タクシードライバー(1976)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > タクシードライバー(1976)
 > (レビュー・クチコミ)

タクシードライバー(1976)

[タクシードライバー]
Taxi Driver
1976年【米】 上映時間:114分
平均点:7.43 / 10(Review 430人) (点数分布表示)
公開開始日(1976-09-18)
ドラマサスペンス犯罪もの実話もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-01-21)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マーティン・スコセッシ
助監督ラルフ・S・シングルトン(第二助監督)
エイミー・ホールデン・ジョーンズ(監督助手)
キャストロバート・デ・ニーロ(男優)トラヴィス・ビークル
シビル・シェパード(女優)ベッツィ
ピーター・ボイル〔男優〕(男優)ウィザード
ジョディ・フォスター(女優)娼婦アイリス
アルバート・ブルックス(男優)トム
ハーヴェイ・カイテル(男優)ポン引きの“スポート”・マシュー
ヴィクター・アルゴ(男優)メリオ
ジョー・スピネル(男優)タクシー会社の受付
マーティン・スコセッシ(男優)タクシーの客
ダイアン・アボット(女優)ポルノ映画館の売店の女
ラルフ・S・シングルトン(男優)TVのインタビュアー
デビ・モーガン(女優)コロンバス・サークルの少女(ノンクレジット)
ハリソン・ヤング[男優](男優)(ノン・クレジット)
宮内敦士トラヴィス・ビークル(日本語吹き替え版【DVD】)
井上喜久子ベッツィ(日本語吹き替え版【DVD】)
東地宏樹ポン引きの“スポート”・マシュー(日本語吹き替え版【DVD】)
村治学トム(日本語吹き替え版【DVD】)
浦山迅ウィザード(日本語吹き替え版【DVD】)
田原アルノ(日本語吹き替え版【DVD】)
津嘉山正種トラヴィス・ビークル(日本語吹き替え版【TBS】)
田島令子ベッツィ(日本語吹き替え版【TBS】)
冨永みーな娼婦アイリス(日本語吹き替え版【TBS】)
寺島幹夫(日本語吹き替え版【TBS】)
野島昭生トム(日本語吹き替え版【TBS】)
銀河万丈(日本語吹き替え版【TBS】)
千葉繁(日本語吹き替え版【TBS】)
伊井篤史(日本語吹き替え版【TBS】)
脚本ポール・シュレイダー
音楽バーナード・ハーマン
挿入曲ジャクソン・ブラウン"Late For The Sky"
撮影マイケル・チャップマン
フレッド・シュラー(カメラ・オペレーター)
製作マイケル・S・フィリップス
ジュリア・フィリップス
配給コロムビア・ピクチャーズ
特殊メイクディック・スミス
美術チャールズ・ローゼン〔美術〕(美術監督)
衣装ルース・モーリー
編集トム・ロルフ
ビリー・ウェバー(編集助手)
スティーヴン・スピルバーグ(編集監修・ノンクレジット)
字幕翻訳野中重雄
その他クリス・クリストファーソン(スペシャル・サンクス)
ジュリエット・テイラー(キャスティング)
あらすじ
青白く俯きながら犯罪都市NYを歩くTravis。 彼はこの町のタクシードライバー。 大都会の全てが彼と関わりを持たない。 彼は孤独のヒーローか?.....それとも。。。。。。。。。。。。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
390.孤独感や焦燥感など根底にあるのだろうが、私には変人としか見えないし、完全に狂っていると思う。銃をぶっ放してヒーローになるなどいかにも米国的。ジョディ・フォスターには期待したのだが・・・。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 2点(2013-08-12 19:29:46)
389.《ネタバレ》 けだるさそうな映像、落ち着いたジャズのBGM、腕立てに背中のキズ、だれとも続かないデ・ニーロ分かる人にはわかる、理解出来ない人には理不尽に感じる映画かなと思う。自分としては佳作。
minさん [DVD(字幕)] 8点(2013-08-09 21:51:53)
388.《ネタバレ》 デ・ニーロ出世作。N.Y.の夜を孤独に駆るタクの運チャン、その内に潜むは狂気の暴力性。哀愁漂う翳のある名演。ジョディ・フォスター、弱冠14歳にして米アカデミー助演女優賞ノミネート。前半の青春ドラマが一転、鬼気迫る犯罪ドラマに。銃で流した血によって汚れた社会を洗濯です。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2013-07-28 01:37:24)
387.《ネタバレ》 デニーロの演技が見事。
コミュニケーションがうまくとれずに孤独感に苛まれる。
好きな女に対する真心を不当に拒絶されたと思い込んで憤る。
相手の気持ちを汲む能力がなく、自分勝手な思い込みで行動するのが痛々しい。
だから周囲も距離を置き、ますます孤独感を深めていくという悪循環。
自省することがまったくないので、悪いのはいつも相手や社会というのがお決まりコース。
ヘドロのように負の感情が溜まっていく様子がリアル。
社会の底辺で暮らすどうしようもない閉塞感から抜け出したい思いも手伝って、街のゴミを片付けるという大義名分のもとに暴走。
やることなすこと終始ズレてる感じ。
ベトナム戦争の後遺症や社会の暗部が、病んだ人間を生んでいるという側面はあるけど、こういう人格障害的なコミュニケーション能力の低い人はそういうことに関わらず存在する。
日本でも問題になった通り魔事件と、犯人像に共通点がある。
鬱憤ばらしの対象が、悪人だったか、普通の人々だったか、子供だったかという違いはあるけど。
トラヴィスが殺害したのは悪事を働いている人間だったので、家出して売春していた少女の親からは感謝もされたが、本人はただ自分自身のガス抜きをしただけだし。
閉塞感や孤独感を抱えている人間は今の日本にだっていくらでもいるだろうし、そういう気持ちと折り合いをつけて生きていかなきゃいけない。
鬱屈した人間をよく描けているとは思うが、こっちまで病んできそうなブルーな気持ちにさせられるので、主人公も映画も好きにはなれない作品。
飛鳥さん [地上波(字幕)] 5点(2013-07-04 21:02:46)
386.《ネタバレ》 マーティン・スコセッシもロバート・デ・ニーロも大好きで、そんな二人がタッグを組んだ幾多の作品のなかでも、恐らくもっとも有名だろう本作。だけど、この作品だけは、(他の彼らの作りあげた良作群に比べて)僕は昔からそんなに魅力を感じなかった。初めて観たのはまだ十代のころだったから、もしかしたらそのころには感じられなかった魅力が今になって分かるかもしれないと、この度、約20年ぶりに再見。うーん、やっぱり僕にはその魅力がどうにも分からない。若いデ・ニーロもジョディも魅力的だけど、もっと都会の片隅に生きる男の狂気をもっと濃密に描いて欲しかったかなー。雰囲気は良いけどね。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2013-05-13 18:02:43)
385.《ネタバレ》 初めて見た中学生のときは理解できなかったが、今回はあの孤独感が理解できてしまった…。
だけどその殻を破る方法が銃って、全く参考に出来ないよ。
Trunkさん [DVD(字幕)] 7点(2013-01-24 03:23:49)
384.様々な映画の舞台となってきたニューヨーク。夢と希望に溢れた街でもあり、お洒落な恋が芽生える街でもあります。
しかし、本作のニューヨークは何とも孤独で病んだ街に映ります。これはまさにトラヴィスの目に映るNYの風景。

デ・ニーロ演じるベトナム帰りの不眠症に悩む社会に溶け込めない孤独なタクシードライバー、トラヴィス。小さな出来事の積み重ねとデ・ニーロの危うさをはらんだ演技で、社会への不満感や孤独感が次第にエスカレートしていく様を追っていく。

冒頭に「雨は人間のクズどもを洗い流してくれる」という台詞がありますが、自身がその雨になろうとしたのか・・・。彼のそんな行動を新聞は英雄扱いしますが、「新聞は大げさだからな」と言いながら、以前と変わらずタクシーで夜の街を流す孤独なトラヴィス=デ・ニーロの目が印象に残るラストでした。
このラストもそうですが、全編に渡りデ・ニーロの目が強烈に印象に残るとともに、バーナード・ハーマンの憂いを帯びた音楽も効いている作品です。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-12-08 20:09:37)
383.《ネタバレ》 デニーロならこれ!ぐらいなほどすごく有名な本作。実は結構ビビりながら(何に?w)観てたんですが、思ったほど何も起きない。若き、ジョディーやハーヴェイが観れるけど、最後の展開はちょっとどうなんでしょ?あれでヒーロー扱いされて、普通に仕事に戻ってるのがわかんないね。もしこれが、当時のアメリカの状況なら相当病んでいたに違いない。そうか、そんな一面をトラビスを通じて「みせた」スコセッシ監督のこれがアメリカなのですね。最後に、初デートにあの映画は無いよな~普通に考えたらありえんよ(苦笑)もう既にトラビスは一般的な常識を考えられなくなってしまってたのか?ちょっとそんな事を考えてシマイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-11-15 09:15:00)
382.《ネタバレ》 若いデニーロをとっても見る価値はあるがストーリーがとても???でした。平凡な1日で満足できない兄ちゃんが刺激、正義を求めた話?よく理解できない映画でした。初デートにポルノ映画に連れて行ける根性は勇ましかった。
とむさん [DVD(吹替)] 3点(2012-05-07 00:15:35)(良:1票)
381.《ネタバレ》 ロバート・デニーロかっこいいなぁ…。自分の存在意義を真面目に考えているんだけど、社会に溶け込めず、恋人に振られ、ついには大統領暗殺を企ててしまうという狂気に満ちたトラヴィスを見事に演じていました。ジョディ・ホスターの幼き姿を見れるのも見所です。しかしラストはちょっと予想外の展開で驚きました。これでいいのか…
nyarameroさん [DVD(字幕)] 7点(2012-04-27 18:46:27)
380.《ネタバレ》 初見。期待外れ。帰還兵、独りぼっち、荒んだ街。トラヴィスの心情を思わせぶりに描いていますが、単なる狂人。その無軌道ぶりは狂気がなせる業と多少は理解出来るものの、ラストでいけしゃあしゃあと運転手に戻っているのに唖然茫然。一瞬アレは彼の妄想だったのかと思いました。3名を惨殺した者を英雄扱いする新聞記事(大統領候補が殺されていたらどんな記事になっていたのか)と共に、狂気を描いた作り手のほうがよっぽど狂っていると感じました。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 2点(2012-04-15 14:00:47)
379.狂気に至るまでが少し唐突感を感じました。セリフだけでなく演出でもう少し雰囲気を出して欲しかった。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-02-04 19:38:00)
378.社会派ダイジェストムービー/トラビスの情熱大陸。ストーリーなんていらないぜ!70年代の超退廃的側面のNY記録ムービーとして最高の映画だ!なーんて割り切ってみれば「傑作」ですかね。最後のハードボイルドに決めるトラビスは興ざめした。あれでベトナム帰りから一般社会に少しだけなじんだ彼の成長を見せているのだろうか。この時代の社会にメスを入れようとして、あちらこちら刻みまくった感じ。久々にみましたが、歴史が2周りくらい繰り返して、映像と音楽のマッチング度と古さが、今見てもスタイリッシュでした。
460さん [DVD(字幕)] 6点(2012-02-04 04:20:49)
377.鬱屈した一人の青年が狂気に走る様を描いたドラマ。
主人公の人物描写はたっぷりと描かれているのだが、彼自身の性格に大きな問題があって、
なかなか感情移入しずらかった。たぶんベトナム帰りという設定がポイントになるんだろうけど、
そちらの描写はいっさい描かれていないので、よほどのことがあったんだなと、
想像力で補うしかないのはちょっと辛いところ。ロバート・デニーロは好きな役者さんだが、
まだまだ若くて蒼い。皮肉な結末を迎えるラストは面白かった。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 6点(2011-12-27 12:58:28)
376.《ネタバレ》 こんな話だとは思いませんでした。私の好きな『ザ・ファン』の狂気の演技の原点はここなのですね。あっちは評価低いですね。私が変なのかな?制作年代が違うけど、こっちの作品の方がよくわからない展開だと思いました。せっかく、あんな美人とデートに漕ぎ着けたのにあれは無いよね???っていうかデートまで普通いかないでしょ?作品の雰囲気とか音楽とかは、とんでもなく凄くカッコイイですけど。理由がどうであれ、正当防衛じゃないのに殺人で普通に無罪放免なんですね?
マーガレット81さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-12-03 16:44:11)
375.《ネタバレ》 この有名な作品を今更ながら鑑賞しました。
孤独であるが故のやるせなさ感は伝わってきたし、良く描かれているとは思うけど・・・
面白いか?と問われたら、面白いのはモヒカン頭のデ・ニーロだろうよ・・・と。(冗談抜きで、画面切り替わってモヒカンのデ・ニーロが出てきた時、吹き出した)

もっと若い頃に観ていたら、若しくは少し間隔をあけて再度鑑賞してみたりしたら、また違った感想を持つのかも知れないけど・・・(確かに、もう一度観てみたいと惹かれる印象的なシーンも多々あったが、暫くはいいや)

しかし、酸いも甘いも知った仲で一緒にアダルトDVDを観ちゃったりするのは解るが(それは私。)・・・
初デートでポルノ映画は、やっぱイカンよね。

あと突然、突拍子もない髪型に変えた身近な人には、笑っている場合じゃなく用心しようと思いました。
ぐうたらパパさん [DVD(字幕)] 5点(2011-10-14 15:18:55)
374.この映画の主人公は2つ デニーロとN・Yの街。多面体都市の、それも洗練されてない、社会底辺な方の顔の。小さな映画館で観たんです。一番前の席しか空いてなくて、おかげでああー狂ってくデニーロが近いよー。余計に迫力増すなあ。 N・Yがけだるいなあ素敵 しかし首が痛いなあ といろいろなことを思い出してしまいます。
tottokoさん [映画館(字幕)] 9点(2011-08-31 00:48:55)
373.《ネタバレ》 トラヴィスを演じるデニーロの演技が素晴らしい。
孤独な魂が狂気を養っていく様が、非常にリアル。
「漠然とした毎日が長い鎖のように続く」という台詞通り、全編に漂うやりきれなさを、けだるいサックスが増幅する。
ベトナム帰還兵という設定だが、現代社会にも通じる普遍的なテーマで、今日の若者の中にもトラヴィスに共鳴する者もいるであろうことは近年の事件をみれば明らかだ。
ラストのデニーロの表情は、再びこの街から排除するべき「汚物」を見つけたのではないかと思う。
歪んだ正義感に駆られた彼は、もうベッツィの愛を必要としない。
しかしそれは、彼女に振られた時よりももっと孤独が深くなっただけのような気がする。
poppoさん [DVD(字幕)] 8点(2011-08-12 16:45:58)
372.昔からこういう事件ってあったんですね。なんか社会問題になっている連続殺傷事件を観ている気分でした。デ・ニーロの演技は言うことなく圧巻で、予備知識無しに観たのでラストも衝撃でした。しかし、なんかこう盛り上がりに欠けるというか、淡々としすぎているように思います。
アフロさん [DVD(字幕)] 6点(2011-06-22 01:58:14)
371.《ネタバレ》 いつ面白くなるのかと言う展開が長い。どうせならもっと早く沸点に達して欲しかった。個人的には、怒りの根源が弱い、暴走度合いがいまいちと言ったところ。もっと、爆発する要素をいっぱい入れて欲しかった。そして、もっとド派手に爽快に暴れて欲しかった。大統領候補を殺そうとした(?)のにあっさり失敗して、諦めてしまって、いったい何がしたいんやと。最後も、あの後死んで終わりかと思えば、何事もなかったように無事だし。女の子を救えて話としては万々歳かもしれないが、映画としてはなんだかいまいち感が残る終わり方だった。
スワローマンさん [DVD(字幕)] 3点(2011-06-20 22:50:41)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 430人
平均点数 7.43点
010.23%
110.23%
251.16%
3153.49%
4214.88%
5337.67%
65011.63%
77016.28%
88820.47%
96214.42%
108419.53%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.35点 Review20人
2 ストーリー評価 7.38点 Review34人
3 鑑賞後の後味 6.88点 Review34人
4 音楽評価 8.47点 Review40人
5 感泣評価 4.87点 Review16人
chart

【アカデミー賞 情報】

1976年 49回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ロバート・デ・ニーロ候補(ノミネート) 
助演女優賞ジョディ・フォスター候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)バーナード・ハーマン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1976年 34回
主演男優賞(ドラマ部門)ロバート・デ・ニーロ候補(ノミネート) 
脚本賞ポール・シュレイダー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS