Menu
 >
 >
 > 新・仁義の墓場

新・仁義の墓場

2002年【日】 上映時間:131分
平均点: / 10(Review 9人) (点数分布表示)
刑務所ものリメイクヤクザ・マフィアバイオレンス
[シンジンギノハカバ]
新規登録(2004-11-27)【映画坊主】さん
タイトル情報更新(2011-10-02)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督三池崇史
キャスト岸谷五朗(男優)石松陸夫
有森也実(女優)内縁の妻・智恵子
美木良介(男優)今村幸三
山城新伍(男優)沢田忍
曽根晴美(男優)福井隆三
本宮泰風(男優)金本
力也(男優)青山
山下真司(男優)成村勝
本田博太郎(男優)担当刑務官
石橋蓮司(男優)湯川伝次
隆大介(男優)久世忠明
高月忠(男優)沢田一家幹部
佐藤蛾次郎(男優)もぐりの医者
石山雄大(男優)小松
山口祥行(男優)橋田茂
丹波哲郎(男優)戸倉哲治
脚本武知鎮典
音楽遠藤浩二
撮影山本英夫〔撮影〕
製作黒澤満
大映
企画武知鎮典
配給大映
美術松宮敏之
尾関龍生(装飾)
編集島村泰司
録音柴崎憲治(音響効果)
あらすじ
石松陸夫は、沢田一家総長・沢田忍を敵の銃弾から身を呈して守り、20歳そこそこの若さで沢田一家の直若となる。すっかり沢田に気に入られた石松は、いまや何も怖いものなしといったところ。高級クラブで新人ホステス智恵子に目を付けるや力ずくで自分の女にしてしまう。そして、山東会の山根が総長を批判していると聞くと逆上してすぐさま殺してしまうのだった。刑務所での5年の務めを終えて娑婆に戻った石松は、沢田一家と今村組の盛大な歓迎を受ける。そして智恵子も待っていてくれた。石松には明るい未来が待っているかに思われたが…
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
9.オレハ チキュウニオチテキタ イセイノガキダ。スキデウマレタワケデハナイ。コウシンキョヒ。幻滅感が胸いっぱい満たされる。救いはない。欲望一直線の三白眼の餓鬼を岸谷五朗が大迫力、脇を往年のなつかしヤクザプレーヤー陣が固めた。我らの穏やかな胃は少々こたえましたね。希望も持てないし、勇気づけられもしない、趣味の悪い映画です。
ねこひばちさん [DVD(邦画)] 7点(2011-02-14 23:23:24)
8.岸谷五朗は迫真の演技でした。
すたーちゃいるどさん [DVD(邦画)] 3点(2008-12-23 22:38:35)
7.ヤクザは怖くなくちゃいけない。麻薬でおかしくなっていたとは言え、こんな人隣りにいたら絶対イヤ!という「狂犬」ヤクザを岸谷五朗が見事に演じている。極道映画はそこそこ観てきたが、この狂いっぷりは群を抜いている。三池監督のアナーキーな姿勢とマッチした傑作。深作監督のオリジナル版と併せて観るのも良い。
フライボーイさん [DVD(邦画)] 9点(2008-04-29 22:32:21)
6.『新・仁義の墓場』という作品は、私が近年観た数多くの「邦画」の中でも、TOP3に入る映画だった。
三池崇史監督作品である。

そして、この作品に心を奪われた私は、1975年の深作欣二監督作品、『仁義の墓場』をも、借りるに到ったのだ。

さすがに30年前のヤクザ映画を借りるのには、かなりの抵抗があった。
はっきり言って、「楽しめない」という確信があった。(笑)

だけど、三池監督の“新”の方を好きだと主張するからには、古い方も観ておかないと・・・
ってな感じで、意を決して観たわけだ。
90分程度の短い作品だったが幸いだったのかもしれないが、それなりに楽しむことができた。

これで更に、三池監督の、“新”の方への理解を深めることができた様に思う。
『新・仁義の墓場』は、私が観た三池作品の中で、間違いなく最高傑作だ。
同時に、邦画としてみても、自分が観た中では最高傑作の一つに入る作品である。
にじばぶさん [ビデオ(邦画)] 9点(2007-08-31 00:15:36)
5.これは凄い!他のヤクザ映画とは一線を画していた。何よりも岸谷五朗の演技がいい、どうしようもないくらいブチキレた男“石松陸夫”を見事に演じていた。ここまで役にのめり込める役者こそ真の役者だと思う。
ガンジャマンさん [ビデオ(字幕)] 9点(2005-11-05 03:24:47)
4.《ネタバレ》 海外に輸出しても恥ずかしくない秀作だと思います。あまりにも主役のジャンキーヤクザの印象が強烈すぎてドラマでの人畜無害な岸谷、CMでのかわいいパパな岸谷、どれを観ても「いつブッ殺してやろうかホントは隙探ってんじゃねーの?」「そろそろキレるんじゃねー?」とか、どうしても石松にしか見えなくてTVで岸谷五朗を拝見する度にハラハラしてます。ヨシユキいい役者だったのに残念だなぁ。
もりしげひさやさん [DVD(吹替)] 8点(2005-10-12 03:20:58)
3.岸谷さんがわざわざ眉毛を剃り熱入れて撮影していると、映画公開前から話題になっていましたが…。僕は駄目でした。リメイクではなくて現代版の石川力夫ですね。岸谷より渡哲也のほうが恐いし、有森より多岐川裕美のほうが色っぽいです。
THE HAUNTED MADE ME DO ITさん [ビデオ(字幕)] 3点(2005-03-31 13:56:17)
2.他の映画の予告で見て観なけりゃと思い走りました。結果、大正解です。岸谷はすごいっす。失礼ながら見直しました。なぜレビューが2つ目なのか不思議です。
蘭丸さん 8点(2005-01-03 09:02:19)
1.ヤクザ映画は数多く見てるつもりですが、この映画は別格です。
三池崇史監督お得意のバイオレンスとヤクザが非常にマッチ!!

この監督ヤクザ映画メンイに作らないかな。。。と思うほどでした。

また岸谷五朗の演技が神です。すごい俳優だなぁ~と感心させられました。

ヤクザ映画好きな人は是非見て頂きたい一品です。
映画坊主さん 10点(2004-11-27 17:57:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 9人
平均点数 7.33点
000.00%
100.00%
200.00%
3222.22%
400.00%
500.00%
600.00%
7111.11%
8222.22%
9333.33%
10111.11%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS