ソウ3のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ソ行
 > ソウ3
 > (レビュー・クチコミ)

ソウ3

[ソウスリー]
Saw III
2006年【米】 上映時間:113分
平均点:5.74 / 10(Review 137人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-11-18)
ホラーサスペンスシリーズもの
新規登録(2006-07-19)【.】さん
タイトル情報更新(2017-12-28)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ダーレン・リン・バウズマン
助監督デヴィッド・ハックル(第二班監督)
キャストトビン・ベル(男優)ジグソウ/ジョン
ショウニー・スミス(女優)アマンダ
アンガス・マクファーデン(男優)ジェフ
バハー・スーメク(女優)リン・デンロン医師
ディナ・メイヤー(女優)ケリー
コスタス・マンディロア(男優)ホフマン刑事
ドニー・ウォールバーグ(男優)マシューズ刑事
ベッツィ・ラッセル(女優)ジル・タック
リー・ワネル(男優)アダム
石田太郎ジグソウ/ジョン(日本語吹き替え版)
後藤敦ジェフ(日本語吹き替え版)
田中正彦エリック(日本語吹き替え版)
仲野裕ホフマン刑事(日本語吹き替え版)
土井美加ジル(日本語吹き替え版)
相沢恵子ケリー(日本語吹き替え版)
原作ジェームズ・ワン(原案)
リー・ワネル(原案)
脚本リー・ワネル
音楽チャーリー・クロウザー
挿入曲オール・ザット・リメインズ"This Calling"
撮影デヴィッド・A・アームストロング
製作マーク・バーグ
オーレン・クールズ
ライオンズ・ゲート・フィルムズ
製作総指揮ピーター・ブロック[製作]
ジェームズ・ワン
リー・ワネル
配給アスミック・エース
特殊メイクニール・モリル
特撮スウィッチVFX(視覚効果)
デイモン・ビショップ(特殊効果)
美術デヴィッド・ハックル(プロダクション・デザイン)
A・スコット・ハミルトン(特殊美術)
衣装アレックス・カヴァナー
編集ケヴィン・グルタート
録音キース・エリオット
字幕翻訳松浦美奈
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
137.《ネタバレ》 今さら1の舞台裏を見せられても・・・。しかも特に面白いところなし。
あとアマンダ、突然のヤンデレ化はどうなんでしょ。
たろささん [インターネット(字幕)] 5点(2018-10-25 00:29:37)
136.《ネタバレ》 自分的には1>3>2って印象のシリーズここまでです。
夫婦のトリックはすっかり騙され、変な声が出ました。

ところどころ雑さが見られたのは残念。判事さんなんか、ギャグみたいな無駄死にしちゃいますし。クライマックスに向けて不要だったから、ご都合的に殺しちゃった感がありありと。
目の前の者を助ければ犯人の男に近づけるって言うゲームなのに、成否に関わらず次へ進めちゃうのも腑に落ちない。

あと、ジグソウとアマンダによるメイキングオブソウ1みたいなシーンもいらないかと。あんなん裏側を見たら、アマンダが健気で笑ってしまいます(笑)

と、減点ポイントをツラツラ挙げましたが、それでもジグソウのモンスターっぷりや、クライマックスの盛り上げなど魅せてくれた部分はあったかと。4も見てみます。
ハービィさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2018-06-09 23:36:47)
135.《ネタバレ》 3作目であるが、一番の駄作。
理不尽、不自然な展開ばかりだった。
アマンダがジェフに撃たれて死んでしまうのは、たまたま銃で女医を撃った瞬間にジェフがその場にやってきたからである。つまり全くの偶然なのだ。本作ではジェフには「時間制限」が課されておらず、ジェフがいつあの場にやってくるかはジグソウには予見できないからだ。これでは「ゲーム」が成立していない。本シリーズは綿密に仕組まれたゲームが売りなのに本作はそこが破綻している。
また、アマンダがなぜあんなにヒステリックになっていたのかもさっぱり分からない。医者女に対して変に突っかかる理由が不明。なのでゲームの目的がそもそもよく分からない。
ジェフも今まで散々「赦す」ことをしてきたのに、なぜ最後の最後だけそれができなかったのかも分からない。事故の後ずっと恨み続けた3人をすべて赦したのに、一体何者なのかも分からないジグソウはあっさり殺すのは納得できない。
不自然な点が目立つ駄作。
ぽやっちさん [インターネット(字幕)] 5点(2018-03-19 11:20:14)
134.《ネタバレ》 ソウ1がなぜ面白かったかというと、とにかく緊張感に満ちた圧倒的な謎、そしてあのオチ!というとこにポイントがあったんだと思うんです。

当時は、いろんな個人の方が「ソウの考察記事」をネットにあげて深読みして語ってましたが、実際そうさせる要素が一作目にはあったんです。

でもこの3作目くらいになるともういけません。
謎も何もなくてしゃべるしゃべる。舞台裏を見せながらのゲームに一作目の要素は全くなく、しかもそれも無駄に見てていやな感じのばっかりっていう。
こういうのは舞台裏を見せてしゃべりながらやっちゃうともはや意味ないと思うんです。
しかも3作目となると何かをパワーアップさせる必要があるから…ということでパワーアップしたのはキモグロ要素。
いや、そこじゃないんだよ!ってね。

今回は1作目あたりの舞台裏も結構見せてくれちゃってるわけで、当時ワクテカで深読み考察してた人達の意味ってなんなの?っていう気分にもなります。

1作目の魅力はまったくなくなり、ただただキモグロの映画に成り下がった残念な3作目なんですが、しかし1作目くらいの出来のものを連続して作るのは難しいだろうし、なんのかんの言って過去の謎解きはやっぱ皆期待してるわけで、こうなっちゃうのはしょうがないのかもしれませんね。いやキモグロはだめだけど。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-02-01 10:48:21)
133.《ネタバレ》 “ソウ・マラソン”を数年ぶりにリプレイしておりますが、『3』でようやく“ジグソウ死す”というところまでこぎつけました。ここら辺から自分の感覚がマヒしてしまっているのか、数々のグロ拷問シーンをほとんど覚えていませんでした。強いて言えば判事が出てくるシーンでのフックで次々運ばれてくる豚の死骸ぐらいでしょうか、これだけは強烈でしたから自分にとっては。 ネタバレすると、けっきょく『3』はアマンダのゲームだったというわけです。どおりでジェフのゲームと拉致されたリンのドラマがかち合わず、すごく冗長に感じたわけです。確かに『3』はシリーズで最長の上映時間ですからね。まあここで三作目までの伏線というか観客に見せてこなかった部分を綺麗に整理した感もあるので、これで“ソウ三部作”として完結させるのが普通の映画製作者ですけどね。まさかこれが七作シリーズの三本目だったとは、当時の観客は予想しなかったでしょう。 と言うわけで、飽きてくるのはしょうがないとしてもグダグダ感が少ないのは、このシリーズで褒めるところでしょう。本作で特に疑問に思ったところは、本筋には全然関係ないオープニング・アクトの様なゲーム犠牲者と、女刑事までゲームに巻き込まれて負けてしまうところでしょうか。この刑事殺しは、ジグソウが関与しないアマンダの個人的な犯行ということでしょうか。ドニ―・ウォールバーグの前作からの末路も明らかにされてますけど、これじゃゲームに勝ってもルールが守られてないじゃん、まさしく「ゴールポストが動いた!」ですよ(笑)。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-11-11 22:35:49)
132.《ネタバレ》 どんでん返しを放棄して露骨に次回に続きますよ的な終わり方が気に入らない。
より過激さを追い求め、処刑方法自体は派手になったが、それに伴ってストーリーの面白さは失速。
ジグソウ自体満身創痍でゲーム所ではないはずなのに、しっかり同時進行でゲームを見せてくれるという、どこまでも観客へのサービスを忘れないジグソウさん。
ヴレアさん [インターネット(字幕)] 4点(2017-11-05 14:32:26)
131.《ネタバレ》 しかしまあ、
小デブ男を拐ってくる
大柄で重たそうな裁判官を拐ってくる
バネが利いてイキのよさそうな黒人青年をさらってくる
他に数名、これ、すべてアマンダさんがお一人でやっていらっしゃるんですよねぇ 
そういう設定ってことになっているんですよねぇ 
ご隠居は寝たきりだったので今回一切手伝ってはいませんですよねぇ ふう~ん。大変ですねえ アマンダねぇ。
処刑装置の大袈裟さも気に入らねぇなあ シンプル・イズ・ベストだった1作目が懐かしいなぁ やっぱダメだったなぁ   
3737さん [DVD(字幕)] 5点(2017-07-31 21:13:36)
130.《ネタバレ》 不思議なもんで、過激な描写はどのシーンも同じくらいなのに、頭蓋骨開けちゃうシーンはそんなにグロいと思いません。人を助けるための行為っていうのは、こんなにも印象を変えてしまうものでしょうか。ジグソウが痛がっていないというのも一因か。やはり『グロい』と感じるのは、視覚情報だけでなく、そこに『痛さ』や『恐怖』を想像させられるからだと改めて実感。
 さて、『1』『2』『3』の中では一番好き。ジェフやケリーは子供を事故で失った悲しさから、家族関係が上手くいかなくなっているのだとしたら、そこをジグソウに責められるのはあまりにも無慈悲。もちろん、『生きている家族を大切に』っていうジグソウの言い分は正論だけど、命までかけさせられたらたまったものではない。ジェフやアマンダはゲームに参加させられなくても不幸だったのに、更にこんなゲームに参加させられてあまりに可哀想。そこが『1』や『2』と決定的に異なるポイント。二人に対する同情の気持ちが湧き上がる本作。大変理不尽で怒りが湧き上がりますが、もともとそういう主旨の映画。よくよく考えれば、理不尽であればあるほど映画としては正解なのでしょう。
 『このゲームはアマンダ、君へのゲームなんだ。』という発想及びオチのつけ方は好き。ですが、『アマンダ、君の命は彼女(リン)が握っている。』って、それはつまり『リンを殺せば、ジェフから復讐されちゃうぜ』ってことを示唆しているのかい?でもジェフがアマンダを撃っちゃう保証はないですよね?このゲームの最も大事な部分がそんな不確定要素いっぱいでいーんでしょうか?うん、でもまあ赦ソウ。
 3作品の中では最も過激な描写となった本作。ここまできちゃうともはや悪趣味。うん、でもまあ赦ソウ。
 3作品の中で、最も画面がチカチカ。目が無駄に疲れる。うん、でもまあ赦ソウ。
 ちなみにこれ、もう『1』『2』の内容知っていて当たり前の作品になってますね。まあシリーズものは1作目から順に見るのが良いんでしょうが、これはあくまで映画であり連続テレビドラマではありません。当たり前のように予備知識を観客に求めるっていうのは傲慢が過ぎやしませんかね。うん、でもまあ赦ソウ。そして8点。
 どうです、これでゲームクリアじゃないですかね?
たきたてさん [DVD(字幕)] 8点(2017-06-24 15:38:21)
129.《ネタバレ》 これまでの作品と比べて最後にどんでん返し感が無い(いや、ちょっとはあるのか)。
ということは、単にグロい映画となっているので、評価もほどほど。ソウシリーズを締めくくる感じはあるが、まだ続編があるのか。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2015-12-30 01:11:14)
128.《ネタバレ》 ソウ3はソウの種明かし的で、正直これで完結でも良かったよね。

綺麗な奥さんがぼんやり出てきたし、ホフマンもちらついてきたから無理だったかな。

最初のエリックが足を叩き潰して骨を折って鎖を外したシーンは記憶に新しいです。

あとは人が怯えて死んでいく様を見たいひと楽しんでねって映画。

ケリーの死に様が、初めて見たとき綺麗だと思った私は、最低。。。でも彼女はなんで死なないといけなかったのかな。

初めにベットの2人(リンとクリス)が夫婦だと勘違いさせるトリックだったよね。これもうまいなぁ~と思います。

ジョンがアマンダに「我々のゲームを始めよう」と言ったのも深いですよね。

子供の遺品が燃やされてしまうところは辛かったでしょうね。
新しい生物さん [インターネット(字幕)] 7点(2015-10-27 04:10:41)(良:1票)
127.《ネタバレ》 ある意味人間の痛みを一番表現できているのがこのパート3かなと思う。
毎回毎回終盤の高揚感は落ちなかった。どうなるんだろってな感じで。
1~3をセットで考えれば個人的には3も必見。
後継者みたさに4も観ます。
Mighty Guardさん [地上波(字幕)] 8点(2015-07-27 00:00:35)
126.《ネタバレ》 『1』『2』とはまるで別物になってしまいました。ジグソウの恐ろしさここに極まれり、しかし話としてはグロいだけ。ゲームの要素が気に入りませんでしたね。クライマックスは最高だし、良い感じの伏線回収もあるんですが、話がつまらないとどうしようもないわけです。ゲームの犠牲者になる人々は観客から近いようで遠い。
カニばさみさん [インターネット(字幕)] 5点(2015-02-01 00:01:42)
125.《ネタバレ》 マラソン鑑賞中。続けて観ると意外に高評価です。やはり続き物の新作が出たら前作の復習は大切ですねー。。

今回の拷問は更にグロさパワーアップ&イミフ&理不尽。アマンダがやっているんだからある意味それで正解のような気もしますし、それを狙っているのかもしれませんね。しかしながらジェフのゲームになってから一気に面白くなってきます。さすがジグソウ主体で作ったゲームだ。女医=奥さんのトリックはすばらしいものですが、出来ればもう少しシッカリ隠しておいて、ラストで一気にネタバラシして欲しかったです。

駄作の評価も多いですが連続鑑賞したらまた印象が変わりますので再鑑賞がお勧め!(今夜も続いて観るぜ・・ げっそり・・)
アラジン2014さん [DVD(字幕)] 5点(2015-01-15 17:31:17)
124.パート1のクオリティはまったく期待できなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 2点(2014-10-04 12:09:30)
123.《ネタバレ》 猟奇殺人鬼ジグソウによるヒトの生死を利用した悪シュミゲーム第3弾。今作のテーマは“赦し”。息子の復讐に囚われる男が4つの“テスト”に臨みます。第1弾の伏線と第2弾のその後が描かれます。今作ももちろんグロくてエグい、特に脳手術のシーンは絶句。この男への“テスト”は次作に続きます。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2013-02-12 01:40:20)
122.《ネタバレ》 ソウシリーズもこの3作目に入ると、残酷描写がエスカレートして見るのが苦痛になってきます。本作は残酷度ではシリーズトップクラスでしょう。(いや次の4の方がもう少しひどいかな?)
本作の目玉は主人公が許すか許さないかと言うのが真新しいが、でも許しても許さなくても結果は変わらずで釈然としない感がずっと付きまといます。最後はみんな自滅して終わり。ジグソウも終わり。次は後継者の巻ですね。
ぴのづかさん [映画館(字幕)] 6点(2013-01-07 22:06:02)
121.《ネタバレ》 2まで見てそれ以降観る気なしでしたが特集あったのでみました。
結局これってジグソウが誰かわかってしまえばただの拷問映画。
最初に女刑事のところから?何故に?もしこれが通り魔的無差別ならもう話は破たんしちゃうが、その理由は後半判った。そしていろいろつながってくるところが面白みなのかも知れないが、ちょっとそれぞれのチャレンジにレベルが違い過ぎないかい?と。
いかれたじいさん物としてはなんか軸ブレまくっているように見えるんですがね。
うーん、もう1のようなドキドキ謎解きどんでん返しは期待できないのかね。
もう誰しもジグソウに早変わりてかって心配が・・・・。ファイナルまで見れるかどうか・・・。
森のpoohさんさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2011-12-08 19:05:35)
120.《ネタバレ》 『SAW』シリーズ走破マラソン三作目。

『Ⅲ』はどうなんでしょうか。『Ⅱ』までと比べて人間ドラマ的なものが増えてきた気がします。今回は特にアマンダとジグソーとの絡みが多く、そこの師弟関係に重点を置いた話と感じました。
しかし前作のレビューでも書きましたが、やはり一作目の密室性脱出ゲームみたいなもののインパクトが強かったので、シリーズが進むに連れてゲーム参加者の行動範囲が広くなってきてるのはやや興味を削がれます。狭い密室で行動も制限されてる中で脱出のために頭を使うというのが一作目で面白かった所なのだと思いますが、どんどんゲームの自由度が上がってきてしまい、観てる側からは「もっとこういう風に出来るんじゃあ・・・?」という疑念が出てきてしまいます。
今作からリアルにジグソーの後継者問題が表面化してきますが、ぶっちゃけそこはこのシリーズで大事な所とは思わないんですけどね。まあ次作以降にまた期待します。

2011.06.03現在の点数分布;
『SAW』→8点
『SAW2』→6点
『SAW3』→5点
TANTOさん [DVD(字幕)] 5点(2011-06-05 19:56:38)
119.とにかくグロい。グロい。グロさはトップクラス。怖いもの見たさで見たい人はどうぞ。
たこちゅうさん [DVD(字幕)] 8点(2010-12-19 00:13:23)
118.《ネタバレ》 グロ路線に走り始めた三作目。別にそれ自体はいいのですが、上映時間が長すぎる気が……。こういう場面展開が少ない映画は短時間で纏めてナンボだと思いますが。序盤のマシューズ刑事のパートとかホントにいらない。
民朗さん [映画館(字幕)] 4点(2010-11-02 02:25:39)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 137人
平均点数 5.74点
010.73%
100.00%
232.19%
375.11%
4128.76%
53727.01%
63525.55%
72417.52%
81510.95%
921.46%
1010.73%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.57点 Review14人
2 ストーリー評価 5.54点 Review22人
3 鑑賞後の後味 4.31点 Review22人
4 音楽評価 4.80点 Review15人
5 感泣評価 3.16点 Review12人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS