荒野を歩けのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > 荒野を歩け
 > (レビュー・クチコミ)

荒野を歩け

[コウヤヲアルケ]
Walk on the Wild Side
1962年【米】 上映時間:114分
平均点:6.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
ドラマモノクロ映画ロマンス小説の映画化
新規登録(2018-08-24)【S&S】さん
タイトル情報更新(2018-09-09)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督エドワード・ドミトリク
ブレイク・エドワーズ(追加撮影シーン担当 ノン・クレジット)
キャストローレンス・ハーヴェイ〔男優〕(男優)ドヴ・リンクホーン
キャプシーヌ(女優)ハリー・ジェラード
ジェーン・フォンダ(女優)キティ
アン・バクスター(女優)テレシナ
バーバラ・スタンウィック(女優)ジョー・コートニー
カール・スウェンソン(男優)シュミット
ファニタ・ムーア(女優)ママ
ジョン・アンダーソン(男優)伝道師
トッド・アームストロング〔男優〕(男優)オマー・ストラウド海兵隊中尉
原作ネルソン・アルグレン
脚本ベン・ヘクト(ノンクレジット)
音楽エルマー・バーンスタイン
作詞マック・デイヴィッド"Walk on the Wild Side"
作曲エルマー・バーンスタイン"Walk on the Wild Side"
編曲ジャック・ヘイズ〔編曲〕
レオ・シューケン
撮影ジョー・マクドナルド
製作チャールズ・K・フェルドマン
美術リチャード・シルバート(プロダクション・デザイン)
ウィリアム・キアーナン
ソウル・バス(タイトルデザイン)
衣装チャールズ・ル・メイル
編集ハリー・W・ガースタッド〔編集〕
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 時代が1930年代のニューオリンズで高級娼館が舞台とくると原作はテネシー・ウィリアムズかなと思いましたが、別人の小説の映画化でした。 ぶっちゃけて言うとこの映画の見どころは、カッコよすぎるソウル・バス謹製のタイトルとジヴァンシィ・モデル出身のキャプシーヌのクールな美貌、そしてデビュー間もないジェーン・フォンダのダイナマイト・ボディといったところでしょうか、はい。ストーリー自体はテネシー・ウィリアムズの戯曲の劣化版といった感じです。時代が30年代の南部地方なんですが、なんか映像の雰囲気にはそれらしさが感じられないのがいまいち乗り切れない要因なのかもしれません。冒頭でローレンス・ハーヴェイがヒッチハイクするトラックがもろ1950年代以降のタイプなので引いてしまいました、でもこの後に登場する車はちゃんと30年代風だっただけに首を捻らされました。このローレンス・ハーヴェイがなかなか間抜けな奴でして、探し当てた元カノがどう見ても高級娼館としか見えないところに住んでいるのに、彼女の現在の職業が判らずにプロポーズするという鈍感さには笑うしかありません。このハーヴェイのキャラも判りにくくて、テキサスの田舎農夫には見えないので感情移入もできません。フォンダのほかにも、アン・バクスターとバーバラ・スタンウィックと脇を固める女優陣は豪華なので、結末は見え見えですがメロドラマ好きにはお勧めかもしれません。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-09-05 23:57:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
61100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

1962年 35回
オリジナル主題歌マック・デイヴィッド候補(ノミネート)"Walk on the Wild Side"作詞
オリジナル主題歌エルマー・バーンスタイン候補(ノミネート)"Walk on the Wild Side"作曲

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS