スピーク(2010)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スピーク(2010)
 > (レビュー・クチコミ)

スピーク(2010)

[スピーク]
THE SPEAK
2010年【米】 上映時間:83分
平均点:4.75 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-10-01)
ホラー
新規登録(2012-01-29)【あろえりーな】さん
タイトル情報更新(2017-07-02)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストトム・サイズモア(男優)
行成とあ(日本語吹き替え版)
鈴木達央(日本語吹き替え版)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》  POV方式の映画って、たまに凄く観たくなります。
 手ブレの多い映像は苦手なはずだし、このジャンルが特別に好きという訳でもないはずなのに、それでも禁断症状のように身体がPOVを求めてしまうのですよね。

 本作も、そんな欲求を適度に満たしてくれる「お化け屋敷的な映画」として、気軽に楽しむ事が出来ました。
 物凄く怖いという訳ではないのですが、何処か安心感を伴った「約束された怖さ」を提供してくれる感じですね。
 こんな具合に、やたらと血が飛び出したり大きな音で驚かせたりする訳でも無い、落ち付いて観賞出来るホラー映画って、貴重だと思います。

 内容としては、ノーカット風の撮影でリアルタイムな感覚を重視した作りが意欲的。
 手ブレも比較的控えめで、観易い映像だった事も嬉しかったです。

 才能はあるのかも知れないが、今一つ芽が出ないでいる映画監督の主人公と、その弟のカメラマンとの関係性なんかも、程好い生々しさがあって好印象。
 ずっと昔に、短編映画の賞を取った事を自慢のタネにして、自分は凄い奴なんだと見栄を張っている兄の姿なんて、妙にリアリティがありましたね。
 そんな兄を馬鹿にしながらも、律儀に映画撮影に付き合い、本心では兄を認めている弟。
 舞台を一箇所に限定する事なく、この兄弟で色んな怪奇スポットを次々に巡っていく内容なんかも、観てみたかったものです。
 
 オチは投げっぱなしで納得がいかないし、回収されていないと感じる伏線も多く、総じて「面白い映画」とは言い難いものがありましたが、細かい点で好印象を与えてくれる為、何だか憎めない、愛嬌のある映画でした。
ゆきさん [DVD(吹替)] 5点(2016-05-26 16:04:17)
3.《ネタバレ》 こりゃひどい。POV映画としては完全なハズレの部類です。
唯一評価できるのは最初の遠方を怪しい影が横切る映像くらいですね。
ぴのづかさん [CS・衛星(字幕)] 1点(2013-03-30 22:38:05)
2.最近良くあるP.O.V映画だけどもうそれだけで十分。この手の映画大好きです。大きな音をいきなりならしてびっくりさせる~みたいな手法が全くなかったのが好印象。あれは怖いじゃなくて吃驚だからね。カメラの遠くに見える人影とかちらっと映る幽霊とか、ありがちな演出ではあるけどアメリカ映画にしては大人しい演出だったと思う。ただ83分しかないのにちょっとだれた。冒頭~儀式のシーンまでが長い。ストーリーなんてあってないようなもんなんだからもっと切りつめても良かった。
ケ66軍曹さん [DVD(字幕)] 8点(2012-03-17 03:47:23)
1.《ネタバレ》 これは、映画館で見るとけっこう怖かったかもしれないね。
手法的には、いわゆるモキュメンタリーというやつで、
廃墟ホテルに映画製作チームが突入し、様々な恐怖体験に襲われるという内容。
まず思ったのは、ずっとノーカットで回し続けてると言う点。
これは制作者達の純粋な挑戦と言うか、心意気のようなものを感じるし、演じてる本人たちも長々と台詞を覚えたんだろうな~、大変だな~なんて思いをはせながら鑑賞していました。
ただ、ドキュメント風に見せているが故に、それが逆に不自然さを表に出しちゃってる。例えば、カメラを床に置いても、常に登場人物がいい具合に入りこんできたり、カメラにノイズが入る(たぶん霊が来た事を表現してるんだろうけど)その映像が嘘くさすぎたり。そしてまた、霊の出方もかなり堂々としたりして、このへんはアメリカ映画らしいかなと思う。まぁ、完全なお化け屋敷ムービーなので、みんなでキャーキャー言いながら鑑賞するのが一番ふさわしい見方なんだろう。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 5点(2012-01-30 00:43:11)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 4.75点
000.00%
1125.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5250.00%
600.00%
700.00%
8125.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS