Menu
 >
 >
 > ロング・エンゲージメント

ロング・エンゲージメント

A Very Long Engagement
(Un long dimanche de fiançailles)
2004年【仏・米】 上映時間:134分
平均点: / 10(Review 47人) (点数分布表示)
ドラマ戦争ものミステリーロマンス小説の映画化
[ロングエンゲージメント]
新規登録(2004-07-25)【ヴァッハ】さん
タイトル情報更新(2017-05-27)【S&S】さん
公開開始日(2005-03-12
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジャン=ピエール・ジュネ
キャストオドレイ・トトゥ(女優)マチルド
ギャスパー・ウリエル(男優)マネク
ドミニク・ピノン(男優)シルヴァン
ジョディ・フォスター(女優)エロディ・ゴルド
ドニ・ラヴァン(男優)フランシス・ゲニャール(シー・スー)
クロヴィス・コルニアック(男優)ブノワ・ノートルダム
ジャン=ピエール・ダルッサン(男優)ゴルド伍長
チェッキー・カリョ(男優)ファブリエール大尉
マリオン・コティヤール(女優)ティナ・ロンバルディ
ティッキー・オルガド(男優)ジャメイン・ピール
ドミニク・ベテンフェルド(男優)アンジュ・バシニャーノ
アンドレ・デュソリエ(男優)ピエール=マリー・ルーヴィエール(弁護士)
アルベール・デュポンテル(男優)セレスタン・プー
ジャン=クロード・ドレフュス(男優)少佐
ミシェル・ロバン(男優)バシニャーノを訪ねる老人
ジュリー・ドパルデュー(女優)ヴェロニック・パッサヴァン
エリナ・レーヴェンソン(女優)ドイツ人女性
リュファス(男優)ベルトン
原作セバスチャン・ジャプリゾ『長い日曜日』(東京創元社)
脚本ジャン=ピエール・ジュネ
ギョーム・ローラン(追加脚本)
音楽アンジェロ・バダラメンティ
編曲アンジェロ・バダラメンティ
撮影ブリュノ・デルボネル
製作総指揮ビル・ガーバー[製作]
配給ワーナー・ブラザース
美術アリーヌ・ボネット(プロダクション・デザイン)
衣装マデリーン・フォンテーヌ
編集エルヴェ・シュネイ
その他ジャック・ペランthanks: "Le Peuple migrateur" footage
あらすじ
1917年1月のある日曜日、戦場で5人のフランス兵が処刑された。5人のうち最年少者の婚約者マチルドは、彼の死を信じられず、そこで起きたすべてを知ろうと調査を始める。その日、何があったのか? 生存者がいるという噂の真偽は? 隠された真実の断片が周囲の証言によって、ジグソーパズルのピースのように一つ一つはめ込まれていく。結局、この事件とは一体何だったのだろうか? 事件に関わった人々は自らのナラティブに照らし合わせ、彼らが生きていくことの切実さ、その歴史性を改めて認識していくのである。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
47.正直登場人物多すぎて誰が誰やら・・・。フランス人のオッサンはみんな同じに見える。
しかし、小道具、大道具、カメラワークなど映像すべてにこだわりを見せてくれるジュネさんの映画は観てて楽しい。ジュネさんの真価はやっぱ100分程度でこそ発揮されると思う。
すべからさん [DVD(字幕)] 6点(2010-12-25 18:12:51)
46.《ネタバレ》 ジャブリゾの原作小説『長い日曜日』をここまで映像化出来るとは、ジュネ侮りがたし! まず一回鑑賞しただけじゃとてもじゃないけど複雑で多数の登場人物を理解するのは不可能ですが、根本はマチルドとマネクの物語なのであまり周りの人物には関心を向けないで鑑賞した方が賢明です。私は三回観てようやく物語の全体像が理解出来ました。悪夢のような第一次大戦の塹壕戦はキューブリックの『突撃』を超えるリアルさで、細かい時代考証も細部にこだわるジュネらしく完璧です。ジュネ印のキッチュな映像は本作では控えめですが、アンジェロ・バダラメンティの叙情あふれる音楽とマチルダの故郷ブルターニュ地方の美しい自然が見事なアンサンブルを見せてくれます。マチルドの周囲の人たちが善人ばかりというのがまた良くて、特に自転車でやってくる郵便配達人はジャック・タチへのオマージュになっていて感涙ものです。 私は『アメリ』より本作の方が好きですね、純愛ものとしても傑出していると思います。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2010-12-25 00:53:01)
45.女優陣が素晴らしかったですが、戦争映画にしては男性の印象が薄いです。自転車の配達人がなんか面白い。
色鉛筆さん [地上波(字幕)] 6点(2009-03-23 22:40:01)
44.皆さんが言っている通り、
最初の段階で登場キャラの名前と顔を完璧に覚えることさえできれば、
よく出来た映画だと思います。
ただ自分は皆さんと同じく途中からわけわからなくなりました。

しかし不思議な戦争映画でした。
アメリのようなファンタジー感を持ちつつ、戦場のシーンはリアルに描いている。
映像は奇麗だし、テンポも比較的良い。

こんな戦争映画初めてです。
二度目みるつもりなので点数変わるかもしれません。
非映画人さん [DVD(吹替)] 7点(2008-12-14 03:26:54)
43.《ネタバレ》 ややわかりにくいのが難点だけど、オドレイ・トトゥの魅力満載の映画だった。アメリよりも良かった。あと、足のマッサージのシーンが頭から離れません・・・
SAS30さん [DVD(吹替)] 9点(2008-10-21 12:54:47)
42.《ネタバレ》 究極の純愛物と感じました。多くの斬新なショットや場面展開が真新しく素晴らしかったです。セピア色に染まりながらも、違和感を感じさせなかったのは、話の内容に引き込まれていたからだと思いました。▼印象に残った幾つかの出来事をあげて見ます。
パリの市場の場面は、CGの凄さにあっけに取られていたら、さらにあのジョディ・フォスターが出て来たではないですか!噂には聞いていましたが、彼女がキーパーソンであるからトップの役者を据えたのだと思いました。それにしても、かなり生々しいラブシーンがあり、それにも驚きました。その後マチルドがチューバで吹いた曲はグリークの「ペールギュント」の内の「オーセの死」ではないですか。これは帰らぬ恋人の死を悼む曲ですので、意識的に選曲されたのだなと感じました。その他、多くの空撮も印象に残りました。墓地の場面、汽車の驀進する場面、砲撃場面などそれぞれ「お!」と思わせました。また、5人の自傷兵士を無意味に中間地帯に投げ出した上官どもをマチルドに代わって凄まじい殺し方をし、ギロチンにかけられるティナも、ある意味では、純愛を貫いた女性だったのかも知れません。
▼最後の再会場面も、男が記憶喪失の為か、マチルドも涙を流して静かに座って眺めているだけ、というのも、ガツガツした感じがなく、本当に、死に物狂いに探し当てた恋人という感じで素晴らしかったです。

亜酒藍さん [DVD(字幕)] 8点(2008-03-03 00:05:46)
41.セピア色を基調とした映像が非常に美しかったですね。内容は情報量が多くて頭を整理しながら見るのが大変で疲れました。
ギニューさん [DVD(字幕)] 5点(2008-01-27 18:53:20)
40.《ネタバレ》 オドレイ・トトゥ主演で、戦地にいった恋人をひたすら待ち探し出す旅にでるお話。戦争シーンはかなりリアルで生々しい感じに対して、田舎で待つマチルドは対照的な静かな環境でインパクトを感じました。マチルドが願掛けのようにやるおまじない(?)が自分もやったことあるなぁ~と感じて微笑ましかったです。にしても証言や証拠に対して徐々に探していくので結構長い映画に感じました>< ジュディフォスターが何気に出ててビックリしました。
うさぎ大福さん [DVD(吹替)] 6点(2008-01-24 23:09:46)
39.途中まではええよ、最後がなぁ~。
ジダンさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2008-01-06 10:11:18)
38.登場人物が多くて、誰が誰か分からなくなった。一発で覚えるのはちと難しかった。その点、原作の方がきっちりとしてそうな気はする。アメリチックな映像が随所に散りばめられていて、アメリファン、パリ好きとしては、なかなかよかった。しかし、ジョディフォスターだったとは。ここで見るまで気づかなかった…。
MARTEL1906さん [DVD(字幕)] 7点(2007-11-27 03:30:00)
37.《ネタバレ》 映像が凄く綺麗。絵画のよう。でも・・なんアメリっぽすぎ。マチルドがアメリにしか見えない。それにコリニョンさんとジョセフいたし。。。なんかアメリっぽさを引きずったまま完璧にはハッピーエンドで終わらなかったので、なんかあんまりすっきりしなかった作品。
ネフェルタリさん [DVD(吹替)] 6点(2007-06-28 20:03:49)
36.情報量があまりに膨大すぎて、物語にすんなり溶け込んでいくことができません。小説としては映える題材だったのでしょうが、残念ながら、映像化するには不向きな作品だったと言わざるを得ません。
Kさん [DVD(吹替)] 4点(2006-12-30 14:54:19)
35.「アメリ」の監督だから、普通ではないと思ってたけど..少しだけ、変化球でした..可もなく不可もなく、それなり...
コナンが一番さん [DVD(吹替)] 5点(2006-12-11 12:26:26)
34.《ネタバレ》 いくつかあるサブストーリーがそれぞれ素晴らしいです。またそれらが上手く本筋に絡み合っていて話に深みを与えています。マチルドのキャラがどことなくアメリっぽいのはファンサービスかな? 脇役陣がかなり魅力的。
Robbieさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2006-08-27 17:13:27)
33.映画としては綺麗で、戦争の悲しさがよく表現されていて、いい映画だったと思います。シネスコのフレームをきっちり使って、広く奥行きのある画を見せたり、フレームの中に更に枠を作って印象的な画を切り取っていったり、さすがは映像派なジュネだな、と。それにバダラメンティとのコンビも復活で、これまた綺麗で印象的な音楽を聴かせてくれますし。しかーし、ジュネのとってもヘンでこってり濃い世界を期待していたので、これはなんともまあ悪い意味でマトモな映画になっちゃってるなぁ、と。原作がある以上は仕方ないという事なのでしょうか? ジュネ流の解釈で、もっともっとヘンな映画にしちゃっても良かったんじゃないかと思うんですけどねぇ。ここまでマトモだと、まるでロメロが撮ったラブストーリーか、ノーラ・エフロンが撮ったアクション映画か、はたまたマイケル・ベイの撮ったラブコメディか、ってくらいに居心地の悪さを感じてしまいます。いつまでもコワレてなんていられないよ、っていうのなら、それはそれで淋しいなぁ。もっとも、この登場人物たくさんな映画をいつものテンポで描いたら、ついてゆける人間皆無な世界になっていたかもしれませんが。それにしても、ジョディ・フォスターそっくりだなぁ!・・・ってジョディ以外の誰でもないよね・・・なジョディ登場にびっくり。フランス語な映画にジョディが出てくるとは思わないもんねぇ。しかもあんな脇役・・・。
あにやんさん [DVD(字幕)] 6点(2006-06-27 00:36:03)
32.《ネタバレ》 脚が悪くても叔父夫婦に真綿にくるまれるように大事にされ、当然のように彼らのお金で消えた恋人を捜して旅を重ねるマチルド。貴女がマネクに逢えたのも一つには叔父さん(D・ピノン、いい感じに年とってきました)たちの愛情あればこそなんだけど、わかってる?マネク捜しに愛より執念を感じる彼女は魔・チルド。(オドレイだと健気な感じがでにくいのかも)「私を愛するマネク」がそこにいなくても「私が愛するマネク」がいれば満足な彼女の自我は強烈。ほどけた赤い糸は再び結ばれるのだろうか。ミステリーの部分はやや未消化な、ブルターニュの風景が美しいジュネの映像に彩られる屈強な女の子の物語。
レインさん [映画館(字幕)] 6点(2006-05-27 16:19:34)
31.《ネタバレ》 ジュネってあの奇を衒う作風が妙にハナについて今イチ好きになれない監督なんだが、コレはジャプリゾの原作を下敷きにしているだけあって意外と見応えがあった。恋人の生還を信じ続けるヒロイン・マチルド(オドレイ・トトゥ)が事有る毎に「~だったら彼は生きて帰る!」とトリビアルな賭けを心中で唱えるトコロは微笑ましさと共に彼女の直向(ひたむき)な願いが伝わってきて観る者の心を打つ。ただただ座して待つのを潔しとせず、積極果敢に手掛かりを求めて行動するアクティブさで徐々に真相へ肉薄していくミステリとしての醍醐味とロマンスとの巧妙な融合もなかなか魅力的。セピアの画調が第1次大戦のムードを非常によく醸し出しており、殊にヒロインの家にやって来る郵便配達夫の人間味溢れる描写は出色である。ラストも(ジュネ作品にしては珍しい)ハッピー・エンドで心地よく締め括られ後味さわやかだしね。惜しむらくは…違和感バリバリなティナのSMぽいグロ復讐シーンとジョディ・フォスターのSUPER無駄遣い(あんな種付けシーンのためにわざわざ彼女を使わんでも…)。なので遺憾ながら3点マイナース。
へちょちょさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-05-25 01:05:06)(良:1票)
30.あの年代の情景が描き出されていて、よかったんじゃないかな。
女性は服の上からも分かるように、腰からヒップ、足へのラインが魅力的に描写されていて、グーです。
オドリー南の島さん [DVD(字幕)] 7点(2006-05-07 00:37:35)
29.ストーリー自体は非常にオーソドックス。ただ、名前が覚え難いので途中経過がわかり難かったです。また、笑いを誘うような表現と人間の生臭い部分を表現するシーンが混在しており、全体として中途半端な印象を受けました。個人的には、R15指定を受けない程度の表現でも十分作品のねらいは果たせたのではないかと思います。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-04-30 03:39:00)
28.「アメリ」と同じようにオドレイ・トトゥが精神異常っぽくて不気味なのが気になって、ストーリーに集中できません。彼女の雰囲気が嫌いです。「アメリ」が嫌いな人は見ないほうがいいです。もっと普通の俳優がやっていたら素直に見られて、6点はつけられたと思います。長すぎます。登場人物が無駄に多すぎて疲れます。途中でジョディ・フォスターが端役で出てきてフランス語をベラベラしゃべってたのでびっくりしました。
チョコレクターさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-04-29 10:58:15)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 47人
平均点数 6.17点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
448.51%
51225.53%
61327.66%
71123.40%
848.51%
936.38%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.66点 Review6人
2 ストーリー評価 6.33点 Review6人
3 鑑賞後の後味 6.16点 Review6人
4 音楽評価 7.00点 Review6人
5 感泣評価 6.40点 Review5人

【アカデミー賞 情報】

2004年 77回
撮影賞ブリュノ・デルボネル候補(ノミネート) 
美術賞アリーヌ・ボネット候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2004年 62回
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS