きみに読む物語のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > きみに読む物語
 > (レビュー・クチコミ)

きみに読む物語

[キミニヨムモノガタリ]
The Notebook
2004年【米】 上映時間:123分
平均点:6.51 / 10(Review 126人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-02-05)
ドラマラブストーリー青春ものロマンス小説の映画化
新規登録(2004-09-24)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2017-12-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ニック・カサヴェテス
キャストライアン・ゴズリング(男優)ノア・カルフーン
レイチェル・マクアダムス(女優)アリー・ハミルトン
ジーナ・ローランズ(女優)認知症の女性
ジェームズ・ガーナー(男優)デューク
ジョアン・アレン(女優)アリーの母 アン・ハミルトン
ジェームズ・マースデン(男優)ロン・ハモンド(アリーの婚約者)
サム・シェパード(男優)ノアの父 フランク・カルフーン
マーク・ジョンソン(男優)写真家
デイヴィッド・ソーントン〔男優・1953年生〕(男優)ジョン・ハミルトン(アリーの父)
ヘザー・ウォールクィスト(女優)サラ
ジェイミー・アン・オールマン(女優)マーサ
ケヴィン・コナリー(男優)フィン
内田夕夜ノア・カルフーン(日本語吹き替え版)
坂本真綾アリー・ハミルトン(日本語吹き替え版)
納谷六朗フランク・カルフーン(日本語吹き替え版)
森川智之ロン・ハモンド(日本語吹き替え版)
勝部演之デューク(日本語吹き替え版)
野沢由香里アリーの母 アン・ハミルトン(日本語吹き替え版)
原作ニコラス・スパークス「きみに読む物語」(新潮社)
脚本ジェレミー・レヴェン
ジャン・サルディ(脚色)
音楽アーロン・ジグマン
主題歌CHEMISTRY「ココロノドア」(イメージソング)
撮影ロベール・フレース
製作マーク・ジョンソン
リン・ハリス
ニュー・ライン・シネマ
製作総指揮トビー・エメリッヒ
配給ギャガ・コミュニケーションズ
編集アラン・ヘイム
その他ギャガ・コミュニケーションズ(提供)
あらすじ
貧しく、教養もない材木屋で働くノア 一方富豪の娘アリーに一目ぼれをし、猛烈にアタックの末、ふたりは付き合うことに お互いに愛し合っていたが、アリーの両親は身分違いの恋だと反対し、ふたりは引き裂かれてしまう やがて時は経ち、アーリーは戦時中に病院で看護していた時のロンと婚約の約束をするが、そんな時ノアの姿を新聞の広告で目にして…
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
106.《ネタバレ》 純愛ド直球ラブ・ファンタジー。
今回2度目の鑑賞だが、かえって2度目の方が良かった。
1度目は「この先、どうなるの?2人は、大丈夫なの?」と、観ている間、ずっと気にし過ぎていた。
科学的な検証は横に置き「現代版おとぎ話」として受け止めたら、どうだろう。
こんな風に人を愛せたら、こんな風に生きられたら、そして、こんな風に2人で一緒に死ねたら…。
美しい映像と王道のストーリーをなぞるうちに、なぜだか無性に泣けて来た。
しかし、一方でロン。金持ちなのに徴兵され、戦争でボロボロ。
病院で出会った天使の様な女性と婚約。性格も良さそう。
でも、あんなこんなで結婚寸前にフラれる。元カレとヨメが…。マジで?。
ああ、もう、それは恐ろしいほどのホラーだよぅ…。慰めようが無い。
じょるるさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-10-03 23:33:13)(良:1票)
105.妻が認知症になっても、記憶を取り戻させようとただひたすら、二人の物語を読んできかせる、実にロマンティックな愛の物語だと思う。湖一面のあひるにはびっくりしたけど、映画の雰囲気が実に良い。こういう映画は音楽が地味ながらそっと雰囲気作りをしている。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 6点(2012-08-16 18:15:54)
104.《ネタバレ》 胸がじーんとなった。
ジーナ・ローランズとジェームズ・ガーナーの2人が良かった。そして、もちろん若い2人、レイチェルとライアンも最高にハマっていたね。
ストーリーは最初からミエミエ(あっちの2人がこっちの2人に重なれば、そりゃそうなるよね)なのだけど、それでも感動した。僕って、こういうベタなラブストーリーにめちゃめちゃ弱いのです。

レイチェル・マクアダムスがとにかく可愛かった。特別に美人!って感じではないんだけど、表情が豊かで、素直に感情が迸るところなど、すごく愛嬌があって、思わず抱きしめたくなる感じ。
ライアン・ゴズリングも生真面目で一途な感じがよく出ていた。少し憂いがある目元もいい。彼の言葉、"I want all of you, forever, you and me, every day!"... しびれました。
ジーナ・ローランズ。『グロリア』の彼女もすっかりおばあちゃんになってしまったけど、最後に見せた笑顔がとても可愛くて、救いがあったよ。
そして、ジェームズ・ガーナー。『大脱走』カッコよかったなぁ。あの精悍なアメリカの調達屋がすっかり好々爺になっていて。。。でも、ラストシーンにはとてもグッときた。昔の写真の2人もキマっていたよ。(敢えてこっちの2人の写真にしたところが僕はよかったと思う)
onomichiさん [DVD(字幕)] 9点(2012-07-02 22:36:46)
103.夫も子どももわからなくなるというくらいまで進んだ認知症の人が、このようなお話をふつうに理解し、さらにはたった五分でも記憶を取り戻すなどということはないんじゃないだろうか。また身分違いの恋が、こんなふうな展開になることもまずないんじゃないだろうか。そういう違和感が最初から最後までどうしてもぬぐえず、あまり楽しめなかった。ただ雨でずぶぬれになることで、上品な世界に身を置いていた自分を忘れる、という展開はリアルだった。
小原一馬さん [地上波(字幕)] 4点(2012-03-15 02:37:55)
102.《ネタバレ》 ひさびさに、泣いた。感動しました。
率直で分かりやすいストーリーもやっぱりいいですね。
前からずっと気になっていたんですが、
期待通りの素敵な作品でした。

物語を読み聞かせて、奇跡が起こったと思ったら
またすぐに忘れてしまう。
切ないけど、最後は一緒に死んでいく。

なかなか、久しぶりにいいもの見ました。
らんまるさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-03-05 22:35:39)(良:1票)
101.《ネタバレ》 アリーに感情移入できず。ロンがとてもステキな人だけに、若かりし日の彼氏ノアに戻るのはなぁ、、、それも手紙を母に隠されてたことがわかったから勢いあまってやっちゃいました。。。みたいな感じに私には見えました。確かに手紙隠した母は悪いけど、アリーから手紙を出すことはなかったのか?
親に決められたのでもなく自分で好きになった婚約者もいるのに、元彼に会いたくなって会いに行っちゃうんだもん。それでどっちも選べな~いって~
それから、結婚してからの生活が全く描かれてない(サラっとアルバムの写真??)のも、あまり感情移入できない理由でした。映像は美しかったです。
カルーアさん [地上波(字幕)] 6点(2012-02-25 21:08:58)(良:1票)
100.「物語」はまさに王道で、丁寧に進んでいくので感情を動かされて涙腺崩壊しました。
*まみこ*さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-01-26 03:17:36)
99.《ネタバレ》 原作未読。王道のラブストーリーだが楽しめた。レイチェル・マクアダムスは「きみがぼくを見つけた日」(09年作)で初めて見て以来、ちょっと気になっていた女優さんだったし(順番おかしいけど)、1940年代アメリカの雰囲気も好きだ。不満といえば途中で完全にネタばらしされる事かな。安心して力が抜けた。7年越しの手紙についても、もっと有効に使える演出アイテムなはず。1通しか読む場面が出てこないなんて勿体無い。365通すべて同じことが書いてある訳じゃあるまいに…。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-01-21 12:31:15)
98.《ネタバレ》 ストレート一本勝負のラブストーリー。
波乱があり、障害もありますが、二人のお互いへの気持ちは最初から一度も変わりませんでした。
「君がしたいことは何?」とはじめに尋ねたノアと、一度も尋ねなかったロン。ロンはすばらしい人です。総合力ではロンのほうが上かもしれません。ですが、ノアとロンに唯一差があったとすれば、その一点に尽きます。ノアははじめから「アリー」を見ていましたが、ロンが見ていたのは「アリー・ハミルトン」だったのかもしれません。ノアが、二人の約束の家を完成させた写真をアリーが見たとき、アリーは思い出したようにロンに言います。
「私は絵を描きたい。」
原作が小説のためか、美しいセリフにもたびたび心動かされます。
「ママは最愛の人だ。ママのいるところが私の家だよ。」
たきたてさん [DVD(字幕)] 9点(2011-07-24 14:24:22)
97.冒頭の湖と再会時の水鳥の群れはきれいでしたが、身分ちがいの恋人たちがどうにも安くてイヤ。(「巣」を作って気を引く求愛になびくヒロインも鳥なみの頭か?) 恋敵ジェームズ・マースデンは「魔法にかけられて」「スーパーマン リターンズ」と同じ当て馬でカワイソ、ジョアン・アレンの母親は最後まで愚かしく「今の自分を幸せと感じたくなると昔の男の惨めさを見に行く」なんて「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」的な方法ですね。 老ジェームズ・ガーナーやジーナ・ローランズはがんばっていたけど。 お母さんのジーナに出てもらった二代目カサヴェテス監督は「私の中のあなた」もいいと思わなかったし、好きじゃないかも。 認知症の映画はイギリスの「アイリス」の方がいいと思います。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-04-03 00:00:10)(良:1票)
96.《ネタバレ》 「その二人は私たちだわ…!」記憶が戻ってくるところでは、かなり心を動かされました。ただ、ラストの奇跡があまりにご都合すぎる気がして、でも物語を読み続けるみたいな話にしたらもっときてたなぁと思いました。でも、いい映画でした。
コダマさん [DVD(吹替)] 7点(2011-01-23 02:31:46)
95.美しい映画。
老いても、恋愛をしていたいと思える映画。
恋愛映画で泣きたいなら是非。

Sugarbetterさん [映画館(字幕)] 7点(2011-01-21 20:27:10)
94.あまり捻ることなく直球勝負。「+α」を求める現代の風潮の中で、逆に新鮮さを感じさせる作品だった。観る人によって評価は様々だと思うけれど、素直に感動した。
woodさん [DVD(字幕)] 9点(2010-05-04 19:58:22)
93.《ネタバレ》 素敵なラブストーリーです。親が子どもの恋愛に介入するとロクな事ですね。でも、アリーの母親が車の中で自分の過去について語るシーンが素敵。最後のほうで「私、どうしたの?」「別に。ちょっと遠くへ行ってただけだ」泣かされます。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 9点(2010-04-19 23:41:33)
92.《ネタバレ》 まったく期待もせずに観てみたら、予想以上の良さでした。どちらと一緒になった方がより幸せだったのかは分からないけど、少なくともノアと一緒になった彼女は幸せを感じながら人生を終えることが出来たはず。ロンと一緒になった方が幸せだったかもしれないけれど、後悔する事はなかった。最期まで自分を愛し抜いてくれる人と一緒に人生を歩むことは本当に幸せなこと。心が温かくなる映画でした。
いっちぃさん [地上波(吹替)] 7点(2010-03-22 07:54:20)
91.《ネタバレ》 どうも、認知症が絡むと後味が悪い。なんか鑑賞後、しんみりします。そういうのが好きな人には良いのかも知れないが、ラブストーリーは明るくハッピーエンドが好きなので、ちょっと好みからずれました。主演2人やジェームズ・マースデン等、出演者は良い演技をしていたと思います。実話ものっぽく仕上がっていますが、違うようなので残念。鳥に囲まれた湖のシーンは綺麗です。 痴呆症になっても、ずっと側にいてくれて大事にされているので、お金は無いけど男選びは間違ってなかったようですね。
マーク・ハントさん [地上波(吹替)] 5点(2010-03-16 18:30:14)
90.《ネタバレ》 認知症の妻に読む自分たちの物語、ともに死ねたらいいねと付き合い始めのカップルは思うものですよね。理想的なロマンスを映画にした映画です。Too Romanticかな。アリーの両親の気持ちもわかる。。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-02-22 16:24:30)
89.王道ですね。
Kさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-02-06 11:41:43)
88.若きし日の純愛をさわやかに描き、かつそれを年老いた現在にうまくリンクさせている。純度の高い恋愛映画で見ていて爽やかであると同時に目頭も熱くなった。
レイチェル・マクアダムスのいきいきした表情が素敵。
MSさん [DVD(字幕)] 10点(2010-01-18 05:58:22)
87.《ネタバレ》 ある意味、私の理想の夫婦像かも。
こんな夫と年老いていけたら幸せです。

ただ最後の一緒に死を迎えるという愛の奇跡の終わり方より、
ダンスの直後にあっちへ行ってしまったアリーに
翌日、また最初から物語を読んであげる…っていうのが私的には現実感があって良かったかなぁと。
奈緒さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-01-06 19:39:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 126人
平均点数 6.51点
000.00%
110.79%
210.79%
353.97%
4118.73%
51612.70%
62822.22%
72822.22%
81814.29%
9107.94%
1086.35%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.10点 Review20人
2 ストーリー評価 6.95点 Review21人
3 鑑賞後の後味 6.80点 Review20人
4 音楽評価 6.53点 Review13人
5 感泣評価 6.57点 Review19人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS