ミッション:インポッシブルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ミ行
 > ミッション:インポッシブル
 > (レビュー・クチコミ)

ミッション:インポッシブル

[ミッションインポッシブル]
MISSION: IMPOSSIBLE
1996年【米】 上映時間:110分
平均点:6.71 / 10(Review 359人) (点数分布表示)
アクションサスペンスシリーズものスパイものTVの映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2015-05-23)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ブライアン・デ・パルマ
キャストトム・クルーズ(男優)イーサン・ハント
ジョン・ヴォイト(男優)ジム・フェルプス
ヘンリー・ツェーニー(男優)ユージーン・キトリッジ
エマニュエル・ベアール(女優)クレア・フェルプス
ジャン・レノ(男優)フランツ・クリーガー
ヴィング・レイムス(男優)ルーサー・スティッケル
クリスティン・スコット・トーマス(女優)サラ・デイビーズ
ヴァネッサ・レッドグレーヴ(女優)マックス
インゲボルガ・ダクネイト(女優)ハンナ・ウイリアムズ
デイル・ダイ(男優)フランク・バーンズ
マーセル・ユーレス(男優)アレクサンダー・ゴリツィン
エミリオ・エステヴェス(男優)ジャック・ハーモン(ノンクレジット)
サム・ダグラス(男優)Kiev Room Agent
鈴置洋孝イーサン・ハント(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
山野史人ジム・フェルプス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
紗ゆりクレア・フェルプス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
荒川太郎ジャック・ハーモン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
滝沢久美子サラ・デイビーズ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
池田勝フランツ・クリーガー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
島香裕ルーサー・スティッケル(日本語吹き替え版【VHS/DVD/フジテレビ】)
樋浦勉ユージーン・キトリッジ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
翠準子マックス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小杉十郎太イーサン・ハント(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
羽佐間道夫ジム・フェルプス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
日野由利加クレア・フェルプス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
堀内賢雄ジャック・ハーモン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
幸田直子サラ・デイビーズ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小林優子ハンナ・ウイリアムズ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大塚明夫フランツ・クリーガー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
沢田敏子マックス(日本語吹き替え版【フジテレビ/テレビ朝日】)
小川真司〔声優・男優〕ユージーン・キトリッジ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大平透ユージーン・キトリッジ(指令の声)(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
中田和宏マックスの部下(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小室正幸ウィリアム(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
西村知道ニュースキャスター(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
森川智之イーサン・ハント(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小林勝彦ジム・フェルプス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
渡辺美佐〔声優〕クレア・フェルプス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
佐々木勝彦フランツ・クリーガー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
宝亀克寿ルーサー・スティッケル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
江原正士ユージーン・キトリッジ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
佐藤しのぶ【声優】サラ・デイビーズ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
佐久田修ジャック・ハーモン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
青山穣アレクサンダー・ゴリツィン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中博史(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
稲葉実(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大川透(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作ブルース・ゲラー(TVシリーズ)
スティーヴン・ザイリアン(原案)
デヴィッド・コープ(原案)
脚本スティーヴン・ザイリアン
デヴィッド・コープ
ロバート・タウン
音楽ダニー・エルフマン
ラロ・シフリン(テーマ音楽)
編曲スティーヴ・バーテック
撮影スティーヴン・H・ブラム
アーネスト・デイ(第二班撮影監督)
製作トム・クルーズ
パラマウント・ピクチャーズ
ポーラ・ワグナー
製作総指揮ポール・ヒッチコック
配給UIP
特殊メイクロブ・ボッティン
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
美術ノーマン・レイノルズ(プロダクション・デザイン)
ピーター・ハウイット〔美術〕(セット装飾)
カイル・クーパー(タイトル・デザイン)
衣装ペニー・ローズ
編集ポール・ハーシュ
録音クリストファー・ボーイズ(サウンド・デザイナー)
ゲイリー・ライドストロム
ゲイリー・サマーズ
字幕翻訳戸田奈津子
日本語翻訳木原たけし(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
松崎広幸(日本語吹き替え版【フジテレビ/テレビ朝日】)
その他デニス・ミューレン(クリエイティブ・アドバイザー)
あらすじ
TVシリーズ「スパイ大作戦」をトム・クルーズが製作と主演で映画化。IMFのメンバーは東欧での任務に失敗。ところが任務の本当の目的は裏切り者の始末。濡れ衣を着せられたイーサン・ハント(トム・クルーズ:鈴置洋孝)は新たにチームを組んで真相究明に乗り出すが・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415161718
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
319.《ネタバレ》 人間が落下する時の動作の反応として、地上すれすれで水平大の字の姿勢はあり得ないと思う。
きーとんさん [DVD(字幕)] 5点(2010-08-05 22:52:24)
318.《ネタバレ》 当たり前ですけどシリーズ中1番好きです。

デパルマの古くさ~い演出が素敵な映画。

トムクルーズに関しては特に好きでも嫌いでもないし
いまいち巧いかどうかの判断もつきにくい。
勿論これもそうです。

この作品に関しての好きポイントとしては
・TGV(作中ではユーロスターという設定?)シーン。
 窓からの引きの画がもうデパルマ過ぎてしびれる!
・エマニュエルべアールの起用。
 最近だと、ダヴィンチコードのオドレイトトゥや
 インセプションのマリオンコティヤールなんかと同じベクトルの好きポイント。
 エマニュエルべアールはもともとすっごい好きだったので
 それだけを観に行った様な感じでもあります。
 髪アップでペンから下剤を入れるシーンなぞもう
 デパルマ&エマニュエル最高でございます。

と、デパルマ・TGV・エマニュエルべアールの3点でのみでこの点数。

シリーズを重ねるにつれ,ただの派手なアクション映画となってしまったので
少々残念です。フィリップシーモアホフマン使えば良いとでも思ってんのか?
と、3には言いたいですけどそれはまた別の話。 w
Peccoさん [映画館(字幕)] 9点(2010-07-25 22:43:47)
317.TGV上で派手にやり合うのは、ハリウッド映画らしくて楽しい。あれはハントも大怪我までは必至だと思うが、そこは娯楽映画と割り切れる。スパイ大作戦は未見だけど、お馴染みのBGMはいいね。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-05-21 21:56:00)
316.これこそ娯楽映画!十何年前、映画館で観たけど、今回ビデオで再見。細かいストーリーはすっかり忘れてて、すっかりのめりこんで観ました。CGは今のに比べるとちゃちいけど、こういう裏切り、裏切られ、の展開こそ、スパイ映画の王道。もう映像革命はいいから、こういう2転3転するストーリーづくりに知恵をまわして欲しい。エマニエル・ベアールが出てたんだねぇ。スパイ役をする為に生まれたような怪しげな魅力。また包容力がありそうで、こすいジョンボイド扮する上司役も良かった。そして、なんと言ってもこの音楽。2010年冬季オリンピックのフィギュア、007の音楽で韓国に金メダルを持っていかれたけど、まだこの音楽があるじゃないか!
トントさん [ビデオ(字幕)] 8点(2010-04-25 22:38:23)(良:1票)
315.《ネタバレ》 トムクルーズの映画ではこれが一番。最後に黒幕を思い浮かべるシーンがいい。
osamuraiさん [DVD(字幕)] 7点(2010-02-08 21:21:10)
314.《ネタバレ》 「アメリカン・グラフィティ」のグロリア・カッツ&ウィラード・ハイクによるオリジナルをデビッド・コープとスティーブン・ザイリアンが推敲し、それをさらにロバート・タウンが手直ししたというハリウッドの叡智を結集したかのような脚本、さらにブライアン・デ・パルマを監督に引っ張ってくるという鉄壁の布陣を作り上げたあたりに、ハリウッドにおけるトム・クルーズの権力がよくわかります。
しかし出来上がった作品は、ド派手な見せ場で目を楽しませるアクション大作でもなく、優秀な脚本家によるインテリジェントなサスペンスでもなく、デ・パルマの作家性を感じさせるようなギミック溢れる作品でもなく、実に中途半端な映画という印象です。悪くはないが、それほど面白いわけでもない。やる気マンマンなのはトム・クルーズだけで、他のメンバーはプロデューサーから言われた通りの仕事をしましたという感じだったのでしょうか。ジャンルを愛する若手クリエイターに一任した「M:i-Ⅲ」がシリーズ随一の面白さだったことを考えると、その何倍も優秀な人材を配置した「1」がこの程度というのは、集められたスタッフ達のやる気や思い入れが影響しているのでしょう。
本作の最大の問題点は、ジョン・ボイトが怪しいのが最初からバレバレなところでしょうか。デ・パルマという人は過去の作品からしてそうですが、サスペンスを撮る監督なのに犯人がバレバレで、それを隠しもしないという変わったところがあります。ストーリーよりもデ・パルマのテクニックを楽しむことが優先の自前企画ならそれでもいいのですが、「スパイ大作戦」でこれはマズイように思います。ボイトが自分の死を偽装するところなど、笑わせているのかと思うほどチャチで困ってしまいました。もうちょっとやりようがあったでしょうに。

【2018/7/31追記】
『フォールアウト』公開に合わせてシリーズ全作を再度鑑賞したのですが、本作はアクション大作と化した『2』以降とはまったく毛色の違う作品であり、シリーズ中で唯一、冷戦時代に製作されたスパイドラマと同一の雰囲気を作ろうという努力が見て取れました。
また、イーサン・ハントが超人化しておらず、フェルプスに殴られただけで失神する程度の戦力だったことが現在の目で見ると新鮮であり、もはや諜報部員というよりも特殊部隊員か何かに近い存在となっている現在よりも、こちらの方が本来あるべき姿だよなと納得できました。
見せ場もイーサンの戦力に合わせてあり、水槽を爆破しての脱出やCIA本部潜入など通常のアクション映画で見る力押しとは一味も二味も違うもので、創意工夫の跡は伺えます。また、ダニー・エルフマンによる音楽も良くて、全編に渡って落ち着いた曲調を流しながらも、必要な場面ではアガる曲調のメインテーマをジャジャーンと流すことで音楽がうまくテンポを作っています。
ただし、やはりサスペンスとして弱いことは引っかかりました。上記の通りフェルプスが怪しいのはバレバレだし、イーサンがフェルプスの裏切りに気付いたきっかけが、フェルプスが滞在していたドレイクホテルの押印のある聖書がアジトに置かれていたからという点は、地味だし非常に分かりづらい(謎の裏切り者ヨブは武器商人マックスとのやりとりを聖書の引用により暗号化していたが、ドレイクホテルのスタンプにより聖書とフェルプスが繋がったことで、「ヨブ=フェルプス」をイーサンは疑い始めたわけです。って、分かりづらいよ笑)。謎解きの核心部分なのだから、もう少し丁寧に見せるべきだったと思います。
そして、ヨブの正体をクライマックス前に暴き、クレアはどちら側の人間なのかという点が最後の争点となるのですが、これについては観客に対して適切な問題提起ができていない上に、オチに繋がる伏線の張り方も不十分なので、実はクレアも逆賊でしたというオチが観客にとってのサプライズにはなっておらず、それどころか「どっちでもええがな」となってしまっています。また、クレアに惚れていたがためにイーサンの判断力が鈍り、イーサンは自分で考えているようでいて、実はクレアとフェルプスにうまく使われてCIA本部潜入までをやってしまったという図式も観客にうまく伝えられておらず、どんでん返しが機能していません。
なお、点数は5点から6点へと修正します。いろいろと文句はあったものの、過去に見た時よりも今回の方が楽しめました。
ザ・チャンバラさん [インターネット(吹替)] 6点(2009-08-09 21:20:20)
313.《ネタバレ》 ハイ、面白かった!TVシリーズ未見だったのがよかったのかな。例の宙吊りシーンはなかなかの緊迫感がGood! 音楽もいい感じで(おお、これがあの有名な…)良かったです。が、ちょっと気になるところ=TGVの車内の場面はもうすこし「らしい」演出が…TGVって全然揺れないんですか?(もしかしたら揺れないのかー、乗ったことないから分かんないな(笑)) 最後のヘリの場面:ちょっと無理あるかな~~おまけにジャンレノあっさりだし ここがなかったらもう少しいい点数デシタ
Kanameさん [ビデオ(吹替)] 6点(2009-07-26 20:43:33)
312.素直に楽しめました。TVシリーズの「スパイ大作戦」を全く観た事なかったので、それが幸いしたのかも。作品的に、全体的なバランスが良くとれている映画だと思います。
カロさん [ビデオ(字幕)] 6点(2009-05-30 17:31:32)
311.おもしろい、最後までノンストップ
megring777さん [DVD(吹替)] 7点(2009-05-22 20:38:28)
310.2はおもろないが、これは結構よかった。サスペンス要素があったから。
承太郎さん [映画館(字幕)] 7点(2009-05-04 18:21:16)
309.文句なしの娯楽作品。期待を裏切らない仕上がり。子供のころ、かすかに記憶にある(と言っても再放送)テレビ『スパイ大作戦』の曲・・・この曲聴くとなんかワクワクする。金もたっぷりかかってそうで、まさしくハリウッド映画だね。
フラミンゴさん [DVD(字幕)] 7点(2009-03-02 20:13:39)
308.遅ればせながら初観。期待しすぎたかなぁ。
ただこの作品をきっかけに「天使とデート」という作品を買ってみることにしたので、まぁよしとしましょう。
hyamさん [DVD(字幕)] 5点(2008-12-27 14:00:39)
307.《ネタバレ》 何度でも見れて楽しめるよくできた作品。アララとなりそうなストーリをスタイリッシュにまとめ上げたのも監督の力量か。ガム爆発、宙吊り、汗、ナイフ、手品、変装、列車上、跳び付き、最ラストの表情・・・・などなど。印象に残る名シーンにあふれてるし。素晴らしいね。テーマ音楽はとても気分高揚するし、クレアは美しく色っぽ過ぎるくらいだし。いいなあ。トムクルーズのキャラも十分に生きてるし、うんイーサンハントはトムクルーズの代表作となったとしていいと思う。
タッチッチさん [地上波(吹替)] 8点(2008-11-24 11:47:22)
306.2が余りにもガッカリな出来だったので観るのを渋っていたのですが遂に鑑賞。すると案外に正統派スパイ映画の作りで結構面白かったです。誰が敵で、誰か味方か分からない展開が映画全体に程よい緊張感を生んでくれているので二時間飽きることなく観れます。
1の路線のままで作っていたら、いいスパイ物のシリーズになっていたかも。それ故に残念です。
民朗さん [地上波(吹替)] 6点(2008-11-24 01:16:46)
305.《ネタバレ》 敵と味方がめまぐるしく入れ替わる展開で面白い。テンポもよくアクションも十分に見ごたえがあった。2以降とは全くの別物といえる。
飴おじさんさん [地上波(吹替)] 7点(2008-11-16 21:51:06)
304.宙吊りのシーンと、列車アクションのシーンと、
あとクレア役の人の顔のキレイさが印象に残った。
その他はそれなり。
話は難しいので、ちゃんと理解できてるか自信がない。
さん [地上波(吹替)] 7点(2008-11-16 13:49:06)
303.《ネタバレ》 インテリでスマートなアクションを素直に楽しみたいのならやはりこれです。抜群のテンポと不思議な説得力で迫ってくる有り得ねー系の展開が◎。この頃のトムは本物のイケメンでした。
HIRABAYASHIさん [地上波(吹替)] 9点(2008-11-16 01:05:06)
302.2よりもワクワク感があって楽しめます。エマニュエル・ベアールは美し過ぎ。イーサンが落としてしまったナイフが机に刺さるシーンが好き。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 8点(2008-11-15 23:49:18)
301.「スパイ大作戦」を観たことがない自分にとってはけっこう面白かったです。やはり、この音楽は聴くだけでちょっと興奮してきますね。
茶畑さん [DVD(字幕)] 6点(2008-08-07 23:46:58)
300.あれがあの人で、この人はあれ?
Yoshiさん [DVD(字幕)] 5点(2008-03-24 23:03:12)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415161718
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 359人
平均点数 6.71点
030.84%
130.84%
220.56%
351.39%
4133.62%
53910.86%
68623.96%
79526.46%
87520.89%
9226.13%
10164.46%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.73点 Review19人
2 ストーリー評価 6.80点 Review30人
3 鑑賞後の後味 6.58点 Review29人
4 音楽評価 8.32点 Review31人
5 感泣評価 4.62点 Review16人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS