さまよう魂たちのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > さまよう魂たち
 > (レビュー・クチコミ)

さまよう魂たち

[サマヨウタマシイタチ]
The Frighteners
1996年【ニュージーランド・米】 上映時間:110分
平均点:6.42 / 10(Review 50人) (点数分布表示)
公開開始日(1997-02-15)
ホラーコメディ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-10-06)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・ジャクソン
キャストマイケル・J・フォックス(男優)フランク・バニスター
トリニ・アルヴァラード(女優)ルーシー・リンスキー
ピーター・ドブソン(男優)レイ・リンスキー
ジョン・アスティン(男優)判事
ジェフリー・コムズ(男優)ミルトン・ダマーズ
ディー・ウォーレス(女優)パトリシア・ブラッドリー
ジェイク・ビューシイ(男優)ジョニー・バートレット
チー・マクブライド(男優)サイラス
R・リー・アーメイ(男優)ヒルズ軍曹
メラニー・リンスキー(女優)代議員
ピーター・ジャクソン(男優)(ノンクレジット)
宮川一朗太フランク・バニスター(日本語吹き替え版)
井上喜久子ルーシー・リンスキー(日本語吹き替え版)
佐久田修レイ・リンスキー(日本語吹き替え版)
大木民夫判事(日本語吹き替え版)
田原アルノミルトン・ダマーズ(日本語吹き替え版)
辻親八サイラス(日本語吹き替え版)
池田勝ハイルズ大佐(日本語吹き替え版)
駒塚由衣パトリシア・ブラッドリー(日本語吹き替え版)
脚本ピーター・ジャクソン
フラン・ウォルシュ
音楽ダニー・エルフマン
製作ジェイミー・セルカーク
ピーター・ジャクソン
ティム・サンダース(共同製作)
フラン・ウォルシュ(製作補)
製作総指揮ロバート・ゼメキス
配給UIP
特殊メイクリック・ベイカー[メイク]
特撮ウェタ・デジタル社(SFX)
リチャード・テイラー〔特撮〕(クリーチャー・エフェクト)
美術グラント・メイジャー(プロダクション・デザイン)
ダン・ヘナ(美術監督)
編集ジェイミー・セルカーク
録音ランディ・トム
マイク・ホプキンス[録音]
字幕翻訳戸田奈津子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
50.ぜひ観てほしい佳作。この作品以降、マイケル・J・フォックスの顔出し主演作がないのはさびしい。
ガブ:ポッシブルさん [DVD(吹替)] 7点(2017-11-06 17:20:56)
49.《ネタバレ》 ピー・ジャクが巨匠になる直前の大コケ映画ですが、ロバート・ゼメキスとのタッグが良い方向に作用した佳作じゃないかと思います。サイコ・キラーの幽霊が地獄を脱走して果たせなかった史上最多殺人の記録更新に挑むというお話。このサイコ・キラーがジェイク・ビューシイですからなかなかの迫力、共犯者の女や完全に変態のFBI捜査官なんかも初期ピー・ジャク映画の登場キャラたちを彷彿とさせてくれるのが嬉しいところです。のちには『ラブリーボーン』を撮ったりするぐらいですから、ピー・ジャクは霊界の存在を信じているというか好きみたいなことは確かですね。昇天してゆく犠牲者たちの描写にもどこか情感を感じてしまいます。 劇中でジェイク・ビューシイが49人目の命を奪って「これでテッド・バンディを超えた!50人台は全米新記録だ!」なんてことを叫びます。「へー、さすがの米国でも50人以上殺した奴はいないんだ」なんて思いながらこの映画を観終わったら、ベガスで59人を無差別に射殺したなんてニュースが流れているじゃありませんか!あまりのタイミングの良さ(?)にゾッとしてしまいました。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-10-03 22:24:36)
48.《ネタバレ》 前半はまらなく、これははずれかと思ったが、3分の1過ぎたあたりから面白くなってきて、後半はなかなかのアクションとホラーの融合で面白かった。ラストがあの世にいったバニスターが、せっかく彼女が医者なのだから、自然に生き返るのではなく、蘇生措置をして呼び戻してほしかった。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 6点(2015-03-02 13:20:07)
47.ホラーとコメディは同居するには相性がよくないと実感。
これはその典型で、コミカルな要素が緊張感を削いでいる。
アクション、ラブストーリーの要素もあって欲張りすぎたようで、散漫で中途半端な印象になってしまった。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 3点(2014-08-05 21:50:51)
46.《ネタバレ》 過去に起きた交通事故をきっかけに死んだ人の霊が見える身体になってしまったフランク。以来、個性豊かな仲間の幽霊たちと一緒に怪しげな事件を自作自演し、詐欺まがいの心霊調査員としてなんとか生計を立てていた彼だったが、ある日、とある現場で黒いマントを羽織った恐ろしい死神と出会うのだった。村人たちが次々と謎の死を遂げる中、フランクは同じく死神によって夫を殺された若く美しい女性ルーシーと共に調査に乗り出す。だが、そこには残虐な殺人鬼が過去に起こした大量殺人事件とフランク自身の悲しい過去が密接に繋がっていたのだった…。「ロード・オブ・ザ・リング」でブレイクを果たす前のピーター・ジャクソンが撮った、摩訶不思議な世界観が秀逸なコメディタッチのゴーストストーリー。うん、さすがはピーター・ジャクソン監督ですね。ともすれば、いろいろ詰め込みすぎて荒唐無稽になりかねないご都合主義全開なストーリー展開と変てこな設定なのに、破綻ぎりぎりのところで見事に成立しておりました。怪しげな洋館で様々な姿で現れる幽霊から必死に逃げ惑う謎の女性というワクワクするような冒頭部分から、相棒のぶっ飛んだ幽霊たちとフランクとのコミカルなやり取り、敵役となる怪しさ爆発なFBI捜査官や脳味噌筋肉のバカ幽霊というバラエティに富んだ登場人物たち、適度にグロく適度に笑えて、そして否が応にもテンションあがっちゃうクライマックス!まあ、許容できない人も中には居るだろうけど、僕は最後まで面白く観れました。それになんと、あの“ハートマン軍曹”がまさかのゲスト出演!!いやー、「フルメタルジャケット」以外の映画で、まさか彼の雄姿が拝めるとは夢にも思いませんでした。非業の死を遂げたあと、彼はやっぱりあの世でもこうやって幽霊たちをしごきたおしていたのですね(笑)。うん、ジャクソン監督の隠れた(?)良品、お薦めっす。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2014-07-09 20:37:51)
45.《ネタバレ》 ぬるくって風邪をひきそうです。女医がMJフォックスを信頼する根拠とか、MJフォックスの周りで殺人が起こる理由とか、たいして描写されずにどんでん返し的扱いで大暴れする殺人鬼おばちゃんとか、無駄にへんてこりんなFBI捜査官とか。説明せずに流しているエピソードや、伏線も無く種明かしされるような展開が多すぎる。コメディとして楽しめってことなのか? 霊体と実体の接触も法則がある訳では無く、シーンごとの都合で組み立てている。何となくそれらしい企画を外面だけでまとめたような作品でした。こんなテイストは嫌いです。墓場の軍曹だけは楽しませてもらいましたが、マシンガンは反則。あくまで罵詈雑言だけで勝負して欲しかったです。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2012-01-19 22:47:34)(良:1票)
44.《ネタバレ》 前半は何気に雰囲気がバックトゥーザフィーチャーににてるなぁと思いながら見てました。後半のたたみかける展開は見もの。いい意味で邪魔が入ってくるとこはドキドキの展開でした。おもしろいのてすが意外にしられてないんですね。どうしてだろう?
とまさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-01-14 19:43:24)
43.《ネタバレ》 前半は正直退屈 が、中盤からはかなり面白い   若干無理やりなところあるけど、そこらへん言っちゃうとダメな内容かも!?  マイケル・J・フォックスのファンなら観て損ない映画 お相手役の人も結構美人さんだとオモイマス
Kanameさん [DVD(字幕)] 7点(2011-12-09 17:31:34)
42.まさに掘り出し物でした。面白かったです。こういうのをブラックコメディと言うのでしょうか?けっこうグロイ描写もありましたね。マイケルJフォックスが出ている映画にはずれはないなということを再認識できた映画でした。ほんとすごい俳優さんだ。マイケル見るだけでテンション上がる。
たきたてさん [DVD(字幕)] 8点(2011-07-05 23:07:04)
41.マイケル・J・フォックスとオバケの仲間たち。マイケルが楽しそうに演じていたので嬉しくなった。ファンは必見。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 5点(2010-12-20 23:21:08)
40.ピーター・ジャクソンが監督しているということで以前から見たかったもののタイミングが合わずに今になってようやく鑑賞。う~ん、期待し過ぎてたせいもあるんでしょうけどあんまり面白くなかった。ブレインデッドは良かったんですけど、こちらはホラーとコメディ要素のバランスが悪くてどっちの視点から見ても中途半端。この映画からアイデアをとったのかもしれませんが、似たような感じの映画のアイドル・ハンズの方が断然面白いです。
映画大好きっ子さん [地上波(吹替)] 4点(2010-12-07 00:23:24)(良:1票)
39.《ネタバレ》 完全なネタバレあり   
寂れた屋敷の中で、幽霊に襲われ母親に虐待?される女性。
過去に起こった大量殺人事件。
現在発生してる連続不審死。
霊が見える能力を悪用した、あからさまにうさんくさい主人公の過去の悲劇。
このバラバラの四つの要素が、ひとつにまとまっていく面白さ、こりゃ優れものの脚本だと中盤までは大変楽しんでみていました
また、キャラ設定なんかも、庭にディズニーの人形を並べる運動ヲタクの、ヒロインの夫とか、すごく人柄のつまらなさが表れててニンヤリしました。(もし同じ趣味の人いたら気悪くしないでねw)

ただ、設定がね…… 幽霊とはどんな存在か?この世のものに与えることのできる物理的影響は?逆に、この世のものから与えられる物理的影響は?幽霊が死ぬw?死んだらどうなる?死神ってどんな存在?普通の幽霊とはどう違うのか?幽霊と遺灰の関係は?
全てがいい加減で曖昧なまま、どんどん話が進んでいくのが、少しひっかかって残念でした。最後の方では、思い付きをまんま見せられてるような感じで。
トリニ・アルヴァラードさんベーブの時は、そんなにとも思わなかったけど、綺麗な女優さんですね。平成24年 2月29日追記 なんていうんかなあ、たとえば、かなりの美少女が髪の毛ぼさぼさ、ビン底メガネ、ジャージを着てる、つまり少し眼がある人なら魅力はわかるんだけど、それだけにかえって残念っていう映画。キャスティングといい、ストーリーといい、悪くないんだけどね、それだけに前記したような細部の詰めの甘さ、いい加減さが残念で。もう少し脚本を練り直して、同じくらい魅力的なキャストでリメイク希望です。 平成24年9月3日 上記に付け加えるなら、現実部分の作りこみもいい加減。例えば、あの状態でまったく殺害方法も不明なまま保安官(しかも知り合い)が殺人犯と断定し、銃を向け逮捕するのは、あまりに乱暴では。しかもラストでは脱獄したことがうやむやになってるし。ファンタジーだからといってこういう細部がいいかげんなのは嫌いです。7→6に減点
rhforeverさん [DVD(字幕)] 6点(2010-05-22 19:16:45)
38.《ネタバレ》 なんか適当に面白いのないかな~って思った時。なんか急にマイケルな気分になった時。なんかセンチメンタルにJな気分になった時。なんか少しFOXな気分になった時。 もしくは、ハートマン的なやかましい感じになった時。もしくは、軍曹的な鬼畜な気分になっちまった時。手にとってござらんですか。案外面白いんですよ。
3737さん [DVD(吹替)] 8点(2010-01-08 21:30:52)
37.やはりマイケルJフォックスは良い俳優ですね。ほとんど彼のイメージで他の俳優の存在感が薄いんですが、ジェフェリーコムズがキモイキャラクターで怪しい捜査官を演じてなかなか良い感じだしてます。ストーリーもまあ楽しめるレベルです。
おすしさん [ビデオ(字幕)] 5点(2009-11-07 02:04:22)
36.オバケネタ満載、しつこいまでのどんでん返しとも合わせて、とことんまで楽しませてくれるホラーコメディ。『ゴースト/ニューヨークの幻』を観て「コメディとしてかなりいい線行ってるのに、イマイチ詰めが甘いのが、惜しいよなあ」と思える(奇特な)アナタにはまさにうってつけの映画です。映画でオバケを題材にするなら、このくらい徹底しなければ、とばかりに、オバケにまつわるアイデアてんこ盛り、コアなオバケファンでもさすがに満足できるのではないでしょうか(と、いささか一般性に欠く誉め方をしていますが)。ピーター・ジャクソンって、本来、こういう作品を作ってもらうためにアメリカから声がかかったんではなかったのかい?
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2009-10-24 16:42:10)
35.《ネタバレ》 普通です。
面白いとも言えないし、つまらないとも言えない。
ところどころにしつこく感じるシーンが多々あります。
主人公のキャラはとにかく微妙。
大好きなマイケルがやってただけに残念。

かなりしつこく感じたのが、「フルメタル・ジャケット」のパロディと、FBI。
インスパイアされすぎ。
タックスマン4さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2009-07-02 14:23:40)
34.最初から最後まで、主人公と仲間の霊がその場の思いつきで行動しているだけであって、見ていて格好良くもなければ、筋の行方に対する興味もそそられませんでした。エンディングテーマの「死神」のカバーは最悪。これほどひどい映画のテーマ曲も珍しい。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2009-07-02 00:20:07)(良:1票)
33.《ネタバレ》 霊体の見える主人公が生身の狂人からもあの世の狂人からも追っかけまわされ、この世とあの世を行ったり来たりしながら壮絶な殺し合いを繰り広げる…コメディ? もはやジャンル不定。笑えるところも多々あり、B級の流れではあるのだが、死神や壁からうごめく霊体の動きが滑らかでやたら出来が良くて迫力があってテンション上がります。しかも、伏線の散らし方と回収がうまくできていて、物語も何気にしっかりと面白い上、ちょっと先の展開も予想できないくらい意外な展開の連続に最初から最後まで楽しませてもらいました。うーん、こりゃ面白いや。
すべからさん [DVD(字幕)] 8点(2009-05-05 22:27:17)(良:1票)
32.《ネタバレ》 行動が明らかにおかしい点があって(特にヒロイン)ストーリーに惹きつけられながらも冷めて見てた部分が多かった。ラストは絶対彼女の人工呼吸であって欲しかった。医者なのに死体を抱いてただ泣いてるとは何事か!もう一つは最後のひっぱり過ぎ。いい加減決着つけてくれよーと思って見てた。リーアーメイやジムキャリーっぽいFBIの憎たらしさ等、いい部分もあっただけに残念。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 3点(2008-07-25 17:05:08)
31.《ネタバレ》 地味に良かった、無難ではあるがまとまってた感じ。
ハートマン軍曹が出てきたときには笑ってしまった、アレは卑怯だ。
それなりに面白くはあるのだがテンポが悪いように感じられた。
仲間の幽霊たちと共に、死神と戦うのかと思ったが早いうちに退場と残念。
個性あるキャラクターたちだったのに・・・。
トリニ・アルヴァラードの美しさが際立ってたが、
ハッピーエンドへと繋がる描写が弱いかな。惹かれ合う二人に首を傾げた。
HIGEニズムさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-02-24 15:25:47)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 50人
平均点数 6.42点
000.00%
112.00%
200.00%
3612.00%
412.00%
5510.00%
6816.00%
71326.00%
81224.00%
924.00%
1024.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.33点 Review3人
2 ストーリー評価 7.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review4人
4 音楽評価 3.50点 Review2人
5 感泣評価 0.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS