カンフーハッスルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > カンフーハッスル
 > (レビュー・クチコミ)

カンフーハッスル

[カンフーハッスル]
Kung Fu Hustle
(功夫)
2004年【中・米・香】 上映時間:99分
平均点:6.51 / 10(Review 132人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-01-01)
アクションドラマコメディカンフー
新規登録(2004-09-06)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2014-05-30)【カニ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督チャウ・シンチー
演出ユエン・ウーピン(メイン・アクション・コレオグラファー)
サモ・ハン・キンポー(アクション・コレオグラファー)
ユエン・シュンイー(アシスタント・マーシャルアーツ・コーディネーター)
タイガー・チェン(アクション指導)(ノンクレジット)
キャストチャウ・シンチー(男優)夢見るチンピラ・シン
ユン・ワー(男優)闘う家主夫婦・夫楊過
ユン・チウ(女優)闘う家主夫婦・妻小龍女
ブルース・リャン(男優)笑う殺し屋・火雲邪神
ドン・ジーホワ(男優)コシの弱い麺職人・五郎八卦棍の名手クワイ
チウ・チーリン(男優)手荒い仕立て屋・洪家鐵線拳の達人シン
シン・ユー(男優)担がれやすい人足・十二路譚腿の達人ヒョン
チャン・クォックワン(男優)踊る斧頭会組長・サム
ホアン・シェンイー(女優)舐められたアイス売・ファン
ラム・ジーチョン(男優)細っ腹の相方・ラム
ティン・カイマン(男優)うなずく斧頭会相談役
ジア・カンシー(男優)奏でる刺客・古琴波動拳の使い手
フォン・ハックオン(男優)奏でる刺客・古琴波動拳の使い手
ラム・シュー(男優)火種の斧頭会副組長
フォン・シャオガン(男優)鰐革会組長
チャン・イーバイ(男優)チャン警部
ホー・マンファイ(男優)半ケツの床屋・ジャンバオ
ユエン・チュンヤン(男優)浮浪者
ジャズ・ラム(男優)不良少年
オリヴァー・ウォン(男優)監査人
デヴィッド・ハン(男優)大男
チン・シン・ワイ(男優)
山寺宏一夢見るチンピラ・シン(吹き替え版)
樋浦勉闘う家主夫婦・夫楊過(吹き替え版)
磯辺万沙子闘う家主夫婦・妻小龍女(吹き替え版)
屋良有作笑う殺し屋・火雲邪神(吹き替え版)
坂東尚樹コシの弱い麺職人・五郎八卦棍の名手クワイ(吹き替え版)
岩崎ひろし手荒い仕立て屋・洪家鐵線拳の達人シン(吹き替え版)
楠大典担がれやすい人足・十二路譚腿の達人ヒョン(吹き替え版)
矢尾一樹踊る斧頭会組長サム(吹き替え版)
草尾毅細っ腹の相方ラム(吹き替え版)
茶風林うなずく斧頭会相談役(吹き替え版)
千葉繁奏でる刺客・古琴波動拳の使い手(吹き替え版)
辻親八奏でる刺客・古琴波動拳の使い手(吹き替え版)
雨蘭咲木子ミス豚小屋砦チャン(吹き替え版)
山口勝平半ケツの床屋ジャンバオ(吹き替え版)
大川透火種の斧頭会副組長(吹き替え版)
軽部真一路面電車に乗っているメガネ男(吹き替え版)
後藤哲夫(吹き替え版)
重松朋(吹き替え版)
田野恵(吹き替え版)
出演ビル・ボーデン異人類研究センター ボーイスカウト(ノンクレジット)
原作金庸(楊過・小龍女キャラクター原案~武侠小説「神雕侠侶」より~)
脚本チャウ・シンチー
ツァン・カンチョン
ローラ・フオ
チャン・マンキョン
音楽レイモンド・ウォン[音楽]
挿入曲ホアン・シェンイー「只要為你活一天」
撮影プーン・ハンサン(撮影監督)
製作チャウ・シンチー
チュイ・ポーチュウ
ジェフ・ラウ
チン・シン・ワイ(アソシエイト・プロデューサー)
製作総指揮ヤン・ブーティン
ビル・ボーデン
ワン・ツォンレイ
チャオ・ホイチン
デヴィッド・ハン
ハン・サンピン
制作ザ・スターズ・オーヴァーシー
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特撮セントロ・デジタル・ピクチャーズ(CG)
フランキー・チャン[特撮](視覚効果スーパーバイザー)
美術オリヴァー・ウォン(美術監督)
衣装シャーリー・チェン
編集アンジー・ラム
字幕翻訳風間綾平
スタントタイガー・チェン(ノンクレジット)
その他ローウェル・ロー(スペシャル・サンクス)
アンジー・ラム(ポスト・プロダクション・スーパーバイザー)
あらすじ
臆病で虚勢ばかり張っているチンピラのシン。かつては正義を目指していた彼だったが、ある出来事を境に「悪」を目指すようになっていた。一方、辺りを牛耳るギャング団「斧頭会」は、おんぼろアパート「豚小屋砦」の住人たちに手痛い目に遭わされ、復讐のため策を弄していた。組員になりたさから争いに巻き込まれていくシン。しかし、彼は正義への心を封印していただけだった… 「少林サッカー」のチャウ・シンチーが再び放つ「ありえねー」痛快活劇!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
92.ちゃんと観なくちゃと思いながらずっと観られなかった、スティーブン・チョウこと周星馳の最新作。『少林サッカー』も思ったけど、やっぱり中盤で一回、流れが止まるんだな。でもデジタルの使いどころのセンスはうまいなあ。
前作「少林サッカー」に比べてまとまりがない。主人公の覚醒はもう少し早い方が良かった。
名前は憶えてないけど、なんとなく香港カンフー映画で見たことある人いっぱい出ててうれしいかも。火雲邪神のブルース・リャンって『Gメン'75』の香港カラテシリーズのあの人だよね。
拇指さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-06-14 15:10:11)
91.まさにありえないことの連続で、流れるような展開がなかなか心地よい。きっと見ているあいだアルファ波が出まくっていたことだろう。癒されました。
Robbieさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2006-06-05 22:48:16)
90.まず主人公がストーリーに乗りきれておらず、ぶつ切りな感じ。覚醒するシーンを中盤くらいに持ってきて、後半からハチャメチャな展開が始まるようにしていればだいぶ面白くなったと思うんですが、とにかく全編にギャグやアクションをちりばめたために、メリハリなくその場その場のアイデアばかり見せつけられて、ストーリーとしての流れが今ひとつうまくいってない。/ヒロインもあの豚小屋砦住人だったら、シンの最後の心変わりに説得力が増すと思うんですが・・・。/斧頭会の暗躍ぶりを妙なダンスで表現する冒頭のシーンとか、ネコの影が木の葉のようにハラリと切れるシーンなんかのセンスは好きです。
Monochrome Setさん [DVD(字幕)] 6点(2006-06-05 16:56:32)
89.《ネタバレ》 まず、オーバー過ぎる演出が鼻についた。
「ありえねぇー」という宣伝文句、そして前作「少林サッカー」の存在。
これらから推して知るべしなのだが、どうにも合わない。
CGや合成がわかり易く浮いてるのもだが、基本的にスローモーションが嫌い。
アクションを重視するような作品で余り多用して欲しくないのだ。
場面場面で見ると、カッコよく決めてあるシーンもある。
ただ大仰しさが、映像や音楽に顕著に表れていて冷めたりする。
しかし、話は在って無いような物なのに何故かうっすらと感動してたりもする。
徹夜明けの寝惚け眼のせいだとは思いたくないのですが・・。
もう少し主人公やその相方、聾唖者であるヒロインを掘り下げて欲しかった。
どう考えても火雲邪神と大家夫婦の存在が圧倒的過ぎる。
ハッとしたシーンが「シャイニング」をパロったシーンなのも流石に問題がある。
HIGEニズムさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-05-29 06:00:34)
88.なんなんでしょうこのまとまりのなさ。。。ところどころチビっ子が喜びそうなネタ
はありましたが、最近の日本の若手芸人のギャグにすら笑えない自分にはひたすらお
寒い内容でした。
たかちゃんさん [DVD(字幕)] 1点(2006-05-28 16:15:40)
87.《ネタバレ》 あのいじめのシーンがなければ5点か6点ぐらいついてた。あれで私的に完全につまらなくなった(個人的にいじめシーンはかなり大きな減点なんだけどね、見てて不愉快だから)まあアホくさいCGのアクションシーンもツボじゃなかったし、それほど面白くはなかった。
ラスウェルさん [DVD(字幕)] 3点(2006-05-25 23:48:40)
86.とりあえず笑い所はあったけど、笑えない部分のほうが多かったかな。まぁでもすんなりみれました
rainbowさん [DVD(字幕)] 6点(2006-05-06 17:43:14)
85.《ネタバレ》 いろいろなマイナス点はあります。しかし、良かった点がきらりと光ります。誰でも生まれてきてなにか目的を見つけそれに一生を賭けたいと思うはずです。主人公は少年時代にカンフーの使い手として正義のために生きよう決心し、彼なりに一生懸命練習をしたのでしょう。しかし挫折しチンピラになり下がってしまいます。時がたち、聾唖の女性との再会により、かつての自分のつたない行為でも誰かを救っていたこと知ります。結果は散々でも志は正義から出たものだったからです。そのときの自分と今の自分を比べ、嘆き、そして正義へ目覚めていく。。ここが良かった。女性が飴を出したときは涙が出た●敵の親玉が『自分を殺してくれる相手を探している』といいながら、いざ死ぬとなると見苦しく生に執着している様がリアルでよかった。●3人の達人の死は主人公が原因のようなものだから、その償いをしなければならない。●すでに皆さん書いていらっしゃるが、ギャグとして痛すぎるものが多い。改善してほしい。
承太郎さん [DVD(字幕)] 7点(2006-03-29 13:46:31)(良:1票)
84.それほど、ありえねー、って訳じゃないなぁw まぁ、面白いといえば、面白いんだけど、多大な期待はしちゃいけないなぁ・・・。
瑞鶴さん [DVD(字幕)] 6点(2006-03-13 22:08:12)
83.◆観て一日経ったが、何か凄いものを見たなぁ~という気分は残っている。『ファインディング・ニモ』を見た後にも同じような感覚を抱いたけれど、CGを駆使して剛速球を投げられると、何かすごい夢を見ていた気分になるのである。◆ストーリーはほぼすっ飛んで、後味だけが残る。まるで炭酸飲料のよう。・・・粋じゃないですか。6点を献上させていただきたい。
もりたろうさん [DVD(字幕)] 6点(2006-02-09 23:27:48)
82.少林サッカーではサッカーと言う括りがベースにあって勝ち進むことで目指すテーマが分かりやすかったのに、この作品は同じようなハチャメチャ振りでもこんなことも出来るんだよーと言いたげなCGで遊びすぎてるようにしか感じられません。前作同様おふざけの中にもマジな部分を入れたいのだろうが期待した唖の娘との話も中途半端な感じで映画に深みを持たせる事もなく終わってしまっています。カンフーの修行もしていないのに突然最強の達人に生まれ変わる主役のチャウ・シンチーの自己中心で自己満足だけの映画でした。先ずもって殆どのギャグがぜんぜん笑えないのが痛い。
WEB職人さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-01-12 22:14:14)
81.半ケツの意味を考えさせられました.
くまさんさん [DVD(字幕)] 7点(2006-01-06 03:34:59)
80.少林サッカーよりこっちの方が好き。最初から傑作を期待しないで見たのがよかったのか、かなり楽しめました。ストーリーがいいかげんなのはほとんどのカンフーもの共通点なので気にならなかった。ただ、ラストは大がかりな割にインパクトが弱かった。綺麗なシンチーはイマイチ。やっぱ多少小汚いくらいの方が魅力的だわな。
zinny07さん [DVD(字幕)] 7点(2006-01-03 02:16:01)
79.最高っす!サッカーより断然こっちが好き。味があって登場キャラがみんないい。覚醒は唐突ですが、そのおかげでくどさがなく、それぞれのキャラが生きてた。爽快感たっぷり。
蘭丸さん [DVD(字幕)] 9点(2006-01-02 23:38:24)
78.《ネタバレ》 チャウ・シンチーでは連続馬鹿笑いを希望しているので、ほの暗い綺麗な映像と素敵なラストにガックリ。「サッカーはもうしない!!」って、お馬鹿は抑えるって事だったのかな…寂しい。英名ステファン・チャウには笑えた。
のはらさん [DVD(吹替)] 6点(2005-12-31 14:19:51)
77.《ネタバレ》 男なら誰でも一度はヒーローに憧れたことはあると思いますが、中でも功夫映画で活躍するドラゴンたちの勇姿は少年たちの“強くなりたい心”を活性化させてくれるものでした。
彼らに憧れ、努力に努力を重ねプロの格闘家として大成した人がいる一方、努力が嫌なボンクラ少年たちは本を読めば強くなれるという手軽な通販グッズに飛びつきましたが、彼らは達人となることは出来ませんでした。
チャウ・シンチーという男は映画の中でドラゴンになろうとしましたが、俳優養成所の試験に落第し、デビュー後も鳴かず飛ばず。
ようやく成功を掴んだ作品がコメディであったが故に、彼はドラゴンならぬ喜劇王への道を歩まざるを得なくなってしまったのです。
そんな失敗続きの人生を歩んできたからか、彼の映画は“社会的弱者の成功”という一貫したテーマを描くことに終始しているのですが、そんな彼の念願の功夫映画である本作で彼はかつての自分、そしてボンクラ少年たちの夢をシンという一人のボンクラの物語に注ぐのです。

不幸にも功夫を会得できず、力無き正義に失望してチンピラに身を落としたこの男は、達人たちの活躍を「ちきしょう」と指を銜えて見ていることしか出来ずにいますが、彼も最後の最後で正義の心を取り戻し、とある力で最強の達人となります。
そうです。彼は体を鍛えずに気の力で達人となってしまうのです。
そんな反則業で達人と化したシンが活躍する姿はドラゴンに憧れ続けたボンクラ少年たちが求めてやまなかった姿であり夢なのです。
夢をかなえたシンチーの彼らに対するプレゼントなのだと思います。
やっぱりこれはコメディではなく、彼流の功夫映画です。
その後“大いなる責任”が伴う達人の道を歩むことなく、自分の人生を変えたあの日の少女とささやかな幸せに着地する最後も実にシンチーらしいと思います。

最後に。
強くなるのが唐突で強引という批判をよく耳にしますが、ごもっともです。
シンをいじめた不良少年が言うように、本を読んで気の力で達人になることなど不可能ですからね。
だからこそ、ドラゴンになり損ねたかつてのボンクラ少年たちはこの甘美な筋立てで達人と化したシンの勇姿に頬を感動の涙で濡らすのです。
浮浪者から買った胡散臭い通販グッズが実は伝説の技の教則本で、夢を諦めかけた大人になった今達人として覚醒するなんて、なんとも夢のある素敵なお話じゃありませんか。
カニさん [映画館(字幕)] 10点(2005-12-29 02:26:27)(良:7票)
76.本を売った乞食が最強。
モチキチさん [DVD(字幕)] 8点(2005-12-21 19:51:58)
75.ちょっと笑いが狙いすぎの感あり。ラストも強引な感じがしました。
H.Sさん [DVD(字幕)] 4点(2005-12-20 20:05:25)
74.主人公の影が薄いのと、覚醒をもう少し劇的に(スーパーサイア人やハルクみたいに)描いてくれればもっとおばかでよかったのに と思いながらも単純に楽しめたので。
かじちゃんパパさん [DVD(字幕)] 6点(2005-12-13 16:43:24)
73.本来の主人公であるはずのチャウ・シンチーは影が薄く、あの口のきけない女の存在も中途半端に感じる。でも「少林サッカー」よりもさらにバカ映画に徹していて面白かった。次々と繰り出されるありえない技の数々も「少林サッカー」よりも映画のストーリーがハチャメチャ(「少林サッカー」のほうがまだストーリーにまとまりがあったような気がする。)なせいか、素直に「スッゲー」と思えてしまう変な説得力がある。「大いなる力には責任が伴う。」というセリフや「シャイニング」のパロディーなどの小ネタも笑えて、非常に楽しい映画だった。
イニシャルKさん [ビデオ(吹替)] 10点(2005-12-13 11:56:09)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 132人
平均点数 6.51点
000.00%
110.76%
200.00%
321.52%
4118.33%
52015.15%
63224.24%
73224.24%
81914.39%
9107.58%
1053.79%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.55点 Review9人
2 ストーリー評価 5.20点 Review10人
3 鑑賞後の後味 7.38点 Review13人
4 音楽評価 5.77点 Review9人
5 感泣評価 5.11点 Review9人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS