Menu
 >
 >
 > サイコ(1960)

サイコ(1960)

Psycho
1960年【米】 上映時間:109分
平均点: / 10(Review 256人) (点数分布表示)
ホラーサスペンスシリーズものモノクロ映画ミステリー小説の映画化
[サイコ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-04-29)【イニシャルK】さん
公開開始日(1960-09-04
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督アルフレッド・ヒッチコック
キャストアンソニー・パーキンス(男優)ノーマン・ベイツ
ジャネット・リー(女優)マリオン・クレイン
ヴェラ・マイルズ(女優)マリオンの妹 ライラ・クレイン
ジョン・ギャヴィン(男優)マリオンの恋人 サム・ルーミス
マーティン・バルサム(男優)私立探偵 ミルトン・アーボガスト
ジョン・マッキンタイア(男優)保安官 アル・チェンバース
サイモン・オークランド(男優)フレッド・リッチモンド
パトリシア・ヒッチコック(女優)キャロライン
ジョン・アンダーソン(男優)チャーリー
ヴァージニア・グレッグノーマ・ベイツ(ノンクレジット)
ジャネット・ノーランノーマ・ベイツ(ノンクレジット)
辻谷耕史ノーマン・ベイツ(日本語吹き替え版【DVD】)
佐々木優子マリオン・クレイン(日本語吹き替え版【DVD】)
小山力也サム・ルーミス(日本語吹き替え版【DVD】)
相沢恵子マリオンの妹 ライラ・クレイン(日本語吹き替え版【DVD】)
有本欽隆ミルトン・アーボガスト(日本語吹き替え版【DVD】)
飯塚昭三アル・チェンバース(日本語吹き替え版【DVD】)
磯辺万沙子ノーマ・ベイツ(日本語吹き替え版【DVD】)
西沢利明ノーマン・ベイツ(日本語吹き替え版【フジテレビ/TBS】)
武藤礼子マリオン・クレイン(日本語吹き替え版【フジテレビ/TBS】)
鈴木弘子マリオンの妹 ライラ・クレイン(日本語吹き替え版【フジテレビ/TBS】)
雨森雅司アル・チェンバース(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
京田尚子ノーマ・ベイツ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
川合伸旺サム・ルーミス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
岡部政明フレッド・リッチモンド(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
鈴木れい子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
吉田理保子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
北村弘一(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
木原正二郎(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
村松康雄(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
渡部猛ミルトン・アーボガスト(日本語吹き替え版【TBS】)
八奈見乗児アル・チェンバース(日本語吹き替え版【TBS】)
加藤正之フレッド・リッチモンド(日本語吹き替え版【TBS】)
榊原良子(日本語吹き替え版【TBS】)
郷里大輔(日本語吹き替え版【TBS】)
出演アルフレッド・ヒッチコックマリオンが事務所に戻った際、その窓越しに姿を見せる男(ノンクレジット)
原作ロバート・ブロック「サイコ」(早川書房)
脚本ジョセフ・ステファノ
音楽バーナード・ハーマン
撮影ジョン・L・ラッセル・Jr
製作アルフレッド・ヒッチコック(ノンクレジット)
配給パラマウント・ピクチャーズ
美術ソウル・バス(タイトル・デザイン)
ロバート・クラットワージー
編集ジョージ・トマシニ
録音ウォールドン・O・ワトソン
その他ジョン・“バッド”・カードスbird handler(ノンクレジット)
ソウル・バス(ストーリーボード・アーティスト)(ノンクレジット)/pictorial consultant
あらすじ
不動産会社で働くマリオンは、金に困った恋人と結婚したいがため、突発的に会社の金4万ドルを横領。車で逃走する際に豪雨に会い、旧道沿いにあるさびれたモーテルに飛び込んだ。そこは人の良さそうな青年が経営するベイツ・モーテル。経営者のノーマン・ベイツは日が暮れてからやってきたマリオンを夕食に誘う。が、彼の母親は彼女を自宅に呼ぶのは嫌だと言う。結局モーテルの応接室で食事をとることになった。しかし、その応接室は鳥の剥製が並ぶ不気味なところであった・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
256.《ネタバレ》 初見。初っ端からとんでもない緊張感でスタート。女性が主人公か思ったら、途中から大転換。そのたび、自分は感情移入対象が変わっていって演出の巧さを感じた。伏線の効かしもいいし。題名とかから、近年のこういう展開多いこともあって大ネタはだいたい途中で想像ついたけど、それでもすごい。当時は観客は衝撃だったんでは。傑作。
タッチッチさん [DVD(字幕)] 10点(2017-10-24 14:06:50)
255.《ネタバレ》 遠距離恋愛をする女性が、会社の現金を盗んで男の元に向かう途中に寄ったモーテルで殺される話。
正直、多重人格のサイコとか現代において全く目新しくないので
被害者女性→犯人→探偵→男、と目まぐるしく推移する視点人物に置き去りにされるが
モノクロの画面でシンプルに恐怖感を煽る演出はさすがに見事である。
名作扱いされているが、エポックメイキング的な評価だろう。
脚本術の本とかでヒッチコックがよく神扱いされるけど
個人的にあまり楽しめない以上、神聖視するのは危険だな…と実感。
Donatelloさん [DVD(字幕)] 5点(2017-07-27 02:12:42)
254.《ネタバレ》 サイコホラーの教科書というべき映画なので、シャワーシーンが有名すぎてあまり衝撃ではない。リアルタイムでネタばれなしで見たかった。それでもモノクロの効果が絶大で、母親の正体の演出は神がかっていたかと。センセーショナルな作品は衝撃的である一方、即物的で下賤に映るが、大衆の心を動かしたもの勝ちなのでこうしたものが歴史に残るのは今も同じかもしれない。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 6点(2017-07-11 19:30:42)
253.《ネタバレ》 幽霊とか怪物とかが出てくるんじゃなくて、単純に心理描写と音楽がものすごく怖い。
やっと観る機会に恵まれたましたが、本当に名作だと思います。
ふだんはサスペンスを見てもあまりどきどきしない性質なんですが、観客を引き込んでいく独特の感覚と不安感をあおる効果音にやられました。

はじめに主人公の女性の逃走劇があり、それが最後まで続くかと思いきや、あっという間に殺されてしまって、そこからはもう訳が分かんらない。
話がどう進むのかまったく予想できない面白さを体験しました。まったく予備知識がなくて大正解でした、
個人的にユーモアがあって楽しい映画が好きなので点数は低めにしましたが、この映画が後世に与えた影響も考えると、ものすごい作品なんですね。
mhiroさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-06-07 17:46:20)
252.《ネタバレ》 終始不安感を仰ぐ演出には感動すら覚えてしまう。
特に最初お金を盗み逃げている時の何とも言えないソワソワ感。
「お願いだ!お金を返してくれ!今ならまだやり直せる!」
なんだか私自身も主人公と一緒に逃走している気分になる。
そして後半の急展開。これは一種のブラックユーモア作品なのかもしれない。

オチはなんとなく途中で感づいてしまったが、これをオマージュしたストーリーを知らず知らずに鑑賞していたからに違いない。
そういう意味でもこの作品の影響力は計り知れない。
心理学にそれ程の理解がなかった時代にこの作品の展開はきっと衝撃的だったに違いない。

シャワーのシーンの鈍い音、決して派手なシーンではないが、実際にナイフで刺される痛みがこちら側まで伝わってくる。


成る程これが名作かと深く頷ける作品だ。
鈴木さん [インターネット(字幕)] 8点(2017-05-17 22:30:50)
251.《ネタバレ》 音楽が実に不気味。このせいで相当緊張感が高まる。これは十数年前に一度みて、今回二度目なのだが話の筋書きは完全に忘れてしまっていたが最後の女性を襲おうとする場面だけははっきり覚えていた。あの恐ろしさ異常性は乱歩の「孤島の鬼」にも通じるように思う。…ただこの作品、前半と後半のつながりがおかしいような気がする。被害者女性が大金を盗んで逃亡してしまうこと自体が十分に事件性があることなのでここから話が膨らんでいくのかと思いきや、偶然立ち寄ったモテルでいきなり(ほんといきなり)殺されてしまうのだから。そこまでの「事件」がスパっと断ち切られてしまうという流れの悪さおかしさみたいなものを自分は感じた。
空耳さん [インターネット(字幕)] 6点(2016-12-02 13:22:59)
250.面白いことは面白いんですけど。少なくとも殺されるまでは緊張感あって面白い。その後が、なんか何のひねりもないし、イマイチパンチがないです。映像綺麗です。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 6点(2016-11-05 23:54:23)
249.《ネタバレ》 何より、いっこく堂さんばりの腹話術にビックリ!
細々とホテル業するより、そっちを仕事にすれば、人気者になって
彼も幸せになったかも?しれないですね。

逃避行の際、出てきた警官は観客の目くらましキャラだったのだろうか。
すっかり騙されましたよ。
しかし、女性も私立探偵もいとも簡単に殺されて気の毒。

ジャネット・リーはきれいですね!
60年代のファッションがぴったり合う。
お洒落だしスタイル良いし、犯人が惚れちゃうのも分かるなと。

オチが途中で分かっちゃったけど、それはきっとこの名作のオマージュを
近年いくつも目にしていたからなんだろうなと思いました。
nina09さん [インターネット(字幕)] 8点(2016-04-12 16:25:51)
248.ショッカー映画の最高傑作。個人的にはユーモアを盛り込んだヒッチコック作品の方が好みだが、徹底して恐怖を追求した本作も悪くない。
有名なJ・リーのシャワーシーンは細かいカット割りで恐怖を高め、エロティシズムを融合した名場面。が、巷間言われているほど怖くなかった。ラストシ-ンでのA・パーキンスの異常演技の方がはるかに怖かった。初鑑賞後、精神状態が不安定な時にこの映画は観ない方がよいと思ったものである。
B・ハーマンの音楽は映像との相乗効果でスリルを盛り上げ、作品への貢献度は大きい。ソウル・バスのタイトルに載せて流れるオープニング曲は「これから何が起こるのか」という不安を掻き立て秀逸。また、シャワーシーンの音楽は鋭い刃物のような旋律で、始めの数秒間聞くだけで映画の1シーンを思い出し、ゾクゾクする。
風小僧さん [CS・衛星(字幕)] 10点(2016-03-27 16:16:27)
247.《ネタバレ》 他人の金を横領してしまった女性の逃避行?→まさかの惨殺!→足跡を追う探偵。これも殺害!犯人はノーマンの母親か?→母親は既に死亡。一体どうなっている?・・・と観客を振り回してくれる素晴らしいプロット。二名の殺害や母親が振り向くシーンの構図もすごい。サスペンス映画の教科書などと称されるのも分かる出来です。
次郎丸三郎さん [DVD(字幕)] 9点(2016-02-07 11:46:33)
246.《ネタバレ》 2015.10/28 2回目鑑賞。高校時代に観て浴室シーン、地下室シーンのドッキリ感は恐怖そのもので心臓に悪かった。その記憶が再鑑賞のトラウマになって55年振りの鑑賞。結構忘れているし恐ろしさも知っているので今では左程出ない。でも秀作には間違いなし。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-10-28 19:30:12)
245.《ネタバレ》 すげえ面白い。こんなに面白いサスペンス映画初めて見た!前半は金を持って逃げる女の捕まるのではないか?という恐怖感と不気味な男の存在自体の恐ろしさで見事に引っ張り、前半だけでも映画として成立するレベルのクオリティだと思います。さらに有名なシャワーシーンもあり、後半の導入部として優れているだけでなく、見どころに溢れていて感心します。後半は私立探偵が活躍するのかと思いきやミスリードで不安を煽り、男の本性が明らかになるにつれ恐怖が増していくホラー・サスペンスとして完璧な流れを経て精神科医の種明かし。こちらもただの解説にとどまらない恐ろしさがあり、ラストショットがより恐ろしく感じられるようになっています。女が車内で想像していた被害者たちの声が演出上の伏線になっているのも凄いんですよね。完璧な映画じゃないか。俳優の演技も良いし、大満足です。
カニばさみさん [DVD(字幕)] 9点(2015-06-30 19:32:06)
244.もっと面白いと思ったんだけどなぁ
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-09-20 00:38:05)
243.私が見たヒッチコック作品の中では一番ハラハラドキドキした映画です。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-08-29 21:49:12)
242.一つ一つのシーンが鮮明に記憶に残る緻密な作品。現代とは映画の作り方が違うなという良い手本。モノクロなのに流れた血がなんと赤い事。その赤が鮮明に記憶に残るのです。
ちゃかさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-06-01 16:28:10)
241.《ネタバレ》 これは素晴らしい。ホント昔の傑作って感じ。
やはり私たち観客は主人公に感情移入しやすくなるのが当然だが、主人公の不安を表す描写がまあうまいもんだから、どんどんこっちまで不安になってきます。
逃げ出した後不意に社長と目が合ってしまい、以降は妄想の中で嫌なイメージ(持ち逃げがバレたかのような月曜の朝の会話)を自ら作り上げてしまいます。
また、気付けばどんどん雨が強まり視界が悪くなり、先が見えなくなっていきます。まさに先の見えない不安を背負っている今の主人公の気持ちを表している描写ですよね。
極めつけはあの警察官w あいつまじうぜーw いちいちついてきやがって、見てるこっちまで焦ったりイライラしたり笑。
後ろめたい気持ちを持ってる人間は些細な事でもすごく敏感になりますよね。

ホテルに着いてからは、誰がなぜ主人公を殺したのか?が見所になっていきますが、ノーマンのお母さんは何者?実は保安官が悪者では?それどころか大ドンデン返しでサムかライラが何かの仕掛け人?なんて色々予想を巡らせながら見進める事ができ楽しかったです。
殺人の場面で、犯人がほんの一瞬だけ長い髪で女に見える、という描写が観客に「犯人は女性?」とイメージを植えつけるのもうまいなって思いました。

最終的には、真実を精神科医が完璧にセリフで説明してくれましたが、あれがいかがなものかと思いましたね。
少しの映像とか描写だけで、あれはそういうことか?って匂わせるくらいの方が観客が主体的に考えを巡らす形になってよかったのではと思います。むしろ真実の70%前後しか描写を出さずに、あとは観客が色々憶測を呼ぶとかもありかと。

てか現在(2014年)では、イカれた事をする奴の事を「サイコ野郎」なんて言ったりしますけど、そんな言葉が定着したのもこの映画の影響が強いんじゃないですかねえ。

あとは、ラストシーンでニヤつくノーマンとミイラ姿の母親がオーバーラップするシーンは、その映像のうまさに背筋が震えました。
TK of the Worldさん [映画館(字幕)] 8点(2014-03-09 00:15:28)(良:1票)
240.《ネタバレ》 オープニングのヴァイオリンのストリング!バーナード・ハーマンの神BGM、ソウル・バスの演出。ヒッチコック映画のオープニングでも1、2を争うワクワクするOPだ。
ヒロインの心理描写も良かったぜ。
ハイウェイを走らせる車。闇、土砂降りの雨の中を難しい表情で走り続ける。頭の中で色んな男の野次や考えがグルグル聞こえる。これだけで不安になる。
ただ後半の展開は何だよ?気をてらったとかそんなレベルじゃねえぞ?あれだけヒロインの心理掘り下げといて何だよ?オマケにロングが可愛いジャネットをショートカットにした挙句途中下車…「何が巨匠だふざけんな」というのが俺が「サイコ」を初めて見た時の第1印象だ。
この作品を見直したのも他の作品で感動したのがキッカケだったし、そうじゃなかったら二度と再評価しようだなんて思わなかった。
まあもう1回見たらやっぱり面白かった。
でもさ、大体本作の主人公は誰だよ?現生盗んだヒロイン?それともホテルの異常な管理人か?後者が最初からメインだったら俺はこの映画に100点やるぜ。
むしろホテルの場面から始めてくれたらな~とずっと思っていた。
しかし今回はしばらく彼女のドラマが続いただろう?だから予想外の展開でビックリするのは確かだが、逆にそういう事をされる大いにガッカリしてしまうのだ俺は。
でも二重人格の異常者を演じたアンソニー・パーキンスの演技は素晴らしい。
普段は大人しい青年、だが心の中には「同居人」を匿っている。絵に隠してあった覗き穴、鳥の剥製の不気味さ、手にべったり付いた血、それに殺人の時のえぐさも凄いね。
一撃じゃなく、何回も裂くようにナイフを突き立てる。
有名なシャワーシーンだが、イマイチ迫力にかける。音楽でごまかしてんだろ。
ヒッチコックの演出かと思ったら、ソウル・バスの演出だった。それでも無残に見開いた瞳は怖い。
二度目の「ナイフ」は迫力があったぜ。ソウル・バスの演出はシャワーシーンよりも階段の場面を評価したい。
終盤のヒロインの夫や姉が殺人鬼の謎を探っていく時の緊迫感。
女の服をまとった「同居人」が怖いこと怖いこと。
ノーマンの肉体を支配したのは「同居人」だった。
愛情、嫉妬、憎悪、狂気・・・最後の笑みはノーマンか「同居人」か。
殺される側の恐怖、殺す側の狂気…沼底から引き上げられる車が印象的なラストだった。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-01-30 10:17:28)
239.2回目の視聴だけど、やはりよく出来てるなあと。心理的にドキドキさせる演出に富んでいる。警官がただ見てるだけ、嘘がバレそうになる言葉のやり取り、そんな些細な描写がこんなに面白くなるんだなあと関心してしまう。
もんでんどんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-11-29 13:34:56)
238.もう、何が何だか意味不明・・・。なんてサイコなやっちゃ・・・。
ケンジさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2013-08-09 22:01:50)
237.《ネタバレ》 サイコスリラーのエポックメイキング的な作品ということで評価が高くなるのは当然か。
大金を持ち逃げした女が、宿泊先のモーテルでサイコキラーの生贄になる。
持ち逃げ事件と殺人事件が絡まって、両事件に何か因縁があるのかと思えばそうではなく、ラストの衝撃的なネタばらしへとつながっていく。
当時としては斬新で驚きの展開と結末だったろう。
今見ても十分おもしろいが、二重人格や多重人格を用いた類似の作品がその後いくつも出ているのでインパクトは薄れている。
バスルームの有名な殺害シーンは、見えそうで見えない裸と排水口に吸い込まれていく湯に血が混じっていくのがやっぱり印象に残る。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 7点(2013-06-08 00:10:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 256人
平均点数 7.77点
000.00%
110.39%
210.39%
320.78%
420.78%
5145.47%
62810.94%
75119.92%
86525.39%
96324.61%
102911.33%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.80点 Review10人
2 ストーリー評価 8.78点 Review19人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review18人
4 音楽評価 9.10点 Review20人
5 感泣評価 5.00点 Review6人

【アカデミー賞 情報】

1960年 33回
助演女優賞ジャネット・リー候補(ノミネート) 
監督賞アルフレッド・ヒッチコック候補(ノミネート) 
撮影賞ジョン・L・ラッセル・Jr候補(ノミネート) 
美術賞(白黒)ロバート・クラットワージー候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1960年 18回
助演女優賞ジャネット・リー受賞 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS