俺たちは天使じゃない(1989)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 俺たちは天使じゃない(1989)
 > (レビュー・クチコミ)

俺たちは天使じゃない(1989)

[オレタチハテンシジャナイ]
We're No Angels
1989年【米】 上映時間:107分
平均点:6.51 / 10(Review 80人) (点数分布表示)
コメディ犯罪ものリメイク戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2015-02-09)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ニール・ジョーダン
助監督キム・H・ウィンサー(第二助監督)
ジェームズ・デヴィス(第二班監督)
演出ヴィク・アームストロング(スタント・コーディネーター)
ミッキー・ギルバート(スタント・コーディネーター)
キャストロバート・デ・ニーロ(男優)ネッド
ショーン・ペン(男優)ジム
デミ・ムーア(女優)モリー
ホイト・アクストン(男優)レベスク神父
ブルーノ・カービイ(男優)保安官助手
ジェームズ・ルッソ〔男優〕(男優)ボビー
ウォーレス・ショーン(男優)通訳
ジョン・C・ライリー(男優)若い修道僧
フランク・C・ターナー(男優)店主
トロイ・ギルバート(男優)(ノンクレジット)
堀勝之祐ネッド(日本語吹き替え版)
安原義人ジム(日本語吹き替え版)
高島雅羅モリー(日本語吹き替え版)
今西正男レベスク神父(日本語吹き替え版)
秋元羊介保安官助手(日本語吹き替え版)
麦人ボビー(日本語吹き替え版)
大塚芳忠若い修道僧(日本語吹き替え版)
峰恵研通訳(日本語吹き替え版)
池田勝保安官(日本語吹き替え版)
京田尚子ブレア夫人(日本語吹き替え版)
北村弘一店主(日本語吹き替え版)
原作ラナルド・マクドゥガル(脚本原案)
脚本デヴィッド・マメット
音楽ジョージ・フェントン
編曲ジョージ・フェントン
ジェフ・アトマジアン(ノンクレジット)
撮影フィリップ・ルースロ
ジェームズ・デヴィス(第二班撮影監督〔ノンクレジット〕)
製作アート・リンソン
ユニバーサル・ピクチャーズ
フレッド・C・カルーソー(共同製作)
製作総指揮ロバート・デ・ニーロ
配給UIP
美術ウルフ・クローガー(プロダクション・デザイン)
リチャード・モリソン[タイトル](タイトル・デザイン〔ノンクレジット〕)
アンドリュー・アックランド=スノウ(ノン・クレジット)
衣装セオニ・V・アルドレッジ
編集ミック・オーズリー
録音ドミニク・レスター[録音]
ロビン・オドノヒュー
字幕翻訳岡枝慎二
スタントトロイ・ギルバート
その他ジョージ・フェントン(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
80.《ネタバレ》 基本的に騙す・騙される系の映画はあまり好きではないが、その緊張感があったのは前半まで。中盤以降はすっかり緩くなって、焦点は逃げ切れるかどうかだけ。デミ・ムーアとの絡みをもう少し見たかった気もしますが、すべて丸く収まってよろしかったんじゃないでしょうか。
ちなみに「カジュアリティーズ」も同年の作品なんですね。スパイスを効かせるために、リアル〝天使じゃない〟ショーン・ペンが出ているこちらも、もう一度見たくなりました。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2022-03-29 02:50:49)★《新規》★
79.まず、運動会の二人三脚はこれが元ネタかな? というやつ。
それから、柱が木である。階段が木である。手すりが木である。床が木である。ディズニーランドの世界。
『もののけ姫』『モアナと伝説の海』ばりに自然に癒されるやつである。
現代社会に疲れたときはこういうのを観る。私はこういうのは二夜連続で観る。
ショーン・ペン、『イワン・デニーソヴィチの一日』のアリョーシュカみたいだった。癒しである。
ムーンナイトロンリーさん [地上波(字幕)] 8点(2022-03-20 21:47:38)★《更新》★
78.コメディという感じではなくて、真面目な作品のような印象でした。
脱獄囚ではあるけど、そんなに悪い人間とも思えなくて、カナダに行けるよう応援したくなりました。
ハッピーエンドなんだろうけど、ラストの別れは感慨深かったです。
もとやさん [地上波(吹替)] 7点(2019-06-07 15:45:35)
77.《ネタバレ》 単なる設定とはいえ、主人公二人とも刑務所へ入るほどの罪を犯しています。それに、神父になりすますのも女の子と歩きに出ようとするのも、いかに捕まらずに済ますかが前提の行動なので共感しにくかったのです(勘違いから生まれるコミカルさは楽しいですが)。終盤、彼らが身の危険を顧みず動いたことでようやく思い入れができた気がします。しゃべりだした女の子に人々が「奇跡だ」と一斉に十字を切る場面、ネッド、ジムの別れの場面がとても良い。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 7点(2019-02-24 09:18:22)
76.芸達者な主演2人だけど、ドラマ的にもコメディ的にもいま一つ。ペンの説教もちょっと唐突感がある。
nojiさん [DVD(字幕)] 5点(2016-11-20 16:56:52)
75.《ネタバレ》 演技巧者のデニーロとS・ペンがほんと上手くコミカルに話を回して心地よい。安心して笑って観られます。冬のカナダ国境近くのアメリカ片田舎という舞台柄、全体的に曇りがちの画のトーンは暗く、しかも修道院に逃げ込んじゃってるので明るく華やかになりようもないのに、とことん軽い仕上がりなのは脚本の力かな。
このころのデミ・ムーアはまだ可愛らしいなあとか、ジョン・C・ライリーは脇役キャリアを着々と築いているさなかだなあ、息の長い俳優さんだよなあとか、ちょっと前の映画を観ると色々雑感もよぎります。
外国映画の惜しい、というかツライところなのですが聾唖の少女が発する"convict",この単語のダブルミーニングを字幕翻訳で表すのはまず無理なことでありましょう。私もネット雑学でやっと知りました。しかしここは、作品の肝であるデニーロとペンの偽装がバレてしまうのか?という緊迫の場面であります。非英語圏の人間、さらにカソリックとプロテスタントの関係性に敏感ではない文化の者にとって瞬時に理解するのは不可能であるということは大変残念なことに思いました。字幕担当者もなんとかしたかっただろうなあ。惜しいなあ。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-10-12 17:52:33)(良:1票)
74.ボガード主演の1955年映画が良かったのでこの映画も見たのだが大失敗だった。舞台劇の軽妙なおもしろさがまったくなく、完全な別物と言ってもいい。共通なのは脱走した囚人が登場するくらいで場所も設定も違う。神父には到底見えないのに強引に持って行くのが不自然だし、教会に縁のない私にとっては違和感ばりばり。滑稽さがコメディなのかもしれないが笑えず、キリスト教も軽くみられているように思う。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 3点(2015-02-03 21:19:47)
73.デニーロの顔芸笑っちゃいますね。全体としては凡庸。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(字幕)] 5点(2012-03-07 02:43:03)
72.佳作ではあるが原作が古いからかどうも小奇麗に纏まりすぎていてやはり古臭さは否めない。コメディとして盛り上げるか、スリラーとして盛り上げるか、一つ盛り上がり所が欲しかったところ。今のハリウッドならもっとドンパチやるんだろうか。まあ主演の2人は相変わらずいい味出してます
Arufuさん [DVD(字幕)] 6点(2009-12-11 18:59:01)
71.期待しないで観ればチョコッと癒される映画です。『深夜にチャンネル回してたらやってた』みたいな出会いならきっと高得点。
キノコ頭さん [DVD(字幕)] 5点(2009-03-16 18:55:38)
70.デニーロとショーンペンが出てるな~って何気なく観ただけなのに、結構面白かった。なんかイイ話やな~って。
でもずいぶん昔だから今観たらまた違うかも(^^;)
鉄仮面さん [地上波(字幕)] 6点(2009-03-16 14:29:36)
69.デ・ニーロの演技は面白かったです。とても楽しそうに演じてましたね!
とらやさん [映画館(字幕)] 6点(2008-12-02 02:08:38)
68.リメイクなのかと思ったら、タイトル同じなだけでほぼ別物。それにしてもコメディなのに全然笑えない。笑いどころと思しきところは、演出も間も悪くてまったく面白味が生まれてこない。何がしたいんだか中途半端だ。あの結末の付け方もそれはやっぱり違うだろう。
MARK25さん [DVD(字幕)] 4点(2008-02-09 18:02:35)
67.面白くなりそうなのにそんなに面白くない。くだらないサスペンスは排して、もっとコメディに徹したら良かったはず。とぼけたデ・ニーロが全然活かされていない。ラストの演説はそれなりに面白いが、前半部分が冗長で、話自体も収拾がついていない。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 5点(2007-10-21 22:12:13)
66.《ネタバレ》 シチュエーションは明快だし、展開も悪くないと思うのですが、キャラクターの動きに全く理屈が伴っていない。
ドラマ設計を全うに行なっていれば、それなりの良作になっただろうに。
「奇跡だ」には笑っちゃいました。
カラバ侯爵さん [DVD(吹替)] 4点(2007-06-12 16:29:00)
65.話はそれほど面白くないが、デニーロの顔が終始凄い。
ケンジさん [DVD(字幕)] 5点(2007-05-19 21:36:35)
64.《ネタバレ》 もう二歩、いやもう三歩踏み出せてない感じがします。ご都合主義は、この種の映画は当たり前としても、結末ありきで強引に運びすぎ。見所はデ・ニーロの、とぼけた演技のみかなぁ。ペンの即興説教も、それを聞いて改心するムーアも、下地が薄かったせいでシラけてしまいました。ただ、なにも期待しないで見るにはイイかも。
fujiさん [DVD(字幕)] 5点(2007-01-08 23:37:42)
63.前作よりも、鑑賞後の心温まる感動は有りませんでした。銃を使わずに蛇はだめだったのかな?デミは、この頃若いですね。
SATさん [ビデオ(吹替)] 5点(2006-05-21 10:12:42)
62.《ネタバレ》 どのシーン取ってもおもしろいと思いますが、やっぱりショーン・ペンの演説シーンは気持ちが癒されて最高です!この映画のDVD化をリクエストしちゃいましたが、私が言ったDVD化の理由「豪華キャストだから」は、初DVD化時のパッケージに貼られたシールに、しっかり書かれていました(私がDVD化を実現したんですよ!とは言いすぎですが、ホントウです)。
teruhisaさん [ビデオ(字幕)] 10点(2005-12-23 21:09:19)
61.《ネタバレ》 デニーロとショーン・ペンの神父姿というのは図柄的にもなかなか美味しいはずなのに、コメディ部分がコメディになっていなくて、少しも見所がない。一方で地味で清冽な空気感を醸し出す映像やセットは良くできているし(ラスト、橋から45度の角度で川越しに見える修道院は素晴らしい)、宗教的描写の部分は割と手を抜かずに真面目に対応しているので、ますます物語は重苦しく行き詰まっていく。まあ、監督が何をやっても沈鬱になっていくニール・ジョーダンなのですから、今から考えればここがミスマッチだったのでしょう。
Oliasさん [DVD(字幕)] 5点(2005-09-22 02:42:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 80人
平均点数 6.51点
000.00%
100.00%
200.00%
311.25%
456.25%
51316.25%
61923.75%
72531.25%
81012.50%
967.50%
1011.25%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 10.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 10.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS