Menu
 >
 >
 > サマータイムマシン・ブルース

サマータイムマシン・ブルース

SUMMER TIMEMACHINE BLUES
2005年【日】 上映時間:107分
平均点: / 10(Review 156人) (点数分布表示)
SFコメディ青春もの戯曲(舞台劇)の映画化
[サマータイムマシンブルース]
新規登録(2005-10-05)【解放軍2003】さん
タイトル情報更新(2016-08-18)【アングロファイル】さん
公開開始日(2005-09-03
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督本広克行
助監督波多野貴文
キャスト瑛太(男優)甲本拓馬
上野樹里(女優)柴田春華
与座嘉秋(男優)新見優
川岡大次郎(男優)小泉俊介
ムロツヨシ(男優)石松大悟
永野宗典(男優)曽我淳
本多力(男優)田村明
真木よう子(女優)伊藤唯
升毅(男優)測量技師/お遍路さん/軽トラの運転手など
三上市朗(男優)映画館主人
楠見薫(女優)銭湯の番台
川下大洋(男優)大学の管理人
佐々木蔵之介(男優)穂積光太郎
原作上田誠
脚本上田誠
作詞Tommy heavenly6「LCDD」
主題歌Tommy heavenly6「LCDD」
製作堀部徹
東芝エンタテインメント
ROBOT
博報堂DYメディアパートナーズ
IMAGICA
プロデューサー阿部秀司〔製作〕(エグゼクティブプ ロデューサー)
本広克行(プロデュース)
配給東芝エンタテインメント
美術相馬直樹[美術](美術デザイナー)
龍田哲児(装飾)
編集田口拓也
動物ケチャ
あらすじ
カッパ伝説で有名な街の大学生・甲本たちSF研究会は、真夏の酷暑の中、部室のクーラーのリモコンを壊してしまう。翌日、ひょんなことから謎の機械を発見する。なんとそれはタイムマシンらしい。「とりあえず…、昨日に戻って、クーラーのリモコンを取ってきますか!」と軽いノリでレバーを倒すSF研のメンバーたち。しかし過去が変わると未来も変わってしまう…。かくして、ことの重大さを理解した甲本は歴史を元に戻そうと奔走する。「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督の傑作のB級タイムパラドックス・コメディ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
116.バック・トゥ・ザ・フューチャーのスケールを十分の一にしたような他愛のない話です。でも、学生たちのバカバカしいノリには、病みつきになりそうな楽しさがあります。ラストのちょっぴり切ないのも良い。瑛太っていい役者ですね。大河ドラマ「篤姫」ではカッコ悪くて最悪と思いましたが。
次郎丸三郎さん [DVD(邦画)] 8点(2010-08-24 15:45:32)
115.《ネタバレ》 タイムマシンが登場するまでは退屈そのもの。登場してからはテンポもよくてすんなり観れた。
こういうノリの映画は嫌いじゃない。
タイトルは名曲 Summertime Blues にかけてるのかな?
eurekaさん [DVD(邦画)] 9点(2010-08-05 11:17:08)
114.《ネタバレ》 長いコントを観てるようだ・・・と思ってたら元は舞台劇だったんですね。始まってしばらくは「大丈夫か、この映画・・・」と心配になりましたが最後まで楽しく観られました。個人的にはホームチームの人が良かったです。
よりさん [DVD(邦画)] 6点(2010-07-19 23:22:45)
113.《ネタバレ》  ほぉーーーと思わず唸ってしまう作品。

 シナリオは超都合主義なのだが、タイムパラドックスを扱うからこそ、その超都合主義が、この映画の面白さの本質になっている。

 コミカルで、軽妙で、なかなか面白かったのだが、こじんまりした映画で終わってしまったのが惜しい。

 タイムマシン物の不朽の名作バック・トゥ・ザ・フューチャーは、細部では矛盾を持ちつつも、それを感じさせないスピード感あふれる展開の妙と、お金をかけたスケール感の大きさで大成功した。

 こちらは、タイムマシンの矛盾が起こらないようにするために、あちこちに散りばめられた伏線をすべてを収束させるというシナリオの妙のみで、スケール感を大きくすることが出来ていない。

 もともと舞台演劇のシナリオで、最初から大作にする意図が全くなかったのだろうか、低予算だったのか、随所に「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や「タイムマシン」を意識したオマージュが散りばめられているものの、最初からそれらを超えてやろうという気はなく、これでよしとしてしまってる感がある。

 このスケール感の小ささも、これはこれで十分味になっているし、良い面もあるのだが、時間をかけて映画用にシナリオを練り上げて、セットやロケや撮影にもお金をかければスケール感を大きくすることもできるだろうし、そうすることで、もっとバック・トゥ・ザ・フューチャーに近づけたのではないかという気がする。

 コミック原作物や、テレビ局主導の映画で、ミーハーのためだけに大げさに宣伝してお金をかけるくらいなら、こんな面白いシナリオをしっかり拾いあげて、お金をかけて世界に通用する娯楽大作を作って欲しい。
nobo7さん [DVD(邦画)] 7点(2010-07-11 02:37:57)
112.単純に娯楽映画といった印象です。私は一回見れば満足です。
シトロエンさん [DVD(邦画)] 5点(2010-02-05 22:48:58)
111.《ネタバレ》 随分とノリの軽いタイムパラドックスもので、マジにパラドックスの中味を吟味するような気にならないコメディです。舞台劇として書かれた脚本をそのまま転用したようで、映画としては会話の突っ込み方やテンポがわざとらしく、自分には違和感が先行しました。暑苦しいバカ学生たちの中で、上野樹里がとても可愛かったの救いでした。ガンダムのBGMは何だか嬉しかったなぁ。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2009-12-20 15:25:42)
110.《ネタバレ》 タイムマシンを本当にくだらないことに使っているところにほのぼの感があります。
悪用しますよね。普通は。比較的プロットもしっかりしており伏線の回収もうまく言っていると思います。ただ、舞台的な演技がちょっと暑苦しくて、出演者に感情移入ができないのが残念。それは、おそらく、さびしいことに自分が歳をとりすぎたということかもしれません。
飴おじさんさん [地上波(邦画)] 5点(2009-12-07 22:30:42)
109.大学時代に、こういうダメな感じのサークルとかで過ごしたかどうかで結構評価がわかれるような気がしました。自分はああ、こういう感じのノリあるよな、とノスタルジー感じながら見られたのでとてもよかったです。若い人のための映画だと思います。あと上野樹里がものすごくかわいく撮れてると思った。
コダマさん [DVD(邦画)] 7点(2009-12-05 21:13:53)
108.しつこかった、途中で飽きた。
HRM36さん [地上波(邦画)] 4点(2009-11-28 13:33:33)
107.こういう映画にありがちな「未来は自分で作るもの」等の大風呂敷なメッセージ性もなく、タイムマシーンを誰が作り、何の目的で置いていったのかの説明の一切ない。ただただ日常に突然現れたタイムマシーンとそれをめぐる学生達の青春コメディ。もっと若い頃に見たかったなあ、絶対ハマったやろに・・独特のノリをどう捕らえるかで評価が割れるだろう。自分は学生時代を思い出して心地よかったし笑わせてもらった。ラストもしみじみと清々しくてよかった。だた主演女優2人をもっと活躍させて欲しかった。田舎過ぎず都会過ぎずなんともノスタルジックな風景もよかった。こういうとこ、イイよねえ・・・
チョッパーさん [DVD(邦画)] 7点(2009-11-26 13:21:05)
106.お話は良く出来ていたと思いますが本当にそれだけ。出てくるバカモノ(若者)達が終始ギャーギャーうるさ過ぎて、見た後は意味も無く疲れました。プロット以外はなんて言うか、軽薄。中高生が好きそう。こういうテレビ臭のする映画はあまり好きではありません。
Kの紅茶さん [地上波(邦画)] 4点(2009-11-25 20:15:39)

105.面白くない。まず、タイムマシンを使ったネタ「あの時のアレは実は未来から来た自分たちが起こしてたんだ!」というやつ。はっきりいって、古い。いつの時代の映画だこれは。どれくらい古くからあるのか知らないが、私が生まれる前のドラえもん初期の頃からやってるネタだぞ。それをいまさらやられてもげんなりするだけ。
あと、出てくるキャラクター(SF部員)がとにかくみんな好きになれない。なんかバカ騒ぎするだけのハイテンションな連中ばかりが出てきて、非常に鬱陶しい。見ていて気分が悪い。
クーラーのリモコンをめぐって過去に行ったり戻ってきたりするのだが、なんか今がいつで誰がどの時間にいてというのが、よく分からなかった(つまらなくて理解しようとする気力も起きなかったせいもあるが)。ちょっとわかりにくくないか?
とにかくくだらない映画だった。
ぽやっちさん [DVD(邦画)] 3点(2009-10-26 03:08:50)
104.《ネタバレ》 何だろうこの感じ・・・。別段笑ったり泣いたりするわけでもないのに、見てて妙に座りが良い感じの映画。毒が抜けた稲中卓球部。上野樹里の神すぎる可愛さ。このくだらないノリが肌に合えば、決して退屈にはならないでしょう。序盤、頭の中が「?」になるシーンが沢山あって変な気持ちになるけど、少しずつその回答を出してくれて解決させてくれる楽しさがあります。
VNTSさん [DVD(邦画)] 7点(2009-10-19 16:50:28)
103.学芸会みたいな映画ですね。。プロットはまぁよくできているのかもしれないけど、なんというか退屈。
よしふみさん [DVD(邦画)] 5点(2009-10-11 22:49:57)
102.前評判、筋書きをいっさいしらないで観たんですけど、おもしろかったです。
深く考えないで軽いのりで楽しめる映画でした。
あれぐらいの年の馬鹿な野郎連中って素敵すぎる。モテなければなおさら好き。
楽しかったー。
bokugatobuさん [DVD(邦画)] 7点(2009-08-15 23:28:41)
101.内容自体はかなり使い古されており,「あれがそこに繋がるのか」をいくつか並べてみただけなのですが,張ってあったポスター等を含めヲタクっぽい部室の空気が好きなのと,上野樹里がメチャメチャ可愛かったので+1点.真木よう子は今の方がいいかな.
マー君さん [DVD(邦画)] 7点(2009-06-08 12:59:52)
100.《ネタバレ》 「バック・トゥ・ザ・ヒューチャー」を観た後に、皆で話題にするような内容を、そのまんま映画にしたような作品です。
メチャクチャくだらない目的が、逆に面白いけど、学生の馬鹿キャラが被り過ぎて各々の個性が感じられない。それにクドイ。会話のやりとりは全く笑えなかった。
女学生も二人は必要ないだろう? 一人で十分。
100分くらいで終わってくれたのが、これ以上点数を下げなかった理由です。
クロエさん [DVD(邦画)] 5点(2009-04-30 21:24:41)
99.《ネタバレ》  未来に行こうとしなかったことは自分的に評価したいです。

田村くんが、実は自分の母親が柴田であるということに気づいてた、という設定の描写が最後にちょこっとでもあればもっと素敵な気がしました。
ファンオブ吹石さん [DVD(邦画)] 8点(2009-04-28 19:47:30)
98.《ネタバレ》 異様にテンションが高い映画。
2030年で未だにそのファッションやクーラーはねえだろってつっこみや
99年まえのリモコンが生きてるわけないってつっこみはでてきましたが

まあノリとしては嫌いではないです。
とまさん [DVD(邦画)] 7点(2009-04-12 21:06:01)
97.素直におもしろかった。

配役の人選が良かったと言える。
ナラタージュさん [DVD(邦画)] 7点(2009-03-14 12:58:35)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 156人
平均点数 7.12点
000.00%
110.64%
200.00%
385.13%
453.21%
595.77%
6159.62%
74730.13%
84428.21%
92012.82%
1074.49%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.05点 Review17人
2 ストーリー評価 8.05点 Review20人
3 鑑賞後の後味 7.90点 Review20人
4 音楽評価 6.12点 Review16人
5 感泣評価 3.72点 Review11人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS