赤裸々な事実のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > セ行
 > 赤裸々な事実
 > (レビュー・クチコミ)

赤裸々な事実

[セキララナジジツ]
The Naked Truth 
1957年【英】 上映時間:91分
平均点:6.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
コメディモノクロ映画犯罪もの
新規登録(2004-04-28)【ぐるぐる】さん
タイトル情報更新(2016-11-15)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マリオ・ザンピ
キャストテリー=トーマス〔1911年生〕(男優)メイリー卿
ピーター・セラーズ(男優)マグレガー
シャーリー・イートン(女優)メリッサ
デニス・プライス(男優)ナイジェル・デニス
ロナルド・アダム〔男優・1896年生〕(男優)(ノン・クレジット)
音楽スタンリー・ブラック
あらすじ
スキャンダル雑誌「赤裸々な事実」の発行人デニスは、握ったネタを元に有名人・名士をゆすり、金をせしめようとする。ゆすられた人々はデニスを亡き者にしようと画策するのだが・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 スキャンダル雑誌の編集者にネタをつかまれて脅迫された名士たちが被害者同盟を組んで編集者を殺そうとするけど、なかなかこの男がしぶといというか名士たちがかなりのドジ揃いでちっとも上手くゆかないというお話。ネタを掴まれた4人は人気芸人・保険会社社長・女流推理作家・モデルといった顔ぶれですが、はじめは4人とも互いを知らずバラバラに動きます。また編集者を殺そうとするのはそのうちの芸人と推理作家で、社長とモデルはただあたふたしてるだけ。という接点のない4人がついにグループを結成して奇想天外な行動に出るまでの過程がなかなか可笑しいです。ピーター・セラーズは芸人役でお得意の変装芸を駆使して笑いをとりますが、変装と言っても後年の破天荒なやつとは違って髭をつけて老けるぐらいのものです。そのセラーズを意外なことに喰ってしまったのが保険会社社長のテリー・トーマスで、正直彼の方が面白かったといえます。 ラストに仕掛ける大作戦がちょっと奇抜でそこからの展開だけはスピーディなんですけど、中盤までがかなりもったりし過ぎていたのは良くなかったですね。そして期待していたブラック風味もかなり薄味だったところもマイナスだったと思います。
S&Sさん [DVD(字幕)] 5点(2016-12-09 23:47:58)
1.ピーター・セラーズも出演してる、ちょっとブラックなコメディ映画。古い映画だけどギャグの切れ味はなかなかのもので、今観てもあまり古さを感じさせないのがすごいですね。
ぐるぐるさん 7点(2004-04-28 18:27:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5150.00%
600.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS