら…いや~~良かったデス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2009-07-15 12:04:13)
1108.《ネタバレ》 角部屋で良かった、と思いました。
あげどんさん [DVD(字幕)] 7点(2009-07-14 12:23:50)(笑:1票)
1107.もう何度も繰り返し観てますが、自らすすんで観たのは最初の一度のみ。こういう大人のファンタジーって油断するとすぐいい映画だって勘違いしちゃいますよね。でも自分にとってはごくごくふつうの映画かなー。なぜだか評価が異常に高くてしょっちゅうテレビとかでやってますが(いちお見てしまう)。
子供のときからキングファンなので、よく言われる通り映画化には期待してないのに(そもそも原作がたいした出来ではない)、それを上回る期待はずれ感。。。まあキング原作の映画ではいい方かも。 もしこれに点数高くつけてる人がキングの小説読んだらきっと2000点くらいつけちゃうと思いますよ!
HAMEOさん [DVD(字幕)] 6点(2009-07-10 16:46:03)
1106.《ネタバレ》 初見の印象がよくなかったのは、ファンタジー的な作りのわりにアンディ(トム・ロビンス)が汚れて出て行ったように感じたので。 「刑務所に入る前は真人間だったのに、刑務所の中で悪党になった」のは事実で、長期間の理不尽な拘束を強いられたアンディには、それくらいの「自由」は容赦されるという考えはちょっと微妙ですけど、罪を犯していなかったアンディの心は灰色に染まり、逆に遠い昔に罪を犯したレッド(モーガン・フリーマン)の心は澄んでいて、彼らが再び一緒になることで均衡のとれた存在となるのだと思います。 金髪のヘイウッド(ウィリアム・サドラー)が一人いることで明るい雰囲気があり、ビールのシーンは彼中心の画作り。 同じ脱獄ものである「モンテ・クリスト伯」の作者デュマ(DUMAS)をダマスと読む彼は「ダイ・ハード2」の悪役ですが、アンディを執拗に追い回すボグスが「エイリアン2」のドレイクだったのは、ちょっとツラかったです。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2009-07-10 00:00:13)
1105.《ネタバレ》 あまりに評価が高いのでビビッて書き込みできずにいましたが、最近再見したので、勇気振り絞って今さらですが投稿致します。もとは、劇場で見たのですが、そもそも一緒だった相手もイマイチならば、入場したときは既に予告編が始まっており満席&立ち見、途中で気分悪くなって内容どころじゃなくなった、という曰く因縁付きの作品。その後も何度もTVでもBSでも見たのだが、初見時の環境なんかに関係なく、やっぱりこの高評価はナゾだってことを見る度に感じさせられてしまうわけです。この作品を「脱獄モノ」って言うのはちょっとね・・・。だって、脱獄準備の緊迫感ゼロ(所長とのやりとりに『アルカトラズ』のような手に汗握る緊張感は皆無)、脱獄自体スンナリ行き過ぎ(雷鳴にあわせて石で汚水管叩き壊すって、凹んでもいなかったじゃん、あの汚水管)、脱獄後ハッピー過ぎ(横領したお金はまあ冤罪の賠償金ってことで倫理など問う気はありませんけど)。まあ、ヒューマン系でしょう、中途半端な。トミーが死んじゃったのは自分の言動が遠因だと分かっているはずなのにアンディには何の葛藤もないし。しかも、ムショ暮らしはそこそこ自由で楽しそう、シャバで貧困と戦って生きるほうが遥かに過酷。なんかこう「切実感」がないのですね、作品全体に。別に駄作だとは思わないけれど、十分凡作だと思います。というか、私の感性なんて、所詮マイナー路線でございます。ですから、この点数でもお許しください。
すねこすりさん [映画館(字幕)] 6点(2009-04-27 17:04:08)(良:1票)
1104.間違いなく歴史に残る良い映画だと思います。
frhunさん [地上波(字幕)] 10点(2009-04-09 22:04:12)
1103.《ネタバレ》 いまさらレビューも気恥ずかしいのですが先日久々に再々・・鑑賞して、やはり感動したので投稿させた頂きます。
自分はレッドが仮釈放許可されるシーン以後のエピソードに再感動。モーガン・フリーマン、やはり良いです。
自分は塀の中を経験した事は無いですが(^_^;)
囚人って良い人が多いのですねぇ。
ボロミさん [地上波(字幕)] 9点(2009-04-09 17:21:08)
1102. いい作品ですね。皆さんが絶賛されるのがわかりました。できれば映画館で見たかった。
海牛大夫さん [DVD(字幕)] 8点(2009-04-02 20:51:33)
1101.ラストの海が見られただけで、お腹いっぱいでした。
たっけさん [DVD(字幕)] 8点(2009-03-15 11:41:32)
1100.映画にはまるきっかけとなった思い出深い作品です。
しっぽりさん [DVD(字幕)] 10点(2009-03-02 08:18:33)
1099.序盤から淡々と物語りは進んでいく。
淡々と、舞いぶれもなく残酷なことも進んでいく為、いつ何が起こるか分からない緊張感が続く。
そして、淡々と物語は後半へ進む。
主人公が最後まで持ち続けた希望と共に。

喜び、爽快感、その他ポジティブな感情を一気に爆発させたかのような終わりに、とてつもない清々しさを感じた。
希望をもつこと、生きること、生きる上で関わる全ての物事を肯定したくなる作品。

タックスマン4さん [DVD(邦画)] 9点(2009-02-10 00:26:29)
1098.友情の素晴らしさ、誇りを失わず希望を持ち続けることの大切さ、屋上で飲んだビール、刑務所中に響き渡った繊細で美しい旋律、そしてラストの海と空の青さ・・・何度でも観たくなる映画です。
とらやさん [映画館(字幕)] 9点(2009-01-27 22:22:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
4142434445464748495051525354555657585960
6162
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1237人
平均点数 8.67点
010.08%
150.40%
240.32%
370.57%
4211.70%
5383.07%
6705.66%
71189.54%
816213.10%
923118.67%
1058046.89%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.87点 Review90人
2 ストーリー評価 8.90点 Review133人
3 鑑賞後の後味 9.15点 Review139人
4 音楽評価 7.57点 Review87人
5 感泣評価 7.42点 Review95人
chart

【アカデミー賞 情報】

1994年 67回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞モーガン・フリーマン候補(ノミネート) 
撮影賞ロジャー・ディーキンス候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)トーマス・ニューマン候補(ノミネート) 
音響賞エリオット・タイソン候補(ノミネート) 
音響賞ロバート・J・リット候補(ノミネート) 
脚色賞フランク・ダラボン候補(ノミネート) 
編集賞リチャード・フランシス=ブルース候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1994年 52回
主演男優賞(ドラマ部門)モーガン・フリーマン候補(ノミネート) 
脚本賞フランク・ダラボン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS