デジャヴ(2006)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > デジャヴ(2006)
 > (レビュー・クチコミ)

デジャヴ(2006)

[デジャヴ]
Deja Vu
2006年【米】 上映時間:128分
平均点:6.58 / 10(Review 157人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-03-17)
公開終了日(2007-08-03)
アクションサスペンスSFアドベンチャーロマンス
新規登録(2007-01-02)【みんてん】さん
タイトル情報更新(2018-11-26)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トニー・スコット
キャストデンゼル・ワシントン(男優)ダグ
ポーラ・パットン(女優)クレア
ヴァル・キルマー(男優)アンドリュー
ジム・カヴィーゼル(男優)キャロル
アダム・ゴールドバーグ(男優)デニー
エルデン・ヘンソン(男優)ガンナース
エリカ・アレクサンダー(女優)シャンティ
ブルース・グリーンウッド(男優)ジャック
マット・クレイヴン(男優)ラリー
エル・ファニング(女優)アビー
マイケル・アラタ(男優)リポーター
デヴィッド・ジェンセン〔男優・1952年生〕(男優)Ferry Official
大塚明夫ダグ(日本語吹き替え版)
安藤麻吹クレア(日本語吹き替え版)
木下浩之アンドリュー(日本語吹き替え版)
てらそままさきキャロル(日本語吹き替え版)
谷口節ジャック(日本語吹き替え版)
水内清光ラリー(日本語吹き替え版)
後藤敦(日本語吹き替え版)
村治学(日本語吹き替え版)
脚本ビル・マーシリー
テリー・ロッシオ
音楽ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影ポール・キャメロン
製作ジェリー・ブラッカイマー
タッチストーン・ピクチャーズ
製作総指揮テッド・エリオット
テリー・ロッシオ
チャド・オマン
マイク・ステンソン
バリー・H・ウォルドマン
配給ブエナビスタ
特殊メイクジェイク・ガーバー
特撮アサイラムVFX(視覚効果)
美術クリス・シーガーズ(プロダクション・デザイン)
衣装エレン・マイロニック
編集クリス・レベンゾン
動物ジンジャー
スタントパット・ロマノ
グレン・R・ワイルダー
その他バリー・H・ウォルドマン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ(指揮)
あらすじ
和やかなお祭りムードの中、悲惨なフェリー爆破事件が発生。ATF捜査官ダグ・カーリンは、FBIの捜査に協力する。そんな中、彼の元に女性の不自然な遺体発見の報せが…。彼は、政府の開発したスパイ衛星の画像解析システムにより編集された4日前の映像を手がかりに、彼女の死の真相とフェリー爆破事件との関連に迫っていく。独自のアイディアをもとに、「既視感」を描き出した異色のアクション大作。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
117.《ネタバレ》 光が送れるなら、その光を使って、事件を防いで欲しかった。デンゼルワシントンが過去に送られた時点で退いた。前半と後半、別の映画みたいに感じる。前半のあの装置が生かされてないと思う。
トントさん [DVD(字幕)] 6点(2010-01-08 21:07:24)
116.《ネタバレ》 異色のSFサスペンス・アクション。張り巡らされた時間差の仕掛けや伏線の謎が徐々に明かされていく展開に夢中になりました。正義感一途な捜査官を演じたデンゼル渋すぎ!予想外に高評価。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 8点(2009-12-04 02:21:15)
115.いい意味でも悪い意味でもびっくりする映画。アイデアは3流だけど監督と脚本とキャストの力でおもしろくなるようにねじ伏せた感じの上質な使い捨てムービー。まあ楽しく観れたのでこれでいいのかも。。見終わった後、「結局ラブストーリーかよ!」とテレビに突っ込んでみました。
HAMEOさん [DVD(字幕)] 6点(2009-07-10 15:45:51)
114.《ネタバレ》 皆さん同様、SFかい!と突っ込まずにはいられませんでした。タイムトラベルの結果、頭の中が錯乱状態。要所でデジャヴ的な過去の映像にハッとさせられ、「こういう事だったのネ」と理解出来ても…やっぱり納得出来ない部分は多少あります。それでも7点なのはストーリーの完成度が高いから。一緒に見た人と映画談義に花を咲かせるにはいい作品でした。もう一回見て納得しようかと思えます。
たたんこ☆さん [DVD(字幕)] 7点(2009-06-08 19:11:02)
113.《ネタバレ》 デンゼル・ワシントンを使いジェリー・ブラッカイマーが製作でトニー・スコットが監督するという、なんというかハリウッド的には渾身のオールスタースタッフで贈る一品というべきなのであろう。
そんなありがたい(?)一品なのだがまず、金がかかっとる!スタッフキャストに費やした金だけでもすごいのにあの港のシーンには湯水のようなドルが注ぎ込まれていると思われる。なんか非常にバブリーである。
しかし、内容は…イカんかった。
私はエネミー・オブ・アメリカを思い出しましたけど、あれとて面白くはなかったが、今回も負けず劣らず面白くはありません。私が脚本書くならダグがラボに呼ばれるシーンから「ビューティフルマインド」オチにもってきます。そっちのほうが面白かったと思うけどねえ。
トニー・スコットにはいわば「監視妄想」みたいなのがあると推測されるが、それが映画になるとちっともうまく生かされない。今回は有り得ない方向(SF)にまで行ってしまって、観客はとーてもついていく気になりません。やー、デンゼルはよくこんな脚本で出演する気になったものだー。
ラボでの気の抜けた論争で有り得ないSFをタラタラ説明させるあたりも非常にうまくない。
全体的に監督のやる気のなさが伝わるのは気のせいだろうか。
オールスターで贈ってこの程度では、「今の」オールスターはもう行き詰っているということの証明のようにもなってしまったと思う。特にブラッカイマーはいいかげん引退の潮時である。
そして、ブラッカイマーに取り込まれず逆に「使いこなした」という点で、スコット兄の偉大さがわかる。偉大さというか異形さで、やはり優れた作品を生む監督は異形の一匹狼でなければならず、弟は秀才かもしれないが凡才であって決して異形ではないのだということを再認識す。
パブロン中毒さん [DVD(字幕)] 4点(2009-04-25 17:15:47)
112.J・カヴィーゼルは敬虔なクリスチャンなのに悪役が巧い。天使の心を持った悪魔のような俳優だ。
mimiさん [DVD(字幕)] 5点(2009-04-19 21:44:38)
111.《ネタバレ》 まさかタイムマシンが出てくるような話だったとは、、、

途中まではシリアスな流れで僕好みな感じだったんだけど、なんか急にがらっとジャンルが変わっちゃったね。

まあまあ面白かったけど、「なんだかなあ。。。」って感じです。
jojoさん [DVD(字幕)] 5点(2009-02-19 23:50:53)
110.《ネタバレ》 見る前に予想していた内容とまったく違っていた。SFだったとは。ただ船の爆破を防ぐためにあんなに交通事故を起こしていたらハンコックって呼ばれてしまいますよ。
アスモデウスさん [DVD(字幕)] 5点(2009-01-05 00:09:35)
109.最初は普通のサスペンスかと思って見ていたので映画に釘付け状態でした。
が、途中から「ん?もしかしてSFチックな展開なの?」という展開で若干萎えました。
SFだとなんでもありですからね。
しかし、これはSF映画なのだと受け入れてからはそれなりに面白く見られました。
サスペンスだと思って見る方にはおすすめしませんが、比較的誰でも楽しめると思います。
非映画人さん [DVD(吹替)] 6点(2008-12-14 03:36:55)
108.なぜ「2回目」だったのか。主観であるし、多分だが、1回目のタイムトラベルにおいて、デンゼルは事件を未然に防ぐことに失敗しているはずなのである。アクションもさることながら、タイムトラベルを扱ったシーンでのセリフ「2回目だろ?」ここが全ての焦点である。残念ながら100%の謎解きを脚本上はしていないが、実はとても深い、気付きにくい謎(遊び心)を秘めた、謎解きとしては最高クラスの作品である。ことの成り行きをもう1度確認したいと思うタイムスパイラルムービーは多々あるが、これほど深いものはないだろう。意味のわからない人はもう1度見て欲しい。これはただ単に未来からヒーローが登場する映画ではない。秀作。
Andrejさん [DVD(字幕)] 8点(2008-12-10 04:28:59)(良:1票)
107.十分に楽しめるが、脚本はあまり褒められたものではないのでこの点数。演出で強引に作品の世界へ引き込もうとする所などいかにもジェリー・ブラッカイマーらしく、荒っぽい娯楽作品の域を超えきれていない感が否めない。
woodさん [DVD(字幕)] 7点(2008-11-16 11:10:58)
106.いやマジで面白かった! 予想外のオモシロさで、正直びっくりしました。題材的には、講談社ブルーバックスの「タイムマシンの作り方」ってな本をワクワクしながら読んだのを思い出したりして、再びワクワクしちゃったりするのですけど(こういう設定を「ありえない、絶対ムリ」と頭から馬鹿にしてはいけないのだ! まあ、ムリですけど)、それを抜きにしても、大興奮してしまいました。冒頭の平和なフェリー出港の場面と、続く突然の大惨事。正直、例によって例の如くやたらカメラを動かしまくる点が気になったのだけど、この「やたら動くカメラ」が、映画中盤の「過去を映像で見る」というシーンにおける映像描写へと、視覚効果としてもちゃんとつながっており、違和感が一気に解消。ミステリとしても魅力的、謎が“虚”の映像で示され、“実”映像で解き明かされていくのが、まさに映画ならではの面白さ。そして(無くてもストーリー上は問題ないけど、あったら嬉しい)大サービスのカーチェイス。そしてそして、白眉は何といってもクライマックス。「同じシーンが、まったく違う心理効果をもたらす」という、その効果たるや、まさに絶大。大興奮。うーん。シビれたね~。
鱗歌さん [DVD(字幕)] 9点(2008-11-09 08:15:14)
105.《ネタバレ》 前半は好きです。アクション色が濃くなるまでは。過去の映像を映し出せるマシンが出てきたときはウキウキしました。が、タイムトラベルは好きになれません。デジャヴを体感するのは登場人物ではなく観客である。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2008-10-10 06:42:40)
104.《ネタバレ》 まさか最後にタイムスリップの話になるとは思っていませんでした。
無茶苦茶な話ですが、船の爆破シーンやデジャヴが生まれるシーンは中々良かったです。
民朗さん [DVD(字幕)] 5点(2008-08-15 00:25:41)
103.《ネタバレ》 この作品のタイトルがなぜ「タイムトラベル」ではなくて「デジャヴ」なのか分からない人は、この作品をきちんと理解できていない。デンゼル・ワシントン演じるダグがこの作品の中で4.5日前にタイムトラベルをするのは、実は2回目なのである。1回目のタイムトラベルの様子は映画には描かれず、示唆されるだけである。なぜそんなことが分かるかというと、4.5日前を映し出すモニターの世界の中で、ダグがタイムトラベルした痕跡(クレアの家に残されたダグの指紋、止血したタオルなど)が残っているにもかかわらず、フェリーが爆発した事実が変わっていないからである。つまり、実はこの映画は、ダグが1度タイムトラベルしたにもかかわらずフェリー爆破阻止に失敗し、しかもラリー捜査官を巻き込んだせいでクレアまで死なしてしまったところから、スタートしているのだ。もともとの事件では、ラリー捜査官はフェリーの爆発に居合わせてで死に、犯人は自分の車を使って爆破を成功させ、クレアには何にも関係ない事件だったはずなのだ。しかし、ダグが4.5日前のダグ自身に送ったメモをラリー捜査官が受け取ってしまったことで、ラリーはフェリー事故ではなく、事件発生前に犯人を待ち伏せしようとして殺されることになる。しかも、ラリーが犯人の車に発砲したために犯人は別の車を入手しなくてはならなくなり、クレアが巻き込まれてしまう。クレアを救おうとしたラリーは時空を超えるけれど、クレアもフェリーも救えずに死ぬ。そこからこの映画が始まっている。だから、ダグがクレアを救おうと固執するのは、もともと死ぬはずでなかったクレアをダグたちの介入によって巻き込んで死なしてしまったからに他ならない。時空を超えたダグの胸に「REVIVE ME」と書いてあったり、タイムトラベル前に「2回目なんだろ?」ってダグが口走るのはタイムトラベルが2回目だからである。すなわち、この映画のダグは最初から「デジャヴ感」をもちながら捜査を進めているのだ。すごく良くできた脚本だと思う。大傑作だ!!
wunderlichさん [DVD(字幕)] 9点(2008-08-09 18:14:16)(良:6票)
102.《ネタバレ》 デンゼルワシントン、大好き、冒頭のフェリーのシーン見ただけで感動しました。
ヒロインの女性も、凄くかわいいし、助けに行きたくなりますよね。
ここの、書込を、みて、やっと解ったんだけど、未来の彼が死んでも、過去の彼は
生きていても、おかしくないよね、と、書かれていたのをみて、やっと、自分も
最後、彼が、迎えに来たことに納得できました。映画だから細かいことをいっても
仕方ないし、でも、すばらしい映画だったと思います。思わず、感動できました。
えいがって、すばらしいです。どのくらいの費用を、かけると、この映画は出来る
のだろうか、なんか、金かかっていそうな感じを受けました。
yasutoさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2008-07-11 09:57:49)
101.大画面、大音量で見れるなら、一見の価値ありです。細かい事は気にしてはいけません。ハリウッドは金が掛けられていいですね。
お好み焼きは広島風さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2008-05-13 07:38:00)
100.《ネタバレ》 全体の雰囲気やテンポはイイ感じ。シリアスな捜査モノなのかい?、、、、、え?なにその流れ、、、、タイムマシン?って所でシリアス感喪失。

まぁ、面白く見れたよ。うん。
で、爆発して残念だった全てを知ってるダグと、美女と知り合えてその後ムフフな何も知らないダグ。どっちもOK?ダグというよりグダグダ。
とみぞ~さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2008-05-12 00:07:23)
99.ストーリーはスピードのある映像で飽きさせないが、やっぱり最後足ズッコケになった。これがアリならなんでもアリだよ。
カーヴさん [DVD(字幕)] 5点(2008-05-06 20:42:47)
98.未だかつてないほどのハイテク捜査モノかと思いきや、ぶっとびSFサスペンス。やたら小難しい話が飛び交いますが、決して真面目に見てはいけません。前半の怒涛の如く押し寄せるとんでもない設定に振り落とされないかどうかがこの映画を楽しめるかの分かれ道。馬鹿馬鹿しいと見捨てずにしがみついていければ、後半の華麗な伏線回収に舌を巻き、今までのカットに無駄のなかったことに気づかされ、なんだ結構楽しいじゃないかと無邪気に楽しめることでしょう。こんな無茶苦茶なストーリーをひたすらシリアスな物語として無理矢理仕上げるのは流石ハリウッド。広い心と忍耐が必須の、突っ込み無用出たとこ勝負シリアス風バカ映画。デジャヴどころの騒ぎじゃねえ。
すべからさん [DVD(字幕)] 7点(2008-05-01 23:35:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 157人
平均点数 6.58点
000.00%
100.00%
210.64%
363.82%
474.46%
52113.38%
63622.93%
74126.11%
83220.38%
995.73%
1042.55%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.92点 Review25人
2 ストーリー評価 6.85点 Review35人
3 鑑賞後の後味 6.65点 Review35人
4 音楽評価 7.11点 Review26人
5 感泣評価 5.22点 Review22人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS