不滅の恋/ベートーヴェンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > 不滅の恋/ベートーヴェン
 > (レビュー・クチコミ)

不滅の恋/ベートーヴェン

[フメツノコイベートーヴェン]
Immortal Beloved
1994年【米】 上映時間:121分
平均点:7.06 / 10(Review 47人) (点数分布表示)
公開開始日(1995-12-01)
ドラマ音楽もの伝記ものロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-02-27)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督バーナード・ローズ
キャストゲイリー・オールドマン(男優)ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
ジェローン・クラッペ(男優)アントン・シントラー
バーナード・ローズ(男優)
イザベラ・ロッセリーニ(女優)アンナ・マリー・エアデーディ伯爵夫人
バレリア・ゴリノ(女優)ジュリエッタ・グイチアルディ
ミリアム・マーゴリーズ(女優)ナネッテ・シュトライヒャー
脚本バーナード・ローズ
撮影ピーター・サシツキー
製作ブルース・デイヴィ
美術ジョン・マイヤー
カイル・クーパー(タイトルデザイン)
衣装マウリツィオ・ミレノッティ
あらすじ
ベートーヴェンの遺書に書かれた「私の楽譜、財産の全てを“不滅の恋人"に捧げる」をめぐり、彼の秘書で友人でもあったシンドラーが、ベートーヴェンの心を紐解いていく。聴覚障碍と心身の不調の中、次々と偉大な創作を続ける彼が真に愛した女性とは誰だったのか…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
47.《ネタバレ》 楽聖映画ってジャンルが昔はあったが、これはそれよりも、どちらかというとミステリー映画だった。「彼の不滅の恋人とは、音楽の女神のことだった」なんてなるんじゃないかと心配してたら、ちゃんと答えがあるのがいい。誤解のポイントに説明があって、一応推理ものとしてずるくない。16番の弦楽四重奏曲の楽譜に書き込まれていた言葉も使われていたりする(ただしそのときバックに流れていたのは13番)。馬車のぬかるみって伏線もあって(クロイツェル)、それらの解答が第九を背景に出てくる仕掛け。「月光」をピアノの蓋に共鳴させて耳当てて弾いているとこ、作曲家が聴覚を失っていく痛ましさが、彼の孤独とともに出ていた。甥への溺愛に自分の少年時代が重なる、この溺愛もまあ、伏線ってことになるんだけど。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2010-01-29 11:58:27)
46.《ネタバレ》 久々の再見。少年ルードヴィヒが池に身を浮かべ、水面に映った満天の星に包まれ、果ては宇宙空間に浮かぶシーンのバックに流れるのは、あの第九。第九、別に好きでも嫌いでもないけど、凄く感動的なシーンでした。全編に流れるのはもちろんベートーヴェンの名曲ばかり。今は亡きショルティのベートーヴェンか・・・と、在りし日の7番を聴きに行ったことを思い出して少し感傷に浸る。ピアノ曲もやっぱりいいなぁ・・・。相当の変人だったというベートーヴェンの描写はなかなか素晴らしかったのだけれど、不滅の恋人が彼女というのは(途中でもしかして・・・、と思ってしまうが)悪くないんだけど、ちょっとウーンという感じもあり。甥っ子が実は彼の子、というのは・・・どうなんでしょうね。でも映画としてはなかなか見所の多い作品だと思います。ピアノに耳を当てて「月光」を試し弾きするシーンも印象的。思わず、手塚治虫の「ルードウィヒ・B」を再読してしまいました。
すねこすりさん [映画館(字幕)] 7点(2009-11-06 16:14:38)
45.《ネタバレ》 不滅の恋人は・・・そうでしたか、あるイミ納得。でも何故に彼女なのか・・?それが分からない。その辺り、全く描かれていないとこに気持ち悪さが残ります。個人的には‘月光’を弾くシーン、とても好きでした。第九はあまり心にヒットせず。ピアノは好きなんですが、どうしてもあのオーケストラというのが苦手なもので・・・そんな自分が残念です。
タマクロさん [DVD(字幕)] 6点(2006-01-04 18:19:28)
44.映像と音楽のコラボレーションが素晴らしく、あの『アマデウス』より上をいっているのではないか。ただ、史実を無視しすぎなのと、どうしてもアマデウスの二番煎じに見てしまうところで損をしている。
みんな嫌いさん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-06-29 19:07:29)
43.なんか見終わってぶん殴られたみたいな衝撃だった。見て良かった。
さらさん 9点(2005-03-16 17:06:14)
42.・ベートーヴェンは好きなので、演奏のシーンや、流れる音楽はとても良かった。
・どこまでフィクションなんだろ?自分も含めてベートーヴェンを誤解しそう。
・別にベートーヴェンが題材でなくても同じような話はありそう。
・平均点数が高いのにびっくりした。
海夫の夏さん 5点(2004-09-24 17:39:31)
41.ベートーヴェンという人をこういう角度から見ると、また違った人物像として捉えられるので、まずそういう点で興味深い作品でした。この映画の内容もなかなかおもしろかったです。多分、ゲイリー・オールドマンのお陰かな。
カーマインTypeⅡさん 8点(2004-07-18 15:35:01)
40.あーゆー展開だとは思ってもいませんでした。それ故に面白かった部分が多かったです。
かずのすけさん 5点(2004-06-08 21:03:47)
39.天才と凡人の違いは何なのかを感じました。ひらめきを実現しようとする妥協しない強い意志があるか否かなのかと。エジソンの言葉にも通じますね。天才である本人自身が幸せになるかは、時代に合わせようとしない分だけ、可能性が低くなるのかな。ベートーベンはどうだったのだろうか。しかし、彼らの残したものは、後世の人たちを、間違いなく豊かにしています。
パセリセージさん 7点(2004-05-30 13:05:15)
38.製作者の気合の入った好作品ですが、3人の女性がそれぞれ何の関連性もなくて、オムニバスみたいな感じになってしまったのがちょっと残念だった。
Oliasさん 6点(2004-05-29 23:08:03)
37.ベートーヴェンの音楽が好きか嫌いかというより、彼の伝記を読んだことがあるかないかで評価が分かれると思います。でなければ「不滅の恋」の対象に「えっ!? この人が!?」と驚けるだけのカタルシスが得にくいです(実際、そういう作りになってしまっています)。
Kさん 8点(2004-05-08 13:13:26)
36.どうも序盤は物語も大きく展開しなくて、ゲイリー・オールドマンがドラキュラ伯爵に見えてしまってしょうがなかったんですが(見た時期がかぶってたんで・・)、耳をピアノにあてて演奏するシーンや最後の第九など、印象的なシーンも多かった。第九の演奏シーンでは、しっかりベートーベンになってました。ドラマ部分の描き込みには不満が残るけど、ちゃんと120分で押さえたのは感心。「文芸大作」気取って150分、180分とかの映画になってたら、ダレダレの駄作になってたと思います。
ころりさんさん 6点(2004-04-03 14:33:10)
35.第九ってこんなに良い曲だったんだ・・・。あんなに宇宙を感じられる曲だって、恥ずかしながら初めて気が付きました。今まで第九は神聖なイメージが強かったんだけど、少しイメージ変わりましたね。ベートーベンの痛いほどの魂の叫びに心が震えました。ゲイリーの狂気を帯びた雰囲気がはまってましたね。こういう心の闇を抱えたぎりぎりな演技は、彼ならではだと思います。悲劇的ながらも、美しく非常に情熱的なベートーベンの人生そのものに、完全に引き込まれてしまいました。事実とは違うのかもしれませんが、これはこれでとても素敵なフィクションだったと思います。不滅の恋人役の女優さんをもうちょっと美人にして欲しかったと言う不満がありますが(笑)、かなり満足できるものでした。あ~第九聞きたくなった~。それにしても小学生の頃、音楽室のベートーベンの肖像画の目が光るとか、その手の話って絶対ありましたけど、よく考えると失礼な話だよなあ(笑)。
深海さん 9点(2004-03-28 01:13:40)
34.《ネタバレ》 有名な音楽家ベートーベンの最愛の人を、決して幸せとは言えなかった人生を振り返りながら探す旅の話だ。ベートーベンの真実の姿からはかけ離れているらしいけれど、ドラマとして文句ないキャラクターになっている。愛する人をすれ違いから失ってしまった後、周りの人の理解が乏しい中火のように激しく活動するベートーベン。可愛い甥を自殺にまで導くほど縛り付けてしまうベートーベン。自己を削りながら必死に生きる彼にオールドマンがぴったり来ていた。ラスト、第九が流れる中、彼が少年時代を思い出すシーンを見ながら「第九のCD欲しいなあ。」と思った。
星空にこんなにも似合う曲なのか。こう思わせてしまうのだからこのフィクションは成功だと思う。
のはらさん 7点(2004-03-21 12:16:52)
33.不滅の恋の相手はなるほどね、と思った。後半いろんな謎が明らかになっていく展開がドラマチックですね。人物ベートーベンについては音楽室にある写真と難聴って位しか知らなかったが、この映画を踏まえて彼の曲を聞いてみたいと思った。ゲイリー・オールドマンが僕のベートーベンのイメージにピッタリだった。
スルフィスタさん 8点(2004-03-01 22:02:40)
32.《ネタバレ》 ベートーベンの苦悩の日々が観ていて辛かったです。ピアノに頭を寝かせて月光をひくところが好きです。
*まみこ*さん [DVD(字幕)] 7点(2004-01-29 18:08:01)
31.たらい回し…という印象が。回想録的ストーリー構成は、テンポが途切れ途切れになり、私は少々苦手です。でも第九の演奏会はやはり鳥肌が立ちました。第九大好き。ベートーヴェンの生涯については多少予備知識があったので、なるほどと思わせるシーンもあり、それなりに楽しめました。美術的な部分も評価できると思います。
ピンクさん 6点(2004-01-07 19:53:04)
30.時々なんかアホくさいビッグバジェットばかり観ている自分にうんざりし、ちょっぴり高尚な気分に浸ってみたいんだもん。という時に手に取るには非常に手ごろな文芸作品。あまりにも高尚すぎて理解できないほどでは困るし、ほどほどに格調高くてほどほどにわかりやすく、観終わった後でなんか頭良くなったような気にさせてもらえる。そういう映画もたまには必要である。当然のことながらゲイリー・オールドマンは素晴らしい。テロリスト役や犯罪者役があまりにも目立ってしまう彼だけれども、実はこういう重厚な役だってちゃんとこなせる実力派なんである。上手いからこそ、クセのある役に手が出せるというものなのね。やっぱりゲイリー・オールドマンがやる以上、優等生的な役柄にはなり得ないんだけど、苦悩する魂をキワモノスレスレのところで演じられるっていうのはやっぱり上手いんだと思う。こういう演技バカな俳優って私は大好きだ。音楽家としてのベートーベンがどうの、と言えるほど私は音楽に詳しくないが、その程度の人間にでもちゃんとわかるように作ってくれたこういう映画は非常にありがたい。
anemoneさん 8点(2003-12-21 02:32:49)
29.音楽の時間に見ました。ヴァイオリンとピアノを習っていたので、クラシック映画には興味があって、とても興味深かったです。
あしたかこさん [DVD(字幕)] 7点(2003-12-14 22:04:23)
28.すれ違ってしまった恋はセツナイ余韻を残しますが、とてもやさしいキモチになりました。コドモの頃の回想シーンの走って走って湖の中で仰向けになって浮かんでるシーン、誰もいないと思ってピアノに耳を近付けて鍵盤を叩くシーンがとてもココロに残ってます。。この映画を想い出す時『運命』よりも『第九』よりも『悲愴』が私の中には流れます。。でもそれは哀しく悲しく。。というよりは、やさしく淡く流れます。ゲイリーもクレイジーな役よりこっちのほがステキです☆
SHALIMARさん 8点(2003-11-24 04:03:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 47人
平均点数 7.06点
012.13%
100.00%
200.00%
300.00%
412.13%
548.51%
6919.15%
71123.40%
81327.66%
9714.89%
1012.13%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 9.50点 Review2人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS