昼顔(1967)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > 昼顔(1967)
 > (レビュー・クチコミ)

昼顔(1967)

[ヒルガオ]
Beauty of the Day
(Belle De Jour)
1967年【仏・伊】 上映時間:100分
平均点:6.27 / 10(Review 30人) (点数分布表示)
公開開始日(1967-09-30)
ドラマシリーズものロマンス小説の映画化エロティック
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-05-15)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ルイス・ブニュエル
キャストカトリーヌ・ドヌーヴ(女優)セヴリーヌ / 昼顔
ジャン・ソレル(男優)ピエール
ミシェル・ピッコリ(男優)ヘンリ・ユッソン
ジュヌヴィエーヴ・パージュ(女優)マダム・アナイース
ピエール・クレマンティ(男優)マルセル
フランソワーズ・ファビアン(女優)シャルロッテ
マーシャ・メリル(女優)ルネ
フランシスコ・ラバル(男優)イポリット
ルイス・ブニュエル(男優)(ノンクレジット)
ベルナール・フレッソン(男優)(ノンクレジット)
平井道子セヴリーヌ / 昼顔(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
中田浩二ピエール(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
田中明夫ヘンリ・ユッソン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
初井言栄マダム・アナイース(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
納谷六朗マルセル(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
阪脩(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
菅谷政子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
増岡弘(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
鈴木れい子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
原作ジョセフ・ケッセル「昼顔」(新潮社 / 角川文庫 / 三笠書房)
脚本ルイス・ブニュエル
ジャン=クロード・カリエール
撮影サッシャ・ヴィエルニー
製作レイモン・アキム
ロベール・アキム
配給東宝東和
美術ロベール・クラベル(プロダクション・デザイン / 美術監督)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
30.《ネタバレ》 変態ブニュエルのまともな方の作品。大好き。シュールレアリスム的な表現は薄い。淑女が、娼婦になる話。ドヌーブが、綺麗で素敵。
にけさん [映画館(字幕)] 9点(2019-01-05 21:23:04)
29.《ネタバレ》 妄想全開な内容、だねこれは(笑)。最終的に最初の森?の場面に戻ってきたけど、へたすりゃ娼館務めも含んで全部妄想?とか思ったり。カトリーヌ・ドヌーヴは美人(当然)だけどマダムアナイスもちょっとヘップバーン似で美人ですなぁ。まぁヨーロッパらしい美の雰囲気を楽しみたい方に
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-03-26 09:57:26)
28.30年くらい前、深夜のテレビ放送で観たときはカトリーヌ・ドヌーヴの美しさに酔いしれましたが、今見ると、それほどでもなかったりする。
これだけ女の妄想だけで繋がれているストーリーも少ない。
貞操な奥様を持つ旦那さんは嫌な映画だと思うに違いない。
クロエさん [DVD(字幕)] 6点(2014-09-12 05:13:26)
27.《ネタバレ》 「シェルブール」のカトリーヌ嬢が何でこんな役をやることになったか・・。この前作、ポランスキーの「反撥」もかなりの役だったもんね。混乱してる監督には、このような女性は、怒りを感じるのかな?この作品はブニュエルの混乱ぶりが分かって、観る方としては複雑な気持ちだった。う~ん、映画史上有名な監督ではあるけど、俺はいいかなぁって感じ。
トントさん [ビデオ(字幕)] 5点(2014-04-19 14:57:36)
26.プラスチックな質感のドヌーブが現実と妄想を行ったり来たり。ごくノーマルな人間から見ると、色んな性癖の人がいるもんだという資料にすぎないんだけども。変態侯爵のくだりが個人的には面白かった。いっちゃってたなー、上流階級のおじさんが。最後までドヌーブ妄想で押し切るシナリオ。フランス映画の、芸術分野に設けるゾーンの広さに脱帽。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-07-21 01:12:09)
25.女の性をテーマに、淫らな妄想に苛まれる若妻の姿を描いた作品。
一見下世話で終わりそうな内容を、美しい映像と演出で文芸的な色合いを濃く押し出し、フランス映画らしい作品に仕上がってます。
現実なのか夢うつつなのか、心象風景での描写など、全体の雰囲気やストーリーはぼんやりと霧がかかったかのよう。ラストも、ちょっとわかりづらかった。
それでも、カトリーヌ・ドヌーヴの魅力は十分堪能できる作品かと。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 5点(2013-06-09 14:18:51)
24.綺麗な女性を観るのは大好きなんだが、ドヌーブはもうちょっと年くってからの方が美味しい感じ。この若さではどうも人形じみた作りもの感が際だってしまってつまらない。その分モデルとしては完璧なのでお洋服鑑賞がまた楽しかったけれど。原作読んだ時は中学生だったので結構衝撃で、格調高いのにエロい、そのギャップにカルチャーショックを受けた。当時の印象と違和感のない映像化で楽しめた。
lady wolfさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-04-18 16:50:08)
23.《ネタバレ》 なるほど冒頭とラストの馬車は妄想だったのだ。途中恐ろしく退屈になって、映画館に入ったのを後悔したけど、昼顔とアンリ(ヘンリーはフランス語ではアンリ)が出くわしたあたりから急におもしろくなった。
昔見た時は、セヴリーヌがどうして娼婦になったのか理解に苦しんだものだったが、改めてDVDで見て納得。それにしても金歯の男は嫌な存在だった。
ESPERANZAさん [映画館(字幕)] 5点(2011-07-30 15:45:23)
22.カトリーヌ・ドヌーブはこういう作品に出るにしては、顔がやや大きすぎ、マダム・アナイースのほうがセクシーに感じた。ルイス・ブニュエルも晩年期のような突き抜けた感がないのが残念。これはこれで好きな映画ではあるが。
みんな嫌いさん [DVD(字幕)] 7点(2010-12-26 02:55:59)
21.《ネタバレ》 さらけ出しのAVよりもやらしい映画。清楚なセヴリーヌがどんどんスレていくのは悲しい。男をたくさん知れば女性は誰もがスレてしまうんだろうか?私は片手にも満たないのにセヴリーヌよりもずっとスレてる気がする。情報過多の現代社会のせいにしちゃっていいかしら。でもやっぱり魅力があるのは清楚なセヴリーヌに尽きる。38年後の「夜顔」も見たくなった。
りんすさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-08-22 16:27:27)
20.おフランスのブルジョアで欲求不満な若奥さん、ちょいと冒険したら泥沼ってハナシ。ゲージツ的に夢と現実の間を行き来して、罪悪感と充足感を秤にかけて、男の子供っぽさと女の母性とを対比して、なんとなくエロから半キャラずらしコイてるような映画ですけど、わし、スケベ心になんだかんだ理屈こねくりまわすのって言い訳がましくて好きじゃないんよ。スケベはどんな飾り付けをしたってスケベだーよ?
あにやん‍🌈さん [DVD(字幕)] 4点(2009-04-21 23:45:27)
19.《ネタバレ》 製作当時は、既婚の若奥様が売春することや、汚されたいM願望を持っていることが衝撃的だったのだろう。さらに言えば、そんな事実があったとしても、、それを描写することを良しとしないのが常識であり、良識だったのだろう。現代の観客にとっては、変わった性癖の若奥様だけでは不十分で、エグい泥沼に落ちて行くような昼メロ的刺激でもなければ見るものがない。あえて言うなら、何もやらせてもらえない亭主がずっと笑顔で我慢していることが衝撃的だった。
ということで、この40年で性風俗とその表現レベルの常識が随分と変わったことを証明している映画です。私の性癖ではカトリーヌ・ドヌーブにセックスアピールを感じません。冒頭の「不感症さえ治ればお前は最高だ」というセリフには派手に笑いました。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2008-10-29 23:55:44)
18.きわどい内容ですね。ちょっと受け入れられませんでした。教訓めいたストーリーでありますが、痛いしっぺ返しを喰ってしまいましたね。身から出た錆です。
shoukanさん [DVD(字幕)] 4点(2008-02-17 00:46:15)
17.《ネタバレ》 フランスの“色物的芸術映画の名匠”ルイス・ブニュエルの代表作。
同時にカトリーヌ・ドヌーヴの代表作と言っても、言い過ぎではあるまい。
それだけフランス映画としては比較的、知名度の高い本作。
その知名度の高さの理由としてヴェネチア映画祭で3冠に輝いたということも挙げられるだろうが、もう一つの理由は、やはりその内容の凄さであろう。
官能的で倒錯したそのシュールな世界は、観るものを淫靡でいて罪悪感たっぷりな世界へと誘う。
フランス映画と言うと「退屈」とか「理屈っぽい」とかのイメージがつきまとうかもしれない。
残念ながら、本作もその範疇を出る内容ではない。
でもそこら辺のフランス映画とは何かが違う。
個人的には、監督ブニュエルの持つ“変態性癖”の表現の巧さにその理由を見出してみた。
そしてまた、監督ブニュエルの笑ってしまう程の“脚”への執着。
ドヌーブは、そのお顔がどことなくガイコツじみていて、好みは分かれそうな外見だが、その脚の美しさに異論を唱える方は少ないであろう。
それだけ突出した脚線美を持つドヌーブが、惜しげもなく本作ではその美しすぎる脚をさらしまくるのだ。
ドヌーブは医者の妻役を演じており、金銭的には何一つ不自由はしていない。
しかし、“汚らわしい男に汚されたい”という性癖を持っているのだ。
その性癖により、ドヌーブは度々、変態じみた“夢”をみる。
屋外で木に縛りつけられてムチで叩かれたり、粗野な男に辱めを受けたりする夢だ。
もちろんこれは貞淑な妻であるドヌーブの“願望的な夢”である。
その性癖に基づく淫らな願望を実際に満たすべく、「娼館」に出入りし始める。
そこで乱暴な客に手荒に扱われながらも、感じてしまうドヌーブ。
いや、乱暴に扱われたからこそ感じたのだ。
ドヌーブには立派な夫がいたが、結婚してからというものの、一度も夫との情事はない。
というのも、「日常生活(夜)」では“不感症”であるからだ。
しかし「娼館(昼)」では、乱暴な客や変態嗜好の客に感じてしまうのであった。
そういった変態じみた性的倒錯エピソードが満載な本作。
多少は古臭さはあるが、イマジネーションを想起させるという意味では興奮度は高い。
それは過激な映像がみちあふれた現代においても、色褪せることはない。
いや、直接的過激映像が飽和した現代においてこそ、本作はその価値を発揮するのではなかろうか。
にじばぶさん [DVD(字幕)] 6点(2007-09-01 23:59:45)
16.「変態っぽさ」と「高貴さ」が同居する雰囲気がなんともステキ。はっきり言って主人公のダンナ以外の登場人物は「おまえらさぁ…(苦笑)」と突っ込みたくなる人間ばかり。でも何か憎めない。キレイゴトだけじゃぁ生きていけないもんね。でもドヌーヴは、んも~それはそれはキレイ。そしてあの甘さのない美貌に、サンローランがドンズバにハマリまくりで。冬のグレーがかったパリの風景がまたよく似合う。美しいドヌーヴを見るだけでも価値のある映画。でも何気に、娼館(っていうんでしょうか)のマダムもお気に入り。ショートヘアとフレンチカジュアルが、今見てもまったく古臭く見えずカッコいい!とにかく映画は雰囲気が重要だと、見るたびに思わされる映画。
ミカエルさん [ビデオ(字幕)] 8点(2007-02-14 21:58:16)
15.《ネタバレ》 これはやばい!何と言うエロチックな作品だ!この作品はとにかくカトリーヌ・ドヌーブですよ。もう最初からしてやばいぐらいのエロさです。並木道を一台の馬車が通り抜ける。男達と女、いきなり林の中に連れ込まれる。この時のカトリーヌ・ドヌーブを映し出す足、何たるいやらしさ、そして、男達がカトリヌー・ドヌーブを木に縛り付ける。うわあ~何?何?て思っていたら何とこれがまた夢とは、何と言う妄想!この妄想の世界がこの後の何か不思議で怪しい感じのどこまでが夢で、どこからどこまでが現実なのか?この映画はそんな妄想的なシーンを徹底して描いておいて、観る者に人間の欲望とは何か?てことを深く考えさせる。夢で始まり、その観ていた夢と同じことがこれから起きるのか?というような所で終りとなる。全てが何とも言えない怪しげな作品です。
青観さん [DVD(字幕)] 7点(2006-10-15 18:11:58)
14.《ネタバレ》 不満はない生活をしているのに、これではいけないと思ってしまう。家庭に入っている主婦ならだれでも思うことだと思います。少女時代の嫌悪感からくる性への恐れ、嫌悪。自分が汚れることで、それらを払拭できる気にもなる。妄想も含めて悲しいくらいにわかってしまう映画でした。できたら、わかりたくない映画でした。
omutさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-09-16 04:59:04)
13.直接的な描写は無くても、こんな映画でカトリーヌ・ドヌーヴが主役を張るという所にフランス映画の凄さがある。特に、オープニングの妄想シーンはインパクト大。美しい貴婦人が何の脈絡も無く縛られた上、文字通り「汚されて」恍惚の表情を浮かべる。これなら、まだ「犯されて」悦ぶ方が正常。ルイス・ブニュエルが本作で描く妄想は、性的欲求と言うより被虐願望です。実際にM系の女性がどの位いらっしゃるのか知りませんが、この辺は女性の真実というより、男の思い込みっぽい感じです。妄想癖が高じたラストの展開は、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を思い出しました、6点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-08-16 00:06:58)
12.《ネタバレ》 <「欲望」のネタバレ有ります!>もう冒頭から変態ムードがムンムンしていて笑ってしまったのですが、売春業界の裏側というか、その様相が今から見れば果たして古いのか新しいのかよく分からないところが面白いです。で、ここからが本題。まるでアントニオーニの「欲望」のようにシュールで、尚且つサイケデリックな常識を逸脱した世界観に思わず興奮してしまいました。ラストも今までの出来事がまるで全てセヴリーヌの夢だったかのような…、そんな最後のオチまで「欲望」と似ています(面白いことに製作年はほぼ一緒!)。と言うか「昼顔」というタイトルからしてそのまんまじゃん!という感じがしますが、この系統の作品は見つかるはずのない答えを求めて何回も観返したくなるようなタイプの不思議な味わいがあります。アジアやハリウッド映画では決して真似することのできない、ヨーロッパ独特の雰囲気を醸し出していて僕は好きです。こういうの。
かんたーたさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2005-08-05 13:55:35)
11.まず夢がなんともエロチックなわけですがこれをどう捉えるかによって解釈が変わってきます。セヴリーヌの潜在的性願望と捉えるのが自然なのでしょうが、はたしてそうだろうか。セヴリーヌは少女時代のトラウマによって不感症となっています。そして夫を愛しています。夢は夫のために不感症を克服したいと願っているセヴリーヌの葛藤の表われではないでしょうか。そう考えるとですねぇ、夢以外のシーンは全て妄想で、不感症克服へのステップとして娼婦としてのわかりやすいステップアップが描かれ、色々な性癖を持った客たちが彼女を治療してゆく、、というのはどうでしょうか。さらに不感症という夫に対する負い目と同じく夫にも妻の介護なしでは生きられないという負い目を背負わせ、最後にはそれまで隠していたことを暴露し、二人に幸せが訪れるという彼女の妄想。全部が妄想と考えれば一番わかりやすくて楽なんですがそんな簡単、、じゃないですよねぇ。見れば見るほど引き込まれる作品です。
R&Aさん [DVD(字幕)] 7点(2005-04-26 17:10:04)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 30人
平均点数 6.27点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4413.33%
5516.67%
6826.67%
7826.67%
8310.00%
913.33%
1013.33%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.66点 Review3人
2 ストーリー評価 8.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 8.50点 Review2人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS