フランク・キャプラのアメリカン・ドリームのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > フランク・キャプラのアメリカン・ドリーム
 > (レビュー・クチコミ)

フランク・キャプラのアメリカン・ドリーム

[フランクキャプラノアメリカンドリーム]
Frank Capra's American Dream
1997年【米】
平均点:8.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
ドキュメンタリーTV映画伝記もの
新規登録(2004-10-29)【ぐるぐる】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
出演フランク・キャプラ
ロン・ハワード案内・ナレーション
マイケル・キートン
リチャード・ドレイファス
アンジェラ・ランズベリー
ロバート・アルトマン
マーティン・スコセッシ
ジョン・ミリアス
ビル・デューク
オリヴァー・ストーン
ピーター・フォーク
バーバラ・スタンウィック
フェイ・レイ
ロバート・リスキン
エドワード・ズウィック
アーサー・ヒラー
マーシャル・ハースコヴィッツ
アレン・ダヴィオー
アンドレ・ド・トス
エイミー・ヘッカリング
ゲイリー・マーシャル
あらすじ
「素晴らしき哉、人生!」などで知られる、アメリカの映画監督フランク・キャプラの一生を、家族や映画関係者などの証言を交えてつづったドキュメンタリー(DVD「陽気な踊子」に併録)。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.1997年にキャプラ生誕100周年を記念して作られた作品なのですが、非常に見応えあり。イタリア移民の子としてアメリカにやってきた少年時代、ひょんなことから映画監督デビューを果たしたこと、当時弱小映画会社だったコロンビアをメジャーに押し上げた数々の作品、プロデューサーハリー・コーンとの友情と確執、オスカー常連だった30年代の黄金時代を経て、「素晴らしき哉、人生!」以降のアメリカ社会とのズレ・・・などなど、まさに「アメリカン・ドリーム」を体現した彼の栄光と挫折(陳腐な表現ですが)が細やかに語られています。また、一般的に楽天主義・理想主義と言われた彼の作品の裏にある「暗さ」に対する洞察も鋭いものがあります。もちろん各作品に関する秘話・裏話も満載で、一度それらの作品を観た人はもう一度観たくなるのではないでしょうか。ただ、困ったことがひとつ。この作品には比較的初期の作品「奇蹟の処女」をはじめ、オスカーを露骨に狙って失敗したという「風雲のチャイナ」、アメリカの闇に切り込んだ「狂乱のアメリカ」、また政治の領域に深く踏み込んだものの当時の観客にはほとんど受け入れられなかったという「STATE OF THE UNION」など、こちらの食指を誘う作品が紹介されてるので、観たくて観たくてしょうがなくなってしまうのです。どうかこれらの作品もDVDで出して欲しいなあ。
ぐるぐるさん 8点(2004-10-31 18:57:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
81100.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS