スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団
 > (レビュー・クチコミ)

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団

[スコットピルグリムバーサスジャアクナモトカレグンダン]
Scott Pilgrim vs. the World
2010年【米・英・カナダ】 上映時間:112分
平均点:5.89 / 10(Review 27人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-04-29)
アクションコメディファンタジー青春もの音楽ものロマンス漫画の映画化
新規登録(2011-02-04)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2014-08-04)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督エドガー・ライト
演出ブラッドリー・ジェームス・アラン(スタント・コーディネーター)
キャストマイケル・セラ(男優)スコット・W・ピルグリム
メアリー・エリザベス・ウィンステッド(女優)ラモーナ・ヴィクトリア・フラウアーズ
キーラン・カルキン(男優)ウォーレス・ウェルス
ジョニー・シモンズ[男優](男優)ヤング・ニール
マーク・ウェバー〔男優〕(男優)スティーブン・スティルス
アリソン・ピル(女優)キム・パイン
アナ・ケンドリック(女優)ステーシー・ピルグリム
オーブリー・プラザ(女優)ジュリー・パワーズ
エレン・ウォン[女優](女優)ナイブス・チャウ
クリス・エヴァンス〔男優・1981年生〕(男優)ルーカス・リー
ブランドン・ラウス(男優)トッド・イングラム
メイ・ホイットマン(女優)ロクザン・“ロックシー”・リックター
斉藤祥太(男優)カイル片柳
斉藤慶太(男優)ケン片柳
ジェイソン・シュワルツマン(男優)ギデオン・ゴードン・グレイヴズ
ブリー・ラーソン(女優)エンヴィ・アダムズ
クリフトン・コリンズ・Jr(男優)(ノンクレジット)
トーマス・ジェーン(男優)(ノンクレジット)
本田貴子ラモーナ・フラワーズ(日本語吹替版)
野島健児ウォレス・ウェルズ(日本語吹替版)
ビル・ヘイダー
脚本マイケル・バコール
エドガー・ライト
撮影ビル・ポープ
製作マーク・プラット
エドガー・ライト
衣装ローラ・ジーン・シャノン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 さすがエドガー・ライト。ゲームやコミックのような映像・演出、チップチューンやガレージロックの音楽、SE等の細かい小ネタなど、かなり秀逸な出来で自分好みなんだけど、肝心のストーリーや設定があまり面白くなく、さらにヒロインの二人に魅力がない(ラモーナはなんか・・・な女だし、ナイブスはいい子だけど正直不細工)。
でももし監督がエドガー・ライトじゃなかったら、ほんっとに面白くない映画になっていたと思う。
eurekaさん [DVD(字幕)] 6点(2011-10-01 23:17:07)(良:1票)
6.《ネタバレ》 嫌いか嫌いではないかというと嫌いではない。かといって好きかと言われるとそうでもない。
なんにも考えずにひたすらのバカムービーとして楽しむには題材としていいと思う…んだけど、いまいち主人公とヒロインに魅力を感じられない。主人公はちっともかっこうよくない浮気者だし、ヒロインも元彼たちがどこに惹かれたのかまったく分からない。というか、7人の元彼を倒さなくてもデートしてるしキスまでしちゃってるし、これって付き合ってるってことじゃないのでしょうか?

演出は細かくて好きです。牛乳飲んだら超能力なくなるとか、ラスボスが武器を振る度にドットが荒れてるのとか。ただ、ツインズがあまりにも不甲斐なさすぎだったなぁ…。一言も喋ってないし、そもそも演奏してたのか!?ってくらい印象薄い。
キャストだけがもったいない…。
HIGEさん [DVD(邦画)] 5点(2011-09-06 13:19:45)
5.《ネタバレ》 メチャメチャ期待値上げて鑑賞。「センスあるオープニング」、「効果音表示」、「人物のレベル表示」等々予想通りのノリで進んでくれたのは良い。まぁでもこの映画は100分以内にまとめていんじゃないか?この手の作品は客に息つかせてちゃダメ。考える隙なんて与えずにこっちの脳みそを掻き回すだけ掻き回して「訳わかんないけどメッチャ中毒性あるかも!」って思わせるのがイロモノに期待しちゃうポイントなのでそこはマイナス。あ、もう一つのエンディングの方が好きだったりする。
HIRABAYASHIさん [DVD(字幕)] 6点(2011-09-04 17:59:54)
4.《ネタバレ》 ハッキリ言って凡庸な監督が同じことをしたら、「金返せ!」の大合唱になると思います。全編簡単に言うとおふざけで、マトモな演出は一つも無いと言っていい。それでも、この映画が良くある実験映画の様な完全自己満足作品に落ちぶれずに済んでいるのは、エドガー・ライト監督のコメディの演出が上手いからなんだろうなと思います。と言いますか、良くこれだけムチャクチャな原作を忠実に実写化出来たなと感心したいくらいです。プロットだけ抜き出すと、「美人(という設定)の彼女と結ばれるには、彼女が過去に付き合っていた7人の元彼を全員倒さなければいけない。しかも元彼達は何かしらの特殊能力を備えている!」って自分で書いててサッパリ訳が分からん。
民朗さん [映画館(字幕)] 5点(2011-05-29 22:11:30)(良:1票)
3.《ネタバレ》 非常に愉快で、楽しい映画だった。笑いどころも結構あり、場内がドっと湧くシーンもちょこちょこあった。気軽に楽しめるコメディとしては充分。
ただ、どうも惹きこまれない部分が多かった。
●ゲームバトルになる必然性が全くない
無理矢理でもいいから、設定作りをしてくれた方が入り込みやすかったはず。
●ネタは面白いが、本筋のストーリーが面白くない。
 本筋は『彼女と付き合うために7人の敵を倒す』だけ。
 だったら「全部倒して初めてキスできる」とかの方が物語としては燃えるよね。
●主人公がやってるバンドがなぜかパンク(?)
 ゲームの世界をモチーフにしたなら、テクノとかそれっぽいサウンドを盛り込んだ方がオタクっぽくていいんじゃないかと思った。
●ヒロインが非魅力的
 全然魅力的に見えないのは個人的な嗜好もあるから、仕方ない。
 でも、ドラマーや妹や、周りの子の方が魅力的に見えたぞ。
●主人公モテすぎる。強すぎる。
 モテるダメ男って事で、感情移入できないのは良しとしよう。
 だけど、なんであんなに強いの?最初は弱いがレベル上げして強くなるとかあれば良かったんだけど。
●ゲームネタのバリエーションが乏しい
 もっと色んなゲームネタがあるのかと思いきや、主に格ゲーばかりなのが残念。
 敵によって違うジャンルで闘ったり、レトロゲームのテイストを出したりしてくれたら、もっと楽しめたかな。

まあ、グダグダと色々書いてしまったが、細かい事気にせず、個々のネタを素直に楽しむのが正しい。脇役のキャラクターとか、演出も面白かったし、終盤の自尊心を賭けての闘いの辺りは熱かった。
・・・結末は嫌いだけどね。
すべからさん [映画館(字幕)] 7点(2011-05-05 12:42:45)(良:1票)
2.《ネタバレ》 くだらねー! マトモなシーンがまるっきりない、最初から最後までロクでもないモンが連なってるだけの映画。ユニバーサルのロゴが荒いドット絵、ファミコンのPSG音源みたいな音楽で幕が開ける時点から、この映画ヤバいでしょって。でも、こっちの予想を上回ってメチャクチャ。頭の悪そうなバカロック青春映画が突如として対戦格闘映画へ転じる上にマサラ、カンフー、超能力乱れ飛び。どう見てもダメな主人公が何故か女にモテまくっててバンドやっててしかもとても強いっていう、リアリティの欠片もない、ダメなヤツの妄想が暴走してるだけの状態。テレビゲームがメインとなる大量のネタはひたすら同族に対するウケ狙いばかり(「今のSEはメジャー過ぎて逆になんだったか思い出せない・・・『マリオ』のコインじゃなくて、えーと、あ、『ソニック』のリングだ」みたいな事を考えてるうちにどんどん先に進んじゃう)。自分でもよくやる、人生をゲームに例えて(え?フツーやらない?ほら、経験値積んでそろそろレベル上がったかな?とか)、そこから何らかのメッセージを発信するかと思いきや、なんやの?1upしたのでやり直し可とか。最初から最後まで映画として物語やシーンやカットがちゃんと流れてはいません。『エンジェル・ウォーズ』もそうなのですが、行くところまで行っちゃった、抑えなんてまるで効いてないリビドー暴走映画。本当にダメな映画。で、そのダメさがぴったりフィットな人間にとっては限りなく甘美な世界である訳でね。『ソウルキャリバー』や『モータルコンバット』等のゲームだけでなく、昔のテレビ版『バットマン』から韓国映画やら中島哲也監督作品やら『(500)日のサマー』やら『マクロスF』あたりまでいっぱいのアレコレを思い出しちゃニヤニヤする、傍から見たらキモチ悪いだけな集団自慰映画。悪いっちゃ悪い。でも仕方ない。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 10点(2011-05-02 17:40:30)(良:2票)
1.この映画は本当に人を選びます。
好きな人にとっては最高。嫌いな人にとっては上映途中で帰りたくなります。
ちなみに自分は後者だったので、観賞が苦痛でした。
良く言えば近未来映画。アメコミの描写をそのまま映像化したようなSFコミックムービー。
悪く言えばストーリーもアクションも唐突すぎるちぐはぐ映画。
日本人がこの映画のノリについていけるのか、はなはだ疑問です。
ただイギリスやロシアの実験的映画を楽しめる人にとっては面白いのかもしれません。
予告編は面白そうだったんですけどね。
ronronvideoさん [DVD(字幕なし「原語」)] 4点(2011-02-18 06:50:06)(良:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 27人
平均点数 5.89点
000.00%
100.00%
200.00%
313.70%
4311.11%
5829.63%
6622.22%
7622.22%
827.41%
900.00%
1013.70%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review1人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS