誘拐の掟のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ユ行
 > 誘拐の掟
 > (レビュー・クチコミ)

誘拐の掟

[ユウカイノオキテ]
A Walk Among the Tombstones
2014年【米】 上映時間:114分
平均点:6.18 / 10(Review 17人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-05-30)
サスペンス犯罪ものミステリー小説の映画化
新規登録(2015-07-20)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2017-07-13)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スコット・フランク〔脚本〕
キャストリーアム・ニーソン(男優)マット・スカダー
ダン・スティーヴンス〔1982年生〕(男優)ケニー・クリスト
デヴィッド・ハーバー(男優)レイ
ボイド・ホルブルック(男優)ピーター・クリスト
脚本スコット・フランク〔脚本〕
製作ダニー・デヴィート
マイケル・シャンバーグ
ステイシー・シェア
製作総指揮ナイジェル・シンクレア
ガイ・イースト
ケリー・オレント
配給ポニーキャニオン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
17.途中まではギリギリ7点ぐらいですが、最後のタランティーノ風味のプロレスは萎える。
サム・スペードとかフィリップ・マーロウの名前が出てきて、ハードボイルドっぽくしたいんだろうなあという意識は感じるのだが、だったらプロレスは要らない。
くろゆりさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2019-02-09 23:01:01)
16.2018.05/01 BS鑑賞。出だし好調も・・・。1991年は私の転職した年、1999年は2000年問題で大騒ぎがあった事を思い出した。携帯電話もコンピュターも普及しだした時代。これらを年配の元刑事は付いて行けない。時代背景を上手に取り入れている。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-05-01 20:34:07)
15.年を取るほど渋みが増すニーソンのかっこよさが余すところ無く発揮された一本ですねえ。鬼畜犯人どもの実態がわりと凡庸な描写に終わったのはやや尻すぼみな感があったり、証拠写真に何が写っているのかこちらの脳が認識する前に画面が変わってしまったり、と不満もあるのですが、一方でキレの良い演出も散見します。冒頭の横たわる女性。その意味がわかってゆく時の総毛立つようなカメラの引き画、ここ凄いですね。マット・スカダーという男の性格説明も簡潔でうまい。とりあえず自分の食事を後回しにして依頼人に応じ、足を使って丁寧に聞き込みをする。犯人との交渉では一歩も引かない頼もしさ。みんなの思っていることを、びしっと犯人に叩きつけるニーソン、ほれぼれします。落ち着いた色調も好ましく、加点に次ぐ加点で、結果この点数になりました。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-05-01 00:29:19)
14.《ネタバレ》 地味で序盤から退屈。残念。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 4点(2018-04-26 12:41:06)
13.ハードボイルド、渋い。リーアム・ニーソンをキャスティングした時点で大成功。
たろささん [インターネット(字幕)] 8点(2017-10-30 08:21:45)
12.《ネタバレ》 リーアムかっこいいなぁ~~、こういう雰囲気の落ちぶれた感?がとっても似合う+途中からのTJも良い感じ。なんだけどラストが尻すぼみかなーーあっさりすぎ?  なにかちょっともったいない気がしましたですハイ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-09-18 20:26:34)
11.《ネタバレ》 犯人はすぐに顔出しします。なので、犯人捜しはメインではなく、過去の失敗を背負って正義に対面する男のドラマが映画の核なのでしょう。大きな背中と重厚な演技で無骨な無免許探偵を体現するリーアム・ニーソン。ハマり役です。ここ最近は、怒れるオヤジとしてアクション映画への出演が続くニーソンですが、今作は彼の本領発揮となる良作です。
カワウソの聞耳さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-03-20 20:53:38)
10.《ネタバレ》 リーアム・ニーソンの渋い魅力炸裂のハードボイルド・サスペンス。
ある事件を契機に警官の職を辞し、過去を引きずりアルコール依存と闘いながらも、今はモグリの私立探偵稼業で食っている。
ガヤガヤしたところが全く無い、この乾ききった世界観。ニーソンの醸し出す雰囲気、佇まい、全てがピタリとはまっています。
ニーソンといえば、どうしても最近の「96時間」シリーズのような最強オヤジもののイメージがあるので、
いつもの通り最後はニーソンの怒りの鉄拳炸裂でもスカッとしたかもしれませんが、
本作のニーソンの弱さも感じさせる人間臭いキャラクターにそれは似合わなかったと思います。
とらやさん [DVD(字幕)] 7点(2017-01-15 12:57:42)
9.《ネタバレ》 娘を殺したらお前も殺す――。1999年、ニューヨーク。酒に溺れ刑事の職を失った、私立探偵マット。以来酒を断ち、都会の片隅で細々と食いつないでいる彼の元に、ある日、とある依頼が舞い込んでくる。依頼主は、表向きは不動産業だが裏で麻薬を売り捌き、一代で財を成した密売人だ。しかもその依頼とは、自分の妻を誘拐し暴行の末に殺したうえ、それでも飽き足らず遺体をバラバラにした誘拐犯を生きたまま連れてこいというもの。明らかに危険な臭いを感じ、当初は断ろうとしたマットだったが、犯人たちのあまりにも残虐な手口に彼は依頼を受けることを決意する。かつての刑事としての勘を活かし、図書館で知り合った謎めいた黒人の少年とともに少しずつ犯人たちへと迫っていくマット。すると、麻薬密売人の妻ばかりを狙った連続猟奇殺人犯の狂った手口が浮かび上がってくるのだった。そんな折、新たに麻薬密売人の14歳の娘が誘拐されてしまう。警察に通報するわけにはいかない。マットは自ら交渉人となって謎の犯人たちへと迫っていくのだが…。暗い過去を背負った孤独な男と裏社会で暗躍する卑劣な誘拐犯との息詰まるような攻防を描いたサスペンス。そんないかにもリーアム・ニーソンンらしい渋い内容に今回鑑賞してみたのだが、きっと原作となった小説は幾つものエピソードや伏線が張り巡らせてある重厚な作品なのでしょうね。残念ながら、その手の映画にありがちな弱点が幾つか目についてしまいます。例えば、2時間弱の映画なのにやたらと登場人物が多く、彼らのエピソードがことあるごとに挿入されるものだから、映画全体の印象を極めて散漫なものにしてしまっているのです。過去のトラウマに苦しむ主人公、妻を惨殺された売人、難病を患う黒人少年、歪んだ性癖を持つ猟奇殺人犯、主人公に付き纏う麻薬捜査官、新たに誘拐される14歳の少女…。これらのエピソードが一向に纏まっていかないのです。なので、主人公と犯人が直接対決するクライマックスがいまいち盛り上がらない。さらに、そこで唐突に挿入される断酒会の演説が全く意味を成しておらず、せっかくの見せ場を極めて間延びしたものにしてしまっている。これは致命的な欠点と言っていいでしょう。映画全体を覆う陰鬱でダークな雰囲気はすこぶる良かっただけに残念です。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2016-11-17 23:44:37)(良:1票)
8.《ネタバレ》 異常な誘拐犯から娘を奪還するとゆう、いかにもリーアムニーソンの映画でなんですけど、これは、僕的にはちょっとダメでした。なんか地味に聞き込みが多いし、だからか、テンポも悪い気がします。クライマックスの画面がストップして、なんかの宗教的なステップを、一つ一つ説明する演出も、なんか気持ち悪かったなー。意味がわかんないし。黒人の子供とのちょっとしたバディー感を出そうとするのも、あまりうまくいってるとは思えません。敵を倒したとゆうカタルシスも特になかったです。
なにわ君さん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2016-09-30 23:48:05)
7.《ネタバレ》 アルコール依存症を克服し自助グループに通う元刑事と、親に捨てられひねくれた黒人少年との心の交流が描かれる。いっぽうで、次々と猟奇犯罪を犯すゲイのカップルの心理についてはほとんど描かれていない。ストーリーはそこそこ入り組んでいるため、視聴後ネットであらすじを漁って納得した部分も多し。2000年問題が騒がれる一昔前のニューヨーク。「セブン」のように雨が降っているシーンが多く、主人公も寡黙で、声も小さく、しっとりした雰囲気が全体に漂っている。奥さんをこよなく愛する麻薬の密売人、病気の妻を看病し娘を愛する同じく麻薬の密売人。大した謝礼はもらえないのに人情から危険な仕事を引き受ける主人公。密売人の娘の少女が付け狙われるときに流れる抒情的な音楽が違和感あり。結構楽しめる私立探偵もの。
エンボさん [DVD(字幕)] 7点(2016-06-18 21:24:19)
6.好きな俳優リーアム・ニーソンが主演だから鑑賞しました。彼の映画はいつも大傑作ではないけど、そこそこ楽しめる作品ばかりで、私の信頼も結構厚いのです。今回もそこそこな感じの作品ですが、さすがにちょっと緊迫感が足りない気がしました。犯人が意外に低レベルで拍子抜けしたのは否めませんが、退屈しのぎには十分なのでサスペンスが好きな人は観ても良いのではないかな。
ぽじっこさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2016-05-12 21:38:40)
5.《ネタバレ》 派手さはないが見応えがあるストーリー。犯人像がはっきりとわからないまま終わってしまったのが残念。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-05-05 22:17:49)
4.《ネタバレ》 このタイトルにリーアム・ニーソンとくればいやでも「96時間」が浮かんでしまう。犯人相手に頭脳と格闘を駆使して戦う最強オヤジ!どうしてもそのイメージが拭えない。それほどまでにリーアム・ニーソンと「96時間」は切っても切れない関係となってしまった。ただ今回はちょっとテイストが違った。たしかに頭脳やアクションもあるが、それ以上に濃密なドラマがある。往年のフィルム・ノワールを彷彿とさせる重厚さがある。ただテンポよく推理が進行していくので、油断してると「?」になってしまうのがたまにキズ。それと、オープニングのスタイリッシュさのようにクライマックスももう少し工夫して欲しかった。どうしても力技で締めくくってしまうのは何とかならないものだろうか。強引な印象が残ってしまうのがほんと勿体無い。殺さずに裁判に持っていくのかと思ったさ。
Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 6点(2016-03-03 06:44:42)
3.《ネタバレ》  渋い。この頃のリーアムニーソン映画の中でも数段上の渋さ。
 元警察官、今は無許可の探偵の男が誘拐事件を捜査する。

 観ても損をしない、ただリーアムニーソンの人気にあやかっただけではない良作。
JFさん [DVD(字幕)] 8点(2016-02-16 14:10:42)
2.《ネタバレ》 リーアム・ニーソン。歳はとりましたが、相変わらず格好いいですね〜。
本作は、そんなリーアムの格好よさを存分に堪能できる仕上がりになってる。
淡々としてはいますが丁寧な画作りでしっかりと見せてくれます。
電話での駆け引きから終盤での人質との交換、一騎打ちまでぐんぐん引き込まれる。
狂人的悪役にヤクの売人シビアな連中だらけの中、少年とのやりとりはホッとさせてくれるね。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2016-01-09 23:51:31)
1.『96時間』の大ヒット以降は暗い過去を抱えた暴力オヤジ役をひたすら演じ続け、もはやどれがどれだか分からなくなりつつあるリーアム・ニーソン。本作の主人公マット・スカダーもその系統のキャラクターであるためニーソンはいつものニーソンではあるのですが、80年代にもジェフ・ブリッジス主演で映画化されたことのある人気ハードボイルド小説を原作とし、『アウト・オブ・サイト』や『マイノリティ・リポート』で知られるスコット・フランクが脚色を担当したことから、作品のクォリティは従前のニーソン作品と比較して格段に優れたものとなっています。
ひょんなことから舞い込んだ依頼や、思わぬ相棒の登場など、前半部分は探偵ものの定石に当て嵌めた作りとなっており、これら一種の様式美が微笑ましく感じられます。点と線をつないでいく捜査過程にはビジュアル的な刺激が少ないため少々退屈させられるのですが、この部分ではかなりの情報量がコンパクトにまとめられており、ひとつのセリフを聞き逃すと全体を見失うおそれがあるため、まったく気が抜けません。この辺りはただ情報をまとめるだけではなく、もっと動きのある展開にしてくれると良かったのにという点が不満でした。
ただし、新たな誘拐事件が発生し、犯人との直接交渉が始まると、映画は急速に熱くなっていきます。ゲスな犯人に対抗する主人公のタフネゴシエーターぶりがとにかくかっこよく、切れ味抜群な言葉の応酬戦だけで、ド派手なアクションを見せられているような高揚感があるのです。この辺りはスコット・フランクの面目躍如、素晴らしいものをみせていただきました。クライマックスに向けて妙に説教臭くなっていくのが玉にキズですが、事件が解決しても「めでたしめでたし」では終わらない陰鬱な空気感は最後の最後まで維持されており、探偵ものとしては優れた作品だったと思います。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 7点(2016-01-03 01:38:27)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 17人
平均点数 6.18点
000.00%
100.00%
200.00%
315.88%
415.88%
515.88%
6741.18%
7529.41%
8211.76%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS