スウィングガールズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スウィングガールズ
 > (レビュー・クチコミ)

スウィングガールズ

[スウィングガールズ]
Swing Girls
2004年【日】 上映時間:105分
平均点:6.25 / 10(Review 273人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-09-11)
ドラマコメディ青春もの学園もの音楽もの
新規登録(2004-06-20)【鉄腕麗人】さん
タイトル情報更新(2018-09-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督矢口史靖
助監督片島章三
キャスト上野樹里(女優)鈴木友子(テナーサックス)
平岡祐太(男優)中村拓雄(ピアノ)
貫地谷しほり(女優)斉藤良江(トランペット)
本仮屋ユイカ(女優)関口香織(トロンボーン)
豊島由佳梨(女優)田中直美(ドラム)
松田まどか(女優)清水弓子(バリトンサックス)
中沢なつき(女優)木下美保(トロンボーン)
白石美帆(女優)伊丹弥生(音楽教師)
徳井優(男優)カラオケボックスの店員
田中要次(男優)パチンコ店の店長
木野花(女優)スーパーフロアの主任
大倉孝二(男優)スーパーフロアのチーフ
菅原大吉(男優)音楽ホールの司会者
西田尚美(女優)真澄(音楽教室の生徒)
竹中直人(男優)小澤忠彦(数学教師)
小日向文世(男優)鈴木泰三(友子の父)
渡辺えり子(女優)鈴木早苗(友子の母)
江口のりこ(女優)楽器店の店員
福士誠治(男優)野球部・井上
高橋一生(男優)部長(吹奏楽部の男子生徒)
眞島秀和(男優)兄弟デュオの兄・高志
森下能幸(男優)弁当屋
佐藤二朗(男優)バスの運転手
坂田聡(男優)パチンコ客
岩佐真悠子(女優)千恵(女生徒)
桜むつ子(女優)鈴木みえ(友子の祖母)
谷啓(男優)森下(音楽教室の先生)
脚本矢口史靖
矢口純子(脚本協力)
音楽ミッキー吉野
浅梨なおこ(音楽編集)
撮影柴主高秀
製作亀山千広
東宝
フジテレビ
電通
島谷能成
アルタミラピクチャーズ
企画藤原正道
プロデューサー関口大輔
配給東宝
特殊メイク中田彰輝
特撮松本肇(視覚効果)
美術磯田典宏
赤松陽構造(タイトルデザイン)
編集宮島竜治
録音郡弘道
照明長田達也
金子康博(照明助手)
その他文化庁(支援)
IMAGICA(協力)
あらすじ
東北の片田舎の高校。夏休みだというのに補修を受けている女子生徒達が、サボる口実でビッグバンドに参加。はじめは全くやる気ゼロだとのに、いつしかジャズの魅力に引き込まれ自分たちだけでバンド結成を決意!とはいえ楽器はない、お金もない、資金稼ぎのバイトは失敗。ついにはバンド解散の危機?!波乱だらけの展開から、ラストまで一筋縄ではいきません!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
273.《ネタバレ》 わりと始めのほう、トランペット? の中にゲロをはくシーンでとても嫌な予感がしました。 ・・全く笑えない。 レコードは転がすわ、楽器に穴をあけるわ、、まぁ次から次へと出るわ出るわ・・。 でも最大の問題は笑えないことじゃなくて、もっと根本的なところ。これはジャズの映画でしょう? 楽器へのリスペクトも、ジャズという素材に対する監督の愛情もこの映画から全く感じられない。引き合いに出すのは甚だ失礼かもしれんが、アメリカ映画におけるベースボール (野球) の扱いを見てください。素材に対する深い愛情や敬愛があるから、バットを折ったり傷つけたり、グローブにゲロをはくようなことは絶対にしません。 「男子高生にシンクロやらせたらヒットしたな~、今度は女子高生にジャズでもやらせてみっか?」 この考えが映画から透けて見えますわ。 映画の精神はキライですが、出演者はよくやってる。与えられた役に対して、しっかりと努力したのがよく伝わってきます。彼らに2点を捧げます。決して君たちのせいじゃない。
タケノコさん [DVD(邦画)] 2点(2019-11-11 23:04:28)
272.《ネタバレ》  おそらく偏差値40くらいの私立高校の物語。中盤以降は盛り上がるのですが、序盤がちょっとついていけませんね。
 コメディタッチな作品。目くじらたてるもんじゃない。それはわかっているんですけどね。こーゆー青春ものって、若者特有のまぶしさが欲しいです。『勉強は苦手だけど、○○に情熱をかけている』みたいな。ところが序盤、友子をはじめとしてこの女子高生たちには何もない。だらだらと日々を過ごし、頑張る人達の足をひっぱって生きている。さぼることばっかり考えている。不良よりも、こーゆー人種のほうがよっぽど嫌いです。
 また、友子たちのバンドが上手くいき始めるやいなや、便乗するその他大勢の女子高生たち。『ウォーターボーイズ』のときと同じで、この厚顔無恥な振る舞いが嫌いです。しかも簡単に楽器の演奏をこなしちゃう非現実ぶり。青春ならではの、努力、葛藤、ひたむきさ、そういったものが感じられません。
 中盤以降は、そーゆー面も見えるのですが、なんかいまいち共感できない。いかんせん序盤に彼女たちの悪い部分を見せすぎなんじゃないだろーか。コメディですから、笑ってすませば良いのかもしれませんが、『ここで笑うんだろーな』ってとこでは全然笑えません。イノシシ退治に尺を使うなら、もっと熱い練習シーンや、音楽に目覚める説得力のある動機を描いてほしかったです。
 ただ、そういったことをきれいさっぱり無視する。そして中盤以降はスウィングガールズたちの幸運ぶりを楽しむ。そうすれば、ラストのハッピーエンドまでそれなりに楽しいです。無心になることが条件です。
 まあ不思議なもんで、くそつまんないと思いながら我慢して見ていたはずなのに、気付けばいつの間にか楽しい気持ちに。説得力はなくともスウィングガールズの楽しそうな雰囲気に、脳が考えるのをやめてしまったのかもしれませんね。
たきたてさん [ブルーレイ(邦画)] 6点(2017-09-19 12:20:17)(良:1票)
271.《ネタバレ》 笑わせてもらいました!
笑いがどれも、ベタベタすぎておもしろい!
(アブトロニクス、口元についた米粒、イノシシにおっかけられるbgm、イノシシを倒したときの、レントゲン写真)
青春映画とは違って、純粋おバカ映画として楽しめます。もっかいみたい!
へまちさん [DVD(邦画)] 7点(2017-08-20 13:44:44)
270.《ネタバレ》 コメディの部分が上滑りが酷くて見るに堪えない。
バカ騒ぎするだけでなく頭の中までバカの女子高生の見本市。
中古で楽器を買って頑張ったメンバーと
それまで遊びほうけてブランド物売って新品の楽器で戻った生徒の
実力差がないとか悲しすぎるでしょ。
デミトリさん [インターネット(邦画)] 4点(2017-02-26 14:48:41)
269.『平凡な男子高校生たちが初めてチャレンジしたクラブ活動を努力で成功させた物語がウケて男子シンクロが注目されたから、こんどは女子高生バージョンで作ってくれ。題材は…今度は文化的に音楽活動とか。まあでも、ありきたりじゃ意外性ねーから、そーだなー…ジャズがいいぜ!オトナっぽい音楽に女子高生が惹かれてチャレンジする物語。これいいよこれ!いっちょ作ってくれ!』

なんて言われて作ってみたような映画。初挑戦の競技でも体育会系集団だったから成功したボーイズと違って、下地がゼロからスタートしたのに一夏だけであれだけ上達できてしまうナンセンスさで感動できず鑑賞終了。

それにしても竹中直人さんは一種類だけのキャラクターをどこまで押し通すんだろう。
役者の魂さん [ビデオ(邦画)] 5点(2017-01-25 17:55:36)
268.もう10年も前か、みんな若いねえ。苦手な邦画のわざとらしいノリ、相変わらずですがちょっとほのぼのなところもあって、5点とさせていただきました。ちょこっとでしたが小日向氏が唯一、とても自然だったかなと・・・
HRM36さん [DVD(邦画)] 5点(2016-09-21 12:25:55)
267.楽しみました。●2004年公開の映画。テレビ放送が初見で、残念だけど前半で挫折した。「矢口監督の映画だァ」と楽しみに観始めたんだろうけど(スッカリ忘れてる)。●今、目の前に正方形のカラフルなパンフがあって、それを読みたいのでDVDで再見。最後まで飽きずに終了。パンフのイントロ、「演奏は全て俳優本人によるもの」というのが驚き。最初は、楽器の素人集団だったそうだから。●「楽しいが最優先!」がコンセプトの映画と思う。「ノリで突っ走れ!」。だから、たくさんの嘘にツッコミを入れるほど野暮じゃない。それなりに楽しかったけど、実は観てる間、夢中にはなれず傍観してました。こういう映画好きだし、文句をつけたくない。でも深みはない気がする。嘘いっぱいの、それなりに楽しい青春映画。きっと、この映画をきっかけに楽器始めた人は大勢いると思うし、低い点にしたくないので、★7点。
焼肉の掟さん [DVD(邦画)] 7点(2015-05-07 01:05:47)
266.《ネタバレ》 一言でいえばよくある感じの映画。結末はわかってるし、途中もだいたい読める。観終わった後の印象はすごく薄いです。すぐに内容を忘れてしまうのでしょう。可もなく不可もなくです。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 5点(2015-03-12 20:40:17)
265.いまさらですが、初めて見ました。いかにもフジテレビ系の映画でした。たいしたストーリーでもないところに、いろんな人を出して、ちょいちょい笑いをとって、あり得ないような設定で、どっかで喜んでもらえればいい。よく取れば観客サービス、悪くいえば伝いたいものがなんなのか分からない、典型的な私の苦手な日本映画でした。ドラマでいいじゃん。こんなストーリーなら。
木村一号さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2015-03-08 16:40:53)
264.それなりに楽しい映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-08-22 20:57:52)
263.《ネタバレ》 いきなり序盤の悪ふざけを見て機嫌が悪くなり、それが結構後まで尾を引く。主人公を含めた女子高生が揃いも揃って全く可愛気がないのも感心する(関口香織を除く)。自分としては主演女優が今でも好きになれないのだが、それは恐らくこの映画を見たせいだと思われる(関口香織役には好意的)。
ところで自分はこの手の方言が分布する地域の生まれではないが、近隣出身者としての感想を書かせてもらうと、劇中の方言が最もそれっぽく聞こえたのは意外にもフォークデュオの2人だった(兄役が地元出身とのこと)。このあたりからようやく機嫌を直して笑えるようになり、最後のステージ場面まで行けば制作側の意図にも素直に乗れるようになるので、最終的には挽回していたと言えなくもない。会場になだれ込んだ女子高生が鼻を赤くしていたのは何気にリアルで可笑しく、またネズミの御守りというのも悪くない。
ほかストーリーとしては、ご都合主義もいい加減なのも適当なのもそれ自体はそれほど気にならない。出演者が陰でまともに楽器の練習をして、劇中でも面白そうにやっている(関口香織役を含む)のでまあいいのではないかという気になるが、それより自分としては本仮屋ユイカという人の存在を知ったというのがこの映画最大の意義だった。
くるきまきさん [DVD(邦画)] 5点(2014-07-29 19:51:48)(良:1票)
262.あれは本当にある方言なの? 「‥‥‥ず」。みんながそれを喋ってるのって、いいよな。おとぎの国のような雰囲気すらある。この監督は動きのギャグがいいのだが、今回ではストップ画像のイノシシが印象深い。あのおかしさはなんなのだろう、一番動きが激しそうなシーンを、わざわざああ処理したおかしさなのか。洒落っ気ね。「未熟時代の下手な演奏」ってのがこういうのでは難しく、わざとらしくなってしまうのが多かったけど(ドラマで音痴の下手ぶりがわざとらしくなってしまうのと同じで、だいたい音はプロにやらせることが多かったからだろう)、これは実にリアルに下手だった。ドキュメント的な成果。上野樹里は、コメディの勘所を分かっている。
なんのかんのさん [DVD(邦画)] 7点(2014-02-13 09:37:06)
261.《ネタバレ》 全般にリラックスしてまあまあ楽しめた。
最後の演奏シーンと電車の演奏シーン、良かった。
が、ストーリーが弱すぎないかい?
これって主人公の成長を描いているのか?パソコンを序盤で象徴的に出すということは、成長させるつもりだと思ったが、、
誰か言ってたけど、主人公が何でジャズは三日坊主にならなかったのか判らないし、主要以外メンバーの合流も、なんか良く判らない。。
ご都合主義は別にきらいじゃないが、成長物語なら、少ないに越したことはないと思う。
テープの送り忘れ、あれいる??他校の辞退というムリヤリ設定しなきゃいけないほど。
そのあと、友情深まってるわけでもないし。。その分、修行シーンがもっと見たかった。
やっぱ、たくさん準備して準備して、苦労すればするほど、本番の感動は大きくなるのに、ネズミだけじゃあねえ。
やはり、吹奏楽部の復帰がいくらなんでも早すぎたのでは?と思う。
終盤だったら、彼女たちがわんわん泣いたときに一緒に泣けたと思う。
プロットの部分がもっと良ければ、もっと良かったかな~
kosukeさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2013-06-03 14:19:22)
260.《ネタバレ》 田舎の高校の吹奏楽部が傷んだ弁当を食べて食中毒で部員が一人を除いてダウン。
その原因を作ったド素人集団がビッグバンドジャズに挑戦するドタバタコメディ。
補習逃れのために嫌々やってた連中が次第に音楽の魅力にのめりこんでいく様子が楽しい。
ダウンしていた正部員が復帰して、おもちゃを取り上げられた子供のように泣き出す姿がかわいい。
この手の学園青春ものは、「がんばっていきまっしょい」「シムソンズ」と同じく舞台が田舎でないとしっくりこないが、この作品も山形弁と田舎の風情がいい具合にハマっていた。

矢口史靖監督は『ひみつの花園』もそうだったが、笑いのセンスがいい。
ヤンキー風の二人のフォークソング、猪に追われるストップモーション、土手から豪快に転げ落ちる自転車少年、竹中直人演じるジャズ初心者の指導教師。
コミカルシーンがあちこちに散りばめられていて笑える。
ストーリはマンガチックでご都合主義の突っ込みどころも散見。
男と遊び歩いてた連中が練習もしてなかったのに4人の演奏に見事に加わったり、応募忘れの音楽祭に急遽代役での出場が当日決まったり。
理屈に合わないところがたくさんあるので、それに引っかかっていると楽しめない。
あくまでマンガチックなコメディとして、ご都合主義を押し切るノリとパワーを楽しめるならこの作品が大好きになる。
ステージ最後の演奏曲「シング・シング・シング」は、思わずノリノリでスイングしてしまうくらいの勢いと楽しさを感じた。
「すべての人間は二種類に分けられる。スウィングする者と、スウィングしない者だ」
会場にジャズのリズムの拍手が広がったときは鳥肌が立つ。
ジャズにはいままで関心がなかったが、この映画で興味を持ってしまった。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 9点(2013-05-26 20:44:16)(良:1票)
259.《ネタバレ》 初見の時は面白かったけど、ストーリーが軽すぎるかなと思ったけど、何度かCSとかで見直しているうちに、それはそれでいいかなと思った。ちゃんと笑わせるシーンでは笑わせるし(実はこれが一番大事、笑えないコメディの方が多いから)出演者のスウィング振りがいい。吹奏楽部顧問の白石先生が普通はこういう立場の役柄は意地悪になるものだが、人が良いところがなんか良い。
rosebudさん [映画館(邦画)] 8点(2013-05-02 16:07:39)
258.わかりやすさが際立ってた。ギターとベースの二人のクールさもよかった。
ただ、主要メンバー以外の入り方ってどうよ?
ドラマ化を計算してたけど、思ったほど反響がなかったのか?
まあ、理屈抜きにしたら楽しめます。
Skycrawlerさん [地上波(邦画)] 7点(2012-12-02 16:31:52)
257.凝った作りではないですが楽しい映画ですね。後味良い爽やかな映画でした。
東京ロッキーさん [地上波(邦画)] 7点(2012-11-24 18:36:17)
256.ふつうに楽しめました。ライブシーンも秀逸です。映像も飽きさせないし、説明くささもなく、ストーリーのはしょりも適度で、快適でした。記録映画ではないし、推理ドラマでもないので、ストーリーに厳格さは必要ないですね。スピード感が、適切です。
クゥイックさん [DVD(邦画)] 8点(2012-09-09 20:41:48)
255.演奏上手。もし映画として気に入らなくても、ラストはライブ映像として楽しめると思う。
afoijwさん [DVD(字幕)] 6点(2012-01-09 03:55:16)
254.ジャスバンドを題材にしたストーリーコメディー。
青春ドラマの要素も入ってるかな。とにかく全体の作りが非常に粗い。
ふざけすぎの女の子たちのキャラ設定は、若者向け民放ドラマのレベル。
ストーリー展開は突っ込み所満載。一応コメディーなんだから細かい所は目を瞑ってよと、
思わず制作者側の甘えを感じてしまったが、コメディー映画でもシナリオは大切なんだけどね。
「天使にラブソングを」あたりを観れば、それがよくわかるんじゃないかと。
ジャズバンドと聖歌隊の違いこそあれ、あちらもコメディー映画だからね。
音楽の楽しさだけは伝わった。
MAHITOさん [地上波(邦画)] 3点(2011-08-14 05:39:06)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 273人
平均点数 6.25点
031.10%
151.83%
272.56%
393.30%
4196.96%
52910.62%
65821.25%
77427.11%
85118.68%
9145.13%
1041.47%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.51点 Review27人
2 ストーリー評価 5.95点 Review40人
3 鑑賞後の後味 7.65点 Review43人
4 音楽評価 8.02点 Review50人
5 感泣評価 4.22点 Review31人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS