シリアル・ママのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > シリアル・ママ
 > (レビュー・クチコミ)

シリアル・ママ

[シリアルママ]
Serial Mom
1994年【米】 上映時間:94分
平均点:5.93 / 10(Review 69人) (点数分布表示)
コメディ犯罪もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-08-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・ウォーターズ
キャストキャスリーン・ターナー(女優)ビヴァリー・サトフィン
サム・ウォーターストン(男優)ユジーン・サトフィン
リッキー・レイク(女優)ミスティ
マシュー・リラード(男優)チップ
ジャスティン・ホウェリン(男優)スコティ
ミンク・ストール(女優)ドッティ・ヒンクル
パトリシア・ハースト(女優)陪審員6番
トレイシー・ローズ(女優)カールのガールフレンド
ジョーン・リヴァーズ(女優)本人役
ジョン・ウォーターズ(ノンクレジット)
脚本ジョン・ウォーターズ
音楽ベイジル・ポールドゥリス
撮影ロバート・M・スティーヴンス[撮影]
カイル・ルドルフ(カメラ・オペレーター)
製作マーク・ターロフ
ジョン・フィードラー〔製作〕
製作総指揮ジョセフ・M・カラッシオロ・Jr
配給松竹富士
あらすじ
歯科医の夫と2人の子と暮らすベヴァリーは、模範的な妻であり母。しかし、彼女は家庭の平和を乱す者や社会の秩序に反する者には容赦ない。息子を批判する教師、娘のことをふった男子、レンタルビデオを巻き戻さないで返す老婦人などなど、彼女は次々と強烈な制裁を加えてゆく。ついには警察に逮捕され、裁判にかけられてしまう彼女だったが、世間は彼女を「シリアル・ママ」と称して大人気に。彼女は陪審員にもルール違反を見つけ出し…。異色のブラックコメディ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
69.《ネタバレ》 欧米のコメディは自分には合わないと思った。主人公の主婦が無礼な人間を殺しまくるが、何も殺さなくてもと思ってしまう(分からなくもないが)。では、主婦が殺人鬼になった背景を知りたくなるけど、これもあまり触れられず。何故か擁護する家族といい、メディアが騒ぎ出す風刺な展開までどこで笑えば良いのか分からない。裁判の結果、「おいおいこれで良いのか?」と終了。そういう映画なんだから、細かい部分や倫理的なところはナンセンスだけどね。観賞後、実話だと思って検索したら、作り話だったの? まあ実話だったら、アメリカの民度を疑うし内心背筋が凍る。いずれにしても、人間の潜在意識と良心を問う意味では、"ブラックコメディ"なのかもしれません。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 4点(2015-01-02 11:25:35)
68.《ネタバレ》 こういう映画は、どうもなぁ・・。悪趣味な映画なんだけど、ある層には人気なのかな?俺には分かんない(笑)
トントさん [DVD(字幕)] 5点(2014-10-04 12:47:24)
67.《ネタバレ》 非常に楽しい作品です。潜在意識をくすぐられますね。
ただし、回想部分は…
誰だって一度や二度は自分の邪魔をするものを排除したいもの。そのあたりの内なる言葉の叫びは、この作品では抑え目ながら取り上げているようです。
物質文明への警鐘か、はたまた殺人衝動を心から聞き入れられずにしてより深みにはまっていくのか…
ぽこたさん [DVD(字幕)] 7点(2014-06-10 01:25:42)
66.ジョン・ウォーターズ監督大好き!なにげにDVD化待ってました~。嗚呼もう、殺人犯なのに「行け行けー!」と不謹慎にもつい応援してしまうのはどうしてだろ?ボンクラな息子&思春期(発情期?)過ぎる娘と同程度の私だからでしょうか。本作一番のシーンは「ビデオ巻き戻せ~!」と鬼気迫る場面でしょうか。2000年代の子に分かるのかどうか疑問ですが。そして“アニー”の曲は最高…過ぎます(爆笑)!トゥモロートゥモロー♪
泳ぐたい焼きさん [DVD(字幕)] 8点(2013-11-04 00:42:26)
65.《ネタバレ》 一番最初に実話うんぬんの説明があるが要らないのでは。
これのおかげでなんだかイマイチ入り込めなかった。
どいつもこいつも頭おかしいな、ありえねー、って感じでバカなコメディとして観たかった。
虎王さん [ビデオ(字幕)] 5点(2013-10-05 14:08:37)
64.《ネタバレ》 これ、DVDにやっとなってくれたんだー!久々ママと再会。20年も前に、“でんぢゃらすじーさん”の精神が確立されていたのですねえ。なんせ殺られてしまうことに理の通った原因はほぼゼロ。がっつりと中年贅肉のついたK・ターナーが嬉しそうに嫌がらせ電話をする姿は戦慄のひとこと。でも、生活してると「あー死ねばいいのに」と殺意のわく相手が複数は存在するストレス社会に耐えるワタクシたちに成り代わり、ママがばっさばっさと“許されざる者”(ママ規範による)を成敗してくれるのだ。観てるこっちもついつい悪ノリ、「いいぞーママ!」などと思っちゃうのが我ながら怖い。注意点としては実話がベースだなんて思っちゃうと楽しめない。これはあくまでウォーターズオリジナルの、諧謔に満ち満ちた暴走コメディなのだ。
tottokoさん [DVD(字幕)] 8点(2013-09-01 23:22:11)
63.《ネタバレ》 悪趣味大魔王J・ウォーターズにしては予想外にまともな撮り方なんですが、これとか『ヘアスプレー』や『クライ・ベイビー』からJ・ウォーターズに入門しちゃった人は、彼の過去にさかのぼって行ってとんでもない目にあうんだろうなと苦笑しちゃいました。K・ターナーやS・ウォーターストンといった大物俳優が出演していますが、P・ハーストやT・ローズといった常連のキワ者たちもちゃんと顔を見せてくれています。 良くも悪くもこの映画を象徴しているのが、包丁振りかざしたK・ターナーが獲物を目指して疾駆するシーンでしょう。とてつもなくシュールなんですけど、彼女の奮闘の甲斐があってけっこういい絵柄だったと思います。そして随所に引用される映画ですけど、J・ウォーターズのH・G・ルイスへの敬愛ぶりと、J・ヒューストン版『アニー』に対する憎しみが良く判りました(笑)。 でも「秋には白い靴を履いてはいけない」なんて風習がアメリカにあるなんて、ぜんぜん知りませんでした。はっきり言って意味判りません、世界は広いんですね(笑)。
S&Sさん [DVD(字幕)] 5点(2013-07-15 20:44:17)
62.《ネタバレ》 オチは期待通りで楽しかったです。それはそうと、家族の行動がちょっと謎。ママを疑ったり恐れたりしてるわりに熱心な弁護ぶりで。
次郎丸三郎さん [ビデオ(字幕)] 6点(2011-12-27 19:07:35)
61.実際あんなママが近隣住人で、実際自分がターゲットになったとしたら…
やられてたまるかごるああああ!あんなオバハン返り討ちにしてくれるわ!と
日本刀を出して応戦してしまいそうです。負ける気がしない。
どぶん子さん [ビデオ(吹替)] 6点(2011-10-21 19:37:17)
60.かなり笑えましたね。ママ、もうめちゃくちゃなのに、なぜか共感してしまう。でも実話だと思うと、ゾッとします。そのうち日本でもこういう人が現れそうですね。
ramoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-07-25 17:51:58)
59.《ネタバレ》 特に法廷で足パコパコするシーンが最高。笑えました。
うどんさん [ビデオ(字幕)] 8点(2010-09-22 23:50:13)
58.《ネタバレ》 模範的家庭をパロディにする、ってのもアメリカ映画の重要なジャンルか。しかもだいたい朝食シーンから始まるんだ。模範的にパチリとハマリすぎていることの気味悪さに敏感ってことか。中流アメリカは市民社会として安定してるがゆえに、その「市民」が成り立っている「きわどさ」にも敏感。市民であることの面倒くささ、シートベルトを締め、ゴミを分別し、借りたビデオはちゃんと巻き戻し、そういうあれこれの些細な厄介さの上に、市民社会は存立している。殺人が徹底してないのが不満、やはりこれは「公共的正義」のみにおいて狂うべきで、個人的なもの(学校の先生とか)が入ってくるのは不純。もっと分別をしっかりしてほしい。シートベルトを締めない男を追いかけるときには、ちゃんとシートベルトを締める。「あなたはリサイクルしてましたか?」ってのが裁判の決め手になるのが、当時のアメリカ社会の皮肉になってるよう。「正義」という保証を与えられた狂人が一番怖いという話。火掻き棒で刺すと肝臓がついてくる。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 7点(2010-07-08 11:54:47)
57.《ネタバレ》 観ている最中は大笑い、でも観終わった後はいろいろと考えさせられます。

理論武装して大義名分を掲げ自分の価値観やルールを他者に押し付ける人間や国家、そしてそれに対し理論で論破できず傍観せざるを得ない司法や周囲の人々・・・現代社会の問題点を鋭く皮肉った傑作コメディですね。

シリアル・ママは特別な事例でもなんでもなく、程度の差はあれども人間誰しもがその資質を持っているのではないですかね?(特にこの作品を観てスカッとした気分になった方はかなり危険度高いのでは?)
TMさん [ビデオ(字幕)] 9点(2009-04-03 10:42:16)
56.《ネタバレ》 まず、これが実話だという事にびっくり、こんな笑える映画にしちゃっていいのでしょうか。いっちゃってるママの殺人の動機とその方法には驚かされ、笑わせてもらえる。家族をばかにしたやつらや、マナーを守らないやつは即座に殺しに行きます。何人殺せば気がすむのか。終盤の自己弁護の裁判シーンは圧巻です。異色な映画。
すべからさん [ビデオ(字幕)] 8点(2008-01-31 12:47:45)
55.全力で馬鹿やってます、という感じだった。
本作品にとってこの微妙な馬鹿馬鹿しさが大事なのだ。
ブラックユーモアが冴えてましたね。
ふと我に帰ると「やり過ぎ」を感じるが・・・。
HIGEニズムさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-11-05 15:13:55)
54.殺っちゃえお母さん!。どんどんやれー!!。
ルーベンス自分の人形買うな。
とかいい加減な気持ちで見ると面白い。
ラムチョップのチョップで人が死ぬ。なんて悲しい実話なんだろう。
アホをどりさん [ビデオ(字幕)] 5点(2006-03-14 13:28:33)
53.ママ、気持ちは判るけどやりすぎです(涙)
まさかずきゅーぶりっくさん [ビデオ(字幕)] 5点(2006-01-18 12:46:53)(良:1票)
52.実際には笑って済ませられるような内容ではないけれど、うまくコメディーにしています。気軽に楽しめる作品。
H.Sさん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-12-24 00:16:04)
51.《ネタバレ》 おもしろいです。スカっとします。こころなしか、脳内に快楽物質が出ている感じします。
つきぬけたナンセンスの美。「白い靴!」のところ、こころなしか、「キューティブロンド」のエル感あり。もちろんこちらが先。
パブロン中毒さん [ビデオ(字幕)] 9点(2005-12-10 23:20:34)
50.ある意味怖いし、でもコメディ?ってわからなくなるよーな映画。個人的にママが好きです(笑)近くにいたら怖いけど。。。
civiさん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-11-03 16:00:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 69人
平均点数 5.93点
022.90%
134.35%
200.00%
345.80%
4710.14%
51115.94%
6811.59%
71521.74%
81420.29%
945.80%
1011.45%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review2人
2 ストーリー評価 6.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 3.50点 Review2人
4 音楽評価 4.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS